フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月20日 (金)

御在所トレラン

 93

うちからたった30分で行ける山、御在所へ行ってきました。

標高1212mながら、けっこうスリルも味わえる山です。

こんな都合のいい山の近くに半世紀以上も住んでいるのですが、初めて登ったのは昨年。
今回はそれ以来2回目って、なんともったいないことをしているのでしょう。

このランイベント、ランニングハイさんというチームの主催で、3月のウィメンズへ応援に行ったとき、たまたまお隣で一緒に応援していたさゆりさん(推定28歳)からお誘いいただいたのです。

87

朝9時半に道の駅こものに集合。

以前からお噂を聞いていたのですが、昼下がりのジョニーっていう山ヒルよけスプレーを開発販売されているエコ・トレードさんの社長Nさん(推定36歳)にも初めてお会い出来ました。

素敵な試供品もいただきましたよヽ(´▽`)/

Photo

メンバー9名でスタートです。

88

トレランと言ったけど、走ったのはスタートからの200mほどと終盤に少し(=´Д`=)ゞ

90

いきなりけっこうな登りで、もう心拍数マックスです(*゚∀゚)=3ハァハァ

48

この山の魅力のひとつ、奇岩。

109

187

自然ってすごいっす(・_・)

84

頂上に着きました。
この日はロープウェイの定期検査とかで運休だったためか、とっても空いていましたね。

204

リーダー&ガイドのFさんがコーヒーと味噌汁を入れてくださいました。

なんと彼、お話をしていたら僕と同じジムに通っているそうなΣ(゚д゚;)
若い方だなあと思っていたら、うちの息子とほぼ同じ年齢ですって。

ま、僕が最高齢でしたね(*^.^*)

115

今回は中道から登り、裏道から下山という行程。
前回とは全く逆でしたが、こちらの方が楽かな。

118

兎岩です。

心がきれいな人はウサギに見えます(´∀`*)

63

橋を渡ったり

75

ちょこっと走ったりしながら

134

無事に降りてきましたヽ(´▽`)/

61

さあ、最後くらいは走れ~o(*^▽^*)o

みなさん、本当にありがとうございました☆

















































2014年6月15日 (日)

週末の出来事

 

17

先月の絆マラソンでご一緒したゆきこさんのライブに行ってきました。
初めてお会いした時の清楚な美人ピアニストというイメージそのままでした。

11

うーん、ぜんぜん結びつかない(・_・)

土曜日は午前中、南部丘陵公園で走って
22

午後からは四日市観光に行ってきました。
四日市で生まれ育ったので滞在歴半世紀以上なのですが、四日市観光なんてしたことありませんでした。

みなさんも生まれ育った街の市内観光なんてしたことないと思います。

Photo

9月に四日市に移住してきたマネージャーひろこちゃんのリクエストで行くことになったのです。

2014_003

まずは工場見学、お馴染みの味の素工場です。

2014_006

お土産付きです。
見慣れた製品が多いものの、ああこれって味の素で作っていたのね、てものも多かったです。

2014_014

広いです。

2014_020

この工場内にバードサンクチュアリがあるんです。
これは以前から行ってみたかった場所です。

2014_024

こちらはランナーさんには有名ですね(*^-^)

2014_035

味の素工場を後にして、コンビナートへやってきました。
一通りの説明を聞き、ポートビルに来ました。
四日市市政100周年を記念して建てられました。
100周年にちなんで、高さは100mです。

写真の上方、無駄にある空間は100mにするための調整だそうな┐(´д`)┌

2014_038

普段よく走るコースも一望にできます☆

2014_064

ばんこの里会館に来ました。
四日市はお茶処。それに関連して万古焼という焼き物が有名です。
以前は急須が有名だったのですが、今は土鍋が有名です。

2014_051

お茶入れ体験です。
2014_068
これでグルタビ終了です。
Photo_2
夜7時からナイトクルージングです。
2014_075
まもなく乗船です。
2014_086
こちら、潮吹堤と呼ばれる防波堤です。
オランダ人技術士デレーケの作品です。
2014_090
夜の帳が降りてきました。
四日市のコンビナートの夜景、工場萌えとかいう写真集で人気が出ました。
日本では5ヶ所ほどが登録されているそうですが、ナイトクルージングをやっているのは四日市だけだそうですヽ(´▽`)/
2014_107
取り壊されるオーストラリア館が見えました。
悲しい悲鳴を上げているように見えました。
2014_125
きれいでした。
あっという間の90分でした。
2014_133
とっても楽しかったです(o^-^o)

2014年6月12日 (木)

いわて銀河100kmチャレンジマラソン3

54

この2000円、アーリーエントリー600名にキャッシュバックがあったんですヽ(´▽`)/

20141iwate_234

メダルは南部鉄製。パッと見オレオ?

55

ゴール後はメダル、完走証、キャッシュバック、ドリンクをいただき、冷水プールでクールダウン。
東京マラソンでご一緒させていただいたO澤さんたちと談笑しながら、ゆっくりと筋肉をケアしました。

荷物受け取り、着替えを済ませ、やはり参加賞でいただいたチケットでビールと銀河鍋。

63

あとオニギリと牛肉鉄板焼きがあったものの、次第に増えてきた行列に怯んでパスしました(=´Д`=)ゞ

その後ゴール地点を移動、マネージャーひろこちゃんを待ちます。

20141iwate_084

笑顔でゴールのひろこちゃんと

20141iwate_091

2杯目のビール&銀河鍋(*゚ー゚*)

会場を引き上げて無料シャトルバスで盛岡へ~bus

20141iwate_101

かなり苦労してらっしゃいます(゚m゚*)

20141iwate_112

幸運なことにホテルのお隣が焼肉屋さんhappy02

20141iwate_113

走ったあとには肉ですよ(*^-^)

今回、ウルトラを走ることと並んで大きな目標。それは岩手3大麺を食べること。

20141iwate_114

冷麺、行きま~すヽ(´▽`)/

飲んだあとのシメに最高ですね(o^-^o)

翌日はレンタサイクルで市内観光。

20141iwate_120

まずは朝ごはんがてら福田パンへ。

じゃじゃパンを食べるつもりでしたが

20141iwate_121

つい、ホイップ&粒あん。体が甘いものを要求してる(*´ェ`*)

20141iwate_124

魅力的なメニューが並んでます。
もひとつ魅力的なのが作業の速さ。10秒ほどで作ってくれるんです。
先に買ってるお客さんを見ていた時は、てっきり出来ているものを渡しているのかと思ってましたw(゚o゚)w

20141iwate_127

石川啄木新婚時代の家です。

20141iwate_144

宮沢賢治像ですね。

20141iwate_153

宮沢作品の出版でお馴染みの光原社。

20141iwate_167

マリオスの展望台より盛岡市内を見渡します。

岩手山は残念ながら雲の中(u_u。)

20141iwate_173

裁判所の庭にそびえる石割桜。
この根性を少し分けてくれ~ヾ(;□;)э

20141iwate_184

今回の最大の目的と言っても過言ではありません。
わんこ蕎麦を食べに来ました。

20141iwate_206

一般男性の平均は約60杯とのこと。
15杯で普通のお蕎麦1人前だそうな。

100杯以上食べると記念品をいただけるそうです(o^-^o)

で、80杯あたりから苦しくなってきましたが

Photo

記念品をいただけました。

ウルトラの翌日で内臓が疲れているのか、ちょっと勢いがありませんでした(;;;´Д`)

20141iwate_217

啄木賢治青春館です。非常に充実した展示館ですが、なんと入場無料です。
盛岡市って太っ腹だなあ( Д) ゚ ゚

20141iwate_225

急に雨が降ってきました。
最初は木陰で雨宿りをしていましたが、とても凌げる状態ではなくなったためバス停の屋根の下へ避難。

雨は10分ほどで上がり、ホテルにあずけた荷物を取りに行き、自転車を返し、お土産を物色してバスで花巻空港へ。

20141iwate_227

岩手県さようなら~
心残りはじゃじゃ麺が食べられなかったこと(ノ_-。)

あ~、日焼けで真っ黒になっちゃった┐(´д`)┌

2014年6月11日 (水)

いわて銀河100kmチャレンジマラソン2

3年前の東日本大震災、日本全国で多くの大会が中止となった。
ところが、あまり被害がなかったのかもしれないが、被災地であるこの地の大会は開催されたのだ。
僕は心から拍手をした。大会を開催しようとした関係者の皆さんを心から尊敬し、そしていつの日か絶対にこの大会に出るぞと心に決めた。
この大会に背中を押され、東北は元気だ、大丈夫だと世界に伝えるため、僕はスーザフォンにメッセージボードを掲げゴールドコーストを走った。

そしてこの日、僕はこの偉大な大会のスタートに立てた。

17

スタートは早朝4時。写真はスタート直後、曇っているというのにもう明るいです。
日の出時刻は4時6分。日本列島の最東に近いこの地、やはり日の出が早い。

しばらく公園内を回り、やがて場外へ。

21

ときおり小雨が降ってきます。
けど晴れていて暑いよりかははるかに都合がいいです( ゚∀゚ )

0-10km 101-715-546-543-554-524-539-549-533-546-524-124(1:00'38)
124のところはガーミンと距離表示の誤差。

スタートロスは約1分。陸上競技場のトラックを回ってから場外へ。
設定ペースはキロ5’45。

10kmまではゆるいけど、ず~っと上り。

 22

 ときどき強い雨が降ってきますな。

11-20km 559-547-549-549-519-529-532-519-517-528-026(57'14/1:57'52)

この区間は2.5kmで100m上り、2.5kmで125m下る。
下りで飛ばさないよう気をつけます。

24

大きなポリバケツにかぶり水が用意されていますが、この日は終始20℃前後、序盤は必要ありませんでしたね。

27

22.7km、信号につかまった。
けど、信号はここだけだったかな。

21-30km 514-554-622-535-534-538-537-547-623-535-023(58'02/2:56'15)

28

早朝&雨にもかかわらず、多くの方が沿道で応援してくれました。

この区間は27.5kmまでゆるい上り。

31-40km 551-540-532-533-544-650-538-550-537-558(58'13/3:54'28)

35kmあたりから、この大会名物の上り坂、なめとこラインの始まり。

57.5kmまでの約22.5km、約400m上ります。

35

41-50km 559-549-556-554-616-602-602-600-605-807-113(63'23/4:57'51)

42

ガーミンと距離表示が少々ずれた。最低限の目標である、50kmサブ5はクリア(・∀・)

ひざの裏がなんだかべたべたしている。変だな、こんなところにテーピングはしていないのに。

38

動物?はっきり言って、クマなんでしょ((○(´Д`)○))
昨年見たって方がいたそうな。

36

この地独特の食べ物も並んでいます(*´∀`)

51km-60km 545-545-624-643-(942-1152LOST)-657-525-516(6:01'55)

この区間、46.6kmからいくつかのトンネルを通るためガーミンが迷走した。

44

3つ連続するトンネルを抜けると最高地点の57.5km。
ここのエイドでインタビューを受けた。

トンネル内は勾配があまりわからなかったためか心地よく走れた。

わずか5kmで200m上る最もきついといわれる上り坂だが、たいして気にもならなかったと答えたので採用は無いね┐(´-`)┌

43

61-70km 604-540-545-547-445-558-1349-553-554ガーミン迷走中(7:07'45)

57.5kmから7.5km続いた急な下りが終わり、66.2kmのレストステーションへ。

45

46

47

ここでシューズを下りのためのウェーブライダーへ履き替えた。

ところがミスが続出。

まず、擦れ防止のためのワセリンを塗り忘れた(幸いなことに途中痛みを感じるような擦れが起きなかった)。

そして頼りにしていたサプリメントを取り忘れた。
ガスター10も持っていくはずだったのに忘れた。

そして最大のミスはシューズの履き替え。

48

このエイドを出たら下りと思い込んでいた。
これは反対に上り。

ほぼ10km上り続けたコースは本当に走り辛かった。

71-80km 606-618-713-617-605-623-620-637-638-609(64'06/8:12'51)

50

72kmで嘔吐。試食もせず初めて食べたジェルがどうも合わないようだ。
胃袋の強靭さには自信を持っていた。
この経験は初めてだ。

もう貯金は使い果たし、サブ10の夢は消えた。

81km-85km 35’30(8:48’21)
このあたりからは下り基調。
けど駆け下りる脚が残っていない。

体を支えるのがやっとだ。

85kmで再度嘔吐。
どんなに暑くても嘔吐した経験がなかったので、胃薬への注意がおろそかになっていた事を悔やむ。

86km-90km 38’48(9:26’09)

疲れが出る80km過ぎ、ペースは落ちているが意外に走れている。
大丈夫だ。まだ走れる。
気持ちを強く持つこと。
沿道の応援に大きな声でありがとうと返すよう心がける。

80kmあたりからカンカン照りの時間帯が出てきた。頻繁に水を頭からかぶった。

51

エイドからすぐに走り出せなくなってきた。

91km-100km 934-653-651-916-740-1415-737-704-743-736

90kmすぎで全身にしびれが来た。
熱中症だ。

そういえばスタート以降一度も排尿していない。

トイレへ行き排尿を済ませたらあっさり治った。

93km、この大会初めて歩きが入った。
短い坂なのに走って上れない。

52

頑張れ自分。

53

もう少し遠くと思ったゴールゲートは意外に近かった。

タイムにはやや不満だが、まあよく走ったじゃないか(v^ー゜)

54

エイドの充実度、沿道の応援、素晴らしい大会だった。

完走証の横の2000円、詳細はまた明日。

2014年6月10日 (火)

いわて銀河100kmチャレンジマラソン1

岩手県へ100kmの大会を走りに行ってきました。

ウルトラマラソンというカテゴリーですが、100kmの大会は基本的に年1度だけ走っています。
今回が7回目です。

サブ10と呼ばれる100kmを10時間以内で走るランナーはかなり速いランナーとされています。まあフルマラソンで言うと3時間以内で走るサブ3のランナーみたいな存在ですね。

僕は初めて出た大会を10時間22分で走りました。
「これはすぐにサブ10を達成できる」と思いましたが、意外にもなかなか遠い道で昨年はついに途中リタイアしてしまいました。

昨年はもう1大会にも出たのですが、これまた初めて11時間を超えてしまいました。
それも、たった30km走っただけで苦しくなって歩いてしまったのです。

これに懲りて昨年の秋からは練習方法を改めました。

しかしながら4月5月と行った60kmペース走でも40kmほどで失速しました。

そんなわけで、不安いっぱいで臨んだ今回のウルトラマラソンでした。

その1 出発からスタート

20141iwate_010

前に岩手へ行ったのは、たしか20年ほど前のバンドの仕事。
スタート地点の北上へも行った記憶があります。

出発は県営名古屋空港から。

セントレアの開港が2005年だから、この空港から飛び立つのもずいぶん久しぶり。
さらに初めて乗るFDA
うれしいことにJALもしくはFDAの旅客は、空港内パーキング5日間までは無料です
o(*^▽^*)o

20141iwate_004

20141iwate_006

 

FDAの機体色は全部で8色。テンションマックスですヽ(´▽`)/

20141iwate_019

1時間ほどで眼下に花巻の市街地が見えてきました。
このあたりを走るのかなあ。翌日のレースの様子を想像すると、もうワクワク感でいっぱい;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

20141iwate_023

空港からはバスで花巻空港駅へ。
ここからはJRで北上へ向かいます。

20141iwate_028

地図を見間違えて少々遠回りしちゃいましたが受付をしました(゚▽゚*)

この時点、お天気は小雨。気温は20℃前後かなあ。
予報によると翌日もほぼ同じような天気だそうな。

ウルトラって天気のヨミが重要な鍵になると信じています。

20141iwate_030

北上駅前の飲食店を事前に調べてたのですが、良いお店を発見できませんでした。

何気にお店を物色しながら歩いていたら、見つけました銀河高原ビールのお店ARIV(アリーブ)。

あいにく満席とのことで入店を断られ、支店のほうでどうかと打診されたものの拒んでいたら、親切な店員さんが時間限定ならってことで席を用意してくれました。

写真は銀河高原ビールのバイツェンです。
すっきりとした透明感と口当たりの良さを兼ね備えた、非常に美味しいビールでした。

20141iwate_035

ARIVではつまみ程度しか食べてなかったので、宿泊したグリーンホテル北上に併設されているみどり庵で本格的に夕食をいただきました。

お蕎麦が風味豊かでおいしい。10割蕎麦だそうです。

ここでも生中を一杯飲みましたが、銀河高原ビールを飲んだばかり、やはり雑味を感じてあまり美味しくなかったです( ´_ゝ`)

食後は翌日の朝食を調達するため、スーパーと7-11へ。

おにぎり3つ、ゆで卵、トマト、バナナを買いました。

そのあとホテルの大浴場へ行き、9時過ぎには夢の中へ:*:・{[(。-_-。)]}zzzZZZ・:*:・

起床は深夜1時40分。
ホテルを2時半に出ます。

20141iwate_044

ぐっすり眠れました。
どこでも良く寝られるというのは自分の特技です(*ノv`)

北上駅前から出発するシャトルバスに乗ります。
夕食が遅かったからか、顔がむくんでマンマル(´∀`)

20141iwate_049

会場着は3時ごろ。もちろん暗いですよ ( -ω-)

20141iwate_058

1ヶ月前くらいから足底筋膜炎気味なんです。
入念なテーピングを施します。

直前まで大会で履くシューズに悩みました。

とても走りやすく、ふだんはフルマラソンで使用するAdizero Japanか、クッション系のミズノウェーブライダーか。

最終的にはスタートからはAdizero、66.2kmの下りが多くなるレストステーションからはウェーブライダー。

13

スタートの4時が近づいてきました。

それでは行ってきまーす♪ヽ(▽`ヽo)(oノ´▽)ノ
























« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »