フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

スーザフォンマラソン5本目:クアラルンプール初日

001

初マレーシア、初マレーシア航空。
シンガポールへ行ったとき、こっからマレーシアですよってジョホールバルでちょびっとだけ入国したけど、本格的に滞在するのは初めて。

005

イスラム国家も初めてだけど、簡単にビールが飲めるのか心配。

6時間ほどで到着。

空港から市内近くのセントラル駅までKLIAエクスプレスって電車に乗り、そこで昨年のゴールドコーストマラソンで知り合ったマレーシア人KK君にピックアップしてもらう、って算段。

014

KK君との連絡用に空港で購入した携帯電話。99リンギット(RM)は約3000円かな。

KK君はプロジェクトの合いまで2ヶ月のお休みだとかで、先日来イギリスへ4週間ほど行っており、彼もこの日クアラルンプールに着いたばかり。

009_2

荷物ごと電車に乗り込む。カートは不可。

KK君は渋滞にはまっているとかで大幅遅刻。
今度は駅前に入るところをミスったとかで、かなり長いこと待たされた。

022_2


空港からホテルに向かう途中、受付会場のムルデカスクエアに立ち寄りレースキットを受け取る。

ムルデカスクエア周辺はライトアップされて、夜景スポットになっている。後ろは最高裁判所。

034

ムルデカスクエア周辺はライトアップされて、夜景スポットになっている。後ろは最高裁判所。

040

チャイナタウンへ食事に。バクテーを食べに行った。
安い。二人で食べて1500円ほど。
イスラム国家なのでビールが飲めるか心配だったが、まったく問題なし。

土鍋みたいなやつに入っているのがバクテー。
骨付きの豚肉や野菜が漢方スープで煮込まれている。
クセもなくておいしかった。

041
ビッグマウスボーイというお店。この方は経営者。
場所は

039

関帝廟の真ん前

045

スリ・マハ・マリアマン寺院のお向い。

051

亀ゼリーを食べに行った。
以前から食べてみたかったが、いつも機会を逃していた。

048

思ったほど苦くはなく、シロップをかけなくても大丈夫だった。
KK君のおごりだった。
さすが毎月、世界のどこかへ走りに行ってるリッチマン。
給料や物価が日本よりずいぶん安いはずだが、金銭感覚は同じくらいだと感じた。

056

チャイナタウンや

060

ライトアップされたモスクを見ながらホテルへ戻った。

062

レースキットの中身。
ゼッケンはパリと同じ方式で、磁気テープが貼ってあるタイプ。
シャツはTシャツではなくてタンクトップ。あれってシングレットっていうんだな。

 

 

2012年6月29日 (金)

スーザフォンフルマラソン5本目:クアラルンプール

クアラルンプールで宿泊したホテルのネット環境が悪かったので、ようやく今になって記事をアップしている。

まずは大会当日から。

スタートは早朝4時半night
日中の気温は33℃まで上がるので、暑くなるまでにゴールしようって魂胆なのだろうが、スーザフォンを抱えているからには5時間必須think
昨年のサイパンも走りきったのだから、ま大丈夫でしょう。と、お気楽モードscissors

ちなみに夜明けは7時過ぎsun

当日、深夜2時過ぎの起床。
前夜は8時にベッドに入ったものの、ホテルは繁華街のど真ん中という好ロケーションのため全くもって騒がしいsweat01
さらに雷雨で…bomb

眠れないdespair 
仕方ないので導眠剤投入sleepy

起きてから前夜に買っておいた豆乳、ヨーグルト、レッドブルをおなかへ。

そして7-11へ向かい朝食購入。
115

会場へ向かうため、3時45分に部屋を出た。

エレベーターに乗りロビーへ降りると、サッカーのヨーロッパカップ観戦中のホテルスタッフたちが一瞬固まった。

ま、いつもの光景ですdelicious

一人がササっと玄関に小走りで向い大きくドアを開けてくれた。

会場まで約300m。暗闇の中を大勢の参加者たちがゾロゾロと会場へ向かっていく。
たぶん初めて見るであろう奇妙な物体を遠まわしにチラチラと見ている。

同じマラソンに参加する走る人だとは思わんでしょうなcatface

会場についてスタート位置に向かうと、胸のゼッケンを見た人たちが次々と「走るのか?」「ゴールまで行くのか?」「何キロあるんだ?」みたいな質問と写真撮影。

おもむろに演奏を始めるnote
パリに比べると、なんだかこちらの方がノリがいい。
欧米の方達は自分自身楽しもうとする傾向が強いようで、人に楽しませてもらうっていうのはアジア人の方が強いのかな?

また、アジアの大会は体格が僕とほぼ同じなので、大きなスーザフォンはとても良く目立つ。

そうこうするうちに、今回クアラルンプールマラソン出場のキッカケを作ってくれた5時間半のペースランナーKK君と合流。
Kl2

5時間半のペースランナーの二人。右がKK君。

Kl5

スタートを待つ間もずっと撮影大会。

KK君が並走しながら観光案内をしてくれる。

日本人ランナーもちらほら見かけた。

まだ夜明け前だが暑い。
時折小雨が降り、そのたびに少し涼しくなる。
たぶん25℃くらいかなあ。

コースは大きな道路沿いを走るので、道路の照明で明るい。
しかし高架をくぐるあたりでは真っ暗なところもあり、足元に注意しながら走った。

7時を過ぎ明るくなってきた。
まだ、それほど暑さは感じない。

5時間半まででゴールする想定だが、あわよくば5時間以内という気持ちもあり、キロ7分以内を目指すのだが、まったくペースは上がらない。
それどころか20km過ぎで早くも足が止まり出した。

Kl45_2

エイドは2km毎。
水とスポドリの炭酸。
4km毎にはスポンジ。

演奏は4km毎、給水を終えたあと。
手拍子、合唱で楽しませてもらった。

途中2箇所シャワーがあり、30kmエイドでジェル。
終盤に一箇所だけバナナがあった。

そのうち調子は戻ると思いながら楽観的に走り続けたが、30kmを過ぎる頃には完全にグロッキー。

Kl91_2

もうターゲットは6時間以内完走にチョー下降修正。

写真左側の男の子(ペナン島からの出場)がず~っと大声で励ましてくれているのだが、ほとんど答えることができない。

沿道に人がいる時のみ、笑顔をふりまく。

35kmくらいだったか、彼がkmでいいからスーザフォンを担がせてくれないかと懇願するので、これ幸いとお貸しした。

楽だ。思わずこのまま置き去りにしようかと…coldsweats01

Kl90

ゴールが近づいてきて、既に走り終えた人たちが帰路についている。
皆からの拍手、大声援に迎えられゴールへ向かう。

Kl11_2

ゴールまで200mほどになったので聖者の行進演奏開始。

Kl18

ありがたいなあ、敬礼までしてくれてるconfident



ようやく5時間50分でゴールし、一刻も早くスーザフォンを下ろそうとしたが次々と写真撮影のリクエスト。
次から次へと約30分。ほっぺたg筋肉痛になるかと思うほど笑顔をキープした。

アイドルって偉いよな~coldsweats02

なんだかんだで走り終わってからも久しぶりに会うマレーシアやシンガポールの人たちとも話し込んだりで、2時間居座ってようやく帰り。

ホテルまで300m程度なので歩いて帰ろうとすると、KK君が「また撮影会で動けなくなるよ」と車で送ってくれた。

タイム的にはブッ潰れた情けない内容だったが、今までに経験したことのない異常な受け方に大満足でしたheart04

Kl1

翌日の新聞です。

2012年6月21日 (木)

明日6/22、関空11時発です。

再度
お知らせ
(くまのみさんのJognoteより転載)

来月15日開催の小布施見にマラソン参加者の顔合わせも兼ねまして、練習会&飲み会を開催します。

もちろん、小布施マラソンに出ない人でも大丈夫ですので、ドシドシご参加下さいね(*⌒▽⌒*)


第6回チキチキ練習会

開催日 7月1日(日)
集合場所 菰野町庁舎(鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンの会場)
集合時間 8時30分
練習開始時間 9時
終了予定時間 13時

練習内容は、去年、あかつきさんにプロデュースして頂いた菰野庁舎から菰野ボルダー(と呼ばれるランニングコース)を走り、椿大社で折り返して庁舎に帰ってくる約33kmのコースを予定してます。
エイドカー、コース案内等、しっかりとサポートしますので、走力に不安のある方も、安心して参加して下さいね。

会場への送迎 近鉄菰野駅まで来て頂ければ、会場まで送迎致します。
※近鉄四日市7時38分発、菰野駅7時59分着の電車があります。
希望者は事前に連絡(コメント、書き込み等)願います。また、車での参加の方、送迎をお願いしたいので(お願いできるようでしたら)こちらも事前に連絡下さると助かります!

当日、晴天の場合は、気温も高くなると思います。熱中症対策を充分に行って下さい。

約5km毎に車による給水エイドを行います。十分に用意しますで、御心配なく!
補給食は33kmと距離も短めなので、各自で必要な分だけ用意願います。

練習終了後は、四日市の満殿の湯で汗を流し、
近鉄四日市駅近くの「串焼道場」で打ち上げを予定してます。
遠方から参加される方もいらっしゃるので、15時からスタートしたいと思っています。

ご参加の方は参加表明お願いしますね☆

:お知らせは以上

明日からクアラルンプール

6/24はクアラルンプールマラソン。

ゴールドコーストで知り合ったマレーシア人と話が盛り上がり、勢いだけで行くことになり、やや後悔している。

一番の理由が、暑さ。

赤道が近い国だけあって、常に30℃はあるようだ。

スタートは早朝4時半、日の出は7時過ぎなので普通に走れば暑くなる前にゴールできそうだが、スーザフォン担いではそうもいかない。

昨年のサイパンを思い出す。

今回のスーザフォンはこんなカンジ。

12620_003

なかなか行動がはかどらず、昨日ようやく完成した。

荷造りや荷物のパッキングも全く進んでなくて、先ほどまでかかってやっとこさ終了。

見よ、この見事なスーザフォンのパッキング。

12621

重傷を負ったけが人みたいだ。

あまり気が進まないけど、頑張って目立ってきますね~happy01

2012年6月15日 (金)

読書中感想文:最終回

お知らせ(くまのみさんのJognoteより転載)

来月15日開催の小布施見にマラソン参加者の顔合わせも兼ねまして、練習会&飲み会を開催します。

もちろん、小布施マラソンに出ない人でも大丈夫ですので、ドシドシご参加下さいね(*⌒▽⌒*)


第6回チキチキ練習会

開催日 7月1日(日)
集合場所 菰野町庁舎(鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンの会場)
集合時間 8時30分
練習開始時間 9時
終了予定時間 13時

練習内容は、去年、あかつきさんにプロデュースして頂いた菰野庁舎から菰野ボルダー(と呼ばれるランニングコース)を走り、椿大社で折り返して庁舎に帰ってくる約33kmのコースを予定してます。
エイドカー、コース案内等、しっかりとサポートしますので、走力に不安のある方も、安心して参加して下さいね。

会場への送迎 近鉄菰野駅まで来て頂ければ、会場まで送迎致します。
※近鉄四日市7時38分発、菰野駅7時59分着の電車があります。
希望者は事前に連絡(コメント、書き込み等)願います。また、車での参加の方、送迎をお願いしたいので(お願いできるようでしたら)こちらも事前に連絡下さると助かります!

当日、晴天の場合は、気温も高くなると思います。熱中症対策を充分に行って下さい。

約5km毎に車による給水エイドを行います。十分に用意しますで、御心配なく!
補給食は33kmと距離も短めなので、各自で必要な分だけ用意願います。

練習終了後は、四日市の満殿の湯で汗を流し、
近鉄四日市駅近くの「串焼道場」で打ち上げを予定してます。
遠方から参加される方もいらっしゃるので、15時からスタートしたいと思っています。

ご参加の方は参加表明お願いしますね☆

:お知らせは以上


好きだと言えなかったあの女性に23年のときを越えて告白する

若い頃って、どうしてあんなにもシャイだったんだろう。

好き、どころか、思っていてもかわいいねとか絶対言えなかったモンcoldsweats01

今なんて、ホントにへっちゃらだよなあ。

恥じらいが無くなっただけなのかな?happy02

今の知識と度胸で、二十歳の頃に戻りたい。

クラス一丸でさんざんイジメた担任教師に謝罪する

かつて子供だった頃、自分はイジメ癖があった。

どうも態度がハッキリしないような人、さらにタカビーが気にくわなかったようで、表だってイジメていた。

学校の先生を通じないで、相手の親から直接校庭のスミに呼び出され叱られたこともあった。
たしか、僕はこの子が嫌いだ。ウジウジしててハッキリしないから近くにいるのがイヤだ、と言ったような記憶がある。

中学1年あたりで悪癖は終了した。
何がキッカケかはわからないのだが、音楽を始めたのがその頃だから、イジメなんてくだらねえとか感じたのかもしれない。

ところが楽器店に勤めていた二十歳過ぎの頃、新しくやってきた5歳ほど年上の女性社員が気に食わず、徹底的に無視をした。たぶん、タカビーなところが気にくわなかったんだと思う。
僕の先輩社員も同じ思いだったようで、二人での徹底的無視が続いた。

初めのウチはオロオロしながら話しかけてきた彼女だったが、そのうちにあきらめたようでお互い全く口をきかなくなり、1年も経たないうちに退社していった。

それから月日が流れること10年以上、通っていたスポーツクラブに彼女が入会した。
歳を取ったのはお互い様だが、すぐにわかった。

軽く会釈したが無視された。

帰り際に彼女の前へ行き、頭を深く下げて当時のことを謝った。

さすがに無視はされなかったものの、うち解けて話をすることはなかった。
そしてそれっきり彼女は退会してしまったようで、二度と見かけることはなかった。

調律師の修業時代、○○さんにイジメられていたよね、って当時の友人に言われたことがあるのだが、自分としてはまったくそう思っていないということもあって、イジメって感じ方は人それぞれなのかな?

怒鳴られたり殴られたりもしたけど、修行を終えて地元へ帰る前に挨拶に行ったら、涙目でなんだかんだと話してくれたりで、あのときは世の中って悪い人はいないと本気で思ったりもした。

あ、このタイトルの担任教師、作者が謝罪に行ったら「僕は気にしてなかったよ」ってことだった。

2012年6月13日 (水)

寝るのを惜しんで…

ヒロさんになにからなにまでお世話になって、第1回飛弾高山ウルトラマラソンのエイドボランティアに行ってきた。

012

018

皆さんのスタートを見送り、まずは20km手前のエードへ移動。
ウルトラは、なんとなくユルいので好きですheart04

2

コースは、ず~っと登りsweat01

077

しばらくコースに沿って進んだが、やがて車両通り抜け不可能な場所にたどり着いたので、本来のエード場所である87km千光寺エイドへ向かった。

086

え?なにこの急な登り。ブレーキを離すとオートマの車でも後退してくよ。

さらに
080
87km近く走ってきてから、この階段だぜ。ワイルドだろ。

こんな場所でみなさんが通過するのを見送り、ゴール地点に移動して感動のシーンを見せていただき帰路に着きました。

帰る途中、以前から行きたかった「麺屋はなび」へ。
Sn3p0351

鶏塩そば大盛り。麺を食べた後は鉢の中へ小ライスを。

しっかりと体重を増やすことが出来ましたよ~up

で、その2日後もまた夜遊び。

メンバーは、ヒロさん、rei-chan。
四日市~伊勢神宮マラニックだ。

出発は深夜1時。
僕が集合場所を間違えました。
ど~も、申し訳ございませんでしたcoldsweats01

rei-chanは、この距離を走るのが初めてとのこと。
以前からお名前を知ってはいたのだが、この日が初対面だった。

で、驚いたことに、長年調律に伺っているお宅の娘さんだった。
お住まいが他県なので、まったく結びつかなかった。
本当にビックリ。

二人とも軽快な足取りで、早くも僕は遅れ気味。
20km過ぎでは股関節に痛みも。
先行きがチョー不安。

もちろんヒロさんは余裕綽々なのだが、rei-chanも軽やかな足取りで走り続ける。

こんな状況の中、自分から歩くとか休むなんてとても言い出せない。
ゴールまで数キロあたりでは、お二人から心配される体たらく。

いやぁ、お恥ずかしい限りです。

ま、おかげ横町でビール飲んでホタテ天食べて

2012613

充実の76kmでございましたhappy01

2012年6月 8日 (金)

読書中感想文6

元気な人に出会うと気合いが入るscissors

今朝調律に伺ったお宅、奥さんは元自衛官。
現在は競技としてテニスをバリバリと。

調律に行ったものの、音楽的な話はほとんどせず、もっぱら体育系の会話。

「気合いを入れて練習しないと故障するよ」の言葉にいたく感動したshine

昼ご飯も気合い入れて食べに行ったannoy

昨年、伊勢市玉城町にオープンした二郎系ラーメンのあっ晴れ

食べたのは肉そばダブルでらもり(なんのこっちゃ)。

Photo

今日はケータイを忘れたので、写真はHPから拝借した。
でらもりってのは、野菜が普通の倍って意味、たぶん。

店内には和太鼓のBGMが流れ、ますます気合いが入るup

いつもなら食べ終わってしばらくダラダラ過ごすのだが、今日はすぐに着替えて走り始めた。

場所は剣峠。標高差400m(かな?)、距離30km(やや遠い駐車場に停めた)。

気合い入れてノンストップで往復してきたぞーぉhappy02

キミはちょい知りの他人に「鼻毛が出ていますよ」と面と向かって言えるか

これは~…  言わないなあ。

ちょい知りじゃなくて、よく知ってる人に対しても言わないな。

例外としては、息子が今からデート、とかだったら言うね絶対。

よ~く知ってる某女性ボーカル、たまに鼻毛が出てるときがある。

言いたいけど言えない。
ご主人がいつも付いているんだから言ってあげりゃあいいのに、っていつも思っている。

たまにしか会わないけど、初めて気付いたのは1年くらい前。

早く処理してくれないかなあthink

2012年6月 7日 (木)

読書中感想文5

昨日は40kmペース走。
設定ペースは、ややゆっくりめの5’15/km。

なのに…  20kmあたりから徐々にペースダウン。

30kmでやめようかなあ、と悩んでたとき、ラン友ヒロさんからジェルの差し入れ。

すっと気合いが入り、続行することに。

しかし気合いとは裏腹、ペースは落ちる一方。
33kmあたりからは走り続けることが出来なくなり、歩く走るを繰り返し

残り300mでは立っているのも辛くなり、とうとうベンチに座り込んだ。

ここまで練習で失速したのは初めてだdown

知人に貸した2千円の返済をセマる

若い頃って、なぜだか言えないんだよなあ、お金返してって。

おじいさんと呼ばれそうになっている現在、僕は平気で言えますscissors

ジュース代、貸してって言われて払ったら、基本的にあげたと思うことにしています。
あげたと思いたくない相手には、平気でイヤと言います。

あ~、すべて積み重ねた年月のなせる技なのさhappy02

10年以上前のことだけど、民○党の代議士グループと全国ツアーやってた頃、今も現役の議員にプリンを買ってあげたことがあった。

「レオちゃん、ボク今お金持ってないんだけど、プリンが食べたくなっちゃって」って言われたのでプッチンプリンを買ってあげた。

芸能人、相撲取り、国会議員、皆さんごっちゃん体質sign02

2012年6月 5日 (火)

読書中感想文4

今日の午後、調律をしていたら近くでヘリコプターがホバリング。

うっせーなあ、と思いつつ、何か事件?

だったらしく、死体遺棄事件があったとか。
さきほど知りました。

激マズ蕎麦屋で味の悪さを指摘する

近所の焼き肉屋は深夜まで営業していて、ずいぶん重宝していた。

フルマラソンやマジ練の後は一人焼き肉って事が多いので、頻繁に通っていた。

この店は、四日市市内では有名な個人経営のチェーン店。
各店舗の共通点としては、オーナーが店に出ている間は良いのだが、出てこないようになるとだんだん味のクオリティが落ちてくる。
そして潰れる。

開店後、数年が経過し、やはりこの焼き肉屋も同じようなカンジになってきた。
ある日のこと、注文したチヂミが真っ黒焦げの状態で出てきた。

すぐに取り替えさせた。

帰り際に店長を呼びだして「こんなもの出してたら潰れるぞ。俺が好きな店なんだから潰すなよannoy」と優しくbomb、注意した。
このチェーン店の潰れていくパターンも説明してあげた。

にもかかわらず、残念ながらまもなく潰れた。
値上げはしてなかったものの、あきらかに量も減ってきてたし、僕みたいに頻繁に行ってた客からすれば失敗作はわかるけど、初めて行った人には低レベルな店と捉えられてリピートはされなかったことと思う。

この店以外でも数回は「まずい」とか「腐っている」と言ったことがある。
実際、食中毒になったこともある。

どちらかというと味オンチな僕。
僕がマズイと思う物、たぶんほとんどの人も不味く感じるはず。

よって、躊躇せずにまずいと言いますpunch

2012年6月 4日 (月)

読書中感想文3

電車でマナーを守らない乗客を叱り飛ばす

一般的な電車の中での迷惑行為として思い浮かぶのは、化粧、床に座る、大声での会話および携帯での通話、座席の独占、痴漢。
こんなとこかなあ。

化粧…あ、これは僕、気にならない。
    けど、すごく格好悪いですよ。人間の品格が3段階くらい落ちます。
    やめた方がいいですよ。けど、注意する気も叱る気もないです。

床に座る…若者特有の行為だ。
       年寄りってか大人が床に座ってるのは見たこと無いなあ。
       優先座席に座って「おい、そこの床に座っているボク。この席、譲ってあげよう   
       か?」って言いたいけど、小心者なので出来ません。                      

大声etc.…うるさいなあとは思うけど、それより先にカッコ悪ぃと思う。
       大勢でのマラニックの帰り、自分たちもかなり騒がしくて迷惑をかけてる。                            

座席の独占…以前、M野師匠が注意した話をブログで書いていて、すごく尊敬してます。
         僕は卑怯者なので、見なかったことにして立っています、きっと。

痴漢…子供が小学生だった頃、通っていた学校に以前勤務していた先生が逮捕された。
     熱心な良い先生だっただけに驚いた。
     こうしてみると真面目な人って損だよな。
     真面目じゃないヤツって、多少悪いコトしたって驚かないもん。

自分が人の行為で腹立てるのは、もっぱらジム。
マシーンに座りながらケータイ触ってるヤツとか。
基本的には若いニーちゃんが多いので、やさしく「ケータイかマシンか、どっちかにしてね。おじさん、それ10秒使うだけだから、ちょっと代わってねボク」と言うようにしている。

お風呂もひどい。
これはオッサンが多いけど、シャワーを後ろに座っているボクにまでかけるヤツとか。
これに対しては「すいません。僕は自分でシャワーできますから僕にかけていただかなくても大丈夫ですよ」と言うようにしている。

水虫や股間をドライヤーで乾かしてるヤツラもかなわんなあ。
なので、ドライヤーを使わず車の窓を開けて自然乾燥で家へ帰っている。      

                  

2012年6月 3日 (日)

読書中感想文2

今日は、ウィニングランさん主催の名松線マラニックに参加した。

何年か前の台風のため、途中から不通になってしまった名松線。
JRはそのまま廃線という計画だったが、これに反対し存続を訴えるという趣旨だった。

が、このマラニックが効を奏したのか、存続が決定したshine

昨年一昨年と参加させていただいたが、いずれもエイドスタッフとしての参加だったので、今回が走るのは初めて。

松阪~伊勢奥津47km。
伊勢奥津~姫神の湯6.7km

天気が不安だったが、雨にも降られず、ほとんどくもりで快適だった。
ウィニングランさん、エイドの皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました。

子供と遊びたいと思うのは犯罪なのだろうか

今日の日本に生きる大人としては非常に心苦しいのだが、世間には悪い大人がたくさんいるから信じてはいけないと子供に教えなければならない。

子供たちと多く接する大人で思い浮かぶのは教員だ。

ロリコンで逮捕された教員がいたのには驚いた。

僕らが子供だった頃にも、あんな教員っていたんだろうか。

子供が好き、と子供が変態的に好きの境界線はどのあたりなんだろう。

こちらも最近は構えてしまって、絶対に触れないようにしている。

なるべく子供と関わらないようにすれば絶対に間違いはないのだが、そもそもこんな事を考えなければならない世の中にゲンナリしてしまう。

子供だった頃、女の子二人のお父さんだった近所の人が「ウチは出来ないから」と言いながらキャッチボールの相手になってくれたあの頃が懐かしいconfident

2012年6月 2日 (土)

読書中感想文

1262_2

作者は北尾トロさんというのだが、以前めざましTVで8時前くらいのコーナーに関わっていた人じゃないかな?

ネコのキャラクター:トロのお散歩日記みたいなヤツ。
記憶はええかげんですので、強くは主張しません。

ま、この人が、こんなことやってみよう、みたいな本です。

あ、下の文章は感想文ですよ、僕の。
ピンクのタイトルは、本の中身です。

第1章:電車で知らないオヤジに話しかけ飲みに誘う
知らないオヤジではないが、今のマンションに引っ越してからず~っと気になっているオヤジがいる。
たぶん65歳くらいかなあ。

僕が仕事に行くとき、よくマンションの前でバスを待っているのだ。

なぜ気になっているかっちゅうと、僕は小学生の頃、電車で通学していたのだが、その頃によく駅で見かけたのだ。

たぶん同じ人だと思う。

小学校5,6年と電車、その後は自転車通学。調律師の修行のため浜松へ2年半ほど。

こちらに戻って仕事を始めた頃には、そのおじさんの記憶は無い。
こちらが出勤する時間帯が違っているだろうし、おじさん自体が引っ越した可能性もある。

そのおじさんを再び目にしたのは24年も前のことだ。
何度、話しかけそうになったことか。

あ、ちなみにむかし電車で一緒だった頃に話しかけたことはありません。

僕が一番危惧しているのは、「昔、松本駅から通勤してらっしゃいましたよね?」と尋ねた場合、「違います」と一言で片づけられることだ。

2012年6月 1日 (金)

5月のまとめ、6月の予定

5月のまとめ

月間走行距離525.6km。

距離強化期間なので、500kmが合格ライン。

500kmとかいうと、よく感心されるのだが、つい恥ずかしくなってしまう。
結果が伴っていないから。

5月のメインイベントは水都大阪100kmだったのだが、目標タイムには遠く及ばずに終わってしまった。

いっそのこと「え?500km?バカですねえ( ´艸`)プププ」と言われた方が、気が楽かも。

体力は下降線をたどっている今、もう少し上手に休みたいものだ。

6月の予定

メインイベントはクアラルンプールマラソン。
スーザフォン担いで走る。

困っているのは、モーティベーションの低下。

4月にパリから帰ってきて、スーザフォンをケースから出したのは、GWの演奏時のみ。

パリの前は半年ほど練習に励んでいたのだが、今はまったく練習する気にならない。

はっきり言ってパリはこけた。

演奏がウケなかった。と感じた。

演奏スタイルを大きく変えたのだが、まったく効果を感じられなかった。

そもそもスーザフォンという楽器はメロディを演奏するのには不向きな楽器だ。
とまた、勝手な逃げ道を作っている。

落ち込むthink

早く立ち直らないと、熱帯の中でのフルマラソン、完走が危ういぞ。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »