フォト

twitter

無料ブログはココログ

« チャリティーランナー | トップページ | あざいお市マラソン »

2012年10月 4日 (木)

チャリティランナー経過報告

登録からわずか数日、早くも第一目標額の約7割に到達しました。
皆さんのご理解ご協力に感謝します。

今一度、この活動を説明したいと思います。
予想はしていましたが、やはり考えの違いは多くあります。

このチャリティ活動は、僕の東京マラソン出場を応援するものではありません。
というものの、こいつが走って日本全国が驚くところを見たい、と期待しているぜって声も多少はお聞きしておりますが・・・

まずはこちらをご参照ください。
Photo
http://www.runwithheart.jp/npo_list/

支援したい活動の選択肢が6つあります。
僕が選択したのは、「夢」をつなぐ:障がい者アスリートを支援、というカテゴリーです。

で、さらにまた2つの選択肢があり、僕は公益財団法人日本障害者スポーツ協会http://www.jsad.or.jp/index.htmという障害者アスリートの理解促進が主旨の団体を支援することにしました。

みなさんに応援していただくのは、この団体なのです。

自分の主な練習場である四日市中央緑地で、車椅子ランナーの超有名人、伊藤智也さんをときどき見かけること。
また、僕らの年代は、妊娠中の母親が飲んだ薬が原因で、小児麻痺と呼ばれる病気の同級生が多くいたこと、こんなことが「夢」をつなぐ、を選択した理由です。

では、応援宣言します。

好きでなった障がい者じゃない。
事故だったり病気だったり、先天的だったり。
それをすべて受け入れて、いつも前を向いて頑張ろう、そんなアスリート達を僕は応援します。
障がい者アスリートを支援する、そんなあなたの熱い想いをスーザフォンに掲げて僕は走ります。


P1010308
これがスーザフォンに掲げるボードです。

皆さんの中には応援したくても財布の都合がある、って方ももちろんいらっしゃると思います。
ちなみに寄付の最小金額は1000円です。金額の大小はまったく関係はありません。
自分ができることをする、それがチャリティ精神だと僕は思います。
僕は200円単位からがいいと思いますが、クレジットカード会社の都合もあるのかもしれません。

ちょっと横道にそれちゃいましたが、そんなあなたにも出来ることがあります。
僕の活動を、友人知人に知らせてください。
Facebookとかにアカウントを持ってらっしゃる方は、シェアしていただけるとありがたいです。

ブログを書いてらっしゃる方の中には、ご自身のブログで紹介してくださった方もあります。

親父ランナーの繰り言

名古屋ランニングジャーナル

本当にありがとうございます。

みんなで力を合わせ、障がい者アスリート支援の輪を広げましょう。

ご寄付は、こちらへお願いします。

« チャリティーランナー | トップページ | あざいお市マラソン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

あいかわらずスーザフォン抱えて走っていらっしゃる姿に、感心し、感銘し、感動します。
さきほど、小額ですがチャリティの仲間に入れてもらいました。
私は初めて抽選にとおり、ただのランナーとして「東京マラソン」を走らせてもらうことになりました。
当日は35,000人の中に、レオさんの姿を探しながら走ります。

とのさんへ

ウルトラの大先輩であるとのさんとは、えびすだいこくで偶然お話しする機会があり、それ以来数回一緒に走りました。
遠い場所に住んでらっしゃるのに、なにか不思議な縁があるんでしょうね。
けど残念ながらスーザフォンを担いで走る姿はまだお見せできずにいます。
うれしいことに東京でお会いできるんですね。
チャリティランナーはどういったエントリーをするのかわかりませんが、5時間半くらいで走る予定です。
叱られない限り、スタート前も演奏していますので見つけてくださいね。
ぜったいにお会いしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/47313090

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティランナー経過報告:

« チャリティーランナー | トップページ | あざいお市マラソン »