フォト

twitter

無料ブログはココログ

« えびすだいこく100kmマラソン レース編 | トップページ | 両親連れて伊豆観光 »

2015年6月 8日 (月)

2015平和大好きマラソン 5月のまとめ6月の予定

土曜日曜、各地の大会に参加された皆さん、お疲れさまでした。

この時期はウルトラが多いですね。

出てみたい大会がたくさんありますが体は一つ、体力に限界も有り、でみなさんの様子を見ながら楽しませていただきました。

そして僕はゆるゆるのマラニックに参加させていただきました。

一昨年も参加させていただき、そのときも同じくえびすだいこくの1週間後というスケジュールでしたが、一昨年は自宅から40km走って集合場所へ行きました。

今年はそんな元気はありません(*´ェ`*)

そのかわり、今回はロングコースに参加。約39kmです。

早朝5時に家を出て始発電車に乗り、集合場所名古屋の金山へ。
電車にはあまり乗らないので緊張します。

金山駅に着いて改札を出る直前、あ!トイレに行っとこうと思いつき向かいました。

改札を出ようとしたらsuicaがありません。

どっかポケットに入れたはずなんですがありません。

2回全てのポケットをチェックしましたがありません。

トイレは小用利用だったので落としたという可能性は少ないのですが、一応トイレにも戻りましたが見つかりません。

絶対にポケットに入っているはずと確信して3度目の捜索。

ありました。

僕はこんなことがよーくあります。自分の捜索力を疑ってよかったです(´∀`)

Photo

6時半過ぎにスタートしました。

Img_1896

太平洋戦争で被災した跡をめぐって走ります。

修復された空襲で3つに折れた壇渓之勝蹟碑です。
桜の名所山崎川にあり、ここから川に沿って瑞穂公園に向かいます。

Img_1898

撃墜したB29がここに墜ちたそうです。

Img_1899

竜泉寺の歯痛地蔵尊。爆撃で顔の半分が吹っ飛びました。

Img_1902

素敵なエイド、ありがとうございます。

Img_1901

少々端折ります。笠寺公園の高射砲隊笠寺陣地跡。
高射砲6門が置かれていたそうです。

13.5km走ってレギュラーコース組と合流です。

07_18

ここからは一昨年と同じなので、ほとんど端折ります。

07_16

愛知時計(愛知航空機)爆撃の痕跡が残る堤防の一部が保存されて、碑が建てられています。

07_10

旧陸軍造兵廠熱田製造所。兵器工場でした。

07_6

千種公園:陸軍造兵廠の被弾塀

07_4

プロ野球の観戦客でにぎわうナゴヤドームですが、ここにも空襲を説明したプレートがあります。
このあたりは三菱の飛行機工場がありました。

ウィメンズで来たことがあるランナーも多いと思いますが、走ることを楽しめるって平和は素晴らしいです。

07_1

円明寺:石の梵鐘。
金属不足で供出させられた鐘の替わりに石の鐘をつるしました。
慙愧の鐘として保存されています。

3

39kmもちの木広場でゴールです。

最近の政治事情のためか、反戦活動のイメージが強くなってました。

ボーっとなにも危険を感じることなく走っていると、どんどんバカになっていって大丈夫かなあとも思いますが、平和なことは幸せだと強く思います。

テレビ等マスコミは特定の国々に強烈な敵対心を抱かせるよう煽っていますが、そんなものに動かされないよう気をつけたいです。

5月のまとめ

5月は2大会に出ました。
いずれも大移動でした。

仙台と松江、東へ西へと大移動でした。

どちらも美味しいものと楽しい観光で大満足でした。

月間走行距離は370km。最近ではたくさん走ったほうです。

6月の予定

珍しく大会の予定がありません。

そのかわり山を予定しています。一人で行く勇気がないので、お誘いいただくのが本当にありがたいです。

迷惑をかけないよう頑張ってついていこうと思います。

ただこれからは雨が多いので、中止になる可能性も高いですね。

本格的な暑さが始まるまで、この時期は雨でもめげずに走ろうと思います。

















« えびすだいこく100kmマラソン レース編 | トップページ | 両親連れて伊豆観光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/60298496

この記事へのトラックバック一覧です: 2015平和大好きマラソン 5月のまとめ6月の予定:

« えびすだいこく100kmマラソン レース編 | トップページ | 両親連れて伊豆観光 »