フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

恒例年末マラニック

ここ数年、恒例になっている年末マラニック。
伊勢神宮から四日市まで、75kmほどの道のりだ。

このマラニック、今までに完走したのは不思議なことに僕一人。

一昨年は途中大雨になり津新町で中止、電車に乗ったら事故で動かないというオマケ付きだった。

昨年も途中で雨。
3つのグループに分かれて走っていたが、後ろチームは津あたりから電車。
前グループは快調に走っていたが、白子から電車。

知っていれば僕も電車に乗ったと思うが、ケータイを見る余裕なく走っていた僕はみんなのワープを知らず最後まで走ったというわけだ。

そして今年、天気予報は雨。
前日のTwitterで、師匠が早々と中止宣言。

ま、それでも走る奴がいるんだよなと思い、自分は走る、を選択。

するとその後、な~さんが31に走りませんかとTweet。
けっきょく皆さんはそちらで走ることに。

僕は大晦日夜から再度マラニックがあるため、残念ながら日中は参加できない。
あちゃー、お一人さまランかあcoldsweats02

で当日。予報通り早朝より雨。霧雨状態なので走るのをためらうことはない。

外へ出てみたらけっこう寒いのでヒートテックを着ることにした。
過去にも冬の雪降る中マラニックをしたことがあるけれど、ヒートテックまで着たことはない。
暑くないだろうか。不安に思いながらスタート。

この日の課題は、スピードを落として途中歩かない。
いつも50kmあたりから疲労が来て歩きが入るのだ。

ペースはキロ6分半。
休憩は10km毎。

雨はスタート直後から強くなってきた。
鈴鹿からやや小康状態が続いたが、津に入ってからはまた大雨。

23号線バイパスの側道はところどころで冠水。
水深5cm以上あるとシューズは役に立たず、水の中を走るような状態。
冷たいcrying

さらに車道は側道より高い場所も多く、車が通り過ぎる際、見事な放物線を描いてシャワーを浴びせてくれる。
何度か口に入ったけど、今のところお腹は痛くなっていないhappy01

20kmあたりからジャージが濡れて重くなってきた。
何度もずり落ちてくる。

そして濡れたジャージが膝をこするせいか、擦れて膝小僧が痛い。
この痛みはどんどん増してきて、たぶんズル剥けになってるんじゃないかと危惧したが、見てしまうと走り続ける意欲がなくなりそうだったので無視して走り続けた。
雨がしみますbearing

走りは快調。さすがに50km過ぎから疲れてきたがペースは落ちていない。

スタートから9時間少々(走っていた時間は8時間ちょうど)でミタスの湯に到着。
当初は伊勢神宮まで行こうと思っていたが、さすがに寒さに耐えれないため直接ミタスの湯。

さして疲れは感じないが、とにかく寒い。

ジャージを脱ぐと、やはり膝小僧はズル剥け。縦2cm横5cmにわたり真っ赤な帯ができていた。
もちろんお湯はしみる。激痛に耐えながらゆっくりと湯船につかると4秒ほどで痛みから解放された。

ガーミンが壊れた。
電源が入らない。

一晩放置したら電源は入ったが充電ができない。
前に持っていたのもこのトラブルがあったので現在のものに買い換えたが、ガーミンって本当に寿命が短い。

もう今度はガーミン買いません(怒)

2012年12月28日 (金)

台北あれこれ

年末のこんなにも押し迫った今日、奥歯の詰め物がいつの間にかとれた。

気がついたのは水を飲んだ時。
今朝豆乳を飲んだ時はなんともなかった(ボーッとしてたので確かではないが)から、今日の仕事中か。

けど、詰め物はどこへ行った?飲み込んだのか?coldsweats02

台北

帰ってきてから10日ほどたった。書いておかないと忘れてしまう。

JALの期限が切れるマイルがあったため、ギリギリ行ける台北。
どうせならマラソンも走っちゃえ、てことで行ったのでした。
ま、海外マラソンと言えばスーザフォンですな。

飛行機はタダ、と言っても燃油費や空港税等で2万、そしてホテルも2万。
あとは滞在費とかで、そこそこな出費でござりまするdespair

008

窓はこれ一つだけ。一泊7000円ほどのホテルなんだけど。
部屋も狭いですな。ま、ロケーションはいいです。

036

10年ほど前に行ったとき、既にあったから展望台にも登ったけど、この101階ビルのおかげで方角がわかりやすい。

004_2

前回は士林夜市って一番有名なところへ行ったけど、大会前の大移動を避けるためホテル近くの夜市へ。
けど、身動き取れないくらいの人ごみでした。

台北はほとんど英語は通じません。
日本語で話しかけてはくるものの、こちらもほとんど通じません。
市場での買い物は値段交渉が面白いけど、1個400、2個買うから700にしろ、って言ったら、店のおばさん怒りながら600にしてくれました。
いったい僕が言ったのはいくらに聞こえたんだろう。

006

1NT$は3円くらい。市場で食べると安いです。
けど今回はず~っとハズレばかりでしたな。安いからか?

4_001_2

10年前に比べるとオートバイが減ったように感じたがどうなんざんしょ。
ベトナムに比べりゃ、ずいぶん大人しいし、道路も渡りやすい。
台北あたりはアジアでもトップクラスの大都市になったな。

4_010

本当か?買わなかったから後悔しておりまする。

4_018

クリスマス真っただ中、デパート周辺はイルミネーションが点在しているものの、少し離れると真っ暗。
ま、それはそれで国家の姿勢として正しいです。

4_002

絶対に食べたくないもので臭豆腐ってのがあるけれど、あれ以上臭いのかな?
店のそばを通るのも嫌だな。

マラソン翌朝は、いつものごとくカメラ片手に観光ラン、地下鉄の路線に沿って12kmほど走りました。

Dsc_0052

前日、ゴール直前に通った中山公園。

Dsc_0063

マラソン翌日、新聞を楽しみにしていたんだけれど載っていたのはほとんど日本の総選挙関係。
マラソン関連の記事は、わずかなスペースだけですた。

Dsc_0066

台北駅。台北ってゴミゴミと高いビルを建てませんな。
前回は繁華街っぽい場所だったけど、高いビルが他の大都市に比べると少ないような気がする。

Dsc_0068_2

二二八和平公園。

Dsc_0070

同じ敷地内の国立博物館。この日は休館日。

Dsc_0074

自由広場。

Dsc_0080

中正記念堂。中国人のオノボリさんがたくさん。
あまり日本人は見ないです。

Dsc_0079

国家音楽廟、たぶん。

Dsc_0086

ちょっとボケてるけど、あっ写真がね。
有名な鼎泰豊、って字はあってるかな?
大安駅の近くなんだけど、この支店の存在は知らなかった。
信号待ちをしていたら、タクシーから日本人の中年女性が数人降りてきて、あれあそこあっちと大声で歩いていったのでわかった。

朝ごはんに寄ろうかなと一瞬思ったが、あの人たちの近くで食事をしたくなかった。

Dsc_0087

アジア諸国でよく見かける、ヤ〇ルトおばさん。

013

なるほど、そういう意味か~

海外マラソン、何回行っても反省ばかりですbearing









































2012年12月25日 (火)

クリスマスですね。

ワインが飲みたくなり

お、クリスマスじゃん。ってことでなんやかや買って家飲みhappy01

一人になって三度目のクリスマス。
これは決して淋しいとか侘しいとかってことじゃありませぬbleah

今の世の中って独り者に便利ですな、本当に。

Christmas_001

ま、安物ですが赤ワイン。
チリ産カベルネソービニオンってのが自分の定番なのだが、せっかくなのでSantaの名前が付いたこいつにしやした。

Christmas_003

これも定番ですな。ローストチキン。
フライドチキンがほしかったけど、あまりの混みように店へ行く前に却下。
ガードマンが出てましたどすえcoldsweats02

Christmas_002_2

ローストビーフサラダ。トマトが今日の唯一の仕事。切って乗せましたよんcatface

Christmas_006

牡蠣フリャ~。買い物に行ったのが既に夜8時過ぎ。
安かったので、出来心で購入でござんす。

Christmas_007

通常ならワインとピザで満足、ってとこだすconfident

Christmas_004

デザートはティラミスです。
お皿の上には1個だけど、2個セットでしたな。
そう、あなたの分も買いましたよshine

かわりに食べておきますねbleah

(´∇`)<Merry☆Christmasxmas















2012年12月21日 (金)

スーザフォンマラソン7本目:台北

Photo_2


延べ61名の方から173000円ご寄付いただきました。
障がい者アスリート支援活動へのご理解ご協力、深く感謝いたします。
ありがとうございました。

台北マラソン、走ってきました。
結果は芳しいものではありませんでしたが、まずはご報告まで。

グロス3:40’ネット3:37’でゴールしましたが、残念ながら制限時間オーバーで完走扱いされませんでした。

ホテルからスタート地点までは徒歩10分。
薄暗い中をスタート地点に向かうランナーたちに混じって歩いた。

スーザフォンをを担いで歩いている僕に、話しかける者、写真を撮る者は皆無。
なんだかわからんよね、よもや走るとは思わないだろうし。

スタート地点に30分前6時半着。なんだかアバウト?どこへ行っていいのか案内板のようなものは見当たらないし、そこらじゅうに人がいて、はっきりとはわからないまま、とりあえず並んだ。

この時点で周りのみなさん、ようやく僕がフルマラソンを走ることに気がついたようだ。
台湾の方が「神戸で見た。一緒に写真を撮ってくれ」、と言ったのがスタート合図だったようで、スタート直前まで撮影タイムが続いた。

スタートは7時、気温は20度。
18_2

走ってなければ少し肌寒いかも。

1-5km 931-632-631-647-705 スタートロスは約3分。
市政府前の広い道を行くので、ほとんど渋滞はない。

ペースは少々速いが無理は感じない。調子は良いようだ。

6-10km 629-630-710-640-631
そろそろキロ7分ペースにしたいが、まったくペースが落ちない。

11-15km 712-628-634-622-639
24

過去海外5レース中、4レースで顔を合わせたシンガポール人MOHANさん。
日本の大会で彼を見た方も多いかもしれない。
毎月、3レースほど世界のどこかの大会で走っている。
 

16-20km 722-653-641-647-704
コースが市街地を離れると沿道に人がいなくなった。
まわりのランナーたちが「加油」「ナンバーワン」「スゴイ」とか声をかけながら走っていく。
後ろ向きになりながら写真を撮る人も、あいかわらず多い。

21-25km 730-729-659-759-743
ハーフを過ぎた頃からペースが落ち始めた。
気温は25度を超えているだろうか。

高速道路の陰を走るところも多くあり、そこは涼しいのだが、日の当たるところはかなり暑い。

26-30km 948-752-813-1007ー801
もう軽い熱中症状態。両足とも攣り始めている。
ノンストップで走るつもりだったが、歩きながら演奏を始めた。

31-35km 1013-851-1033-944-904
歩きが多くなってきた。
序盤の飛ばしすぎが影響してきた。

36-40km 1007-1104-1101-914-736
もう時間内のゴールが無理になった。
回収されるのかな?

吸水を取ろうと近寄っていったら、ランナー全員、左へ寄るよう指示された。
なんと給水所が片付けられている。
もうここからは水がない。
交通規制も解除され、信号で待たされること数回。

走ると危険と感じたので、かなり長い間歩いた。

41-Goal トンネルで記録なし-715-756-539
終盤に長いトンネルがあり、ガーミンが信号を拾わなかったので、ラップ無し。
ゴール近くは市街地なので、観光客や応援の人がたくさんいた。

いつものように、聖者の行進を演奏した後、ゴール。
半時間ほどの写真撮影に応じたあと、これまたなんの案内もない場所までチップを返却に行き(この大会、チップを返却すると100NT$返金がある)、また別の場所へさまよい歩いて参加賞のお弁当をいただいて終了。

ん~、手強しアジアの大会think

13

2012年12月15日 (土)

明日は台北マラソン

今回が5度目の海外マラソンだが、かなりエントリーに苦労した。

とにかくHPがわかりにくい。
北京語がわからないと自力ではたどり着けないと思う。

過去にエントリーされた方のブログを頼りに、ようやく明日に大会を迎えることができた。

002

このところ、とんでもなく寒かった日本からわずか2時間あまり、台北の気温は27度。
と、機内アナウンスがあったのだが、外に出るとそれほどまでの暑さを感じない。

道を歩く人を見ても半数以上の人は長袖。

005

台湾でも韓流ブームなようで、だれかわからんけど韓国スターの出迎えに、大勢の女性が押しかけていた。

空港からホテルまではタクシー。
楽器があるのでバスや電車での移動は難しい。

006

目付きは悪いが、親切に荷物の出し入れをしてくれた運転手さん。
金額はメーター関係なしに1200NT$。

前回は繁華街に宿泊したが、今回はスタートとゴールに近い官庁街。

047

けど、このあたりはどんどん開発が進んでいるようでTaipei101や大きなデパートができている。

016_2

チェックインには早い時間だったが、お願いしたら入れてくれた。
荷物を部屋に置き、さっそくゼッケンをもらいに受付の富邦Cafeへ。

023

富邦というのはスポンサーで、銀行だ。
東南アジアでマラソンをしている人は富裕層が多いように思う。
銀行としては顧客管理に便利なんだろうなあ。

029

受付を終えてブラブラと散策。
国父記念館、建国の父、孫文さん。

037

美しい建物ですな。

一旦ホテルへ戻り、その後7kmほど徘徊しながらのジョグ。
ホテルでシャワーをして、近くの臨江街夜市へ。

005_2

もう身動きが取れないほど人がいっぱい。

お腹もちょうど良いくらいにすいてきて、

006_2

指差しで上から2段目左のと、その斜め下のやつを注文。

いやあ~、外しましたなあ。ん~、不味い。

口直しに別の店でおでん食べて帰りましたよん。

早朝から活動してたので、寝たのは日本時間11時過ぎ(日本とは-1時間)。
よく寝た。今日の起床は8時。お腹がすいて目が覚めた。

とりあえずシャワーしてからホテルの朝食バイキング。

007

ん~、不味い。おかしいなあ、台湾ってなんでも美味しいはずなのに。

009

今回しくじったのは金曜日に来たこと。
大会の前日は、疲れてしまうのでたくさん歩けないんだよな。
月曜には帰ってしまうから、お土産の買い物は今日しかない。

で、デパートへ向かいます。

010 014 015 016_3 020 019 024

クリスマス前なので、こんなデコレーションがいたるところにありますな。
夜はさぞかし綺麗かと。

気になる画像があったら、大きくしてみてくださいね(爆)。

027

昨日は、一体どこがスタートなんだ?って感じだったのだが、今日はすっかり出来上がっていた。

025

おおっ!僕のユニフォームじゃないですか(´∀`*)

Photo

明日はこれで走ります。よろしく~(^_-)-☆



















































2012年12月14日 (金)

奈良マラソン

タイトルとえらい違いますが、台北に来ています。

025

    国父記念館前

暑いです。27度だそうです。
けど、真夏の暑さではなく、半分以上の人が長袖を着ている。
ま、走れば確実に滝汗ですなcoldsweats01

で、タイトルの奈良マラソン。
応援に行ってまいりました。

年末の忙しいとき、台北に来るため仕事を凝縮したためとんでもなく忙しくなり、従って今頃になってホテルでブログを書いてるわけですわconfident

奈良マラソン、出たことはないものの、開催されることが決まったとき僕は試走に行ったのだ。
なのでコースについては熟知している。って今年コース変わってるやんけcoldsweats02

12月9日日曜日、早朝3時半起床、5時出発。
交通規制が始まる前に応援場所に着き、仮眠しながら通過を待つ予定だ。

奈良への道中、この季節は雪の可能性があるため前日にスタッドレスに交換した。
これは正解だったのだが、想定外のことが起きた。

積雪のため、名阪国道通行止crying
さらに悪いことに、迂回路で10tトラックが立ち往生したため、陸の孤島みたいになった。

Photo

きれいな雪景色、って感動してる場合ではない。
路面が凍結でツルッツル。
こうなるとスタッドレスでも役に立たない。

10tトラックが立ち往生してくれたおかげで、事故に遭わなかったのかもしれない。
むしろ感謝しないといけないだろう。

大会参加なら焦るところだが、応援する身はお気軽ですな。
師匠からも心配メールを頂戴したが、素直に従って名阪開通を待ちます。
晴れているから、9時くらいには開通するかなってヨミでした。

最初の応援場所は13km地点。先頭グループなら50分前後で通過していくんだろうけど、まあ10時過ぎに到着すれば何人かは知り合いを応援できるかなconfident

そして、なんの前触れも無く、いきなり名阪開通。
8時半ころだったかな。

道路には積雪のあとはほとんどなく、快調に奈良へ向かった。

間に合った。道路封鎖の10分前、9時10分に現場到着。

ゆっくりと用意できた。

今回の応援もスーザフォン担いでまっせ。

トップ集団はまばらなので演奏はまだしませぬ。
走っている夫に大きなラッパの人のところにいるってメールするわ、とヤンママが近くに陣取りました。
絶対にわかるわなあ、と言ってましたが見過ごされたようですな。

で、女子のトップで田〇さんが来た。気がついてくれた、音は出してなかったけど。
で、エールを送ろうと音を出したが、寒さで唇が固まり、ブヒヒヒヒ、と情けない音。
もし順位が下がったら自分の責任だ、とかなり落ち込みながら演奏を始めた。

最初はなんやかや曲をしようと思ったが、すぐにコンバットマーチに。

同じ曲を続けてはいけないと悟った。疲れが来るのが早い。
わずか一時間半で落ちた。
名古屋みたいに警察官がストップに来ないかと真剣に思ったぜhappy02

ほぼ全員通過したので、昼食にラーメン屋へ。

で、36km過ぎの地点へ移動。

けっこう遠いなあ。第一回の時だったら、往復さっきの場所を通過するのだが。

少々遅くなり、サブ3やたぶん3時間15分くらいのランナーは既に通過。
今度はWE ROCK YOUを中心に元気の出る曲を続けた。

このあたりになるとランナーはすっかりと長い列になり、通過は2時間半以上に及んだ。
ま、ほとんどの知り合いに遭遇し、エールを送ることができて良かった良かったscissors

こちらさま、ぜんぜん気がつかなかったよ~
3

(写真はのりすけさんから勝手に頂戴しました。のりすけさん、ありがとう。事後承諾で申し訳ないです)

ナスで走ったのりすけさんとshine

2012年12月11日 (火)

初めての、スーザフォン担いでペース走

当初は、ゆっくりペースだし練習や調整なんぞいらんわ、と始めたのだが、回を追うごとに辛さが身にしみてきて最近は大会前に節制もしているスーザフォンマラソン。

週末の台北は制限時間がやや厳しいこともあり、一度ノンストップで走ってみようか(通常は約5km毎に歩いたり止まったりして演奏)という気が起こり、ついに30kmのペース走をすることになった。

とは言っても、スーザフォンを担いでいるというのは非日常的な光景であり、さらにそれを担いだまま走っているというのは、なんかの罰ゲームに違いない、という一般市民の好奇に満ちた視線にさらされるに違いなく、とても一人で決行する勇気はない。

したがって伴走してくださる方を募ったところ、何人かがさっと手を挙げていただいた。
持つべきは友達だなあconfident

スタート1時の20分前中央緑地に到着すると、先日佐渡ヶ島エコジャーニーで208km完走を果たしたばかりのともともさん登場。

残りの方はそのうちに参加ということで、とりあえず二人で走り始めた。

ペースはキロ7分。
かもしかハーフはこの速さでペースランナーをしているので、まあ30kmくらいなら楽勝、のはずだ。

しばらくしてhoyohoyoさん登場。

Km_4

ちなみに、かぶってるほうがhoyohoyoさんで、かぶられている方がパンダです。
よく似てますね、こうして並べてみると。
(写真はhoyohoyoさんから勝手にいただきました。ありがとうございます)

hoyohoyoさん合流後はペースも上がり、キロ6分半ほどで走る。

Km_5

hoyohoyoさんが帰るころになって、「まだまだ全然きつくないでしょ?」と聞かれたのだが、予想に反してきつい。
なんで半分くらいでこんなにきついのだ?

次の日ホノルルへ向かう米〇さんが登場。きついときにだれか来てくれると嬉しいな。

Km_6

初対面の方どうしの挨拶の間、ノンストップと言いつつしばし休憩。
(写真は米〇さんから勝手にいただきました。どうもありがとうございます)

hoyohoyoさんが帰り、今度は米〇さんを混じえ三人で走る。

しばらくすると、仕事中のな~さんが視察に現れた。

これまたきついところだったので嬉しく、ノンストップのはずがしばらく立ち話。

もうペースはだらだら。キロ7分半に落ち込んでいる。

米〇さんも帰り、ともともさんと二人で走る。
残り5kmからは、あと〇キローと気合を入れながら走った。

そして3時間48分もかかり、ようやく30km終了。

ストレッチを終えると終了確認にヒロさん登場。
いやあ、平日の昼間にご参加いただき、みなさんありがとうございました。

週末の台北、気合を入れて日本の底力を見せてきたいと思いますhappy01

2012年12月 6日 (木)

浜名湖旅行

東京マラソン2013チャリティ”つなぐ”
締切まで10日になりました。

少々理解しにくい仕組みかもしれません。
日本では聞いたことがないシステムです。

世間には多くのチャリティ団体があります。
中には疑わしい団体もあるのですが、東京マラソンが認定したチャリティ団体に対し、ランナーを通じて寄付をいただく、簡単にいえばこんなことだと思います。

この支援運動に登録したランナーに10万円以上の寄付が集まると、東京マラソンの出場権が与えられます。
そのランナーは、一般ランナーと同じように参加費を支払うと走ることができます。

対象のチャリティ団体は、上のリンクからご参照ください。

自分の場合は皆さんの積極的な寄付により、わずか10日で出場権を獲得させていただきました。
ただ、支援活動はそれで終わりということではないので、さらなるご寄付を受け入れております。

現在50余名の方からご寄付をいただいておりますが、目指すは100人。
最低受け入れ金額は1000円ですが、何人かで出し合いご寄付いただく方式もうれしいです。
ぜひ、皆さんのお名前もお知らせくださいね。

私のチャリティシートはこちらです。
http://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=38

以上、お知らせでした。よろしくお願いします。
最後になってしまいましたが、僕は障がい者アスリートを支援しています。

浜名湖旅行

先日、美人マネージャーさんがお母さんを温泉に連れてった話を聞き、たいへん感動した。

親不孝はかなりしたのだが、親孝行はthinksign02

と言いながらも、過去にはラスベガス始め海外数回、こちらが結婚してた頃は年に一度は温泉にも行ってたけど、このところ自分一人で走りに行くばかりで、正直な話、近所に住んでいるのに月に一度くらいしか実家へ行ってなかったし。

ってわけで、美人マネージャーさん、ありがとうheart01

けど、この旅行、目的はもう一つあって…

両親は二人とも現在82歳。
まだまだ元気で頭もしっかりしているし、目や耳も問題ないのだが、この年齢になるといつ不自由な状態になるかしれないので、あれこれ本人たちの希望を聞いておきたかったのだ。

一つ目は…脳死状態になったとき、生命維持装置をつけてでも生きていたいか。
これは二人とも、さっさと外してくれ、という答えが返ってきた。

二つ目…痴呆になったとき介護施設に入るか、子供の世話になるか。

こちらは少々意見が分かれた。ちなみに自分だったら、絶対に施設。
若いおねえちゃんもいるだろうし、ってワケでもないけど子供の世話になるのが嫌だ。

母…子供に悪いから施設に入る。
僕自身の意見だが、こういった意識では絶対に入ってはダメだと思う。
なので、喜んで行くんじゃなかったら、姉と協力してみると伝えた。

父…いきなり機嫌が悪くなってしまった。
ほとんど何も話をしなくなってしまった。

これは車中での話。

ちょっとビビってしまったので昼食をとって、機嫌を直すよう努めた。

Photo
浜名湖七品丼。桜えびのかき揚げの歯ざわりも良く、なかなか美味かった。
に対し、両親は天婦羅そば。普通さあ、その地の名物とか食べるよねえdespair

まあ、年取るとなにかと頑固ですな。

この日は、気賀関所~龍譚寺~竜ケ岩洞というコースだったのだが、竜ケ岩洞は以前行ったことがあるからってことで却下された。

美人マネージャーさん推薦の場所だけに行ってみたかったのだが、また機嫌が悪くなるといけないので黙って言うことに従った。

Photo_3

この裏側から入ってここまで来たら、入場料を請求された。
50mくらい歩いただけで、入ってきた場所は素通り状態だっただけにsign02

ま、資料館もあったりで

Photo_5
見応えはありましたよ。

龍譚寺へ行きます。
歳をとってくると、自然にこういったものが好きになるから不思議。
ちょっと機嫌アップhappy01

Photo_7

絵のような境内の落葉。

Photo_9

こちら、甚五郎作ですよ。
僕が教えるまで見逃していた両親、かなり機嫌が良くなってきたup

やっぱりな、竜ケ岩洞も行くわ。と母。父は元々観光が嫌いな人なので、どっちでも~。

Photo_11

空が青い。父も僕もけっこうな晴れ男ですsun

Photo_13

初めて訪れた鍾乳洞だが、かなり立派だな。全国的に見ても、かなり大きいほうだと思う。

Photo_14

電飾でなばなの里状態の地下壕。

父はこういったキラキラが好き。機嫌は最初を通り越えたレベルで良いhappy02

この時点で2時半。ホテルには4時に入るつもりなので、翌日の予定を前倒しして新居の関所へ。

まずは併設の紀伊国屋旅篭。

Photo_15

資料がなかなか面白かった。
こういったものって若い頃は全く興味がないんだよな。もったいない。勉強する時間を無駄にしたような。

Photo_16

新居関跡は主要街道の関所建物としては、現存する唯一の建物だ。
寒くなってきた。見学はこれで終了。
ホテルへ向かう。

実はカメラを自宅に忘れてきた。
忘れてはいけないと思い、ほかの持っていくものと一緒においてあったのだが、それでも忘れた。
充電器は持ってきたよ。って使い道はないannoy

ホテルへ着くと、皆さんはどうしますか?
僕は風呂へ行きます。って一般的だよなあ。

両親は寝る前に入ると言って部屋から動かない。
寒いから外へも行かない、ってことでテレビ鑑賞。家での行動と同じ。

で、一人で風呂へ。

そして食事。
母が好きなバイキング。父は夜にほとんど食べないので食事に興味がない。

Photo_17

大会が2週間後なので、少々控えました。
一応、本来は禁酒禁スウィーツなのだが、仕方なく付き合って、このあとはケーキを7つだけ食べました(爆)

あ~、することがない。
で、両親は風呂へ、行くと思ったら、「そやそや、亀田を見やな」。
ボクシングだそうな。

付き合いで見ましょう。眠~、つまらん試合。半分以上寝た。というのが第一試合。

で、本日のメインイベント。僕、実は昔ボクシングマニアだったんです。
毎月ボクシングマガジンを買っていました。警察に資料提供の依頼をされたこともありますな。

で、亀田って上手くなったな。試合後も相手を讃えて、この人も大人になったなあ。

て、そんな話ではなく、風呂から帰ってきた両親と再度、朝にした介護問題の話になり、父、また機嫌が悪くなり先に寝る。

母は普段夜中の2時くらいじゃないと寝ない人なのだが、仕方なく導眠剤を飲み、11時に寝る。

で、真っ暗な中、ただ一人ケータイがお友達でした。

朝は世間並みに全員が風呂。で、またバイキングで朝食。
Photo_18

いやあ、胃袋が大きくなったかな、どれだけでも入るぞ。

この後、パン3個、フルーツ。締めはカレーライス。

本当はコーヒー飲みながら、もう少しパンを食べようと思っていたら

Photo_19
両親はとっくに部屋に戻ったし、レストランには僕しかいなくなり、掃除が始まり…

この日、まず向かったのは夜のお菓子うなぎパイで有名な春華堂の工場見学shine

Photo_23

人気なんですね、ここ。観光バスもやってくる。

Photo_24

このキャラは初めて見たよ

Photo_26

某サルランナーさん、年に3回も来てました、と熱い想いをTwitterで伝えてくれました。
気持ちは分かります。

最後は僕の希望。両親が飽きること、間違いなしの楽器博物館。
僕、たぶんここに一日いても飽きない自信あり。

Photo_27

僕の頃じゃないけど、みなさん小学校の頃、国語でスーホの白い馬って習ったかな?
それに出てくる馬頭琴です。

音域や音質はチェロに似ている。
特筆すべきは、なんと触れるんですよ。

ここに来るたび、弾いてます。
モンゴルの草原が目の前に広がるような音がしますよ。
マストカムな場所です。小中学生をお持ちのみなさん、家族旅行にいかがでしょう。

朝、思いっきり食べたので2時になってもお腹がすかない。
けど、早く食べにいかないとお店が閉まる。
ってことで、浜松と言えばうなぎ
最近有名な浜松餃子と迷ったが、ビール無しで餃子はちょっとなあthink

Photo_28

食べられるもんですなあ。お腹いっぱいだったんだけど。完食しましたscissors
久しぶりの関東焼き。ふっくらしてて美味いheart04

ナビの地図を見ていたら、懐かしい地名が。
そう、僕は調律師でおわかりの通り、ここ浜松で修行を積んでいたんですな。

住んでいた場所が、ここのすぐ近く。

行ってみることにした。
しかし、風景に全く記憶がない。
道自体の広さが変わっているのだ。

Photo_29

たぶんこのあたりだったような。このポスト、酔っ払って、この前で朝まで寝た記憶が。と思ったけど、その当時のポストじゃないよね。

見覚えのある自動車修理屋で尋ねたけど、どうもわからない。
付近をしばらく歩いたが、まったくわからない。

20年ほど前に来たときは、建物が無くなってはいたのだが場所はわかったのだ。

なんとなく後ろ髪を引かれながら、青春の甘酸っぱいような味を下の奥に感じながら帰途についた。

帰りの車中、当時両親と共にボロボロの下宿屋へやってきて僕は残り両親は帰り。
桜が綺麗だったと思い出を語る両親。
これから、あのきたない下宿で修行を続ける僕のことを思ったら涙が止まらなかった、と以前にも何度か聞いたが黙って拝聴した。

ま、良い旅行でしたなshine









2012年12月 2日 (日)

お伊勢さんマラソン

気温は低いが風のない絶好のマラソン日和。
残念なのは、一昨日からの風邪(。-_-。)

新しく買ったターサー30で臨んだ10K、いきなり心臓が身体から飛び出すようなペース、こりゃ飛ばしすぎだと時計を見たら、あら?ハーフマラソンくらいのペースじゃん。
一気に気分が萎えた。

4kあたりでようやく目標のペースに達するもたいして長続きはせず、平凡な記録で終了でした。
大会後、記録が出ないというシステムの故障が発生したため公的記録はわかりません。
スタートロスは10秒くらいですな。

相変わらず速くはなりません。シューズのおかげでは速くならないのか、それともシューズのおかげでこのタイムで走れたのか。

終了後は鰻マラニックの予定でしたが、風邪のためキャンセル。
みんなも付き合ってくれて、ミタスの湯でゆったりしていました。

hoyohoyoさん、帰りは送ってくれてありがとうございました。

429-429-423-417-418
426-423-430-430-418

スタートで飛び出した心臓を身体の外にブラブラさせたまま最後まで走りました。
最後の1kmは飛び出した心臓が引っ込んで、口からとびだしましたよ。

神戸マラソン覚え書き2

10月以来、みなさんから多大なるご支援をいただいております、東京マラソン:チャリティつなぐ、残り二週間となりました。

改めてご説明すると、私の障がい者アスリート支援活動に対しみなさんから寄付を募り、総額が10万円に達すると出場権をいただく、こんなシステムです。

おかげさまで、たった10日で10万円を突破。現在16万5千円になりました。
ご寄付いただいた方、延べ50人超。

そしてこのところ新たなスタイルが現れてきました。

このチャリティは最小額が1000円なのですが、それ未満の金額を出し合って寄附をいただいたり、また、支払決済はVISAかMaster cardのみということで、このカードを持ってらっしゃらない、もしくはカード自体を持っていない、カード決済がイヤだ、という方が私にお金を託し、私自身がカード決済をする、こんな方法が現れてきました。
うれしいのは少額ずつを何人かで出し合っていただくこと。
元々1000円は設定金額として多いと思っています。

目指せ100人からのご支援、です。残り2週間よろしくお願いします。

ご寄付は、こちらからお願いいたします。
http://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=38

さて、神戸マラソンでの演奏曲目。
忘れないウチに書き留めておこう。

スタート地点
WE WILL ROCK YOU
錨を上げて
鉄腕アトム

以降ほぼ5km毎
①サンタがやってきた
②Winter Wonder Land
③ママがサンタにキスをした
④ジングルベル
⑤ダイアモンド
⑥赤鼻のトナカイ
⑦サンタが街にやってきた
⑧歩いて帰ろう(ポートアイランド、橋の手前)
⑨きせき(橋の上)
⑩線路は続くよ(40km)
⑪コンバットマーチ(41km)
⑫聖者の行進(ゴール手前)

さ、明日はお伊勢さん10kmです。
風邪をひいてしまったけど、ま楽しんできます。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »