フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

9月のまとめ、10月の予定

93011

今日は先週に続き、かもしかハーフマラソンの公式試走会だった。

先週は24時間走の疲れが残っていたが、すっかり元気になった今回はスーザフォン担いで走りましたよ。
9306

一応ペースランナーとして参加しているので、本番通りのキロ7分で走る予定。
けど、みなさん速い。そして一人になると、この格好は恥ずかしいcoldsweats01

で、あまりみんなから離れないようにキロ7分よりやや速いペースで付いていった。
9kmあたりの登りで落ちてくる人がいるはず、と思っていたら予想通り、「過去最長走行距離5kmです」というFM三重のレポーターさんが脱落。
キロ7ペースからは3分ほど早い通過タイムだったので、歩きを混じえて最長距離を伸ばそうと励まし、一緒に歩いて坂を上った。

しかし、あまりに歩きすぎて、どう頑張っても17kmの関門2時間の通過が不可能にwobbly

このあたりから大雨ってこともあり、15km手前から2kmほどショートカットさせて、そこから別行動。
僕はなんとか2時間半でゴールしなけりゃとペースアップ。

17km手前でFM三重の男性スタッフさんを追い越し、最後の直線下りに入ったらFM三重レポーターさんにまた追いついちゃった。

ま、タイムは2:32でしたが、かなり余裕を感じましたな。
これで本番は大丈夫でしょう、むふふwink
9月はロングの総決算って月。
久しぶりに故障なくオフシーズンを過ごせ、本当に満足。
納得いく結果が出せた。
4~9月は距離強化期間だったが、6ヶ月間で約3100km走れた。

10月の予定
いよいよ、シーズンが始まる。
昨年は春先からの故障の影響で、開幕戦の福井ハーフを見送った。

今年は7日に、初めて走るあざいお市ハーフ。
無事に初戦を迎えられて、ただただ嬉しい。
14日は恒例のかもしかハーフで、今年もペーサーをさせていただく。
もうこれだけは絶対に外せない、ってカンジですな。
そして2週間後の28日は、フルの開幕戦、大井川。
第1回に出場しているのだが、フラットなコースながら後半の微妙な上りと向かい風が敵の、存外手強いコースだ。

もともと、大阪、神戸両方とも外れたらスーザフォンを担いで走るつもりだったので、スタート位置はかなり後方。

気負わずにリラックスして走りたい。
良い結果が出れば、もうけものhappy01

2012年9月26日 (水)

TOKYOマラソン

今日、TOKYOマラソンの抽選結果が届いた。

また、と言うかやはり落選。

競争率、今年はついに10倍を超えた。

抽選に応募した時点でホテルを予約した。
自分の場合は、楽器を持って行く都合上、車での移動が必須。
そのため、ホテル近辺で安い駐車場を確保することが必要となる。

さらに、そこから電車、もしくはタクシー移動になるのでアクセスも考えなくてはならない。

とまあ、普通に走りに行く人よりか考えなくてはならないことがあり、またそれも楽しかったりもする。

買っただけで当たってもいない宝くじの使い道を考えるのと、なんとなく似ているような気がする。

くじ運というものについて、よく感じることがある。

毎年、三重県伊賀市にあるモクモクファームという農場公園に演奏でおじゃまする。
そして、ここのメインイベントブタ追いレース、出場者は抽選で選出されていて、各レース七名で10レース、合計70名が登場する。
それでも競争率はかなり高くて5倍以上はあるように思われる。

ところが何度も何度も選ばれる家族がみえるのだ。

ここのシステムは、投票券に名前住所を書いて箱の中へいれ、それを毎回違ったモクモクのスタッフや遊びに来ているお客さんが箱の中から引き当てる。

以前、よく当たる方に尋ねたら、投票券のたたみ方にその秘密があると聞いた。
しかしモクモクサイドもこの辺りの対応を編み出しており、最近では本当にくじ運での勝負となっている。

TOKYOマラソンも、何回か連続で当たっている人、そして僕同様、一度も当たったことのないまま何度もはずれ続けている人がたくさんいる。

くじ運の悪い人は他のことに運が行ってるんだろうか。

僕の運はどこにあるんだろうcrying

2012年9月24日 (月)

試走会と説明会

10月14日開催のかもしかハーフマラソン公式試走会が行われ、2時間半のペースランナーとして参加してきた。

20129233
(HPより、お写真拝借いたしました)

本来はスーザフォンを担いで走るはずだったが、先週の24時間走の後遺症のため担ぐのを諦め、完走を目標としてゆるゆると走った。

雨にもかかわらず40名を超える(その後70人はいたって話を聞いて写真見たら、たしかにそれくらいはいそう)美男美女ランナーが集結。
先日テレビで見たばかりのトランスジャパンアルプス準優勝のS田選手も参加されていて驚いた。
菰野町の町長さんも参加、こんな豪華な試走会、他所ではなかなか無いと思う。

一週間前はグラグラで触れただけでもギャーって言ってた爪もかなり治ってきたようで、ときどき痛ぇーと叫ぶときもあるが、走っている最中は我慢できる程度の痛み。走っていると徐々に爪の下にたまる水が流れ出ていくようで、日に日に治癒していくように思う。
あと一週間もすれば完治するかな。

2時間半のぺーサーとして酔いどれランナーさんと共にキロ7分で走っていたのだが、この雨の中、参加しようなんて人たちはみんな速い。
すぐに僕ら二人だけが取り残されてしまい、10km過ぎまで追いつかなかった。

20129231
(ハピチのパパさんより写真拝借しました)

けっきょく、ややペースが速くなって2時間22分でゴールに到着。
ユルユルならハーフ程度の距離も大丈夫なくらいには回復していることがよくわかった。

来週の試走会はスーザフォン担いで走るつもりです。

10/21に開催される「第1回全国ファミリー音楽コンクール」の説明会が、この日の午後にあった。

午前中もあったのだが、試走会と重なったため午後からの部に出席させていただいた。

なんの説明会かっちゅうと、大会運営ボランティアで参加するため、その役割等々の説明会だということだった。

Family_music_contest1

今年が四日市文化会館30周年記念だそうで、このコンクールの開催となったそうだ。

その頃勤務していた楽器店が、文化会館に当時1台1500万円のスタインウェイを2台も納入したこともあり、まだまだ若造だった僕がそのピアノの担当調律師として任命され、東京にある日本総代理店へ研修のため数回行かせてもらった。

今でも大きな経験だったと思う。
もちろん他のベテラン調律師が黙っているはずはなく、横槍がいっぱい入って突き刺しまくられ専任といのはあっさりと外されたが。

当時のホール館長さんの考えられないような厳しい態度や言葉は、30年経ったいまでも忘れてはいない。

あの館長さんと今の自分はほぼ同年代だと思うが、若者に対し、絶対にあんなバカにした態度は取らないようにしようと思い続けている。

つい、あの当時の悔しさが蘇ってきて、横道へそれてしまった。

説明会は、ほとんどの方が午前中に参加されたということで、午後の部はたったの2人。
顔合わせにもならずに、あっさりと終了。
試走会に参加されたラン友さんたちのランチの写真を見て、あっちに行きたかったと強く思った。

2012年9月20日 (木)

エントリー

24時間走から4日目、足の指は痛いものの、なんだか体は元気。
痛みに耐えながら走ってみようかとhappy01

いやぁ~、痛い☆⌒(>。≪)。

ゆっくりゆっくり、30分かかって、なんとか4km。

また明日も、頑張らずに少~し走ろうconfident

さて、先日来、途方に暮れるくらい困っていた台北マラソンのエントリー。
期せずして急にエントリーできてしまったshine

以前ネットで検索した末たどり着いた、人様のブログを参考にして、台湾の協会に登録しパスポートコピーをFAXする、という手順を確実にしたにもかかわらず、台湾サイドからは音沙汰無しdespair

この方が言うには、協会から登録された旨のメール返信があり、そこに書いてあるIDとパスワードを記入してエントリーってことなんだが、先方からメールがこないのだ。

しかし、関係の無い大会の案内だけは来るので、一応こちらの登録は受信されている模様。

そして今朝

P1010300

エントリー受付開始(たぶん)のメールが来たのだ。

けどエントリーにつながりそうなとこが何もないので、テケトーにクリックしまくってたら

001

なんとなく、エントリーみたいな画面になったので、Englishをクリックすると

003

あんたんとこの事務所の地図を見せてもらっても仕方ないやろ、って画面になり
振り出しに戻りgawk

002

おー、いよいよエントリーの画面だflair

会員か非会員かを選択。
会員登録されてるかもしれないが、どうせIDの記入を求められるに違いないので、ここは非会員で。

だめだったら、そんときはそんときcatface

004

やったー。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

けど、記入して送信ボタンをクリックしても、またこの画面に戻ること数回。
どうやらケータイの番号記入方法が間違っている様子。

この際、ケータイなんぞ不要じゃーbleah、とデリートして

yen支払い場面に進めましたね。

たかだか2700円程度の詐欺もないでしょうから、エントリー成立fujiといたしましょう。

皆様、今までのアドバイスや励ましいただき、本当にありがとうございましたhappy01











2012年9月17日 (月)

第5回三木総合防災公園24時間マラソン

年1度のお楽しみ(?)24時間走。

去年の豊田に続き、24時間走は2度目の参戦。

昨年は足の故障を抱えてだっただけに、普通の状態ならどれくらい走れるのか自分でも興味津々shine
なので、なんとか昨年の150kmを上回りたい。

9月15日、早朝4時起床、5時半出発。現場の兵庫県三木市には9時前に到着する予定。
受付を済ませたら2時間くらい寝よう。って計画は実現しなかった。

知ってはいるものの、宝塚の渋滞があんな早朝から始まっているとはcoldsweats02

P1010281

渋滞を抜けるのに一時間ほどかかり、ようやく現地へ。

P1010284

いやあ~、立派な陸上競技上です。

Photo_2


この他にも敷地内には野球、サッカー、テニス等、プロでも試合ができそうな競技場がありました。

で、現地着は9時半。

P1010283

受付後、コースや控え室の下見したり、早めの昼食を取ったりしてたら寝る時間がなくなったgawk

Photo

コースは1周2.2km。
24時間で何回このコースを回れるか競う大会ですな。
ま、普通の人が聞くと、目が点になる、と言うか、あまりにバカバカしいと感じるか、っていうレベルの競技ですcoldsweats01

ちなみに昨年の優勝記録は158.4km。
これって、ひょっとして、僕にも優勝の可能性があるのではsign02

昨年の1,3,4位の選手は今年も出場してる。

いや~、朝から良いお天気だこと。
って、暑いじゃんwobbly

名古屋周辺は雨が降ってるっていうのに。

このところ晴れていても夏ほどは暑くないなと思ってたのに、夏本番の陽気sun

そしていよいよ正午になってスタート。
リレーの選手たちもいるので、突き飛ばされないよう最後尾からのスタート。
24時間もあると、ちょっとやそっとでは記録は変わらない。

痛み、疲労、眠気、あらゆる苦痛に鈍感になって走り続けるのがこの競技だと思う。

ここからは1時間毎の周回記録。
とってもアバウトなので、真剣になって集計しなおさないでね、僕自身もあまりわかってないからsweat02

9/15(1周のタイム:1周は2.2km)
12~13時 1447-1405-1359-1355(8.8km)
想定ペースは6'00~6'15/km。良い感じでスタートできた。
コースは陸上競技場トラックを3/4ほどまわり外周へ。
外周へ出てしばらくすると500mほど下り、また500mほど登る。
こういった大会にしてはアップダウンがある方かもしれない。

13~14時 1351-1437-1352-1404(17.6km)
   
給水は3周に一度の頻度。
暑さからすると、2周毎にすべきだった。

14~15時 1440-1635-1720-1913(26.4km)
暑さがこたえてきた。
軽い熱中症か、頭痛と手にしびれを感じる。
登りは歩くことにした。

15~16時 2324-2948(30.8km)
冷房の効いた控え室に戻り冷たい床の上で15分ほど寝転んだ。
熱中症の症状がやや治まったので、またゆっくりとスタート。
エイドには水、熱中症対策水、ポカリ。
序盤は給食無し。

16~17時 2909-1758-1929(37.4km)
大きな休憩は4時間ごとにしているのだが、体調の関係上、もう一度休憩。
途中経過8位だ。
フルマラソン並みにしっかりと2週間に及ぶ調整をしてきただけに、あまりの走れなさが情けない。
競技の続行が早くも危ぶまれた。

17~18時 1610-2207-1706(44km)
日が傾くにしたがって体調が回復してきた。
あいかわらず登りは歩いている。

18~19時 1909-1820-1656(50.6km)
日が暮れたのでキャップを脱いで控え室に置いてきた。
遠くで雷が鳴っていたのだが、いきなり大粒の雨が降ってきてびしょ濡れwobbly
雨粒が目に入って痛い。

前を走るランナー、ゆっくりなんだけど登りで歩かないのでなかなか追いつけない。
登りの走り方がたいへん参考になり、真似したらあっさりと抜けた。
後になって分かったことだが、彼が僕のすぐあとの順位だった。

19~20時 1644-2346-1611-1702(59.4km)
途中経過を見たら5位に上がっていた。
4位もほぼ同じ周回数。
暗くなってからは体調が良い。
キャップを取りに戻ったが雨は短い時間でやんだ。
天気も回復したようなので控え室に置いてきたらまた降ってきた。
もう気にしない。鈍感に鈍感に。

20~21時 1605-2749-1607(66km)
4時間ごとの大休憩。
メールの返事出したりとか、ストレッチとか、Twitterとか。
夕方6時頃に夕食(お弁当)の支給があったのだが、この時間に食べた。

21~22時 1711-1625-1643-1720(74.8km)
すこぶる順調。途中経過を見たら4位に上がっていた。
5位とは10km以上離れている。2,3位の選手とは20kmほど離れている。
深夜の時間帯は休む選手が多くなってくる。
上位3選手はどう見ても僕より走力が上。
寝るのをひたすら待って、その間に抜くしかないな。
「ウサギとカメ作戦」だflair

22~23時 2127-1816-1838(81.4km)
2,3位の選手が疲れてきている。
2位の選手はエネルギー切れで炭水化物を求めてコンビニを探しに行ってたらしい。
足も引きずっている。
3位の選手は完全にグロッギー。控え室の廊下で倒れたように寝ている。
不謹慎だが、このまま2時間くらい倒れてくれてたら抜けるぞsmile

23~0時 2054-1455-1428-1611(90.2km)
人が不調だと元気がでますなあbleah
スタート時のスピードが戻ってきた。
やっぱ2週間に及ぶ禁欲的生活が実を結んだ。

9/16
0~1時 4400-1518(94.6km)
中間点の大休憩。
まず、シューズの交換。
スタート時はフェザーファイン。ここからアディゼロボストンに。
ソックスを脱いだ。
爪が死んでいる。痛いとは思っていたが、ここまでひどいとは。

足底のテーピングを貼り直し、爪にもテーピング。
爪が真っ白になっているが、そのうち真っ黒になるんだよな。

ふくらはぎも疲労がたまっている。
エアサロンパスをたっぷりとふり、入念にストレッチ。

持ってきたコーラ(1.5L)が無くなった。自販機で買おうとしたら売り切れ。
仕方なく他の炭酸500mlを3本買った。
えらく休憩に時間が掛かった。走っている間は気がつかなかったが、予想以上の疲労だ。
後半走れるか超心配bearing

1~2時 1515-1619-1523-1700(103.4km)
走れるか不安だったものの、元気に走れるじゃんhappy01
人の不調は僕を助けるheart04
100kmは13時間40分くらいで通過。
それにしても1位の選手は強い。まったく休んでいる気配がない。
すれ違うたびに「後ろの選手はずいぶん離れてるから、安心して寝なよ」と声をかけたが、休む素振りなし。

2~3時 1449-1630-1451-2111(112.2km)
途中経過は2時間ごとに発表されるのだが、2時の経過が出ない。
どこまで迫ってるんだろう。
もう8時間以上、歩かずに走り続けている。

3~4時 1451-1817-1534(118.8km)
上位選手の動向が気になる。
5位の選手はかなり離れている。こちらが2時間以上寝ない限り追いつけない。

4~5時 3051-2133(123.2km)
4時間ごとの大休憩。
いつの間にか2,3位の選手が復活している。
とたんに元気がなくなってきた。
眠眠打破の強力バージョン強々打破ってのを飲んだら気持ち悪くなった。
濃いコーヒーってカンジだ。これは自分に合わないな。
コーラがほしい。

5~6時 3050-2153(127.6km)
いつの間にやら途中経過が出ていた。
3時時点のものだ。
順位は4位のまま。
残りの時間を考えると、上位選手がやめない限り追いつかないし、こちらがやめない限り追いつかれない。
モーティベーション激オチ。
もう、ほとんど歩き。
公園の自販機でペプシを見つけた。ちょっと元気になった。

6~7時 1358-1344-2758-2000(136.4km)
胃薬が効いたのか、ペプシの効用か、なんかワケわからんまま急に元気になった。
13分台のラップなんてスタート直後以来だし、13’44はベストラップだぜfuji

7~8時 2558-1805(140.8km)
人との順位争いは終了。
あとは自分との戦い。
せめて100マイル。
まったく眠くない。日頃鍛えた夜遊び効果だな。

8~9時 3306-1800(145.2km)
最後の4時間ごとの大休憩。
初めてラップボタンを押し忘れた。
歩いたり走ったり。
今日も良いお天気、って暑いじゃないかコノヤロー。

9~10時 2720-3028(149.6km)
もう少し前までは170kmを密かに狙ってたけど、もうまったく気力なし。
途中経過も見に行く気持ちがない。また熱中症っぽいthink

10~11時 5335-1523(154km)
2回目の熱中症。体を冷やすものは何もない。
通路は風が通るので、廊下に直に寝っ転がる。
しばらく休んだら気分が良くなったので、水道の蛇口に頭をくっつけて水をかぶり再スタート。

11~12時 1501-2544-1347(160.6km)
残り時間20分になり、あと1周できるかな?
スタッフたちから励まされて最終トライ。
これは、この大会のセカンドベストのラップ。
最終周はスタッフのみなさんにお礼を言いつつハイタッチや握手で回った。

マイナーな大会なんだろうけど、暖かさがある良い大会だった。
エイドは昨年の豊田に比べるとずいぶん貧弱だったけど、参加費を考えると当然だろう。

昨年の豊田は事務的で、スタッフにお礼を言いたい気持ちにはならなかった。
けど、この大会は手作り感のある、本当に走る原点を感じさせてくれた大会でした。

大会本部のみなさん並びにスタッフのみなさんに拍手を贈りたいと思いますshine

P1010293

あっ、結果は4位入賞でした。
表彰はありませんでしたが、年代別1位でした。

1位から4位の僕までは昨年出場していない選手で、昨年の優勝記録を上回りました。

2012年9月12日 (水)

霊が私を呼んでいる

このところFacebookが中心になっていて、ブログは放置状態。
ま、一週間に一度くらいは記録していかないとなあ(。-_-。)

もう一ヶ月近く遡るのだが、菰野ボルダーと呼ばれるコースを走りに行った。
先月は起伏走を積極的にやったため、この日はたいへんお疲れ気味。

目的地の椿神社から折り返し、ゴールまであと7kmくらいの所で立ち止まった。
歩くのも辛い。

ちょうど、お墓の横だった。

お墓って、僕はついつい墓石の名前を見ちゃうんだ。

ストレッチしながら横の墓石を見た。
F田さんという名前。

あのあたりでは珍しい姓なんだけど、特には何も思わなかった。

菰野ボルダーのコースを走った方はご存知だと思うが、紅葉谷の上に宮妻荘ってあるよね。
実は昔々、初めてアメリカでホームステイした時に、ここのご主人にお世話になった。

ご主人自身も行ってみたいから下見してきてよ、ってカンジで僕の背中を押してくれた人だ。

このご主人もその後アメリカへ旅行して、カジノで儲けたって大喜びして帰ってきたんだけど、数年後42歳の若さで亡くなった。

それから20数年、菰野ボルダーを走るたび思い出していた。

話は墓石に戻って(^_^;)

そのご主人がF田さん。
で、墓石の横や裏側を読んでみたら、なんとご主人のお墓だった。

もともと墓石の名前をよく読んでしまうので、あれ?ってことは今までにもあったのだが、今回は正真正銘そうだった。

思わず手を合わした。
お葬式は行ったけど、お墓の場所までは知らなかったからなあ。

けど、あそこで動けなくなったのは、決して霊に呼ばれたのではないと信じたい( ̄ー ̄)

2012年9月 3日 (月)

8月のまとめ、9月の予定

8月は大会を入れなかった。
フルマラソンのシーズンに向け、じっくりとトレーニングしようという思いがあった。

それまでの距離重視をやめて、スピードを上げて行く計画だった。

しかし

一週間で挫折した。( ̄◇ ̄;)

スピードを出すとすぐにアップアップ。
予定距離を大幅に下回る。
休んでも復活しない。

よって、こりゃ距離を走るしかないな、ってんでまた元通り(。-_-。)

お盆休み前には一人で緑地グルグル走。
こちらも24時間の予定が股ずれの痛みに耐えきれず16時間でギブアップ。
距離もわずか100kmを少々越えただけ(-。-;

月間走行距離600kmを何とかクリアしたいと津までラーメンマラニックを計画したが、こちらも不調と根性のなさで往路のみでリタイア。

何だかなあ、で終わった8月だった。

9月の予定

今月のメインイベントは、15日正午スタートの24時間走。
昨年は故障を抱えてだったので152kmで終了だったが、今年はなんとか180くらい最低でも走りたいな。

これが終わるといよいよシーズンに向けての練習なのだが、24時間のダメージはどれくらいだろう。

23,30とかもしかの練習会でスーザフォン担いで走るつもりなのだが、さあ果たしてどうなることやらhappy01

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »