フォト

twitter

無料ブログはココログ

大会

2018年9月18日 (火)

24時間走:三木防災公園大会

Photo


昨年に続き、今年もF田さんと参加です。

早朝4時起床6時出発ですが、前日に仕事で大失敗をやらかし、その後処理が尾を引いてほとんど眠れずshock

その影響か、持ってこなきゃいけないジェルや食べ物をごっそりと忘れてきましたweep

スタートはお昼12時。
この大会、3度目の出場ですが、今までで一番涼しいです。
とは言え、湿度が高くて走り始めるとすぐに滝汗。
キロ7分を少し切る程度のゆっくりペースをキープ。
毎回4時間で一区切りしているのですが、予定通り30キロをクリアしました。

Photo_2


夕方5時からお弁当が支給されます。
例年揚げ物が多くて辟易としていたのですが、今回は食べやすかったです。
ここで得られる炭水化物はこれだけなので、しっかりと食べました。

持ってきた炭水化物は、ビスケット、おせんべい、コンビニで買ったおにぎり二つとカップ麺のご飯版。今回はお湯をいただけたのがありがたかったです。
食事面では問題無しでした。

あとはお茶2リットル、1.5リットルのコーラ2本、炭酸水2本、OS1。
コーラはかなり余りました。次回は500を2本でいいかな。

Photo_3


昨年もここで会ったくぼっちと原田さん。
くぼっちとは先週もご一緒しました。
話題にしていた白バラコーヒー牛乳をいただきました。ご馳走さまでした。

原田さんからもビールを勧められましたが、さすがに遠慮しました。ありがとうございましたhappy01

Photo_4


深夜3時を過ぎると何度か眠気に襲われます。
それまでも前日の寝不足が祟り、珍しく三回も寝てしまいました。

一緒に参加したF田さん、4時間もぶっ続けで寝ました。
この格好になったので起きるのかなと思ったら、そのまま寝ていたのでビックリ‼️

僕は5時頃とんでもなく眠くなり、車に入って20分ぐっすり寝ました。

Photo_5


夜が明けました。
暑くなりそうです。

親しい方からのメッセージを見たら元気が出ました。
今回はずーっと不調だったのですが、この時間帯になって、ようやく快調に走れました。

2


深夜の時間帯、気温は低くて控え室から出ると寒いくらいですが、走り始めると湿度が高いのですぐに汗だくです。
トップの方だけ異常なほど走り続けていますが、みなさん低調なようです。

アイスクリームは2回買いました。助かりますね。

16


朝食です。カレーヌードルのご飯バージョン。いいですね、これ。

Photo_6


太陽が高くなってきました。
マジ暑いです😵

もうここからは熱中症の心配をしなければいけません。
残り5時間くらいになってきました。

100キロ通過が18時間近くかかりました。とんでもない低調な記録になりそうです。

Photo_7


2日目朝からはキャップをやめて手拭いを巻きました。なかなか良いですね。
日焼け止めもしっかり塗りましたよ。

9


今までもあったのかもしれませんが、今回見つけたのが売店。
10時から16時までしかやっていませんが、食事が取れるのは嬉しいですね。
カレーライスを食べました。

Photo_8


カレーライスを食べたあと、かき氷も食べました。
シロップはマンゴーとピーチなんですが、すぐに溶けて味が混ざり、複雑なお味でしたcoldsweats01

Photo_9


最終結果です。
自分のGPSでは5キロほど多く表示されていました。
それにしても低調な数字しか残せず残念です。

Photo_10


今年は2番目に高齢の参加者でした。
来年は年代が変わります。
そういえばF田さんは年代別3位になってるけど表彰がありません。

1


昨年の記録を見たら、なんと僕が年代別1位じゃないですか!
表彰なんて無かった‼️

Photo_12


会場を出て、コンビニに少し寄り、そしてホテルへ。
まだチェックインできないので、昨年同様王将でお疲れさまの乾杯。

ホテルにチェックインして、しばしお休みsleepy

7時半になって近くのお好み焼き屋さん「つくし」へ。

まずは明石焼き。美味しい‼︎

Photo_13


F田さんの広島焼きと僕のモダン焼き。
この2つって同じものとずーっと思ってたけど、ちょっと違うんですね。

Photo_15 Photo_16


トンテキとハラミも注文しましたが、内臓が疲労しているのか、珍しくお残ししました。
生大も飲みきれなかった。

Photo_17

Photo_14


翌日は明石天文科学館へ。
ここって月曜休館なので一度も行ってなかったんですが、祝日や開館してました。
初めて行けました。

Photo_18


今年も帰りに天理で降りて彩華ラーメン。

Photo_19


焼豚丼も美味しかったhappy01

ウルトラあるある、帰って体重測ったら3キロ増でしたsmile

2018年8月30日 (木)

北海道マラソン

北海道マラソンを走って(歩いて)きました(=´Д`=)ゞ
初めての参加です。

8月25日、息子31回目の誕生日でした。
前夜から、明朝はLINEでメッセージを送らねば!と強く心に刻みつつ布団へ。

3時半起床。5時20分のバスに乗るのです。
スーザフォンは持っていかないので、今回はバスでセントレア。

270

離陸は7時45分の札幌行きジェットスター。と、思い込んでいたのですが、空港に着いてエアアジアと判明。

ようやくしっかりと目が覚めて、息子にお誕生日おめでとうのLINE。
うーん、お父さんになって31年かあ。

飛行機に乗り込んだら、通路を挟んだ席から楽しそうな、そして聞き覚えのある声が。

なんと、「三重県を代表する美人ランナー良美さん」(≧∇≦)

34369115_2009586782447512_399970737

しばし到着後の移動やら世間話をしていたのですが、間の席に「イケメン若者」が来たため、僕は放置されました(*´Д`*)

2526

空港到着否や、良美ちゃんと若者軍団に引き連れられてソフトクリーム。
今回はどう走ろうかと悩んでいたのですが、これでファンランにする気持ちが固まりました(o^-^o)

2530

宿泊のホテルへどう行こうか調べたらバス移動が便利と判明。
良美ちゃんたちも近くのホテルだったので、一緒にバスですすきのへ。

電車で移動するより少し時間はかかりますが、値段が安いし荷物持って歩かなくていいからバスの方がよさげ。(下の写真のバスは、市内観光のバスです)

251

ホテルに荷物を預け、10分ほど歩いて受付の大通公園へ。
ゼッケンを受け取り参加賞Tシャツいただき、わき目も振らずに札幌駅へ。

札幌って過去2回演奏の仕事できているのですが、こうして一人で歩くのは初めての経験。
それなのにすいすい間違えずにたどり着けるなんて、スマホって本当に便利だなあ。

で、午後1時集合で札幌市内バスの旅。

2500

名所を車窓から眺めつつ、最初の降車は中央市場。

夕食は海鮮なので、こちらでは豚丼。

2519

の前に餃子。

2527

ファンランですから( ̄▽ ̄)

ご飯食べていたら、良美ちゃんから「お友達が同じツアーに参加している」と。

2531

なんと、お隣の席でしたね(≧m≦)

2502

で、次は北海道神社(て、あるんですね)

2517

お賽銭より多めにお願いをして、さあ次は。

252

お土産「白い恋人」で有名な白い恋人パークへ。

2514

ホットチョコレートと、なんとかいうやつ。忘れた。けど美味しかった。まあファンランですから( ̄▽ ̄)

254

なんだか寒くなってきました。さすがは北海道ですね。

そういえば直前に台風が来ていたのです。
日本列島を突っ切ってから東へ進路を変え、北海道襲撃。
直前まで飛行機は飛べるのかと心配していたのです。

そんなことを考えると、よく無事に来られたものです。

さあこれで観光ツアー終了。

2508

修理中の時計台前でバスを降りました。

今回のガイドさんがなかなか面白く、「がっかり名所が更にがっかりな状態!」とグサリo(*^▽^*)o
この方、特には案内や説明などしないのですが、時折発するグサリ発言がおもろかった( ´艸`)

2506

ホテルの部屋に入り、夕食に向かいます。

今回楽しみにしていたのが、中学の同級生しげやんとの再会。
そして数年前の別大以来ときどきお会いするふきんちゃん、初めてお目にかかるたけさんとも楽しみです。

2513

250

よく食べた、よく飲んだ!

259

大丈夫なのか明日(◎´∀`)

255

一応明日の準備をしつつ、いつの間にかおやすみなさい

268

ホテルの朝食、この日は特別に6時スタート。
少し早めに行って並ぼうと向かったら、すでに始まっていました。

ホテルを7時過ぎに出発。ジョグで向かおうとゆっくり走ったら、すぐに心拍数が150くらいに!

ああ、まだ酔いが残ってる┐(´д`)┌

こんな遠いところに来ていても知り合いにはたくさんお会いするもの。
しばし談笑しながら9時のスタートを待ちます。

スタート時の気温24度。
自分の住む場所に比べりゃ圧倒的に涼しいのですが、20年走っている歴史の中で、8月って5分半にペースを落としても30km走を完走したことがありません( ̄▽ ̄)

とりあえず5分半ペースで行けるとこまで行きます( ̄ー ̄)

s-5km 536-528-526-522-520(27'12)

想定より楽にペースが上がりましたが、これで最後まで走れるわきゃないので一生懸命ペースを落とす努力はしました。

6-10  524-510-524-505-511(53'26)
11-15 524-516-514-518-520(1:19'58)
16-20 524-517-518-520-520(1:46'37)
21-25 531-542-542-538-542(2:14'52)

ハーフあたりから良い感じで勝手にペースが落ちました。
18kmあたり?から約8kmほど、やや上りの直線道路新川通りを走ります。
かなり苦しくなってきて、だけど折り返したら下りだから大丈夫、と我慢を重ねたのですが、折り返してみたらまた上りに見えました。

26-30 550-609-656-718-722(2:48'27)

ついに気持ちが折れてしまい、そうだファンランだった、と思い出し、、歩きを交えながら私設エイドに寄りたおし、白いバームクーヘンやスイカが美味しかったなあo(*^▽^*)o

31-35 823-916-745-703-806(3:29'00)

260

同じくファンランの良美ちゃんたちと記念撮影。
付いていく足も無く(;;;´Д`)ゝ

36-40 807-747-810-814-634(4:14'10)
41-g  618-555(4:22'44)

ゴール。

265

ホテルに戻り、入浴。
打上げは4時開始。

267

もう何時かわかんない時間まで大騒ぎさせていただき、frunのみなさんありがとうございました(;´Д`A ```

271

遅い朝食をいただきました。
深夜に洗濯したウェア等は見事に自然乾燥成功。

ホテルに荷物を預け、チェックアウトしてfrunのみなさんとの昼食会11時スタートまでしばし市内観光。

2523

市電に乗って市内一周の旅、所要時間約1時間。

277

けっこう涼しくて、僕以外に半袖Tシャツ短パンなんて姿の方はいません。

2704

わーいわーいジンギスカンヽ(´▽`)/

さらにサッポロ地ビール飲み放題(≧∇≦)

2709

解散後は有志でサッポロビール工場パーク。

2707

まだ飲むか!(*≧m≦*)

そして

2710

雪印パーラーで

275

なまらむパフェ。お値段は道産子に因んで1350円。
生クリームがすごく美味しかったです。

ここを出てみなさんとお別れし、ホテルへ荷物を取りに戻り、またバスで空港へ。

もうお腹いっぱい。

あ!ラーメン食べて無いじゃん!

2705

飛行機がやや遅れ、帰宅は深夜でした。

久しぶりに胃薬を飲みましたよ。







































































2018年7月19日 (木)

「レオさんを探せ」チーム。ROAD TO 小布施見にマラソン

今回の企画、「レオさんを探せ」完成への道のりです。
メンバーのみなさん、間違いや不適切な表現がありましたら、どんどんご指摘くださいね( ´艸`)

まだ肌寒い春先4月5日、メンバーが「みんなでレオさんになろう」というスレッドを立ち上げてくれました。

この企画、昨年も候補に挙がっていたんですが、意外に僕の格好って何気にお金かけてるのでたいへんなんです。

29939904_773439956197755_1671094671

まずは、僕ってどんな格好だっけ?

必要なものをリストアップします。

29789883_1928060423933482_606998097

まずはカンカン帽。これ、意外にお高くって1万円以上します。

赤い蝶ネクタイと襟

30124820_1928119613927563_795074912

襟、赤い蝶ネクタイと紅白ストライプのシャツ。こんな風にセットされるのです。

襟は古いカッターシャツから切り取ったもの。蝶ネクタイはネットで購入。

このシャツですが、ストライプの幅を指定したオーダー物で、たしか7千円以上しました。
ちなみに4枚持っています。

30859713_782663751942042_1486637790

そして忘れちゃいけないスーザフォン!まあこれは本物持って走れば壮観でしょうけど┐(´д`)┌

さあ、まずはシャツ。

30776587_1007119306107140_725120561

メンバーがネットでオーダーできるシャツを探してくれました。
以前自分でも探したのですが、紅白のストライプってあまり無いんですよね。

よくぞ見つけてくださいました。

サイズやデザインのアドバイスを朝子さん、久美さんからいただき、比較的すんなり決まりました。
さすがは服飾のプロです。アドバイスが的確。

32359548_1743222015757824_988292818

帽子が一番意見が出たかな。
基本的には100均で購入。

34018379_871731729677649_8388569340

同じ系列の100均でも置いてあるものが違うんですね。
メンバーは三重、愛知、神奈川、埼玉、群馬。
こちらはそれぞれで用意することになりました。

けどアイロンで型を整えたりすることで本格的なカンカン帽を作った方もいらっしゃいました。
作り方の情報もアイデアを出し合いました。

これからは僕もあれにしようかなあと真剣に思いました。

34090321_1026823650803372_173114948

ネクタイは久美さんが作ってくれました。

34783007_1030964117055992_761362212

帽子のリボンも久美さん作shine

今後もしこのチームに参加したいという方がいらっしゃるなら、久美さんに袖の下渡して作ってもらってくださいo(*^▽^*)o

スーザフォンみたいな楽器を作れないかなあという意見があり、思い出したのが30年ほど前に行った演奏の仕事で吹かされた廃材を使った楽器。

31460927_1962028100536714_635969097

この写真を参考に、スーザフォンを作成することになりました。

31493098_1962028097203381_622146809


30126974_1928135390592652_197113079


29793098_1928135383925986_110251393

出るわ出るわ古い写真。この仕事は金沢だったかなあ。

29790066_1928141633925361_387137063

ついでにこんなプロモーション写真も。
25歳のときですが、僕は後列左端(=´Д`=)ゞ

32425911_584675718575358_8284570036

ボディはホースってことはすぐに決まったものの、なかなか良いものが見つからない。

走行してるうちにコバちゃんが「ちょうど良いのがあるよ!」ってことでホースをご提供いただきました(≧∇≦)

34258546_593067861069477_1774312644

一番困難だったのがベルの部分。

みなさんあちこちで候補を探してくださいました。

31582522_1605204449590640_687874457


32313267_789417791266638_3610666065


32336885_789869557888128_8638234668


33540404_1023102807842123_311491803

じょうごや電気の傘、洗面器、中には犬が手術したときなんかに使うカラーとかも候補になりました。

こういうときに重要なのはお金をかけないこと。

ズバッと「そんなにお金をかけたくありません!」、言いにくいことをはっきり言ってくれるメンバーの存在はありがたかったです。

32887306_793411554200595_7139970546

こんなラフ画もあったりして

33852513_1633348686776216_849602827

で、最終的に決定したのがくまのみちゃんご推薦の紙皿。

33462588_1633348333442918_787842343

こんな風に固定されました。
けど本番前はけっこう取れちゃって焦りましたね。

けどニコパさん、壊れることを想定してメンディングテープ持参で走るとは恐れ入りました(;;;´Д`)ゝ

楽器の形ができると音を出してみたいもの。

その昔、イベントで演奏したときはスーザフォンのマウスピースをくっ付けたのですが、さすがにそれはみなさんでは無理。

30430065_782525238622560_1437198055

そこで提案したのがカズー。
だれも知らなくて意外でしたが、ハミングすれば、それが音になる優れもの!

33923930_1636852419759176_874970721

吹き方の動画を貼っていただいたりして各自練習に励みました。

大会当日の終盤ではみなさんかなり上手になっていました(o^-^o)

33735998_796312017243882_1452022490

一応こんなことも気にしていましたね。

34793175_1898108370277764_659150607

ゆみさん宅にて東海グループの第1回製作会。
製作はくまのみちゃん主導で、たいへんはかどりました。

35414801_2028550617217795_896859370

拙宅にて第2回製作会。

35414691_2028403347232522_3297356_2

目玉とくちばしは実際にスーザフォンに使っているものの縮小版を作りました。

Photo

大会前夜も製作します。

Photo_2

とても心に残る良い出来でしたねヽ(´▽`)/












































2018年7月16日 (月)

第16回小布施見にマラソン

みんなに10回目の出場とか言ってましたが、昨年のブログを見たら今回は9回目でした( ̄▽ ̄)
来年が10回目です。実行委員会さん、なんかくださいo(*^▽^*)o

もう小布施は1年おきの出場にしようって言ってたのですが、昨年が本当に楽しくってつい今年も出ちゃいました。

みなさんからたくさんの写真をいただきました。ありがとうございました。遠慮なく使わせていただきますね(o^-^o)

Photo

何年か前からこの小布施がご縁で少しずつメンバーが増え、昨年は15名、今回はなんと26名のチームレオ、湯田中温泉ホテル豊正ワンフロア貸切でした(≧∇≦)

昨年は僕の普通車にぎっちり満員通勤電車状態で向かったのですが、今回は悪友S氏から8人乗りのワンボックスを借りてドライブです。

Photo_2

近鉄蟹江駅8時集合、一路小布施に向かって出発。

3

途中駒ケ岳SAでの休憩を挟み、小布施中学校パーキングに2時過ぎ到着。
悪友S氏の車載ナビ、長野県に入った途端地図が真っ白になってしまいました。

S氏に文句言ったら、「長野県が海だった頃のナビだから許せ!」とのことw(゚o゚)w

外に出ると日射しが痛いです。名古屋は38度だとか。たぶん小布施もそれに近い気温のはず。

Photo_3

小布施に来たなら栗ソフトだよね。お腹いっぱいでも食べます。

Photo_4

小布施市内から30分、雷滝に来ました。別名、裏見の滝とも言われています。
そしてこの頃、ナビが復活しました。
長野県が海じゃなくなってからのナビだったようですよ。

Photo_5

こういう写真撮ると、なんか写ってはいけないものが写るんですよね(´Д`;≡;´Д`)

Photo_6

ホテルへは6時の集合時間にやや遅刻して到着。
さっそく宴会です。

Photo_7

隙を突いてご挨拶させていただきました。
昨年よりなんと5kgも太りました。

Photo_8

夕食は見事なまでに昨年と同じでした。
て、覚えてはいないのですが昨年の写真を見たら本当に同じ。

Photo_9

今回の仮装は2チーム。
こちらの「レオさんを探せ」チームは宴会後制作活動です。

宴会後部屋のみを11時半頃まで。翌日は深夜3時起床。
3時55分ロビー集合出発。4時12分発の臨時電車始発に乗って会場に向かいます。

Photo_10

さすがにこの時間はまだ涼しいです。

Photo_11

「チームレオ」出勤風景( ´艸`)

Photo_12

車内でみなさんの様子を見ていたら、この企画を立ち上げた昨年12月からのことがいろいろ蘇り、なんだか目頭が熱くなってしまいました。

Photo_13

「レオさんを探せ」チーム、集合。
到着早々テレビインタビュー。気分が盛り上がりますね。

Photo_14

間もなく出発です。

帰りの車内での反省会で話題になったんですが、ちょっとこのあたりを来年は見直しましょう。

Photo_15

スタート早々ですが、むっちゃ暑いです。けどむっちゃ笑顔o(*^▽^*)o

12k

今回は全員まとまって走ろう(歩こう)ってことだったので、普段以上にゆ~っくりと移動。
そしたらなんと10km過ぎだったかで走行中止命令が出てしまいました。

まあ走らずに歩きなさいってことですね。

で、残り10km以上を歩くことに(=´Д`=)ゞ

Photo_18
(毎年小布施でお会いする元気いっぱいのともさん。写真ありがとうhappy02

16kmあたり、土手に上がったらなんと運動中止の命令がヾ(*゚A`)ノ

木陰を歩くようにと指示されました。

Photo_17

17kmのリバーサイドブラスさんと合奏。
今回は楽譜が用意されていました。初見で演奏するなんて久しぶりでした(ノ∀`)

Photo_19

もうすぐアイスクリームエイドです。

Photo_20

アイスクリームは近い。元気いっぱい笑顔満載で向かいます。

Photo_21

アイスクリーム、ゲットヽ(´▽`)/

Photo_22

坂を下ってもうひと頑張り。

Photo_23

その間、木陰でひと休みしてました。

Photo_24

上を向いて歩こうを全員で演奏しながらゴールしました。

4時間48分、長い時間楽しみましたねo(*^▽^*)o

Photo_25

残念ながら入賞は逃しましたが、楽しんだことでは優勝していたと思います。

アラビアンチームのみなさんも、ずいぶん注目を浴びてました。

Photo_26

お疲れさまでした。
また打上げホムパしましょうね(o^-^o)

小布施見にマラソン実行委員会スタッフ、ボランティア、参加者のみなさん、今年もありがとうございましたヽ(´▽`)/
















































2018年5月31日 (木)

土佐乃國横断遠足2018その3

252

ずいぶん長いこと歩いたり走ったりの繰り返しですが、後続も同じようにしているのか全くだれも追いついてきません。

ときどきスタッフの方が車を止めてエイドしてくださいます。ありがたいです。

この日はほぼ曇りで前日ほどは暑くありませんでした。

2523

そうこうするうちに152キロすぎの大エイド。
ところが昨年と場所が変わっていて通り過ぎてしまいました。

通り過ぎたのを見かけた方が追いかけてきてくださり、ようやく到着。

食事とシャワー、着替え、そしてきっかり30分寝ました。

258

なんとか明るいうちにクラインガルテン大エイドを出発。

後続グループが到着したのは僕の到着から1時間ほどしてからでしたので、ここからもまた単独でした。

クラインガルテンを出発して3kmほどで暗くなってきました。

257

大きなクーラーボックスが手書きの看板の後ろに置かれていました。
陸不動産さん、ありがとうございました。
ちょうだいしました。

この手前のコンビニでペットボトル2本と眠気覚まし用のガム、そしてゼリーを購入。
ここから約20kmコンビニとか商店がありません。

上りは全部歩き、下りはほぼ走り平地は歩いたり走ったりしながら3時間半かけてようやくコンビニが見えてきました。

とにかく暗くて一人ぼっち。明かりがとても恋しかったです。

2515

これが夜11時過ぎでした。

さあ2晩目の深夜走です。

254

今年はお会いしないなあと思っていたら会えました。

吉田先生のエイドです。

256

本当にありがとうございました。

255

ビーフカレー、ごちそうさまでした。

軽快に出発したのですが、右膝の裏がかなり痛くなってきました。
中村街道の長い下りで痛めたようです。

ときおりストレッチしながら進みます。

さびしい海沿いを抜けて市街地に入ろうとするあたりから幻覚が現れてきました。

地元の消防署に勤務しているという20代くらいの女性が、「サバイバルシートにくるまって一緒にバス停で寝よう」と囁き続けるのです。

2612

このあとお誘いに乗って15分ほどバス停で寝ました。

夜明けが近づき、だんだん明るくなってきたのですが、この頃から小雨が降り始めました。
寒くなってきたのでTシャツの下に長袖のファイントラックとシャツを着ました。

逢坂トンネルに向かって、いたむ右足を引きずりながら歩きます。

毎回この区間は真っ暗な中を誰かと一緒に進んでいるのですが、今回は一人。

明るいので景色が全く違っていて、ひょっとしたらコースロスしたかとずーっと不安でした。

ようやくトンネルにたどり着いたのですが、本格的に足が痛く、少し歩いては立ち止まります。

距離は200kmを超えました。なんとか四万十大橋のエイドへたどり着きたいのですが、地図をクラインガルテンに忘れてきました。

頼りのFacebookの地図ですが、やはり大会HPが無いと探せませんね。

けっきょくエイドへの行き方も分からなくなって、ここでギブアップ。
本部に電話したらタイミングよく留ちゃんが出てくれて、千夏ちゃんが迎えに来てくれることになりました。

中村駅へ送っていただきそこからバス。
駅ではだんなの応援に来たという昨年ホノルルマラソンでお会いしたO倉さんにばったり。

寝過ごさずにバスに乗ることができました。

261

来年は走ってここにたどり着きますねo(*^▽^*)o

足のほうですが、急にやってみたテーピングが原因のようで、膝の裏側に水が溜まりました。

34101130_2003906969682160_823176245

3日ほどで水が自然に抜けました。
今週末までは養生します。


























2018年5月30日 (水)

土佐乃國横断遠足2018その2

今回の結果をまず。

残念なことに、160kmあたりから右膝の裏側が痛くなり、ずーっとだましだまし歩いたり走ったりしていたのですが、200kmでついに動けなくなりリタイアしました。

3度目の土佐乃國はDNFに終わってしまいました。

さて今回を振り返りたいと思います。

2427

スタートから28kmあたりのエイドまでほぼノンストップでした。

今回は午後3時のスタート。
天気予報では高知市内は30度と、この時期としては異常な暑さでした。

けど室戸岬は24度程度、風も少しあって特に暑さは気になりませんでした。

気になったのは調子の悪さ。
あちこち痛いです。

最初に痛かったのは右くるぶし外側の下。
こんなとこが痛くなったのは初めてでした。

それでもいつもと同じ6分半ほどのペースで走ります。

28kmエイド到着は夕方6時15分頃かな。
今回から到着時間の記録がなくなったのではっきりと分かりません。

やはりあれはほしいなあ。

それとここまではコンビニが無いのでお腹もすくし、昨年までこのエイドにあったご飯メニューがなくなってしまいました。

249

エイドを出て1時間、ようやくコンビニがありました。
ここからしばらくはコンビニが豊富だったので、たくさん食べることができました。

62kmヤシイパークAD到着は夜11時頃。

2422

いつもは暗くなり始める頃に到着しているので、スタート時間が変わるってレースのイメージがずいぶん変わりますね。

247

こちらはメニュー豊富。
2kmほど手前でスタッフの方がメニューを聞いてくれました。

迷わずカレーにしました。

245

浦戸大橋は今回も暗い時間の通過です。実は今回はかなり速いペースです。というか速くはないのですが、私設エイドが少ないからか途中で止まることがないので早い時間の通過になりました。たぶんこの時点だと3時間ほど早い通過だと思います。

けど、この手前に私設エイドを出していただいてて刺身とビールをいただきました。

竜馬像へは深夜12時前に到着しました。
昨年まではエイドがありカツオのたたきも食べられたのですが、今回はスタッフ自体いません。

CPになっているので、竜馬像の写真を撮りましたが、何の写真か判明できませんでした。

88kmピンクの豚というラブホの交差点を曲がってしばらくしたところで脹脛が猛烈に疲労し始めました。

しばらく座って回復を待っていたら、一昨年はしばらく並走、昨年は私設エイドをしていただいたM田さんが声をかけてくださり、3kmほど一緒に歩いてくれました。

競馬場の坂を下りきった交差点にあるコンビニで小休止です。
ここを早朝4時半ごろ出発。

ここからはけっこうまた走れるようになりました。

2518

97km今回新設のあじさいエイドは顔なじみの皆さんがスタッフ。

2519

具沢山のラーメンをいただきました。

251

5時20分の到着でした。

このエイドを出て10分ほどしたら強烈に眠くなってきました。
ショッピングセンターみたいな場所の壁に囲まれた場所を見つけたので、サバイバルシートをかぶり15分ほど熟睡。

歩いたり走ったりを繰り返しながら進みます。

おかしくなってきたのは焼坂の長い下り。
序盤は右側だったのですが、こんどは左足首外側の下が猛烈に痛くなってきました。

こんなとこが痛くなるなんて今までに無いことです。

途中の休憩所で休みながら、そうだ!今回初めてやってみたテーピングの場所がまずいんだ!と気がついて両足とも剥がしました。

やはり正解。痛みが消えました。

2514

このレース最大の難所添え蚯蚓への曲がり角のあるローソンで腹ごしらえ。
この時点でヒル12時50分。
添え蚯蚓の途中のエイドでも食べ物はあるはずですが、今回はけっこう期待と裏腹に食べ物が無いので警戒して食べました。

2512

ルートはとても分かりやすいです。

2510

コンビニで食べておいて正解でした。

スタッフすらいないCPでした。

259

3度目ともなるとずいぶん慣れますね。
けど下りでもまったく走る気になれず、ずーっと歩きました。

もう何10kmも一人旅なのですが、添え蚯蚓を歩いている間、だれかがついてくる気配がずっとありました。

253

ようやく人に会えました。
この先は町並みがあります。

つづく













2018年5月29日 (火)

土佐乃國横断遠足2018 その1

土佐乃國横断遠足に今年も参加させていただきました。
3年連続です。

Ad825af44c920f6559eef453d993795c

高知県東の岬室戸岬から西の岬足摺岬242km(実際には250kmはある)を走ったり歩いたり寝たりする大会です。
ジャーニーランという呼び方がとても気に入っています。
本当にちょっとした旅ですよ。

233

実は今年から主催が変わりました。

昨年まで主催してくれていた団体さんがエントリー開始直前に降板されまして、あわや中止かってとこを救っていただいたのが徳島県のウルトラマラソン愛好家チーム「ウルトラソウル」さんでした。

で、いろいろ変わりました。
自分にとって一番の変更は送迎が無くなったことでした。

今までは高知空港にお迎えのバスが来ていてくれたので、単に高知空港へ行けばよかったのですが、今回はなんと現地集合(lll゚Д゚)

室戸岬ってどう行くのか分かりません。
って単純に高知空港~室戸岬ってなんで思いつかなかったのか自分でも不思議┐(´-`)┌

2420

旅の計画って酔っ払いながらやっちゃ絶対ダメですね。

すぐに思いついたのが、大阪へ行ってバス移動。

ハービス大阪とかいうバス乗り場をネット情報で見つけたので、そこに近いホテルを予約。
少々高かったのですが、徒歩1分に惹かれました。

間違いに気がついたのはホテルに着いてから。
ホテルをグーグルくんで探してたら、なんとホテルは難波なのにハービスは梅田じゃんΣ( ̄ロ ̄lll)

たしかにホテルから徒歩1分にバス乗り場はありましたが、それは難波のバス乗り場(u_u。)

234

難波のホテル、単に旅行と考えれば非常に良いロケーションで、ホテルの近くには飲食店がたくさん。
緊張感無く、ビールと串揚げ( ^ω^ )

231

こちらは翌朝5時ころに食べたファミマ飯。

バスは8時前の出発。到着はスタート時間3時の約1時間前の予定。

これはたくさん寝られるというのが利点ですね。
半分以上寝ました。

2419

鳴門の渦潮もしっかり見ましたよ。

2417

2月に行った海部川マラソンへの道も通りました。

あの頃とはずいぶん気持ちが変わりました(o^-^o)

スタート1時間前に到着予定でしたが、なんと早々と1時過ぎに到着。

243

まあ顔見知りの方が多いので、すぐに時間は過ぎました。

2426

今まであった前夜祭もカットで、いきなりスタート。

それでは行ってきまーす(◎´∀`)ノ














2018年4月26日 (木)

第20回奥熊野いだ天ウルトラマラソン100kmアフター編

2232

ゴールで記念写真です。
初100を走られたメンバーの感動の涙にもらい泣きしましたね。

このゴール会場、この場所を大会じゃないときに見たことがない方も多いのではないでしょうか。
世界遺産の補陀洛山寺というお寺です。
機会がありましたら是非訪れてみてくださいね( ^ω^ )

2222

少々事情があり、他の男性メンバーとは別行動。
ホテルへ戻りアフターをお誘いしたのですがお断りをいただいたため仕方なく一人打上げへ。

駅前へ繰り出したらご覧の通り開いているお店が無い(;´д`)

2228

駅前へもう一度出て見回すと、「おや?ラーメン屋さんが開いてる?」

2223

なんで那智勝浦まで来てラーメン屋に入いらないかんのや!と思いつつ仕方なく入店。

2224 2225 2226

冷やしトマト、炙り焼豚盛、餃子。全て美味い!

2227

ラーメンは(;´▽`A``

コンビニでビール買ってホテルへ戻りました。
なんだか寂しいです(;;;´Д`)ゝ

232

大して寝ないまま朝を迎えました。
港に向かいます。

231

マグロ市場を見に行ってきました。
朝が早いので、まだセリは始まっていません。

近くのコンビニへ行きカレーを食べ、コーヒー飲んで朝食終了。
今度はだれか誘ってくださいね。寂しい(;´Д`A ```

235

一人寂しく足湯。

236

一人寂しく散策しながら機関車を見に行きます。

その後、集合してゴール地の補陀洛山寺。

そしてスタート地点だった那智の滝へ。

237

階段降りるのたいへんですよね。

239

西国33所一番札所青岸渡寺

2310

ランチはこちら

2315

こちらをいただきました。

2313

ここでみなさんと別れ、一人自宅に向かいました。

四日市に戻り、洗濯を終え一人さびしく打上げ。
串カツ&ビールで満腹になり、ふらふらと帰路についていたら

Photo

9月に28時間走という奇妙なイベントを立ち上げた石川畳店店主じゅんちゃんにバッタリ!
そのまま拉致され、ワイン二人で1本空けて、イベントの話、ピアノの話、むにゃむにゃな話をしながら幸せな気持ちで第20回奥熊野いだ天ウルトラマラソンを終えましたヽ(´▽`)/















































2018年4月25日 (水)

第20回奥熊野いだ天ウルトラマラソン100km当日編

221

Start-5km 745-641-639-638-635(34'17)

那智の滝をバックにスタート。滝の高さ133mと同じ133段の階段を上りスタート。
上り終えて左に曲がり少し下ると折り返し。10kmの第2エードまでほぼ上りっぱなしです。

6-10km 657-630-604-539-604(31'15/1:05'32)

このエードを越えると、まともに走るのも難しいような急激な下り。
毎回飛ばしすぎて失敗しているので慎重に下るのですが、やはりうまくコントロールできません。

222

10-15km 517-533-530-558-548(28'05/1:33'37)

16-20km 542-553-555-546-524(28'41/2:02'18)

21-25km 558-541-539-626-530(29'14/2:31'32)
ようやく下りが終わり、集落を抜けていきます。
この区間のペースをもっと落とさないとダメだなあ。

26-30km 615-530-534-744-547(30'50/3:02'22)
31-35km 637-541-536-656-603(30'53/3:33'15)
36-40km 525-547-545-714-651(31'01/4:04'17)
徐々に傾斜がきつくなってきます。
頑張って走っているのですが、ずいぶん歩幅が狭くなってきました。

41-45km 940-744-1026-558-551(39'39/4:43'56)
ついに歩いてしまいました。

223
昨年も序盤並走していただいたおねえさん(本人申告18歳)が急坂をえらい勢いで登ってきます。

46-50km 553-817-524-613-1152(37'39/5:21'35)
42kmあたりでピークを越えると、また強烈な下り。
と思ってるとまた上り。

224

51-55km 830-922-1020-847-1003(47'02/6:08'37)
GPSより表示距離は+2kmほどです。
エイドでめはり寿司をいただき、もう一頑張りしてのぼるとブルーベリーエイド。

56-60km 702-656-830-615-822(37'05/6:45'42)
この区間もけっこう上るのですが、頑張って走りました。

226

61-65km 602-834-550-549-844(34'59/7:20'41)
しばらく気持ちの良い下り。昨年は太ももの筋肉が痛くて走れなかった区間ですが、今年は走れましたね。

66-70km 629-618-731-1043-848(39'50/8:00'31)
また集落のフラットな区間に入ってきたのですが、なんだか根性が切れてきたのと暑さのせいなのか走れなくなってきました。

71-75km 843-1206-1227-1605-730(56'51/8:57'22)
出会い橋エイドを出てからは全く走れず歩きとおしました。
長井集会所で預け荷物からジェルやら栄養ドリンクなんぞでドーピングしたら、少し走れるようになってきました。
先日のアワイチのように、念仏を唱えながら走りました。

76-80km 719-902-738-824-1045(43'08/9:40'30)
一昨年熱中症で倒れたゴルフ練習場エイドあたりからは、また走れなくなりました。

228
(マッサージを受けるさなえちゃんは、僕がサイパンで初めてスーザフォン担いでフルマラソン走って以来のお付き合い。さあ、この隙に逃げなくては(≧∇≦)

81-85km 1101-1735-946-734-1030(56'26/10:36'56)
井鹿会館?エイドで初めてマッサージを受けました。
上手でしたよ。
そのおかげかしばらく走れました。

227

86-90km 727-1035-1758-1155-1038(58'34/11:35'29)
コースはまた山の中です。そして上り。

229

この日はこの時期としては異常な暑い日。7月頃の気温だそうで、こちらも25度以上あったんだと思います。
ただ、山の中では涼しい風が吹くので、それほど暑さは感じませんでした。

しばらく走ったりしていたのですが、長くは続きません。
GPSと表示距離は相変わらず2kmほどあります。

91-95km 656-759-657-644-620(34'56/12:10'25)
南平野三叉路エイドを越えるといよいよ下り。
昨年はほとんど走れなかったのですが、今年は全部走りました。

昨年一緒に参加した「にらっちご夫妻」が名古屋から応援に来てくれました。
元気をいっぱいいただきました(o^-^o)
ありがとうございましたヽ(´▽`)/

96-97.4km 610-614-240(12:25'25)
最後のエイド、井関三叉路は場所が変わったんですね。
見落としてしまいました。

2210

結果、昨年より3分ほど早いゴールでコースベスト。なんですが、自分のワースト1,2,3ってこの大会。
エイドの多さが災いしているんでしょうか。
12時間台を記録したのって、この大会以外はありません( ̄▽ ̄)

2212

ゴール会場本部には、前夜祭でスーザフォンに使ったパネルが飾られていましたshine

2018年4月24日 (火)

第20回奥熊野いだ天ウルトラマラソン100km前日編

今年も奥熊野いだ天ウルトラ100kmを走ってきました。

2120

早朝4時半に家を出て、向かった先は今年も名古屋城。
そうです、今年もさくら道ネイチャーランのスタートお見送りに来ました。

最後のグループが出発する6時20分頃まで見送って、次に向かったのはJR一宮駅。
午前7時、ここで今回一緒に行動するメンバーと待ち合わせしていたのです。

総勢10名、3台の車に分乗します。

さあ朝ごはんの調達です。
昨年同様、サンドイッチの名店「森本」さんへ行きました。

ちょうどこの日は店主ウェルさんのお誕生日。
スーザフォンでハッピーバースデイを演奏してみんなでお祝いしましたヽ(´▽`)/

212

音羽公園で、調達したサンドイッチを食べながら通過するさくら道ネイチャーのランナーたちを応援。
そして東名阪高速道弥富ICから一路那智勝浦を目指しました。

215

ランチは紀伊長島道の駅まんぼう。

一台はぐれた車はその先まで行っちゃったそうな。

211

「まぐろレアステーキ丼イタリア風」、美味しかったですよ(o^-^o)

2119

はぐれた車のメンバーと丸山千枚田で合流できましたが、紀伊長島から一緒に出発した車はルートミスでそのまま和歌山へ。゜゜(´□`。)°゜。

なかなか全員がそろいません。

僕は前夜祭での演奏のため4時に会場入りしないといけないので、急いで会場に向かいました。

2110_2

ホテルに荷物を置いて、スーザフォン担ぎ会場に着いたら、高石ともや師匠もちょうど会場入りしたとこでした。

2113

ようやくメンバーがそろいましたね(o^-^o)

2112

ともや師匠とベースのゆりこさん、昨年末のホノルルマラソン以来でしたが楽屋で鍛えていただいたおかげで大きな失敗も無く演奏を終えることができました(* ̄ー ̄*)

2115

演奏後は楽屋でお食事をいただき、

2116

駅前からこんなトンネルをくぐり

2229

ホテルに到着です。

大浴場でお風呂に入り、ビールを1缶だけ飲んで9時過ぎにスーっと眠りに落ちました(*^.^*)
































より以前の記事一覧