フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

第4回しまだ大井川マラソン

島田市近辺ってホテルが少ないのか、ずいぶん前から探していたものの空室が見つからない。

この大会は第1回にも出ているのだが、そのときは隣接する掛川市内に宿泊した。

まだそんなに寒い時期ではないから車中泊にしておこうか、新東名も通りたいし、と思ってたのだが金曜の夜に掛川市内で空室が見つかった。

10月28日大会当日、天気予報は数日前から雨。
ま、カンカン照りに比べりゃどれだけ助かることか。風さえ強くなきゃいいな。

天気予報も土曜日には「正午から雨」に変わり…

さて当日。
早朝は曇り。気温は14度。

幸いなことに、この天気がゴールするまで続いた。

自分の場合、フルマラソンはスーザフォンを担ぐ大会と担がず記録を狙う大会とに別れているため、どちらでタイム申請をするかがエントリー時に必要。

で、この大会、神戸も大阪も抽選に外れた場合はここでスーザフォン、だったため申請タイムは5時間半。
よって最終ブロックからのスタートとなった。

前回出場した時の記録を見ると、スタート直後からほぼ通常ペースで走れている。
が、今回ようやく通常のペースで走れたのは6kmを過ぎてから。
3km手前の宿場町を通るときは立ち止まらなくてはならない場所もあった。

シーズン初戦で記録も期待してなかったので、焦らず無理に抜くこともなく集団の中でウォームアップのつもりで前へ進んだ。

以下ラップ
スタートロス4’06
市長さんの挨拶は期待通り。今年もおもろかった。
近頃の報道機関はすぐに揚げ足を取るのだが、この市長さんの発言にはアヤを付けないでいただきたい。

スタートの合図があっても動かない。数歩歩くと立ち止まること数回。
ゲートあたりでようやく駆け足ができた。

0-5km 536-453-510-500-455(25'34)
駐車場からスタート地点までシャトルバスが出ているのだが、計測したら2kmだった。
ならば、とこの区間をアップに使った。
体はよく動いていると思う。ただ、前へ進めない。

6-10km 451-449-443-452-448(24'03)
6kmを過ぎた頃からようやく団体がばらけ、前へ行きやすくなった。
それでもまだ人が多い。今回9000人近くが走っているという。
周りのランナーから、何度か「今日はスーザフォン担いでないの?」
みなさん、お声がけありがとうございました。

11-15km452-444-442-440-446(23'44)
16-20km439-440-440-436-443(23'18)

快調ですね。自分の力からして4’40より速くなるとオーバーペース。
気をつける。
気温はたぶん、ずっと15℃前後。湿度が高いのか汗はよく出る。
汗ふきを握り締めたまま走った。

21-25km441-442-445-446-444(23'38)
18kmあたりからは折り返してきたランナーたちとすれ違い。
大勢の知り合いとエールを交わす。
元気が出るのでペースが上がる。
前回悩まされた強い向かい風は無い。

26-30km445-444-449-449-450(23'57)
前回はこの辺から一気にペースが落ちた。
微妙な上りと向かい風。そして単調なコース。
設定ペースから徐々に遅れ出したが、これは想定内。

31-35km452-449-449-503-503(24'36)
足はまだまだ大丈夫。だけど以前から痛む腰が苦痛になってきた。
34kmのラップは意外。通常、遅くなっているって感覚があって遅くなるものだが、まったく認識がないまま遅れている。
気を取り直して走ったがラップは戻らず。

36-40km519-514-517-510-509(26'09)
ペースが一気に落ちてしまった。
ふくらはぎ内側が両足とも攣り始めている。
ゴールタイムの計算をキロ5分から6分へ下方修正。
足の運びもすり足へ。

41-GOAL 517-512-218

最後の7kmは辛かった。ガーミン計測では42.6kmほど。
ゴール後、しばらく芝生の上でストレッチをしながらおしゃべり。

この時期、おととしは台風で大会中止(土山)、昨年は故障。
なので久しぶりに秋にシーズン開幕戦を迎えることができ、とてもうれしく思う。

元気に走れること、ただただ感謝したい。

2012年10月21日 (日)

全国ファミリー音楽コンクール

四日市文化会館、開館30周年記念事業として、第一回大会が開催された。

審査員100名と運営ボランティアの募集がされていたので、これは行くっきゃないとボランティアに応募した。
進行自体は市職員が中心になって行われているのだが、どうしても人手が足りないところもあり、我々ボラが指示待ちで動く、という図式。

ま、第一回だけに不明な部分だらけで、こちらとしてはお気楽に働くことができ、ありがたかった。

日曜日というのは基本的に仕事をする日。仕事をしてないのは走りに行く日。

そんな日常なので今回は貴重な体験をさせてもらったように感じる。

貴重な体験といえば、懐かしい人たちとの久しぶりの再会が多かった。

同じボラ参加のお一人は、若い頃勤めていた楽器店のお客さん。
かれこれ30年ぶりだと思う。
あちこちでお名前を聞くのだが、まったくお会いしていなかった。
当然こちらから名乗らなければ気がつかなかった。

昔の共通の知り合いのことをおしえていただいた。
ま、皆さんお元気なようで安心。

審査員の中にもお一人。同じ演奏団体に所属したことはないが、昔から交流があった。
もちろん僕に気がつかなかった。
名札を見て「あっ!」

出演者を訪ねてきた人は25年ほど前、同じフルバンドに所属したメンバー。
この人とは10年前、ウチの息子が、彼の勤務する高校のスピーチコンテストに出たときバッタリあって以来。
こんなときじゃなきゃ、しばらく話し込むんだけどな。

司会者の女性は、一時僕が所属する事務所のバンドにいた。
そこに引き込んだのは僕。
彼女が前フリに使っている「みちみち○っちゃん」は僕が与えたフレーズ。

出演者にもいた。
娘の同級生だ。
小学校低学年の頃、ときどきウチに遊びに来ていた。
見ていたら、なんだか目頭が熱くなってきた。

優勝100万円、準優勝50万円、3位30万円の賞金。
これが第一回、これからさらに知名度を上げて、「四日市と言えばファミリー音楽コンテスト」ってなっていくといいなあ。

2012年10月16日 (火)

第7回かもしかハーフマラソン

今年も2時間半のペースランナーとして参加させていただきました。
参加されたランナーのみなさん、お疲れ様でしたshine

倒れている方も見たし、救急車が走って行くのを見たりで、何人かの参加者が運ばれたと聞きました。

大丈夫だったでしょうか。
どうぞ、お大事にしてくださいthink

たしかに暑かった。
気温はそれほどでもないが、sunが強い。
run先週、自分自身ハーフの大会に参加したので、体への負担の大きさがよくわかる。
run三度目のペーサー。前の2回に比べるとずいぶん慣れたような気がする。
事実、演奏した回数は今回が一番多かった。
runペース配分について、大会後何度か質問をいただいた。
ペーサー個人それぞれパターンがあると思うが、自分の受け持ちはタイトでないので、自分はイーブンペースで走るようにしている。
runハーフマラソン2時間半なので、基本的にはキロ7分。

以下、ラップです。ガーミンの表示に基づいていますので、コースの距離表示と若干のズレがあります。あくまで、目安として見て下さいね。

0-5km     815-648-643-644-638(36'18)
  スタートロスは約1分40秒。8kmまでに、その分を回収するつもりで、やや速めのペース。

6-10km   648-642-645-652-724(34'31/1:10'49
) 10kmのラップが遅いのはスタートロスをほぼ回収できたので、ややペースダウン。登りだし給水だし。

11-15km 719-658-704-657-659(35'17/1:46'06)
10km過ぎでいつも応援してくれてる、チアガール達に一曲note

16-20km 655-834-800-820-642(38'31/2:24'37) 17.1kmの関門前で引っかかりそうなランナーを応援しながら待った。2人の女性ランナーは惜しかったな、残り10mくらいで関門アウトhappy02

GOAL 2:29'45(5'08) この区間はガーミンとのズレのため、1kmありませんでした。
2時間半ジャストでゴールするつもりだったが、僕より少しお姉さんのランナーと話しながら一緒にゴールしたので、やや早くなった。

登りの区間で思ったこと:基本的には僕はイーブンペースで走っています。
けど、一般のランナーは登りでペースが落ちる。
6'45/kmくらいで平地を走ってきたランナーなら、登り区間は7'30/kmくらいまで落ちるんじゃないかな。

9kmの登りに入るとき、僕より前にいないと17.1kmの関門が危ないかもsweat01

見ていただいたとおり、11~13kmの下りは速く走ってないですね。

今回関門で回収された方は、戦略を練ってまた来年挑戦してくださいね(もちろん、練習が一番モノを言いますよ)。happy01
Photo
障がい者アスリートを応援しています。よろしくお願いします。
http://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=38

2012年10月13日 (土)

10月12日~10月13日

先日、はぴちのパパさんから飲み会のお誘いをいただいた。

昨年とくしまマラソンで出会ったランナーお二人がかもしかを走りに来るので、一緒に飲もまいか、という話。

昨年11月、マラソン終了後、居酒屋で食事、たまたま近くに座ってらっしゃったのがこのお二人。
格好を見ればマラソン参加者と一目瞭然。
お互いマラソン談義をするうちに、僕のスーザフォンが話題に。

たまたまお一人は僕の近くをず~っと走ってらっしゃったとか。
えらく感動していただき、たいへん嬉しかったのでこのお二人をよく記憶している。

今年の4月(昨年は震災の関係で11月に延期)、またはぴちのパパさんたちがとくしまマラソンを走りに行き、またまた同じ店でこのお二人と出会ったとのこと。

こんな偶然って、すごい確率だ。
僕たちもこのお二人も、徳島に住んでいるわけでも出身というわけでもない。

昨夜は遅くまで杯を交わし、解散後は酔いどれさんとウチの近所で二次会。
もうお二人は関係無しの、ただの酔っぱらい宴会で、店を追い出されたあとはラーメン食べてウチへ帰って、知らんまに倒れ込んだように寝た。

朝の仕事中はもちろん、昼食時になっても胸がむかむかする。
深夜に食べた天一のこってりラーメンの影響であることは明白。

なんとなくカレーが食べたくなったので、こちらのお店へ。
埋め込み画像への固定リンク

胸がむかむかしてるのに、こんなものを食べられる自分が怖い。
埋め込み画像への固定リンク

今日は午後から休みだったので、お昼からお二人を連れて鵜川原神社奉納相撲を見に行った。
埋め込み画像への固定リンク

この地に半世紀以上住んでいるが、このイベントのことを知らなかった。

大昔に付き合っていた彼女の家がこの神社の近くで、ひょっとしたら感動的な再会があるのでは、と密かに思っていたが、知り合いにすら誰も会わず、案外世間は広いんだなと思い直した。

なんでわざわざそんな所へ、と言われそうだが、実はこの方を見に行ったのでした。
埋め込み画像への固定リンク

子供たちの対戦は微笑ましいし、大人たちは迫力があった。
写真の方も、おどおどしながら相撲を取ると思っていたら、実に堂々たる取り口で、見事に上手投げで勝利しました。

その後はかもしかコースの下見。
攻略法を解説しながらですが、僕自身攻略できていないので、戯言と思って聞き流してくださいね。

下見してからは希望荘へコーヒー飲みに。
女王様、ごちそう様でした。

お二人を宿泊先へ送っていったが、湯の山って久しぶり。
なかなか魅力のある坂で、あれを駆け上がるマラソン大会って面白いかも。

来年の夏は絶対に走りに行こうと、強く心に誓ったのでした。

2012年10月10日 (水)

経過報告

チャリティランナー登録後、わずか10日で第一目標を達成させていただきました。

皆様のご支援ご協力、そして活動へのご理解、深く感謝いたします。

以前からお伝えしていたとおり、この寄付は僕の東京マラソン出場が主な目的ではありません。障がい者アスリート達の支援が目的です。

今後も引き続き支援の輪が広がるよう、ご協力ください。

寄付という行動ばかりが語られますが、レオさんがこんな活動しているよ、って伝えていただくことも応援の形です。

金額なのですが、僕は200円からでも寄付できるような形がいいなあと思っています。
ですのでお仲間と一緒に寄付していただき、コメント欄にみなさんのお名前を書いていただければスーザフォンに掲げさせていただきます。
写真も一緒に撮って添えてください。

現在、他の達成者を見ると、全員が自分自身10万円払って達成しています。
僕は、現在32名の方からご協力いただいております。

結婚相手には恵まれませんでしたが、仲間には恵まれているなあと実感しています。

次の目標は、100人の方からの寄付です。
自分も細々と寄付を続けます。

どうぞ、よろしくお願いします。

Photo

2012年10月 8日 (月)

あざいお市マラソン

仕事の予定があることを忘れてエントリーしてしまった。

P1010311

最近は締め切りが早いため、つい予定をよく確認もせず焦ってエントリーしてこんなトラブルが発生してしまう。

バンドの方は、なんとか代役を見つけて現場に行ってもらった。

初めてのあざいお市。かもしかと日程が重なることが多いのか、今まで出るチャンスがなかった。

駐車場に到着すると、偶然近くにRUN友さん達を見つけ、一緒に行動させていただいた。

暑い。
これは30℃近くはあると思いきや、スタート時の気温は21℃。途中最高気温は24℃。
風も強くなく、好記録で走れても良いはずだが、いつも通り16km過ぎで潰れ、情けない結果に終わった。

0-5km 514(スタートロスは40秒)-431-430-434-436
6-10km 438-432-430-423-418
11-15km  423-421-423-431-433
16-Goal  440-503-518-513-456-442-108

記録はネットで1:38’15

13kmで一度ふくらはぎがピクッときたものの気にせず進んだが、16kmの向かい風の中太ももの筋肉を意識しながら走っていたら右足太もも裏側が攣った。

そこからは両足脹脛もつり始めたので、完全につってしまわないようペースダウン。
ゴール直前でようやく回復してきたが、時すでに遅し。

情けない結果に終わってしまったが、昨年はこの時期故障で走れなかったので、走れたことに感謝したい。

参加賞は長袖Tシャツと新米1.5kg。嬉しいなあ(^◇^)

010

規模的には、かもしかとよく似た大きさ。
進行はスムースで滞りがない。

スタート直後はやや混雑するが、これはどの大会でもよく似たもの。

トイレに関しては、かもしかが圧倒的に勝っている。

参加賞は、こちらですな。

コースはほぼフラット。川沿いを走る部分が多いので、往路は上り基調、復路は下り基調、ではあるが復路は期待したほど下らず、14km過ぎだったか短いながらも最大斜度の登り、18~19kmあたりはゆるやかに登る。

コースの面白さではかもしかだね。


障がい者アスリート支援活動、以降は身障者と表現させていただきます。

は問題ないのだが、害の漢字を使うことに抵抗がある。
知的のカテゴリーは別の団体があるので、こちらは身障者と勝手に呼ばせてもらうことにしました。

他に良い呼び方があるようでしたら、おしえてくださいね。

多くの方から毎日ご寄付をいただいています。
早くも第一目標額の8割を達成しました。

現在、この活動のHPトップに僕が載せていただいているようで、昨日は面識のない方からもご寄付いただきました。

どんどん支援の輪が広がっています。

みなさんの熱い想いを掲げて東京マラソンを走ることが、いよいよ現実味を帯びてきました。

今後も引き続きご支援よろしくお願いします。

2012年10月 4日 (木)

チャリティランナー経過報告

登録からわずか数日、早くも第一目標額の約7割に到達しました。
皆さんのご理解ご協力に感謝します。

今一度、この活動を説明したいと思います。
予想はしていましたが、やはり考えの違いは多くあります。

このチャリティ活動は、僕の東京マラソン出場を応援するものではありません。
というものの、こいつが走って日本全国が驚くところを見たい、と期待しているぜって声も多少はお聞きしておりますが・・・

まずはこちらをご参照ください。
Photo
http://www.runwithheart.jp/npo_list/

支援したい活動の選択肢が6つあります。
僕が選択したのは、「夢」をつなぐ:障がい者アスリートを支援、というカテゴリーです。

で、さらにまた2つの選択肢があり、僕は公益財団法人日本障害者スポーツ協会http://www.jsad.or.jp/index.htmという障害者アスリートの理解促進が主旨の団体を支援することにしました。

みなさんに応援していただくのは、この団体なのです。

自分の主な練習場である四日市中央緑地で、車椅子ランナーの超有名人、伊藤智也さんをときどき見かけること。
また、僕らの年代は、妊娠中の母親が飲んだ薬が原因で、小児麻痺と呼ばれる病気の同級生が多くいたこと、こんなことが「夢」をつなぐ、を選択した理由です。

では、応援宣言します。

好きでなった障がい者じゃない。
事故だったり病気だったり、先天的だったり。
それをすべて受け入れて、いつも前を向いて頑張ろう、そんなアスリート達を僕は応援します。
障がい者アスリートを支援する、そんなあなたの熱い想いをスーザフォンに掲げて僕は走ります。


P1010308
これがスーザフォンに掲げるボードです。

皆さんの中には応援したくても財布の都合がある、って方ももちろんいらっしゃると思います。
ちなみに寄付の最小金額は1000円です。金額の大小はまったく関係はありません。
自分ができることをする、それがチャリティ精神だと僕は思います。
僕は200円単位からがいいと思いますが、クレジットカード会社の都合もあるのかもしれません。

ちょっと横道にそれちゃいましたが、そんなあなたにも出来ることがあります。
僕の活動を、友人知人に知らせてください。
Facebookとかにアカウントを持ってらっしゃる方は、シェアしていただけるとありがたいです。

ブログを書いてらっしゃる方の中には、ご自身のブログで紹介してくださった方もあります。

親父ランナーの繰り言

名古屋ランニングジャーナル

本当にありがとうございます。

みんなで力を合わせ、障がい者アスリート支援の輪を広げましょう。

ご寄付は、こちらへお願いします。

2012年10月 2日 (火)

チャリティーランナー

東京マラソンのチャリティーランナーに登録しました。
皆さんの想いを乗せて、東京マラソンを走れるよう頑張ります。
https://www.runwithheart.jp/

と書いたら、従来の方式とゴチャマゼになった方が多いようなので、あらためて。

flair今回のチャリティランナー登録に関して誤った認識があるようですので、今一度ご説明したいと思います。
従来の東京マラソンでチャリティーランナーと言うと「出場権獲得のために10万払うのか」と揶揄されていましたが、今回のシステムはロンドンマラソン同様チャリティ団体をみなさんに認識していただくこと、支援していただくこと、これを私のようなチャリティランナーを通じて実現することなんです。

今回、私の活動は、障がい者アスリートの活動を支援するもので、私を通じてみなさんにもご支援を仰ぐものです。
是非ともご協力ください。

差し支えないようでしたら、スーザフォンのラッパ部分に、ご寄付いただいた方のお名前、もしくはメッセージを掲載させていただきます。
東京マラソンはもちろん、神戸マラソン、台北マラソンでも掲載させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。


http://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=38

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »