フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

第2回登山部活動報告

第2回登山部(規則はただひとつ走らないこと!)活動は入道ケ岳o(*^▽^*)o

13509295_1100906969982169_456236518

今回は登山のスペシャリスト、大ベテラン、3000m級の山を登りつくした(僕は勝手にそう思っています)かーみん師匠が参加です(゚▽゚*)

7月に夜叉が池伝説マラニックというマニアックな大会がありますが、あの夜叉壁のロープはこのかーみん師匠が設営してくれています。

安全のために壁の途中で監視もしてくれているのが、このかーみん師匠なんです。パチパチパチ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

登り口に朝9時集合。

13548959_1101510006588532_185815295

キャンプをしている若者たちに大きな声で「おはようございま~す」と元気に挨拶をしながら進むと

13522385_1100906943315505_918348917

前日までの大雨によって増水した川が、2回も行く手を阻みました(;´д`)

13521092_1100906939982172_123231955

頼りになる大ベテランかーみん師匠ですが、苦手なものがあります。

それは「ヒル」( ̄Д ̄;;

ここ入道ケ岳にはたくさんいるというお話です。

ヒル対策薬ヒル下がりのジョニーを持ってはいたものの、先日来お友達にかけまくっていたら、なんだか少しになってとっても出が悪く少々不安。

そのうちにかーみん師匠が「うわ~っ!」と大声で叫びました。

出ました!ヒルです。
見るのもイヤ!って方がいらっしゃると思いますので写真は控えさせていただきます。

入道ケ岳、さすが有名なヒルの生息地だけあって、もうその数と言ったらハンカチくらいの面積に30匹ほど。

けっきょくあっさり撤退です。
わずか300mほどで降参して、キャンプの若者たちに照れ笑いしながら退散(=´Д`=)ゞ

13551162_1018708031538533_797375128

かーみん師匠とはここでお別れです。
このあと時間つぶすのたいへんだったと思います。
計画ミスでした。申し訳なかったです。
これに懲りず、またお付き合いくださいねo(_ _)o

で、ひろこ隊長と協議し出た答えですが、「ヒル下がりのジョニー」を買いに行き、ヒルが少ないとかーみん師匠が言ってた御在所(1212m)へ向かうことにしました。

西村社長、ヒル下がりのジョニー2本コメリ菰野店で買いましたよ( ̄ー+ ̄)

13530299_1018708028205200_1620480_2

途中で鹿にも遭えましたよ( ^ω^ )

13530256_1018784434864226_170739628

登山届けに記入して、第2回登山部活動開始です(・∀・)

13509636_1101509966588536_123757426

僕は毎年数回御在所に登っているのですが、ひろこ隊長は初めてです。

この御在所には何本かルートがあり、僕は毎回中道ルートで登るのですが、ひろこ隊長のご希望で表道ルートで登ることになりました。

僕も表道ルートは初めてです。

13536123_1018828844859785_22385425_

いつも登る中道に比べると優しいイメージですね。

13518028_1101509996588533_136215740

横の道を夏場に走ることがありますが、この看板はいつも見ますね。
このルートだったんだな。

13553172_1018841421525194_442704231

こんなとこや

13552743_1100906713315528_308982909

こんなとこもありますが、中道に比べると恐怖感はありませんね。

13550950_1018828848193118_401133042

僕はどこにいるでしょう(*^m^)

13523706_1101509436588589_163467450

13563712_1101509933255206_481952473

花はあまり咲いていませんが、この時期は緑がきれいですね。

13552521_1018784444864225_2119407_2

中道に比べると勾配が少し急かもしれませんが、登りやすいルートだと思います。

13535951_1101726023233597_959193917

登頂成功ヽ(´▽`)/

13563324_1018784448197558_84130504_

日曜日は人が多いですね。
いつも僕は平日にしかこないのです。

13553314_1018829361526400_140399185

ロープウェイで帰るつもりでしたが、意外なほど順調に登れたので、いつもと同じ裏道ルートで帰ることにしました。

13530819_1101509443255255_135233983

ほぼず~っと下り

13536074_1100906523315547_161228554

油断してはいけませんが、危険な箇所もほとんどありません。

13563239_1018829368193066_140186560

だんだん終わりが近づいてきました。

Cl3fpmeveaat9xx

下山してシューズとソックスを脱ぎ、お風呂に入るためジムへ向かいました。

スリッパを脱ぐと、なんだかスリッパが汚れている。
泥?

足を見ると、なんと血です。
大量の血が足とスリッパに付着しているのです。

足にくっついたブヨっとしたものを引き剥がしていたらジムのスタッフが心配して駆けつけました。

血が出ていたのはこんな上のほうでした。

どっかでヒルが付着したんですね。

シューズとソックスにはヒル下がりのジョニーをいっぱい吹き付けていたので活動していなかったのかな。
いつやられたのか不明です。

ヒルにやられて困るのは、血が止まらないことですね(;;;´Д`)

13508951_1019543931454943_573158497

まあそんなことにはめげずに栄養補給です。

先日の街中バルで初めて行ったてっせきさんへ来ました。
17周年記念でお得なメニューがあるんですよ(*^-^)

13548791_1101509383255261_516900647

13555901_1101509363255263_394150059

回らないお鮨屋さんは久しぶりです( ̄▽ ̄)

13536206_1018914208184582_247233542

あわびのステーキが美味い!

13548811_1101509366588596_173752217

これです!

13536222_1018914204851249_116559049

鮨屋の出汁巻きは美味いなあ

13516388_1100992983306901_679180028

これです。

13563318_1101509273255272_576913310

2軒目は肉とワイン。こちらローストビーフサンド。

13552708_1101509266588606_213341150

ポテトタワー

13530305_1101509276588605_182756148

牛タン

13533224_1019543304788339_829153415

いや~、すっかりお疲れモード。
おやすみなさい。

絶賛増量中┐(´-`)┌










































































2016年6月15日 (水)

僕の仕事のこと

このブログのタイトル通りですが、僕は調律師という仕事をしています。

ときどき「調律師ってピアノのですか?」と聞かれます。
そうですピアノを治す仕事です。

ご存知の方も多いと思いますが、ピアノには弦が約230本張ってあり、1本あたり70~90kgほどの張力がかかっていることや気温、湿度の変化により音が狂うんですね。

そのため音律を正常にする作業が必要となり、この作業のことを調律と呼び、これが調律師の仕事の中心となっています。
そしてピアノってけっこう機械的な部分もありますので、うまく動かなくなったときには修理が必要になります。
これも調律師の仕事です。

ほかにもありますが、調律と修理が基本的には仕事の中心になっています。

先日この調律師のことを書いた本が「本屋大賞」に選ばれたと話題になっていました。

13459596_1092759834130216_662720558

図書館にあったら借りてみよう~って思っていたのですが、まず息子が「読んだよ~」と連絡があり、僕の仕事についてあらためて興味を持ったとのこと。

僕の趣味というか生活の中心でもあるランニングでのお友達も読まれたそうで、Facebookに書き込まれたみなさんの文章を読んでいたら、これは買ってでも早速読まなくては、ちうことで本屋さんへ行きました(。・w・。 )

先週末は大会のため伊豆まで新幹線移動、往復の車内で一気に読みましたよ。

ピアノとも音楽とも縁の無かった男子高校生がたまたま学校に来る調律師をピアノのある体育館まで案内したことで調律作業に出会い、その後調律師になるというストーリーです。

調律師の養成期間のことにはほぼ触れられておらず、調律師になってから数年間の成長が描かれています。

この本を読みながら自分のことも思い起こしました。

僕もこの青年と同じように、ピアノ会社に併設された養成機関で調律を学びました。
この青年は2年の養成期間とありますので、たぶんヤマハかカワイだと思います。

僕が学んでいた当時、浜松には15社以上ピアノ製造会社がありました。
今ではその大半が無くなっていると思います。
ピアノ産業って斜陽化しているんです(u_u。)

僕が学んでいた会社、規模としてはヤマハ、カワイに次いで国内第3位なんですが、上位2社とはかなり距離があります。

10000mの競技だったら23周は遅れているかもしれません(;´д`)

けどその規模の会社だったからこそいろんな経験ができました。

最初は掃除から。ノミやカンナの刃の研ぎ方も教わりました。
ピアノの塗装もしました。

職人さんの世界だけに、言葉で注意する前にゲンコツが落ちることもしばしばありましたよ。

高校出たてのなにもわからないあの頃、言い返すことも殴り返すこともできず、ただハイハイと言うだけでしたが、あの頃ならではの経験、今となっては貴重です(o^-^o)

この物語の中で高校生だった彼は調律師になり、体育館へ案内した調律師が所属する楽器店に就職します。

先輩調律師たちや顧客からいろいろ学び調律師として成長していきます。
この彼は調律師の仕事にしか興味がないのか、それ以外の活動なんてものは全く登場しません。
恋愛の話なんてものも出てきませんね┐(´-`)┌

僕が就職したのは、調律を勉強するためのピアノ会社を紹介してくれた楽器店でした。

高校1年生頃の話です。
もともと楽器が好きだった僕は、もちろん夢はミュージシャン(゚ー゚)

けどそんなもんで食えるわきゃあないという考えもあり、管楽器を製造する道へ進みたいと思っていました。

そんなある日、近所のピアノの先生と立ち話していた母親が、調律師という仕事があるそうだと聞いてきました。

このあたりは偶然が重なるのですが、ラジオを聞いていたら有名な調律師が出ていて、調律師の仕事について話をしていてたいへん興味を持ちました。

また別の番組ではバンドコンテストの様子が放送されていて、そこに調律師のバンドが出ていたのもこの仕事に導いたように思います。

それからすぐに、調律師になりたいがどうしたらよいんだろうと馴染みの楽器屋さんへ行ったのが自分のストーリーの始まりです。

高校1年生で仕事が決まったっていうのはちょっと早まったかなo(*^▽^*)o

就職した楽器店で調律師は僕一人。

この物語のようなお師匠さんは店内にはいませんでした。

僕の住む所に新しくホールが建てられることになりました。
建ったのは今から30年以上前です。
自分は22歳くらいだったと思います。

自分が所属する楽器店がここにスタインウェイという当時1台1200万円のピアノを2台も納入したため、政治力で僕がこのピアノのお守りをすることになりました。

もしも今こんなホールのピアノをお守りする依頼が来たら、100%断ります。
怖いですよ。ぜったいにビビりますね。
当時は怖いもの知らずだったんだなあ(´Д`;;;)

このホールが建つ前は市民ホールなる建物があり、もちろんこちらにはずっとピアノのお守りをしている調律師がいらっしゃるわけで、そういう方が黙っているはずはなく、結局最終的には僕一人でお守りするっていうことは無くなりました(;´▽`A``

このピアノの日本総代理店がM社というのですが、ここへ2回か3回に分け数ヶ月だったか研修に行きました。

このM社のT田さんという方が僕の最初のお師匠さんです。

まったくお付き合いがなくなりましたが今もご活躍なのかなあ。

ベーゼンドルファというオーストリーの有名なピアノがあります。

このピアノは96鍵(通常は88鍵)あって、地元のオーケストラがこのピアノをレンタルして演奏会をするという話が入ってきました。

これもやはり22歳頃だったと思います。

ベーゼンドルファの日本総代理店から調律に来るというので、その場で頼み込んで作業を見せてもらいました。
N山さんという方です。

この会社とはずいぶん長くお付き合いさせていただきました。

この数年後、どうしてもベーゼンドルファに留学したくなって頼みにも行きました。
英語かドイツ語を話せるようになったら来なさいということで、その後英語学校に通いアメリカにも短期留学に行き、中学校時代英語が5段階中2だった僕が英検2級を取得してまたお願いに行ったのですが、その当時ヨーロッパは大不況でタダでも人は要らないといわれ留学の夢が消えました。

もう一人のお師匠さんは大阪の白Gさんです。

この方の作業に立ち合わせていただいたのは、自分が関係していた楽器店が販売したピアノが縁でした。

かなり酷いピアノで、そのオーナーさんがどれだけ酷いか立会いなさいということで作業を見ることになったのです。

今では作業なんてYoutubeで見ることができますが、当時は人の技術は見て盗むって時代で、ほとんどの方はなかなか見せてくれなかったんですね。

ところがこの白Gさん、「全部見せてやるから、盗めるもんなら盗んでみろ」って言うんですよ。

カッコいいですねw(゚o゚)w
この方だけ唯一今でも年賀状のやり取りをしています。

この本を買いに行った一番のきっかけを与えてくれたのが、仮装ランナー界の神C田さんです。
おもしろいですね~。ぜんぜん違う方面からこういった話がやってくるなんて、まったく今風でSNSの威力を感じます。

C田さんからは以前から見たかった「もうひとつのショパンコンクール」の再放送の情報もいただきました。

こちらもしっかり録画して楽しませていただきました。

日本でのピアノ産業は斜陽化しているのですが、世界でトップの日本のピアノ産業。
もし今後調律師を目指す方があるなら、ぜひ世界を目指してほしいです。

この本の中で「調律師にとって一番大事なのはなんですか?」と聞く場面があります。
なんと答えたかは書きませんが、自分だったら「ピアノの魅力を伝えること」です。

って話を来週、息子が勤務する中学校でお話してきます(´▽`)/

2016年6月14日 (火)

第1回稲取キンメハーフマラソン

マネージャーひろこちゃんの郷里でハーフマラソンが催されることになり、ずいぶん前ですがワクワクしながらエントリーしました(゚▽゚*)

伊豆半島東伊豆町稲取キンメハーフマラソンです。

なぜキンメかちうと、稲取は金目鯛が有名なのです。
きっとエイドにも金目鯛が出ることでしょうo(*^▽^*)o

13434136_1091595094246690_392554627

いつもは自動車で行きますが、先日今年一番難関だった大会をクリアしたことにより、もうすっかりお遊びモードになっているため居酒屋新幹線で向かうことにしました。

富士山を見ようと左側の席をキープしましたが、すっかり熟睡してしまい起きたら熱海の手前でした(=´Д`=)ゞ

13441744_1091636970909169_454501877

ひろこちゃんのお姉さん一家に駅まで迎えにきていただき、稲取キンメマラソン初日に出る姪っ子たちの応援に向かいます。

一緒にストレッチをしましたが、みなさんヤルキはありません┐(´д`)┌

13459503_1091595034246696_153955177 13453845_1091594937580039_424077441

写真係を務めながら応援(;´▽`A``

13435651_1091594914246708_162704052

こ~んな毒々しい色のところてんが乗っかったかき氷を食べ

13444229_1091636894242510_209074119

バーベキューしてたらすっかり出来上がってしまい、夜の8時頃には熟睡でした(*´Д`*)

翌朝、起きたらとっても良いお天気(゚0゚)

13453175_1091556630917203_126378174

キンメマラソンってくらいだからと金目鯛をかぶって出陣です( ^ω^ )
この大会、仮装部門もあるのです。
もちろん大賞を狙っています( ̄ー+ ̄)

13446161_1091556037583929_861716906

空にドローンが飛んでいます。

雨が降りやすいこの時期、雨女のひろこちゃんがいるというのにビックリするほどカンカン照りになりました。

かぶり物のせいで、すでに暑いです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

13405324_1091556387583894_420386128

スタートは5分間隔2組に分かれてウェーブスタート。

僕たちは第2組。

5block_pic_pc

スタートは稲取クロカンコース。
今年のお正月に走りに来たのですが、かなりの激坂続きです。

13410333_1091554397584093_129369525

時折現れる絶景が、折れそうな心を癒してくれます(^-^*)

13435995_1010212935721376_166249549

そして、また坂Σ( ̄ロ ̄lll)

13444248_1091554350917431_850483366

路面は不整地なので、気を抜くと足首がグキっていきそう

13444544_1091554314250768_182145854 13453233_1091554304250769_152136248

5.2km初めてエイドが出てきました。

ニューサマーというかんきつ類のシャーベット、食べやすくっていいですね。
おいしかったです。

13453053_1091554877584045_158296152

テレビの取材だそうです。
僕はまったくインタビューされなかったので映らないと思います。

13441835_1091554277584105_162460214

8km付近のエイドでしたが、お水がなくなってしまいました。
水って書いてあったので首筋にかけたら、ポカリでした~(lll゚Д゚)

13441930_1091554220917444_2614123_o

激坂の途中にこんなのがいて、少し和みますね。
地元の信金さんのキャラだそうです。

13410518_1091553697584163_648130445 13444053_1091554244250775_200614993

げんなりするほど激しいので、名前はげんなり坂。
金目鯛を脱いで水をかぶりました(。>0<。)

13453267_1091553844250815_185460945

坂の頂上でひろこちゃんを待っていたら、沿道で応援の女の子が僕の絵を描いてくれました(≧∇≦)

13454054_1091553840917482_677423061

ありがと~(゚▽゚*)ノ

13445951_1091553867584146_704938118

仮装のみなさんとは心が通じ合いますね(´∀`◎)ノ

13445843_1091553877584145_391622106

徐々に海が近づいてきます。

13446200_1091553640917502_408509614

景色がいいなあ

13459533_1091553624250837_654479446

こんな狭い路地を抜けたりもします。

13410721_1091553690917497_187379618

お饅頭

13435616_1091553554250844_126128147

わさび漬

13445935_1091553557584177_155246283

お赤飯のおにぎりとニューサマーのシャーベット。今度は形が違います。

13451269_1091553517584181_556516016

ニューサマージュース

13460911_1091553687584164_293048742

ニューサマービネガー、だったかな?

13460752_1091553570917509_174570299

今回は、完璧にエイドを制覇しました。

13441905_1091553187584214_622897795

ゴールゲートの横を通ると残り3km少々。

第1回のこの大会。
激しいアップダウンに富むコース、美しい景色、充実したエイド、暖かい応援と良いところだらけのように書いてきましたが、その一方で運営等問題がありました。

①距離表示がありません。
 何年も走っているようなランナーだったら最近はGPSを持っているので問題なしですが、持ってない人は可哀相です。

②荷物預けと荷物渡し
 荷物を入れる袋は当日渡し。
 預ける場所で係りがゼッケンと荷物番号を書いている。
 こんなの袋とゼッケンシールをを事前に渡しておけば、当日トラックに放り込むだけで済むんじゃないでしょうか。

 荷物渡しも大混乱。
 あらかじめ番号別に区分しておけば、列もばらけるしもっと早く荷物を渡せるはずです。

③温泉処だけあって500円で何ヶ所かのホテルのお風呂に入れるのですが、そこへ行く足が無いに等しい。

13441804_1091553064250893_54407786_

チケットの枚数が少ないようで、自分が買えたところは電車に乗らないと行けない場所でした。

13453246_1091553080917558_720260241

場所柄、電車が1時間に1本程度なので、このあたり配慮してほしいです。

④なんと言ってもエントリー料が高すぎる。6千円ってビックリ。
 ゴールしたあとは紙コップにお水でした。
 タオルとかも無いですよ。

 参加賞はTシャツのみ。

13453171_1091553177584215_181685933

暑い中、応援ありがとうございますヽ(´▽`)/

13405721_1091553584250841_235968762

キンメ幟~

13453628_1091553147584218_105499403

ゴールまで300m

13460956_1091553104250889_534858947






























































2016年6月 6日 (月)

日間賀島

愛知県の離れ島、日間賀島へ行ってきました。

13393078_1084700954936104_92799067_

日間賀島ってタコで有名なんですって。

ちなみに、僕は初上陸(o^-^o)

13334701_1084701304936069_791280436

年に1度だけですが、今年も両親を連れて行きました。

今年は二人とも86歳になりました(;´▽`A``

毎年ほぼ同じ時期に行くんですが、言動がおかしくないか、運動能力はどうかと注意します。

母が同じことを何度も言うのは以前から。痴呆の気は無さそうです。
父はあまりしゃべらないので、このあたりは判断つきにくいのですが、同じことを繰り返して話すことはありませんでした( ^ω^ )

13351180_1084701348269398_162556346

午前中は仕事になってしまったので、家を午後1時半出発。

フェリーターミナルのある師崎へは1時間少々で到着しました。

日間賀島について全く知識が無く、フェリーが到着した港で降りました。
港から宿まで徒歩1分って書いてあるのに、Googleで調べたら徒歩10分。

間違えていました。
降りた港は東港、降りなければならないのは西港(。>0<。)

13384772_1084701228269410_174800888

宿へ電話したら、すぐに女将さん(左端の方)が迎えに来てくれました。

13342165_1084701061602760_151801880

平日、しかも月初め(6月1日に行きました)とあって客は我々3名のみw(゚o゚)w

13390952_1084701181602748_115032170

部屋に入ったら海苔をいただいたので、さっそくビールを飲みました。
ちなみに、両親は全く飲みません。

13389309_1084701158269417_205776060

お風呂も独占o(*^▽^*)o

13350990_1084700844936115_177922789

ヒラメ

13348788_1084700621602804_135355678

大アサリ?ハマグリ?忘れた( ̄▽ ̄)

13388858_1084700768269456_185871297

伊勢海老(写真では貝より小さいですが、本当は大きいです!!(゚ロ゚屮)屮)

13393253_1084700671602799_378878799

タコ

13340392_1084700614936138_124106484

エビフリャ~。そこそこ大きかったです。

13340575_1084700654936134_107641157

名前を聞いたのですが忘れました(´Д`;;;)ゝ

13393356_1084700698269463_313765889

アワビ(右側はバター)

って感じの夕食でした(^-^*)

母は3度ほど日間賀島に来たことがあるそうなんですが、これほどたくさんの食事は出たことがないと食事の間3度ほど繰り返し、翌日も6回ほど言ってました。喜んでいただきなによりですヽ(´▽`)/

13383755_1084700601602806_190537229

前夜は酔いつぶれて両親とお話しすることもなく先に眠ってしまいました(=´Д`=)ゞ

朝食を終え、朝9時40分のフェリーで師崎へ戻ります。

向かった先は

Pht_mihama01
(写真が見つからないのでHPから拝借しました)

この前に同じようなえびせん工場へ行きましたが、規模も充実度も大違い。
やっぱここへ来なきゃダメです。

いっぱい試食してきました。もちろんたくさん買いましたよ(^-^;

13388783_1084700561602810_233859494

食べてばかりだったので文化的経験もすることにしました。

みなさん小学校時代に国語で習ったことあるかな?
「ごんぎつね」とかは有名ですね。

13383545_1084700354936164_477982128

新美南吉は半田市の出身です。

上のジオラマは「手袋を買いに」だと思います。
このお話は学校で習ったのかなあ。
とても好きな話です。

13389342_1084700338269499_841449565

最後に立ち寄ったのは、常滑市のめんたいパーク。

先月は、この先にあるいきなりステーキまで60km少々を走ってきました。
そのときはこのあたりサミットの影響で警察官や警察車両がいっぱいいました。

13335394_1084700424936157_146215171

ちょっとお腹が空いたので明太子と鮭のおにぎりを食べました。

両親は朝食を食べ過ぎて、まだお腹が空いていないとのことでした。

父親は最近歯が悪いらしく、あまり食べませんでした。
もともと食には大して関心の無い人なんですが、さらに拍車がかかりました。

最近ゴルフのクラブを買ったそうで、しばらく休んでいましたがまた再開するそうです。
息子(父からは孫)が最近ゴルフをしているので、一緒に回りたいそうな。
この二人が行くならつき合わされそうで面倒だけど、誘われたら仕方ないから行こうかなあ(;´д`)

母はけっこう食が進んでいました。
今でも社交ダンスをしているんですが、歩くのは昨年より少し遅くなったかなあ。

てことで、まあ平均的な日本の86歳としてはかなり元気だと思いました。

来年も楽しい旅行ができますようにshine



























2016年6月 4日 (土)

5月のまとめ、6月の予定

5月のまとめ

土佐乃国横断遠足ロスでしょうか。
スタートした日から1週間たちましたが、なんだかまだボーっとしています(;´Д`A ```

足の甲がぱんぱんに腫れていましたが、ようやく血管が見えてきました(*´ェ`*)

5月は顔マラソン、トレラン、山登り、絆マラソンとイベント盛りだくさんでした。

13230862_1068718686534331_135174244 13227283_997797746962895_2129135520

全部、本当に楽しかったですね。

13327524_1080527342020132_564941208

こいつがキョーレツでしたね。

これを越える強烈な大会での思い出が出てきたら怖いなあ。
でも出てくるんだろうなあ。

13322040_1080623398677193_123792654

ゴールした翌朝、徳島のまつこさんとお散歩しました。
大会の楽しかったことばかり話しました。
昨日まであんなに苦しかったのに、もう忘れてしまいました。

お互いバカだね~(=´Д`=)ゞ

ここはゴールだった場所です。
ゴールした後みんなでワイワイと飲みながら、ふと思いました。

ジョン万次郎の銅像ってどこにあったんだろう。

13315619_1029518350467490_718797844

この横断幕の後ろにあったのです。
まったく気がついていませんでした。

前回のブログではゴール後のことに触れていませんでした。

あまりに素敵だったので、もう書かずにおきます。
直接お会いして聞かれたら答えましょうo(*^▽^*)o

月間走行距離(この大会があったから)565kmでした。

6月の予定

最初の1週間は強制的休みです(=´Д`=)ゞ

大会がひとつあります。

第1回伊豆稲取キンメマラソンヽ(´▽`)/

ここ、マネージャーひろこちゃんの故郷なんです。
そこで開催される第1回の大会、スルーできませんよね(*^.^*)

距離はトレイルのハーフだったかなあ。
きっと、まだまともに走れないように思います。

ランスマの取材が入るそうですよ。
電車で行くからスーザフォンは持っていけませんよ~(;´▽`A``

下旬には走れるようになるかな。

ゆ~っくりと解凍していきますねo(*^▽^*)o











2016年6月 2日 (木)

第3回:土佐乃国横断遠足(えんそく)その2

須崎の道の駅でカッパを出したと前編で書きましたが、思い起こすともっと前で着ていたように思います。

須崎の道の駅ではサバイバルシートをリュックから出し、Tシャツの中にかなり適当に押し込みました。
これでかなり暖かくなりました。

Map6

時刻は5月28日土曜日の8時前です。

先ほど通り過ぎた選手を追います。
あちらが走っているときは走り、歩くときは歩いていましたが、差が縮まりだしやがて追いついてしまったので話しかけました。

高知市内在住のM田さん(推定39歳)でした。
胃の調子が悪いそうで、時折戻していました。

M田さんは甲子園で春夏準優勝したことのある学校の元球児ということで、以前中学生野球界に長年関係していた僕とは話が弾みました。

M田さんと1時間近くご一緒しましたが下りになったのでここでお別れして走りました。

しばらくすると序盤ときどきお話したS水さん(推定48歳)が、「ビール飲んだら調子が戻った」と言いながらものすごい勢いで視界から消えていきました。

S水さんには大会が全部終わって帰るとき、空港まで車に乗せていただきました。
推定48歳というのは冗談でなく本当にそう思っていて、ずっと失礼なことにため口でお話してしまいました。

よもや僕より年上とは。若く見える人っているもんだなあ。

S水さん、本当にありがとうございました。本当にごめんなさい。

遍路道そえみみずの分岐が近づいてきました。
まっすぐ行こうとすると「おーい、こっちだ~」と呼ばれました。

13336041_1004139966328673_686322220 13310512_1004140912995245_784726710 13346973_1004140872995249_1305361_2
(この3枚の写真はGWに下見に行ってくれたマネージャーひろこちゃんから拝借しました)

いつの間にかM田さんがすぐ後ろにいらっしゃいました。
調子が戻ったようです(*^-^)

S水さんも合流してジモティM田さんに続きます。

そのうちにやなさんも合流しました。

やなさんは遍路道の分岐でコースミスしたそうで、途中で気がつき戻ってきたのです。

13322135_1080563248683208_483765077

135.9km添蚯蚓(そえみみず)CPですいとんをいただきました。
塩っ気が絶妙でおいしかったです。

M田さんは一足先に出発しました。

13336127_1080527675353432_112812188  13332958_1004141289661874_862755720
                     (晴れてりゃこんなに良い景色)

階段がこれでもかっちうくらい続き、その後はトレイルがいったいどこまで登る気かってくらい続きました。

ただ路面がふかふかしていたので、それまで痛かった股関節がずいぶん楽になりました。

このトレイルでやなさんが一気に先行していなくなり、S水さんとも離れ一人っきりで進みます。

コースアウトしたんじゃないかと不安になりながらもようやく抜け出しました(約140km)。
抜け出したところにはありがたくも私設エイドが~ヽ(´▽`)/

「レオさん!」。エイドの方から呼ばれました。

昨年の東京マラソンでご一緒した赤忍者のS木さんです。
こういった知らない場所で知り合いに会うのって本当にうれしいですね。

13319862_1080563295349870_410320070
(N川さん(推定44歳)僕とペアルックです。)
(てかバーサライト着ている人は本当に多かったですね。)

M本さん(推定25歳)エイドでは本当に長いことくつろがせていただきました。
ありがとうございました(゚▽゚*)

やなさんはとっくにいなくなり、N川さんは先に出て、しばらくS水さんを視界に捕らえながら同じようなペースで走りました。

143km、影野駅の方からやなさんが現れました。
ここから延々と3人で152.7km東又地区基幹集落センターエイドまで歩きました。

ちょっとボーっとしてきました。おなかもかなりすいてきました。
コンビニも私設エイドもありません。

もう思考能力はかなりなくなっていて、元気なやなさんに付いていくのみです。

少しの距離がかなり遠く感じるようになってきました。

13335910_1080563322016534_330817159

やなさんとS水さんはシャワーを浴びに行きました。
僕はシャワーをするともう進めなくなりそうに思い、シューズを脱いで食事をすることにしました。

シューズを脱ぐとき紐を緩めるため足元に近づくと強烈な臭いがしました。
シューズも臭いが僕自身も相当臭いです┐(´д`)┌

エイド内に上がると注文を聞かれました。

13339481_1080527715353428_3913515_2

これ、エイドのメニューですよ∑(゚∇゚|||)

2つでも良いと言っていただいたので、生姜焼き定食と卵焼きをいただきました。
どのメニューも本当に魅力的でした。
今度行く機会があったら、生姜焼き定食とカツ丼にしよ~っとo(*^▽^*)o

このエイドにはずいぶん先行していたランナーたちが寛いでいました。
僕は食事を終え、荷物の入替をしてさっと出ました。

荷物の入替をしているときやなさんとS水さんがシャワーから戻ってきました。
S水さんはマメの水を出すためつぶしてもらっていました。

僕も両足の拇指球にマメができていると感じていましたが、ソックスを履きかえるのが面倒なのでそのままリスタートしました。

しばらくわざと拇指球で着地していたら潰れたようで、しばらくは痛みが増したもののやがて気にならなくなりました。

このエイドからエプソン850を作動させました。
20時間動くはずです。

20時間で90km進めるはず。このときは楽勝と思っていました。Map8
食事をしたらずいぶん楽になりました。
しばらく走ります。

スタート時と同じく6分半で走れるのですが、上りは歩くことにしました。

160kmあたりから木曜日に空港であった大阪からのベテランさんAさんが追いついてきました。
ず~っと先を走ってらっしゃったんですが、先ほどの大エイドで寝ていたのです。

こちらが走っているのに追いついてくるなんてすごいペースです。

Aさんとはこの大会で初めて知り合ったのですが共通の知り合いがいて、この人を褒め称えながらしばらく一緒に走ったり歩いたりしていました。

そのうちに「そろそろ走るわ」と言って一気に消えました(lll゚Д゚)
60歳過ぎて3時間一桁、1歳刻みランキング5位、すごいです。
しばらく追っかけたのですが絶対にもう走れなくなると思い100mも走らないうちにやめました(;;;´Д`)ゝ

けっきょくここで走ったのが最後になりました。
残り75km、全て歩きました(;´д`)

国道56号線中村街道は途中から強烈な下りになり、それが延々と続きます。

後続のランナーが何人か抜いていきました。
またお腹が空いてきました。

あまりにボーっとしてきたのでちょっと寝ようと思い寝場所を探しました。

屋根のあるバス停があったので寝てみました。
けど、通過する車の音があまりにうるさく、すぐにあきらめてまたのろのろと歩き出しました。

Map9
170kmを過ぎたあたり、ようやく道の駅の看板が見えました。
700m先に道の駅があるようです。

近づくと手前にコンビニがあるのも分かりましたが、ゆっくり座って寛ぎたかったのでコンビニをパスして道の駅に行きました。
この時点で夕方5時です。

なんと「閉店です」、と追い返されました。
売店は開いていますが大したものは売っていないので、とろとろとコンビニへ戻り店の外のベンチに座ってスパゲッティを食べました。

食べていたらやなさんがやってきました。

ここからやなさんと二人で歩きます。
途中福岡からの推定30代のランナーも加わり、世間話をしながら歩きます。

やや暗くなってきました。

GPSを変えたので、今ではもう正確な通過時間が分かりません。
たぶん夕方6時半ごろだったと思います。

僕らの後ろには4~5人のグループがいて、やなさんも一緒にいたけど一人抜け出て走ってきたそうです。

やがて福岡からの男性が走り出し、しばらくしてやなさんも走っていきました。

僕は時速5kmをキープして歩きます。
このままで行けば45時間ほどでゴールできると思っていました。

けっこうな勾配を何度か通過します。
歩道は確保されているので怖さはありません。

道の駅ビオスおおがたの手前でコースに自信がなくなりました。
ルートラボで見てもなんだかはっきりしないため本部に電話しましたが、やはりわかりません。

浮鞭郵便局ってのが目の前にあるのですが、この読み方が分かりません(;´Д`A ```
本部はたぶん違ってます~、と助けようが無いって感じの受け答えです。

まあ間違えていても方向は合っているから大丈夫だと進みますが、ルートラボの正規のコースであろう道にはコンビニがあるのです。

おなかがすきましたι(´Д`υ)

しばらくすると、さきほど本部から尋ねられた道の駅ビオスおおがたが出てきました。
な~んだ、合ってるじゃん(;´▽`A``

そこから1.5kmほどでようやくコンビニ。
スパゲティを買い、エスタロンモカをメガシャキで飲みました。

やがてきれいな女性ランナーと最初の日同室だったO田さん(推定23歳)がやってきました。

店の外に座り込んでスパゲティを食べていると、とっても明るいH賀さん(推定41歳)、序盤で少しお話したY中さん(推定26歳)、そしてS水さんがやってきました。

女性ランナーは僕と離れた所で寝ているようです。
とっても明るいH賀さんが、「レイディがそんなところで寝ていちゃだめだよ」と言いながらY中さん、S水さんとともに女性をそのままにしてリスタートしていきました。

ここは189kmあたりかな?時間は22時半頃だったと思います。

僕はエスタロンモカとメガシャキのおかげで、すんごい元気になりました。

きれいな女性ランナーちひろさん(推定31歳)を誘い2人で歩き始めました。
お話していると目が覚めてきますね。

ちひろさんは潰れたマメが原因でかなり足が痛いらしく、どうやら次のCPで離脱するようです。
Map10_2
お天気は小康状態です。
初対面の人にはとってもシャイな僕ですが、ランナー同士の話はつきません。

ちひろさんがしっかりルートを案内してくれるので、僕は本当に楽チンです(o^-^o)
けど全然頭を使わないと、かなりボー状態がひどくなってきます( ゚д゚)

右手前方100mほどの所に電話ボックスが見えてきました。
中に何人か人がいて帽子がフワフワしているのが見えました。

さっき先行していた3人が待っていてくれたんだヽ(´▽`)/

うれしくなってきましたが、ちひろさんに「だれもいませんよ」と言われました。
これが幻覚なんですね(・_・)

信じられない気持ちで横を通りましたが、やはりだれもいませんでした( ̄◆ ̄;)

トンネルを抜けたあたりに手を振る2人の影が見えました。
初日の夜もお世話になった徳島キューティーズ(勝手に名前をつけました)です。

美女3人に囲まれると本当に盛り上がります。
できれば一緒にこのままゴールまで行きたいですヾ(;´Д`A

13327644_1080527762020090_862223365

市街地に入りました。
ちひろさんはコンビニで休憩して、リタイアするかどうか少し考えるというので、続行できるよう励ましここで分かれました。

ちひろさん、ありがとう。
今回ゴールできたのは、あなたがいたおかげでこの区間を乗り切れたことですshine

雨が強くなってきました。
201.7kmのCP④を鋭角に曲がり、3km先のCP⑤を目指して進みます。
CP④は0時42分到着です。

CP④を曲がると工場地域みたいな通りで、ここは女性一人だと危ないなあ。

CP⑤に到着してちひろさんの状態を伝えます。
CP⑤は1時40分到着。

かなりふらふらしていて、時速4kmくらいに落ちていました。
そのあとここのテントに入り、15分だけ横になりました。
眠りには落ちることができませんでしたが、ずいぶん楽になりました。

13322113_1080527778686755_880492964

後ろから誰か来ないかなあと期待していましたが、まったく来る様子はありません。

本当に暗いです。
高知って普通よりかなり暗くないですか?

街灯がありませんよ。
夜は出歩かないのかな?
けど車はけっこう通ります。

四万十大橋を渡り、四万十川に沿って歩きます。
しばらくは元気に歩けましたが、大雨、一人、すごい上り、寒い、眠いでめげてきました。

なんの意味があるんだろう。
走りに来たのに歩いてばかりなんて、なんの意味がある。

もうやめたほうがいいのではないだろうか。
どんどんネガティブになってきます。

たぶんだれか一緒にいて、その人がやめますって言ったら、僕も一緒にやめるだろうな。
Map10
前方にトンネルが見えてきました。
その入り口に車が3台駐車しているのが見えました。

トンネルが近づいてきました。
なにも停まっていません(゚0゚)( Д) ゚ ゚

また幻覚です。
更に寒い。

トンネルで寝よう。
真ん中あたりの壁が少しくぼんだあたりに座り込みます( ´,_ゝ`)
しばらく目を閉じます。

遠くから音が近づいてきて、やがて車が通り過ぎる轟音。
やはり寝られません。

またとぼとぼと歩き始めます。
もう時速4kmでも歩けません゚゚(´O`)°゚

トンネルを抜けると朝になっていました。
看板によると、ここからゴールの足摺岬まで33km。

いまや時速3km、10時間もかかるのか。
ようやく携帯がつながるようになったのでマネージャーひろこちゃんにメッセージを送ります。
「一人しりとりか一人歌合戦をして乗り越えてください」、と冷たさが含まれた返事が来ただけでした。

前方にドライブインみたいなのが見えてきました。
またお腹が空いてきましたがお店は開いていません。

そのまま通り過ぎようとしたのですが、トイレがあったのでせめて雨がしのげいで座り込もうと入りました。
立派なベンチがありました。

しばらく倒れこんでいました。
やはり眠れはしませんが、だんだん頭の中の霧が晴れてきました。

濡れているシャツを脱ぎ、Finetrackのパワーメッシュの上に、さっきまでTシャツの中に押し込んであったサバイバルシートを丁寧に巻きつけ、新しいTシャツを着ました。

気持ちが変わりました。
ここまで来るのに一体何人の人に助けてもらったことでしょう。
自分の力だけではここまで来られなかったはず。
制限時間60時間、絶対にゴールしてやる(`◇´*)

復活しました。
また時速5kmで歩き出しました。

トンネルを出てから5kmほどで、最後のコンビニにたどり着きました。
やっと食事ができます。

今回助かったのは最後まで食欲が衰えなかったことです。
妙に節制などせず、毎日ビールを飲み倒していたのが良かったようです。と勝手な解釈をしております( ̄▽ ̄)

到着したら雨の中でS水さんがベンチに座っていました。
ここから僕と一緒に行くようでした。

スパゲティと大きなおにぎりを食べました。
途中でお腹がすいたとき用にと、おにぎりを1つ余分に買いました。

食べ終わってS水さんに声をかけましたが、もう少し休んでいくとのことで心残りながら僕一人リスタートしました。

またかなり元気になりました。
いつまた進めなくなるか分からないので走りはしませんでしたが、その気になれば走れます。

13325540_1080527798686753_497088859

遠くにゴールの足摺岬が見えてきました。
今回初めて足摺岬が見えた場所です(≧∇≦)

歩道が右になったり左になったりするため、そのたびに車に気をつけながら移動します。

あいかわらず一人旅。抜きも抜かれもしません。

13315695_1080527818686751_207950617

地図上では残り13kmです。
けどウソですよ。絶対に3km更に長いですよ。

Map11
2度目の遍路道を通り抜け国道に出ました。
道路標識は足摺岬まで10km。

ここで本部に電話します。
もうゴールしたような気分です。

「全部歩きですから2時間半くらいかかります」。元気な声で伝えます。
本部の返事は「おめでとうございます」と言っているようにしか聞こえませんヽ(´▽`)/

少し歩いたら徳島キューティーズの車が通りました。
「おめでとうございます!」。違うことをいわれたような気もしますが、おめでとうとしかきこえませんヽ(´▽`)/

もう何度も何度もこみあげてきます。
涙は出ていませんが、雨の中でウオ~とか叫んでいます(≧∇≦)

途中のお店の中にいた大会スタッフが飛び出てきておめでとうございます、と言ってないかもしれないけど言ってますヽ(´▽`)/

ゴールまであと8km!のはず!

なのになんでゴールが近づいてこない!!(゚ロ゚屮)屮
なんでこんなに延々と登るんだよ雨の中を!!(゚ロ゚屮)屮

このあたりは3つ目のGPSガーミン310を使っていて、おおよその距離はわかっているのですが、残り3km少々のあたりで足摺岬6.1kmってなんでヾ(*゚A`)ノ

もうだんだん腹が立ってきました。

ゴールの感動などもうありません。

くっそ~、とか、ばっかやろ~とか叫びながら途中に落ちていた木を杖にして上ります。

途中、桂浜を出たあたりで道を教えてくれた26番の選手(推定32歳)が軽快な足取りで抜いていきました。

ぼろぼろになりながら歩いてばかりの自分にもう本当に腹が立ってきて、持っていた木を投げ出して早足でゴールに向かいました。

ついにゴールが見えました。
「岬まで行ってください。ゴールはそこから戻ってきてからです」ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

13330989_1080527838686749_584095698

GOAL 242km













« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »