フォト

twitter

無料ブログはココログ

« ゴールドコーストマラソン2 | トップページ | 小布施見にマラソン1 »

2013年7月10日 (水)

ゴールドコーストマラソン3

ゴールドコーストへ行く前日の朝、仏壇に手を合わせていたら(信仰心は全然ないけど、たった一つの親の言いつけで約束を守っているのです)急にいろんな思いがこみ上げてきて、しばらく号泣してしまった。

東北の震災以降、スーザフォンに企業広告をいただき、それを寄付するチャリティ活動への活用を目標としてきたのだが、今回ようやくその夢を叶えることができたのだ。

精神状態どん底がスタートのきっかけだったスーザフォンマラソン。
ここまで来たぞ。

小さな(と言っては広告主さまに申し訳ない)第一歩を踏み出すに際し、ご多忙の中、奔走していただいたPhitenオーストラリアひろ社長、ランニングクリール樋口編集長、ゴールドコースト日本事務局様、本当にありがとうございました。

この小さな一歩が、やがてフルマラソンを完走するような規模になるようこれからも精進します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

noteさてマラソン前夜は夕食を早く済ませベッドに入ったのは9時。

隣の部屋がうるさい。まあまだ早いので注意するわけにもいかないが、なんだかパーティをやっているようで大勢がワイワイ騒いでいる。

スーザフォン、吹いたろかいな(-゛-メ)

ホテル自体も繁華街の中心なので、外の往来も騒がしいthink

普段ならこれでも気にならずに寝てしまうのだが、やはり緊張しているのかな。

11時頃になってようやく「Bye Guys」とか言ってるのが聞こえてきたのでお開きだな、と思ってたら今度はドアの外でワイワイ、さらにうるさいsad

静かになったのは12時前かな。で、爆睡。
起きたら1時半。睡眠時間1時間半でした┐(´-`)┌

5時半、ホテル出発。
近くにマラソン用のシャトルバスがあるのだが、スーザフォンを持って乗るのは至難の業なのでタクシー。

でかいワンボックスが数台並んでいて、「これがシャトルバス?」かと近づいて行ったらオーストラリア人のちょっと酔っ払ったカンジのおっちゃんがマラソン会場へ行くのか聞くのでYESと答えると乗れというので乗り込んだ。

メーターがありました。タクシーだったんですなcoldsweats01

会場に着き、まあ明らかにこちらの荷物が多いので料金を払おうとしたら、おっちゃんが払ってくれました。
何度も「そいつを持って走るのか?」「信じられん」と酔っぱらい特有のくどさで聞いてましたね。
友達の応援に行くそうですconfident

会場へ向かうと前回利用したHISスタッフさんたちのお顔が見えたのでご挨拶。
レース中も応援ありがとうございました。本当に力になりました。

スタート前に新聞やテレビのインタビューを受けた。

通訳なし。

日本語でも危ないのに、英語でのインタビューでしたね。

テレビはどうなったかわかりませんが

Gc

新聞は今回も載せていただきました。
インタビューで言ったことがきちんと書かれていたのでうれしいです。
たぶん、もっとむちゃくちゃな英語で言ったけど、文面がきれいに治っていますな(゚▽゚*)

スタートラインまで約300m5分で通過。
えらく調子が良く、予定のキロ7分より速いので、なんとか6分40秒程度をキープ。

この大会はコース沿道での演奏が多く、数回一緒にジャムらせていただいた。

Gc6
マレーシアのジャーナリストTeyEngTiongさんご提供

ハーフ通過は2時間34分。今回は歌もありでしたよ(*^m^)

31kmで左足裏に異変が起きて10分ほど休憩。
まあそのうち治るでしょう。
ボラのおばちゃん達と楽しくおしゃべりしたり演奏したりして過ごします。

Gc13

相変わらず周りのランナー、すれ違うランナー、沿道で応援する人、ボランティアさんの大声援を頂いております。
32kmあたりからはまた走れるようになり、強い向かい風の中をひたすら進みます。
スーザフォンは向かい風に弱いのです。

40km地点、HISスタッフさん達に一曲演奏して走り始めたらオーストラリア人のおばちゃん達に捕まりました。

どこの国でもおばちゃんたちの勢いはすごいです。
しばらく写真攻撃が続きました。

さあ、あと2km

Gc17_2

また足がつった~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

でも拍手大喝采の中を笑顔でゴールshine

その後、チャリティ寄付金の贈呈式をしていただき、荷物まとめてシャトルバスへ。

シャトルバスの運転手さんが「さあ、帰りはコンサートだ」(*´v゚*)ゞ

またまた大喝采の中で一曲演奏させていただき、誰か降りるたびに写真に収まり。

オーストラリア人の美ギャル推定20歳が賞賛のことばをかけながら近づいてきて、なにやらOK?とか言ったのでSUREって適当に答えながら  あれ?今キスがどうとか?

いやあ、こんな汚いおっさんのホッペにチューしてもいいのかw(゚o゚)w

楽しいバスの旅でしたね。

翌日月曜の夜、帰宅しました。

このわずか1週間の間に梅雨明けして、いきなり真夏です。

また今度の日曜日、スーザフォン担いで走りますよ~

小布施見にマラソンでお会いしましょう(*゚▽゚)ノ

« ゴールドコーストマラソン2 | トップページ | 小布施見にマラソン1 »

大会」カテゴリの記事

コメント

(お疲れさま)×2  (お疲れさま)の二乗 かな?(*^_^*)
スーザホーンを吹奏してのフルマラソン完走は素晴らしいですね。 ゴールドコーストはフルマラソン3回目で参加(1995年)したことがあります。 治安がよくて気持ち良く走った記憶があります。 また行ってみたくなりました(●^o^●)

(お疲れさま)×3 でした。
Phitenがスポンサーとは、すごいすごい。とうとうプロ入りですね。
私から見れば、すでにあなたは手の届かない、雲の上の存在です。あなたが私の知り合いであることを、もっともっと自慢させていただきますね。

サダさんへ

今回が4度目のゴールドコーストでした。
マラソンではありませんが初めて行ったのが1994年ですので同じ頃ですね。
現在1オーストラリアドルが95円くらいです。
あの頃は70円程度じゃなかったでしょうか。

コース、気候とも本当にいいですね。

とのさんへ

スポンサーって言うと少々語弊があるかもしれません。
今回広告料のみいただいてます('∀`)

 久しぶりにブログを読ませてもらったら、スーザフォンに、チャリティー目的で企業広告☆☆☆ 感動しました(*^_^*)
 私も、信仰心はないけど、最近親に同行して墓参りしたりして、昔から続いてるそういう習慣って、なんかいいなって思ったりします。
 小布施の報告も楽しみにしてますね♪

コリンちゃんへ

ゴールドコーストの感動覚めやらぬ間に小布施です。
また新たな感動に浸っています。
今回は初めての二泊でした(^o^)

お疲れさまでした。このような個人レベルでの、楽しい衣装、演奏を伴うチャリティーは、もっとも人の心を打つと思います。やはり注目され、写真に撮られ、メディアにでることが重要でしょうから、スーザフォンを担いでの参加が持続できるような体調の管理、大変でしょうけれど、頑張って下さい。応援しております。
 私は先週は出張でシンガポール。暑いと言われ、ややビビりましたが、3日滞在のうち、二日は19キロ、14キロと走ることができました。神戸に戻れば梅雨が明けていて、むしろ神戸の方が暑いので驚きました。

米村さんへ

出張、お疲れさまでした。
ちょうど同じ時期の海外でしたね。

僕も帰ってきたら梅雨明けしていて、夜7時なのに33度と聞いてびっくりでした。

次のスーザフォンマラソンは地元の菰野町かもしかハーフマラソンでペースランナーです。

また機会がありましたらご参加くださいね('∀`)

こんにちは!もう2ヶ月が経過しますね
G.Cマラソンでは、体調が悪くなり棄権も考えるほどでしたが、レオさんの走る姿が大きな励みになり、何とかゴールできました♪
ありがとうございます♪
人生初のスーザフォンを拝見&担がせて戴いたのもいい思い出となりました♪
写真も一緒に撮らせていただいたので、嬉しくて勝手ながらブログにUPしましたo(*^▽^*)o
またどこかの大会でお会いできるといいな♪

たなげちゃんへ

その節はお疲れさまでした。
よく頑張って走りましたね、お互い。

次の予定ですが、スーザフォン無しでは村岡88km、あざいお市ハーフ、いびがわフル、加古川フル、愛媛フル。

スーザフォン担いで、かもしかハーフ(ペースランナー)、ホノルル、フロリダディズニーグーフィーチャレンジ。てのが現在決定しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/52391590

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドコーストマラソン3:

« ゴールドコーストマラソン2 | トップページ | 小布施見にマラソン1 »