フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

2015サンフランシスコマラソン:スーザフォンマラソン15本目2日目

夜中に1度目が覚めましたが、2度寝して起きたら9時w(゚o゚)w
ホテルの朝食は10時までです。

30_24

菓子パンとコーヒー紅茶だけの朝食です。
全種類クリアして始動します。

2015san_fransisco_marathon_027

ホテルから急坂を下りること約10分、観光局チケットブースへMUNIパスポートを買いに行きました。

2015san_fransisco_marathon_052

ケーブルカー、muniバス、muniメトロに乗り放題。
僕が買ったのは3日間パスポート。

2015san_fransisco_marathon_053

左側に使い始める月とその横が使用する連続した3日間、これをスクラッチするんですね。

値段はよく変わるのか、見るガイドブックによって違いました。
この日は26ドルでした。

ちなみに米ドルのレイトですが、空港で到着時に2万円を両替したら133ドルでした。
あまりにも円が安くなっていて、改めてビックリしました┐(´д`)┌

2015san_fransisco_marathon_028

この日の予定では、ケーブルカーでホテルに戻り、ホテルからスタート会場まで歩き、ルートを確認。

だったのですが、ケーブルカーは長蛇の列。

2015san_fransisco_marathon_029

どう見ても2時間は待たないと乗れそうもないので、あまり好きではないバスに乗りました。

好きではない理由は、路線が多くてわかりにくいのが理由。

とりあえず適当に乗って、目的方向から外れたら降りる作戦。バス停はたくさんあるので、そう目的地からは外れないだろうと目論みました(゚▽゚*)

2015san_fransisco_marathon_030

最初に乗ったバスはしばらく目的地に向かった後、右折。当然すぐに下りて元の道へ。

次のバスはすぐに右折して止まる前に左折。
そのあと降りたのですがどうも元に戻れません。

迷子になりました(lll゚Д゚)

地図を持っているので時々チェックするのですが、どうも反対方向へ進んでいるみたい。

道を歩いている人に尋ねると、みなさん僕同様旅行者でよくわかっておらず、道路工事の人に尋ねてようやく目的地にたどり着きました。

2015san_fransisco_marathon_033_2

というか、これは後で気がついたのですが、ぼくが行きたかったのは自分が泊まっているホテル、ここはEXPOに向かうシャトルバスの発着場なんです(´ρ`)

2015san_fransisco_marathon_035

迷子から脱出した喜びですっかりそんなことは忘れて、ボロボロのバスに乗ってEXPO会場へゼッケンをもらいに行きました(*^-^)

2015san_fransisco_marathon_039

26000人規模の大会としては、かなりすいています。
バスも大して混んでいなくて、すぐに乗れました。

2015san_fransisco_marathon_042

フルマラソンの参加者は8500人ほど

2015san_fransisco_marathon_043

参加賞のTシャツは長袖です。
フルが赤、ハーフは濃いオレンジです。

Img_2123

この会場からほど近いピア45へ遊びに行く予定だったので歩いていこうかなと思ってましたが、さきほど迷子になったのがトラウマになり、またシャトルバスに乗ってバス発着点のハイアットホテルへ。

2015san_fransisco_marathon_054

このあたりがマラソンのスタート地点になります。

2015san_fransisco_marathon_058

ファーマーズマーケットをうろうろしながら、ピア45へ向かうmuniメトロFラインに乗ろうと停留場へ向かうと、これまた長蛇の列。

次の駅で待つことにして

2015san_fransisco_marathon_056

またファーマーズマーケット見ながらぶらぶら(´∀`)

2015san_fransisco_marathon_060

今度は満員で駅に止まらなかった~(*´Д`*)

2015san_fransisco_marathon_066

ようやくピア45に到着ヽ(´▽`)/

2015san_fransisco_marathon_068

名物のクラムチャウダーをいただきます。

このパンはサワーブレッドとかいうそうで、かなり硬いやや酸っぱいパンです。

このパン単独はまったく美味しいと思いません。

ちなみに、手首の黄色いテープですが、この大会はゴール後に無料のビアガーデンがあって、そこの入場パスです。EXPOでIDを見せて21歳以上が確認されると巻いてもらえます。

2015san_fransisco_marathon_074

ギラデリチョコレートへ向かいました。ピア45から歩いていける距離です。

僕は海外スウィーツに全く疎いので知りませんでしたが、サンフランシスコといえばギラデリチョコレートっていうほど有名なそうです。

入いろうとしたら、またまた長蛇の列です。
諦めて一回りしただけで帰りました。

2015san_fransisco_marathon_078

ケーブルカーでホテルに戻ります。

サンフランシスコは何度も来ているのですが、思い返してみると週末に来たことがありません。
こんなにどこもかもが混むんですね。

1時間以上待ってようやく乗れました(;;;´Д`)ゝ

2015san_fransisco_marathon_087

動き出してしばらくしたら、運転手が全員降りろと叫びました。

なにごと?と思いながら降り始めると、乗客が乗りすぎのため坂の上まで登れないので、坂の上で待機してくれとのこと( ゚д゚)

2015san_fransisco_marathon_092

ホテルのすぐ近くでケーブルカーを降ります。

30_25

近所のスーパーへお土産を買いに行ったら手ごろな食べ物もあったので、マラソン前夜はこいつにしておきます。

夕食がずいぶん安上がりでした(v^ー゜)

30_22

ビールも飲んで9時半。明日に備え、早く寝ます。

アラームは3時。

おやすみなさ~い(○゜ε゜○)ノ~~
























































2015年7月30日 (木)

2015サンフランシスコマラソン:スーザフォンマラソン15本目出発&初日

2015年7月24日金曜日

先日小布施で盛り上がってたら、もうこの日を迎えてしまいました。
まったく、あっという間もありません。

フライトはセントレア夜9時前発羽田経由。
羽田は0時過ぎの出発。

なので午前中は仕事。
そのあと6kmだけスーザフォンを担いだときの設定ペースで走り、自宅へ戻りシャワー~着替えてセントレアへ。

無事に超過料金無しでチェックイン完了。

さあビールだ(゚▽゚*)

Img_2102

カードラウンジで生ビールをいただき

Img_2103

味千で夕食。セントレアへ行くと、ついこのお店へ寄ってしまいます(*^-^)

Img_2108_2

飛行機に乗り込んだら、すぐに寝てしまいました。

起きたら着陸するところでした。

10時前に羽田到着。読書しながら時間をつぶし、搭乗後は映画。
見損なったシンデレラをようやく見られました(o^-^o)

この間、ビール2缶と赤ワイン2本飲んで、映画の後は爆睡5時間、あと2時間で到着というアナウンスで目が覚めました。

サンフランシスコは30年ほど前、この近郊で少~しだけホームステイしていたので何度も来ている場所です。
それでも今回の前に来たのは娘が生まれてすぐだったから、もう23年ぶりくらいなのかなあ。

ずいぶん変わっているだろうなあ、と思っている間に到着。

2015san_fransisco_marathon_002

もう以前の記憶なんかありませんね。

2015san_fransisco_marathon_001_2

スーザフォンは他の空港同様、別の場所から出てきました。
最後までターンテーブルに出てこなかったから、すこしドキドキしましたね(*´ェ`*)

2015san_fransisco_marathon_004

ホテルへはシャトルバン。これ、初めて使いましたが便利ですね。
ホテルのまん前まで連れて行ってくれます。

空港内の表示があまりないので少々苦労しましたが、3階へ行くと乗り場があります。

車内には僕以外にお母さんと子供2人というご家族が乗ってらっしゃいました。
何人かわかりませんでしたが、そのうちご家族で話し始めたので日本人とわかりました。

僕のことは運転手と話す英語を聞いてフィリピン人かと思ってらっしゃったそうです。
生活で覚えた英語って、やはり環境が影響しますね。

2015san_fransisco_marathon_026

ホテルはマラソン会場まで徒歩圏内のホテルグラント。
ホテルは、ぼろいし臭いし値段は高いけど、ロケーションは本当にいいですよ( ̄▽ ̄)

1泊日本円で16000円ほどとすごく高い。
けどこれより下のランクは、バス&トイレ共用。

サンフランシスコはホテル代がすごく高いです。

Img_2111

スーザフォンの梱包は明日開くことにして夕食。
着いた日だから、きちんとお店で食べようかな。

2015san_fransisco_marathon_005

とりあえず生ビール

2015san_fransisco_marathon_006

野菜も食べなくては

2015san_fransisco_marathon_007

ステーキはレース後に食べるので、この日はポークチョップ。
まあまあ美味しかったです。

それにしても円安が恨めしいです。

食事自体は30ドル少々ですが、これに8.5%の州税、チップといるので日本円だと5千円以上ですね┐(´-`)┌

2015san_fransisco_marathon_009

お店を出て観光名所へ足を運びます。

ユニオンスクエア。

2015san_fransisco_marathon_016

サンフランシスコといえばケーブルカー。

2015san_fransisco_marathon_025

本当に坂だらけ。すごい傾斜です。

2015san_fransisco_marathon_018

チャイナタウン

2015san_fransisco_marathon_019

夜も遅くなって、ほとんどのお店は閉まっていました。

2015san_fransisco_marathon_023

ところで、サンフランシスコって1年通してほとんど気温が変わらないように思います。
はっきり言って寒いです。ダウンを着ている人もたくさんいました。

なんだかあまり変わってないなあサンフランシスコ(;;;´Д`)

30_22

ビール飲んで寝ます(◎´∀`)ノ





























2015年7月23日 (木)

小布施見にマラソン2015

今年も小布施見にマラソンに行ってきました。

初めてこの大会でスーザフォンを担いで走って以来、連続7度目の出場です。

毎回コンセプトを変えて出場しているのですが、今年は「日本昔話オールスターズ」o(*^▽^*)o

11752486_839481702794501_61989662_2

総勢16名での出場です(所用でこの場から離れたメンバーがいたので全員写真が無くて残念)。

日本昔話ってメジャーな主役級が続々といるように思ってたんですが、意外に少ないですね。

桃太郎、金太郎、浦島太郎、かぐや姫、乙姫、僕はこれくらいしか思い浮かびませんでした。

某ケイタイCMに出ているのもこの5人ですね。

あのCMを初めて見たときは、「やられたー!」と思いました(;;;´Д`)

10500588_839514896124515_9118260998

今回のメンバーですが、東は群馬、西は徳島といろんな所から集まりました。

僕がスーザフォンを担いで走っていることをきっかけに知り合った方がほとんどです。

メンバー同士は、今回初めて会うという方がほとんどでした。

今年はキーボード(アンデス)とドラムが加わりました。

11737808_509043962581346_5102212392

キーボードの方とはたまたま演奏の仕事に行ったときご一緒し、その後ドラムの方と共に昨年のスーザフォンをたすきにしてリレーしたときに来ていただいた方々です。

普段はまったくランナーではないのですが、一緒に演奏するため今回出場されました。

お二人とももちろん初ハーフでしたが、無事制限時間内に完走されました。

ちなみに、鶴の恩返しと耳なし芳一に扮しています。
キーボード(アンデス)のKさんは、この大会がきっかけで、みんなから鶴子と命名されました(^Д^)

Photo

浦島太郎グループの方たちとは、東京タワー階段ランでお会いしました。

台北マラソンで見かけていただいたそうで、マネージャーひろこちゃんと元々お知り合いだったこともあり、ずっとお付き合いが続いています。

桃太郎さんは昨年も小布施で一緒に猫をやりました。
昨年末は那覇マラソンへも一緒に行きました。

11745561_839515346124470_4073213162

虚無僧って言われてましたが、「因幡の白兎」のサメに扮したYさんは、木津川マラソンで知り合った方です。

このマラソンではスーザフォンを担いでいなかったのですが、僕のシャツに走る調律師と書いてあることに興味を持たれて、「なんですか?それ?」と言葉を交わしたのがきっかけでお友達になりました。

やはり昨年スーザフォンをたすきにして、一緒に走りました。
今回は前々日台風だった影響で、かなり苦労しての長野入りでした。
奥様は因幡の白兎のうさぎです。ちなみに集合写真に写っているピンクのウサギではありません( ̄▽ ̄)

11751794_839518082790863_8905438438

ピンクのウサギです。

この方とは初めてこの大会に出たとき知り合いました。
この大会の地元の方です。

それ以来、ず~っと家族ぐるみのお付き合いをしており、お互い長野の弟、三重の兄と呼び合っております。

11053450_839514909457847_2938449135

11737948_839518949457443_3015127245

笠地蔵のお三方と金太郎さんは、普段のラン仲間です。
この大会へは、これまでにも何度か一緒に参加しています。

前回までは、イチゴとムエタイボクサーだった方たちです。

23_1

かぐや姫のマネージャーひろこちゃんが着ていた竹です。

かぐや姫って、これだっ!てイメージがなくて難しいですね。

残念ながら、この竹を着ているマネージャーひろこちゃんの写真が見つかりませんでした。

この竹はアルミマットで作ってみました。我ながら良いデキだったと思います。

11737835_839482882794383_5372469687

残念ながら入賞を逃しましたが、今回をきっかけにみなさん親交が深まり良かったなあと思っています。

さあ、明日からサンフランシスコです。
そろそろ荷造りします。














2015年7月10日 (金)

山練

このところ山練をやっています。
週1ですが、今日で4週連続(゚ー゚)

初回が今日と同じで雨乞岳~鎌が岳。
次が天候不良のため多度山2往復、そして先週の富士山1合目馬返し~頂上。

初回の雨乞岳~鎌が岳は次の日から筋肉痛が5日間続きましたが今回はいかに(o^-^o)

自宅から山の方を見ると真っ白。
車を停める武兵峠トンネルへ行くのも、ずーっと霧の中でした。

さあ登ろうかという10時半、いきなり霧が晴れてきた~(v^ー゜)

Img_2007

22'55-21'08-22'35-24'17-11'36(1:42'31)

Img_2021

雨乞岳は標高1225m。900mあたりからは登ったり降りたりの連続でなかなか標高が上がりません。

Img_2023

頂上(実際には東雨乞岳)直前の標高1000mを少々過ぎたあたりから急な登りになります。

Img_2024

この看板、倒れていたので立て直してきました。

東雨乞岳に登ってから雨乞岳を目指しましたが、前回に比べ笹がかなり茂っており、マムシらしき蛇を見たこともあり途中で引き返しました。

19'17-18'16-19'55-25'55-8'10(1:31'33)

Img_2025

片道約4.5kmです。

下りる途中、七人山という案内板がありました。
前回は気がつかなかったのですが、今回は雨乞岳頂上へ行けなかったこともあるので登ってみます。

Img_2027

あっさり頂上に到達しました。
まったく面白さはありません(・_・)

降りてきたら、やはり駐車場付近は濃い霧。

Img_2031

すぐに鎌が岳を登ります。
こちらは雨乞岳とは違い、ほとんどルートの目印はありません。

と言っても単純なルートなので迷うことは無いと思います。

Img_2032_2

24'01-28'49-52'14-31'35-21'39-1'37(2:39'55)

Img_2033_2

前回は他のメンバーから一人離れて登頂したのですが、他のメンバーが言うには鎖を伝って登り降りしたとのこと。僕は普通の登山道でした。

Img_2034

今日はなぜだかこの鎖場に出ました。これがもうスリル満点。
ふと足元を見たばかりに足がすくんでしまいましたι(´Д`υ)

でもなんとか頂上にたどり着いたら、僕と同年代の男性の先客。
少々言葉を交わし、前回降りたと思われるルートへ足を踏み入れようとすると「そこからはやめたほうがいい」とのこと。

「前回はここから降りました」と言うと、そんなはずはないとおっしゃられる。

どのルートで登ってらっしゃったか聞くと、どうも僕とは違う場所からのような模様。

「だめだったら戻ってきます」と言葉を残し降り始める。

うわーーー!道が無い!
沢を下ります。それもかなり急。

Img_2035

まあ降りていけば元のルートに合流できるだろうと150mほどの標高を下りましたが、目の前に滝が出てきてアウト。
回りこめるところがないか探したものの、転落の恐れがあまりに大きく断念(;;;´Д`)

再び頂上を目指すのもかなりたいへんですが、もう戻らざるを得ずしかたなく慎重に歩を進めます(;´д`)

やっと頂上にたどりつき周囲を注意深くみると、あ!これだ!て降り口があり下り始めるo(*^▽^*)o

しかし、数メートルはステップがあったものの、その先はルートの無い急な斜面。
木につかまったりしながら数十メートル降りたものの断念。再び頂上を目指しますΣ(;・∀・)

3度目の登頂をして、今度は先ほど頂上で言葉を交わした男性の言うルートで降り始める。

ここは比較的降りやすい。
ところが、というかやはり、出てきた案内板を見ると、どう考えても自分が行きたい場所から離れている。

しばらく途方にくれながら進むが、ふと登ってきた鎖場のルート、人が降りることを想定してあるのだから危険なはずがない!

あまりにも危険な体験をしてきたので恐怖心が無くなり、4回目の登頂後、鎖を伝いながら下りました(=´Д`=)ゞ

今度はあっさりと下りられました。めでたしめでたしヽ(´▽`)/

2015年7月 6日 (月)

富士山初登頂

やっと富士山初登頂しました。

昨年もトライしたのですが、天候不良のため2600mあたりで退却、その後再チャレンジする機会が無く今年に持ち越しになっていたのです。

昨年は御殿場ルートで登りました。

かなり難易度が高いということでしたが、けっこう楽チンだったので、今回の一番お手軽な(僕はそう聞いてました)吉田ルートなんて軽いもんさ、と少々なめてました(;;;´Д`)ゝ

今回もやはり、平素からお世話になっているランナーズハイS野さん企画です。

昨年の飲み会以来ほぼ1年ぶりにお会いする平八郎さん、お車ご提供ありがとうございました。

S野さん、平八郎さん、そして初めてお会いするショウさん、マサさん、(推定平均年齢36歳)とともに深夜0時出発。

高速道路のSAでChiyukiさん(推定28歳)グループ3名と合流し、富士山1合目馬返しに向かいました。

Img_1980

天気予報は雨でしたが、車の窓からは雄大な富士山の姿を見ることができましたヽ(´▽`)/

馬返しに近づくとトレラン4人組がいました。

そうです、彼らもこの日のメンバー。
富士吉田市役所スタート、富士登山競争のコースを往復で走るツワモノたちです。

富士登山競争は名前だけ知っているのですが、フルマラソンのサブ3、100kmウルトラマラソンのサブ10と並ぶ勇者の称号とも言えるレースです。

ということで、この日のパーティーは総勢12名です。

僕は歳だけは上の方ですが、登ることや走ることに関しては最下位でした(*´Д`*)

駐車場に着いて用意を済ませ、ほぼ予定通り5時頃スタートです。

ほんの少~しだけ雨が降っていたのですが、みんなから「もう着るの?」と言われながら、先日買ったばかりのレインスーツ(ミズノ15000円)を着ました。
貧乏人の悲しいサガで、新しく買うとつい着てしまいます。

05_17

スタートしてしばらくすると暑くなってきました。
本当にバカです(*´ェ`*)

脱いでいる間にみんなから大きく離れてしまいました。

寝不足も影響してか最初から足取りが重かったので、早くもトレッキングポール登場です。

これで楽々追いつけられるさ~( ̄▽ ̄)

富士登山競争4人組を車で追い抜いて、ずいぶん先に1合目馬返しをスタートしたのですが、僕が先行するグループに追いつく前に追い抜かれましたΣ( ̄ロ ̄lll)

もう延々と一人旅です。

そのうちガーミンのスタートボタンを押していないことに気がつきました。
標高を表示していたので、時計が動いてないことに気がついていませんでした(lll゚Д゚)

しばらく一人だったのですが、僕がこんなに必死なのとは対照的に余裕綽々なメンバーが何人かいらっしゃってあれこれ気遣ってくださいます。
本当に助かりました(゚▽゚*)

ようやく5合目に到着しました。

下の写真は5合目ではないと思います。
もう登ることに必死で、ほとんど記憶がありません。

5合目を越えてから寒くなってきたので、またレインジャケットを着ました。

11168541_840815976000861_4616033172
(S野さん、写真ありがとうございます)

05_15

雨の予報でしたが、ほとんど降ることがなくきれいな景色を見ることができました。

05_13

5合目あたりは先行グループが見えていました。

自分もまだ余裕があり、そこそこのペースで登っていたのですが、本格的にきつくなってきたのは8合目あたり。

05_5

心配していた高山病は大丈夫なようですが、心拍数がめちゃくちゃ上がっています。

50歩進んではしばらく止まる、また50歩進む。こんな状態がずーっと続きます。

本当になめてました゚゚(´O`)°゚
吉田ルートは山小屋がたくさんあるから休み休み行けて楽ち~んって甘い言葉を信じた自分がバカでした。

楽ち~ん、って言った人って5合目から登っているって知りませんでした。゜゜(´□`。)°゜。

そんな辛い登山でしたが、同行メンバーさんの暖かい励ましのおかげで

11696888_1687634551466657_986001671
(Chiyukiさん、写真ありがとうございます)

無事登頂成功ヽ(´▽`)/

かなりの強風でしたが、絶景を堪能することができました(≧∇≦)

05_1

頂上はさすがに寒いですね。
指が本当に冷たくなったので、700円出してありがたくカップヌードルを食べました(・∀・)

11721054_866602696708636_320685094_

下りはスタスタ~とダッシュしていくメンバーたちを見送り、一人っきりでゆ~っくり降りました。

頂上を離れた途端、白いものがチラチラと。

雪ですw(゚o゚)w

そうこうするうちに強風と雨。

風が当たりにくい場所に避難してレインスーツのパンツも履きます。

シューズは痛むことを想定して履きつぶしたランシューです。
7合目あたりまでは岩場が多く、なんどもつるりと滑ります。

7合目を過ぎると火山灰?の山肌で、これまたよく滑り、3回ほど仰向けにひっくり返りました(;´д`)

6合目を過ぎたあたりだったか、吉田口の表示の通り進んだのですが登山者がいなくなってしまいました。

前にも後ろにも人がいません。たしかに吉田口と書いてありました。
行きには通らなかった道です。

間違えていたら、もう戻る力は残っていません。
間違えていても日本から出ることは絶対に無いさ、と放心状態で進みます。

しばらくすると、いかにもランナーってかんじの2人の若者がビューんと抜いていきました。

たぶん富士登山競争の練習ですね。
たぶんこの道で間違ってないな(゚▽゚*)

このあたりの路面はふかふかで、滑りながらけっこうなスピードで下れました。

ようやく舗装路に出ました。

馬返しに続く森の中へ入ります。

一人きりだとかなり不気味ですが、何人かのランナーと出会います。

下りですが、滑るのが怖くてまったく走れません。
実際2度も仰向けに転びましたι(´Д`υ)

雨が強くなってきました。

15000円出した甲斐がありました。
ミズノのレインスーツは完全に雨をシャットアウトしてくれました(o^-^o)

もくもくと下りますが、なかなか標高が2000mを切りません。

たしか馬返しの標高は1400mか1500mだったはず(;´д`)

雨が降っているのでなかなかスマホを使えないのですが、小雨になったときを狙ってFacebookのメッセージを見ましたが、まだ心配はされていないようです。

たぶん僕以外全員ゴールしたんだろうなあ。

雨降る中をええ歳したおっさんがトボトボ歩きます。
心底格好悪いです。
なんでこんなにも衰えてしまったんだろう、と心の中で嘆きますが、元からたいした実力は無いのです(;´▽`A``

標高1800mあたりだったか、聞いたことのない呼び出し音でスマホが鳴りました。

平八郎さんが電話をくれました。Facebookで電話をすると、あんな呼び出し音なんだなあ。

文明の利器ってすごいなあ。

Chiyukiさんとショウさんが迎えに来てくれました。

二人ともすごいです。走ってくるんです。
あっちからは登りですよ(@Д@;

ようやく救出されみなさんの元へ。

いやあ、本当にご迷惑おかけしました(;´Д`A ```

11725444_866602700041969_1371941485

馬返しの近くでお風呂&食事でした。

同行していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

次回は、もう少し離されないよう精進します。
みなさん、見捨てないでねヾ(_ _*)

PS:翌日は筋肉痛も無く、予定通りLSD16kmを走りました。
いつものLSD7’30の感覚で走っていたら、なんと最初の1kmは9’30。

2日目の今日、やや来てますよ筋肉痛。

富士登山、おそるべし!

2015年7月 3日 (金)

6月のまとめ7月の予定

6月のまとめ

珍しく大会出場がない月でした。

5月末の100km大会の影響で、月初めの1週間ほどはユルジョグ程度。
7日に参加したイベント、平和大好きマラソンで40km近く走ったのが良いリハビリになりました。

6月は充実した練習ができたと思います。

特に筋肉痛になるほどのトレランが良い刺激になりました。
LSDの効果が初めてわかったように思います。

月間走行距離はやや少な目の317kmでした。

7月の予定

7月は2大会に出場します。

両方ともかなり前にエントリーしました。
ずいぶん先のことと思っていたのですが、もう今月のことになり、ちょっと焦ってきました。

まず小布施見にマラソンです。

ハーフとはいえ制限時間5時間のゆる~い大会なのですが、今回は大勢で仮装をするので気合を入れなければいけません。

まだ半分くらいしかできてないので焦ります。

縫い物をしようと思ったらミシンがありません。
5年も経って、持っていかれたことに気がつきました。
そういえばあのミシンは僕のものじゃなかったんだなあ。
仕方ないから手で縫おうかなあ。

月末はサンフランシスコマラソンです。
もちろんスーザフォンを担いで走ります。

こちらは完走できるか不安です。
走らせてもらえるのかも不安です。

那覇マラソン以降、なんだか不安が多くなりました。

サンフランシスコは24年ぶりくらいです。

30年くらい前、サンフランシスコ近郊でホームステイをしていたのでずいぶん何回か訪れている場所なのですが、24年も経つとずいぶん変わっているんでしょうね。

サンフランシスコのことを考えるのは小布施が終わってからになりそうです。

で、小布施の前に今晩出発で富士山へ行ってきます。

さあ今回は登頂できるかな。
お天気は悪いそうです( ̄▽ ̄)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »