フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

中村好江わくわく6 CDアルバム発売記念コンサート

Photo


タイトルのコンサート
、調律を担当させていただいた。

好江ちゃんと初めて会ったのは、たしか彼女が12歳の時だと思う。
何ヶ月か後、ウチのバンドメンバー共々一緒にニューオリンズへ行くってことで顔合わせをしたような朧気な記憶が残っている。

ここ数年、彼女が新聞等で紹介されていることが多く、名前の後ろに記載された年齢を見ると年月の過ぎるスピードをあらためて感じる。

元々自分たちと一緒に演奏をしていて毎週顔を合わせていたし、一緒に全国ツアーに行ったメンバーでもあった好江ちゃん。

初めて一緒にバンドの仕事をしたのは14歳くらいじゃなかったかな。
「エヂソンさんとこ、越後獅子みたいだね」、と揶揄されたものだ。

そして、10年ほど前だったか好江ちゃんはステップアップのためエヂソンデキシーバンドからは離れた。

昨日は朝から調律をさせていただき、午後からはずっとリハーサルを聞かせていただいた。

なかなか良い言葉が見つからないが、「上手くなったもんだなあ」というのが自分の素直な感情だ。

伸び盛りの年齢、そして周囲の奏者たちの高い技術、彼女は余すところなく吸い取ったように思う。

初めて聞かせていただくメンバーがほとんどだったのだが、そのお一人、古川奈都子さんは毎年出演する新宿トラッドジャズフェスティバルでよくお見かけするお名前だ。

初めて演奏を聴かせていただきブッ飛んだ。

職業柄多くの演奏を聴かせていただくのだが、タッチの強さ、正確さ、そして表情豊かに楽しく弾くその姿。
素晴らしいピアニストだ。

調律師という仕事、実は担当した演奏会を聞くことはあまりない。
何故かというと、調律師が最後までいる場合は付き添い料という料金が発生する。
このため、要請がなければ調律が終わるとさっさと帰ってしまうことが多い。

昨日の場合はどのみち調律の依頼がある前にチケットを購入してあったため、「リハーサルも付き合うよ、帰るの面倒だし」ってことで最後までお付き合いさせていただいた。

ところが、自分が調律した演奏会を聴く、これって案外苦痛なんです。

何故かと言うと、コンサート終盤ってピアノの音が狂ってくるんだよね。
まず、ほとんどの人は気がつかないけど、そこは職業柄すご~く気になる。

この日の音楽ジャンルから言って、あまりピアノの音は目立たないのだけど、終盤で好江ちゃんのトランペットと古川さんのピアノで静か~な曲。

もう心臓をチクチクされてるような思いで聞きました。
タイトルは「誰も知らない私の悩み」。
どうぞ、誰も気が付きませんように。そう祈っておりました。

古川さん、タッチが強い。
あのタッチに耐えるような調律をしなければ、と強く思った夜でした。

2013年1月24日 (木)

歯医者さん

奥歯の詰め物が取れたことに気が付いたのは、昨年末ビールを飲んだ瞬間だった。

「イテー!」。ビールが奥歯にしみた。

舌の先でしみた箇所を触ると、穴がポッコリ口を開けていた。

一体いつの間に取れたんだろう。
吐き出した記憶が全くない。
飲み込んだのだろうか。

これが昨年末12月28日のことだ。

馴染みの、というか以前から調律に伺っている歯科医院に電話してみたが、予想通り年末年始の休暇に入っている。
以前治療してもらったところもそう。
いずれも1月6日からということだった。

困ったなあと思いつつも、だんだん歯が痛くないようにビールを飲む技術が付いてきて、まあいいかあと年末年始を過ごした。

年が明けて診察開始の日に予約の電話をした。

年が明けてからかなり仕事が忙しく、歯医者とスケジュールが合致したのはようやく今日のこと。
すでにあれから一ヶ月近くの日が経っている。

歯医者さんに来るのは久しぶりだ。
予約のとき、「10年以上かかってませんよ」と言われた。
カルテが残っていないとのこと。

今日行ったら、なんと14年ぶりだそうだ。

詰め物が取れたところだけ治してもらいたかったのだが、歯石取りだとか痛くもないところの治療や「歯の磨き方指導をしますね」と口を広げられた状態で言われたのでイヤと言えず着々と作業が進んだ。

治療費なんと7千円少々もかかり、もうびっくり。

治療中から心配していたのだが、財布の中身で足りるんだろうか。今日もいつもくらいの額しか入っていないはずだ。

ふだんはせいぜい1万円くらいしか入ってない財布、支払ったら残額が400円ほどだった。

治療にずいぶん長い時間がかかり、仕事に間に合わない時間となった。
昼ご飯を食べるヒマは無いな、と思いつつも、大急ぎでセルフのうどん屋にはいった。

もう既に財布の中身のことを忘れている。

かけうどん大盛りと丼セット。レジまで来てお金がないことに気付いた。

セルフのうどん屋でカード払いができるはずもなく、ぺこぺこあやまり免許証をコピーされ「夕方払いに来ます」と約束してうどんを食べた。

考えてみれば近くにコンビニがある。キャッシングすりゃいいじゃん、ってことでダッシュでコンビニへ行った。

千円もあれば事足りるんだけど、あれって1万円からなんだな。う~ん、商売だねえ。

うどん屋で支払いを済ませ、大急ぎで調律に行った。

約束は1時。到着は1時半。
現場は小学校と、その敷地内の幼稚園。
いつも通り幼稚園から調律をしていると楽器店から電話が入り「あれ?どちらにいらっしゃいますか?小学校からまだ来てもらえないと電話がありましたが」

そうでした。今日は小学校から始めるんでした。
さらに約束した時間は1時半。

急ぐ必要なかったんだ。

歯医者で変なガスでも吸い込んだかなhappy02

2013年1月21日 (月)

高槻国際ハーフマラソン

高槻ハーフは初参加。
駐車場が無いとか終盤の道路横断でストップがかかる可能性があるとかでうんざりしながらの参加でした。

事前調べでは、近辺のコインパーキングが争奪戦になるとのことで、早めの出発。
起床は3時。4時半出発。

途中、つい先日まで肺炎を病んでいたポン友たかさんをピックアップ。
二人で参加ちうことで、なかなかディープな話ができてよかった。

笑いすぎて疲れましたな。

レースの方は、新年以来故障でほとんど走れてないし、まだ少々痛みも残る足なので不安がいっぱい。
ペースを落として、キロ4分半をなるべくキープで走った。

それなのに終盤は足が攣りかけて失速。
記録はまあ平凡だったが、あんなに走ってなかった割にはいつものようなタイムだったので、良しとしておきます。

スタートロスは20秒ほど。1キロまではかなり渋滞していました。

1-3km  516-430-427(14:13)
4-6km  427-426-427(13:20/27:33)
7-9km    426-430-429(13:25/40:58)
10-12km 424-431-425(13:20/54:18)
13-15km 430-424-430(13:24/67:42)
16-18km 423-435-441(13:39/81:21)
19-goal   448-455-455-43(15:21/96:42) ネットタイムは96:20でした。

行きは東名阪~新名神経由。2時間はかからなかったな。
帰りは一般道で、来月参加の木津川マラソンのコースを眺めながらのルート。

途中やぶっちゃの湯で風呂タイム。
初めて行ったやぶっちゃの湯。料金は800円でフェイスタオル、バスタオル付き。
フェイスタオルはお持ち帰りできます。
手ブラで行けるタイプでした。

5時過ぎに四日市へ戻り、居酒屋で飲みホーの二人宴会。
ポン友たかさんと、まあよ~く話が進みました。
お互い口は固いほうなので、きっと秘密は墓まで持っていくことになるでしょうhappy01

2013年1月18日 (金)

ロケ

先日スマホの着信履歴に見知らぬ番号が。

めったにかけなおしたりしないのだが、数回かけていただいてたので連絡すると、某テレビ局(在名古屋)のディレクターさん。

取材撮影したいので名古屋へ来ていただけないか、とのこと。
けっこう忙しいこの時期だが、指定された日だけ都合良くスケジュールが空いていたので喜んで引き受けた。

番組は一言で言えば若者向けの音楽番組。放送は東海地方限定で、深夜が放送時間帯だ。
もともとテレビはめったに見ないので、この番組のことは全く知らない。
で、先日見させていただいた。

あ~なるほど、自分もあんなカンジで紹介されるんだな。

そして今日、霞緑地で少し走ったあと指定されたテレビ局へと車で行った。

撮影は屋外のテレビ局に隣接する公園。
寒い。
雪は降ってないが、ここへ向かう途中は降っているところもあった。

note放送日が決定する以前に漏らさないでくれ、と言うので番組名は伏せますね。

指定されたスタート時間は14時。
簡単な挨拶、説明の後、ほとんどは撮影部隊の打ち合わせや準備。
ただ、ずいぶんと気を使っていただきありがたかったです。

寒い中待つこと30分ほど。レギュラーたちがようやく到着して簡単な打ち合わせ。
レギュラー陣が雑談している後ろを僕がスーザフォン担いで走り、呼び止められて雑談が始まる、みたいな。

そしてリクエストされた曲を少し演奏、最後はレギュラー陣(ロックミュージシャン)と合奏。

待っている間はベンチコートを着ていたので感じなかったが、いざ走る格好になると寒い。

あれは走っているから寒くないけど、立ち止まって話をしていると猛烈に寒い。

番組中放送されるのは5分ほどと思うけど、収録はたっぷり1時間以上。
ホームレスの方たちが大勢見ていてくださいましたね。

寒さからか頭も舌も回らず、なんだか今ひとつの出来だった。
あとは編集の腕に期待しますshine

2013年1月17日 (木)

初皇居ラン

1月13日日曜日、夜行バスで東京へ。

ちょっと打ち合わせにcoldsweats01

早朝6時半頃、東京駅着。
天気予報が悔しいくらいに当たりrain

八重洲地下街に入り開店を待ってモーニング。

20131

お会いする方の都合で午前中は時間があるため初皇居ランを計画してあった。
雨は残念だがカッパも用意してあったので決行happy01

新丸ノ内ビルB1のランステは6時半から営業。
料金は800円。

20131_004

ランステ近くの壁画。

20131_005

祝日の朝、さらに雨って条件が重なり、客は僕一人ですな。

雨なので、皇居ランの写真はありません。

あまりの寒さにたったの2周でギブwobbly
ダッシュでホットシャワー。生き返った。

ロッカーキーをフロントに返すと、係のおニイチャンが雪は降ってませんでしたか?と。

え?雪?
「東京都内は、もう降っている所ありますよ」とおニイチャン。

「降らないよ、きっと」と言いながら外へ出ると

1

降っとるがなcoldsweats02

急いでブリジストン美術館に駆け込む。

Photo

全部見終えた頃タイミング良く相手方から連絡があり、再び八重洲地下街へ。

食事をしながら打ち合わせ。

食後、地下街を徘徊していたが、歩く人々の持つ傘が濡れていないと感じ、こりゃひょっとしたら雪が止んだかなと甘い期待をもって地上へup

予想は外れましたな。still ひどい雪ですなsnow

国立近代美術館へ入りました。
別の目的地があったのだが、ここが先に目に入ったのでふらふらと。

高尚な気分でホテルにチェックイン。
うだうだしつつ大浴場であったまったりしているうちに夜9時。

高級ちゃんこを食べに行こうと思っていたのだが、積もる雪にあっさり予定を変更して近所の中華屋へ。
もう既に雪はやんでおりました。
翌朝は再び皇居ランを予定していたのだが、歩道の凍り方を見る限り無理だね。

朝はひたすら惰眠を貪り、また大浴場でうだうだし、

築地の高級寿司モーニング。朝のむビールは旨いなあ。
ちなみに、写真撮影禁止のお店でした。外だけでも撮ったら良かったなあ。

この日は前日と打って変わって青空。
一点の雲のない空の下、上野の森美術館へ向かいます。

ツタンカーメン展を見てきました。

20131_008_2

平日なのにたくさんの人。

次はお台場。普通にオノボリさんですよ。

20131_016_2

これですな、スーザフォンの裏側にあるやつ。

水曜日はフジテレビ休みとは知らず、時間を潰す術も無くひたすらウダウダと過ごした後、ホテルに預けた荷物を取りに行き、東京駅へ戻り昨年クアラルンプールマラソンで一緒に写真を撮った方とお会いもでき、充実した楽しいオノボリさん旅行でした。

ところで今月はまったく走れていません。
久しぶりに300kmすら突破できないくらいでございます。












2013年1月 7日 (月)

故障?

年末30日から元旦にかけ160km走ったあと案外元気だったのだが、翌日になって両足がひどくむくんだ。

まあウルトラを走ったあとみたいなものなので大して気にはしていなかったのだが、右足の甲が腫れ上がりやや痛みが出た。

湿布して2,3日すりゃ治るとこれまた気軽に考えていたのだが、一向に腫れが引かない。
歩くのには全く支障はないのだが、押さえると痛みがある。

年末に立てた予定では、3日亀ベーさん主催走りぞめ30km走。4日ランオフ5日30kmマラソンペース走だったのだが、ちょっと弱気になって回避。

3日の走りぞめはじっと我慢して走らなかったのだが、夜になって左足付け根にパチンコ玉くらいの大きさのグリグリができた。

ネットで調べると、リンパが腫れているようなことが書いてあった。

翌日はグリグリから膝にかけてなんだか痛い。おととしの暮れにかかった帯状疱疹のような痛みだ。

夜になって、その痛みは赤く腫れ上がってきた。
なんだろう。そのまま走るのは我慢し続けて、今日やっと始まったいつもの接骨院へ行ってきた。
いつもはすぐに答えが出るのだが、今日は専門の病院へ行ってくれとのこと。

ややこしい病気じゃないといいなあ。

そういえば年末には奥歯の詰め物もとれた。
こちらは痛みもないのでとりあえず放置してある。

なんで忙しい時って一気に全てがやってくるんだろう。
それとも忙しいから体が変調をきたすのか?

2013年1月 4日 (金)

仕事始め

スマホに替えてから困ったことがいくつかあるのだが、そのいくつかの一つがアラームthink

今まで使っていたケータイは、電源がオフになっていてもサイレントモードでも常にアラーム優先。
絶対に鳴っていたのだが、今のスマホは鳴らないthink

で、サイレントモードにしていたことってほとんどは忘れる=アラームが鳴らない。

今日は例年のごとく仕事始めの日。

僕の仕事は開始が遅く、通常は10時なので早くてもまず9時より前に家を出ることはないのだが、この時期だけ9時始まりの仕事が多く、したがって起床も6時ごろだ。

今朝のこと、
あぁ、アラームがなる前に起きちゃった。何時なんだ?

coldsweats02

なんと、8:58とスマホが表示しているではありませんかannoy

15分で用意を済ませ、家を飛び出た。
もちろん、洗濯をしている暇は無いし、生ゴミを捨てる間もない。
ましてや朝ご飯なんぞ食べてられるかいsign03

ちなみに、この時期の仕事は昼ご飯を食べる暇がなく、悪いことに今日に限って夕方から演奏会の調律が40分ほど離れた他都市であるのですたcrying

幸いなことは、仕事が家から10分くらいのところと必要な書類が昨晩作成してあったこと。
さらに現場である幼稚園の園長先生と懇意であること。

ふ~、なんとか無事に一日を終えることができましたshine

2012年のまとめ

年間総走行距離5631.053km。
過去最長ではないが、故障に見舞われた前年より、ほぼ1000km多く走ることができた。
故障しない体に感謝したいと思う。

出場した大会は17大会。
このうち7大会がフルマラソン。4大会はスーザフォンを担いで走った。

うれしかったのは24時間走総合4位。記録としては大したことなかったが、競り合っていればもう少し走れたはず。

マジで走ったフルは、ほんの少しだがPBを更新できた。
ハーフと10kmは更新できず。

また、記録狙いで出た水都大阪100km、またしてもサブ10は達成できなかった。
なんとか今年はサブ10を達成したい。

2013年の予定

このところ春先にスーザフォンを担いだ海外レースを入れていたが、東京を走ることでやめにした。
なんと言っても東京は今年の目玉だ。

後半ではゴールドコースト。
某スポーツ関連会社からうれしいお誘いをいただいたので早々と飛行機を予約した。
自分自身、大きく飛躍する年にしたい。

年齢的には全てにおいて下り坂なのだが、なにかとうれしい出来事が多くって、今年も昨年を上回る楽しい年になりそうで楽しみですheart04

2013年1月 2日 (水)

伊勢神宮~金山 年越しマラニック

30日のお一人さま雨中マラニック70kmに続き、大晦日もマラニック伊勢神宮~金山110km。

恒例となっている30日のマラニックで、同じ参加者のF田さんが翌日も走るというのを聞いて、すごいなあと呆れながら毎年聞き流していたこのマラニック、今年は自分も参加させていただくことになったのだ。

スタートは夜7時半。
五十鈴川駅に7時前に到着し、内宮までの約2kmをジョグで向かった。

先だってのスーザフォン30kmペース走に付き合ってくれたともともちゃんからスケジュール等ご連絡いただき、宇治橋前到着は7時過ぎ。

心配していた膝痛は大丈夫そうだ。

ヘッドライトをつけて所在無さげな若い女性がひとり、声をかけたらやはり参加者。
初対面だが共通の知り合いがいっぱいの上〇さん。
すぐにFacebookお友達申請。スマホはこれが便利だね。

Photo_2

いつの間にやら参加者は続々と増え、初対面のみなさんにご挨拶。
スーザフォン担いで走ってるのは都合がいいなあと思うのはこんなとき。
ああ、あの人かあ、とほとんどの方happy01

冬の深夜走。耳あて、ネックウォーマー、防寒手袋、ハイネック、ヒートテック、ダウンジャケット。
つい暑くないだろうかって方が心配になる。

参加者は25名ほど。
19時半スタートのアーリー組と21時スタートのレイト組に別れ、宇治橋前の衛士さんたちに不審な眼差しで見送られながら出発。

気温は低いが風がないので寒くはない。

15人ほどのアーリースタート組、しばらくすると2~3のグループに別れた。
速い!マラニックにしちゃ速い。ついていけない。

前日の70km走った疲れに加え朝から右ひざに違和感がある。

最初のコンビニ休憩は8.7km。
ここでシュガーさん、F田さんと夕食。
他のメンバーに先行していただき7分遅れでこちらも出発。

しばらくしてルートを間違えたことに気がついた。
歩道のない道を車にひかれないよう気を付けながら走るおっさん3人。

やがて正規ルートチームとも合流し見覚えのある道に出た。

新年を迎えたのは津市に入ったあたりの橋の上。
走りながら新年の挨拶を交わすのは初めてかも。

ダウンジャケットは既に脱いで薄てのレインジャケットに着替えた。
休憩後走り始めると汗が冷えて寒いが、数分で暑さを感じる。
顔が冷たい。

45kmを過ぎ、鈴鹿市に入って深夜の時間帯になると、やや疲れが来て皆と離れるようになった。
ほぼ単独ラン。
ガーミンが無いのでペースはわからないが、たぶんキロ7分以上かかっていそうだ。

四日市の南端コンビニに着いたのは、メンバーがスタートするところ。
そろそろレイトスタート組が来るとのこと。
どこでワープするかが気にかかる。

もうほぼ歩き。
あまりに寒く、レインジャケットの上にさらにダウンジャケットも着た。
眠気は感じないがボーッとしている。

四日市の日永あたり68kmでレイトスタート組に抜かれた。
気を取り直してまたよたよたと走り、自宅近く四日市駅前のミニストップに到着。
レイトチームのメンバーと話しているとF田さんも到着。
レイトチームの徳ちゃんによると、彼らのゴール到着は11時頃とのこと。

9時頃に電車に乗ってゴールの宮の湯へ向かうことを伝えた。

F田さんと二人でゆっくりと朝の補給をする。
元々ここまでで終了する予定だったF田さんと別れ再スタート。

栄養補給したら足が復活した。
走れるshine
なんとか桑名駅まで行こう。ここからは14kmほどだ。

四日市の海蔵川にかかる橋の上で日の出を拝んだ。

Photo_3

美人マネージャーさんが送ってくれた日の出画像。

不思議なくらいに走れるようになっている。
なんとなくやめるのが惜しくなった。

桑名のコンビニをパスして走り続ける。
長島まで行こう。

長島がスタートから90kmの地点。キリがいい。
もういいよな。昨日も70km走ったんだし。
体にも悪いよな。

やめる理由を思いつく限り並べながらワープを決めた。

宴会が11時半からということなので、9時過ぎに電車に乗れば間に合うだろう。

長島駅にたどり着き電車を待った。
意識が朦朧としてきた。
足の甲が痛い。膝の下が痛い。太もも、ふくらはぎが筋肉痛。腰も痛い。
そして寒い。

金山に着いて、スマホで検索しながら宮の湯に到着。
メンバーは誰も見かけない。

風呂から出ると、おぐちゃんが既にビールを飲んでいる。
ようやく和んだ気持ちになり、おぐちゃんと乾杯。

Photo_5

今年も走っちゃビール飲み倒す一年になるんでしょうなcoldsweats01

PS 生中5杯くらい飲んで金山から電車に乗った。
ここから記憶が危うい。
ふと気がついたら車内アナウンスが一宮と言ってました。
名古屋はどこへ行った?coldsweats02

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »