フォト

twitter

無料ブログはココログ

« スーザフォンマラソン4本目パリマラソン2日目 | トップページ | スーザフォンマラソン4本目パリマラソン3日目:大会後 »

2012年4月21日 (土)

スーザフォンマラソン4本目パリマラソン3日目:大会当日

夜9時過ぎまで明るいパリ、逆に朝6時は真っ暗。
今朝は暗闇の中、アップに出かけた。

スーザフォン担いでフルマラソンを走るときはアップをしないのだが、なぜだか行かなくちゃって気分になった。

予定では途中で折り返しの3km。
だったのだが、途中でマラソンの準備をしていたので見物兼ねて走った、のが間違い。

道に迷った。

20120415
本来ならスタートして1km辺りをまっすぐ行くのだが、ロータリーでわかりにくく右方向へ行ってしまった。にしても全然方向が違ってる。gawk

バス停の地図やガーミンを頼りに何とかホテルに戻ったが、走行距離は5km近くに。

7時オープンのホテル朝食、今日はマラソン参加者で満員。
仕方ないのでパンとヨーグルトをお持ち帰りして部屋食。

7時45分にホテルを出発。
ホテルを出てすぐ、あすださんグループの方が声をかけてくれた。
なんと以前桑名市に住んでらっしゃったとのこと。

帰国してからのメールでは、なんとさらなるご縁があることが分かった。

次々とパリ在住の日本人の方たちが集まって撮影大会。

しかし寒い。

走れば感じないのだろうが、立ち止まっていると5℃ほどの低温と強風で震えがくる。

4万人規模の大会、通り過ぎるランナーたちから次々と写真のリクエスト。

やがて時間になったのでスタート位置に並ぶ。

動かない。 全く。

10分が過ぎ少~し動くと歓声があがるが、数歩歩くとストップ。

どうやらウェーブスタートをしているのだとか。
おかげで随分たくさん演奏させていただいた。

けど、すでに疲労感がある。1時間半もスーザ担いで立ってりゃ疲れるよな。

そうして待つこと45分、ようやくスタート。制限時間は5時間40分。
計測はグロスだとしたら5時間で走らなきゃ回収されちゃうじゃん。

遅くてもキロ7分はキープしなきゃ、の思いでスタート。

ウェーブスタートだけにスムースに走れた。
スーザフォンを担いでいる時はキロ7分が走行ペースなのだが、今日は6分少々で走っている。
流石に後が心配なので6分半ほどに落とした。

周りのランナーや沿道から声がかかり、時々音を出しながら距離を重ねた。
Paris20

コースは所々石畳。
219
(路面はこんな感じ)

エイドではオレンジやバナナが出ている。
ランナーたちは躊躇することなくあちこちに皮を捨てていく。
ちなみに給水はペットボトル。
これもあちこちにゴロゴロ。

Paris17

さらにはスタート時に身につけていた防寒用のビニール合羽とかも道に捨てられ、それが足元に風に吹かれて舞っている。
足を取られ転倒するランナーも見た。

自分も23kmあたりのエイドでオレンジの皮で滑り、あわや転倒しそうになった。
幸いに、沿道の大柄な男性がスーザフォンごとガシっと受け止めてくれたので転倒はまぬがれた。

確かに足にきている。
けどスピードは落ちる様子がないので、そのままのペースをキープした。

だんだん向かい風を受けるようになってきた。
時折、体ごと後ろへ飛ばされそうになる。

きつい。

30kmが近づく頃にはペースがどんどん落ち始めた。
201204151_2

キロ8分を越えてきたが、歩かないぞと強く思いながら足を動かす。

けど、これが墓穴を掘った。
両足のふくらはぎが完全に攣っている。

エイドで止まるともう走れなくなった。
歩いていてもふくらはぎが攣っている。
膝もいうことを聞かない。
左肩も激しく痛む。

38kmあたり、ついにコースから外れてストレッチすることにした。
5分ほど止まっていたのかな。通り過ぎるランナーたちが次々と声をかけていく。

目立つということは、こんな反動もある。
恥ずかしさMAXだ。

休んだら奇跡的に回復した。

フィリピン国旗を付けたランナーを見つけた。
今回、初めて大会で見かけた。5人参加しているとか。
フィリピン国歌を演奏したら喜んでくれた。

彼も相当足が痛そうで、先行したり止まったりの繰り返し。

もう一人のフィリピンランナーが現れ、またしばらく話をしながら走る。
彼はアーミーでドイツに滞在中とか。

ずいぶん楽になった。

大阪から参加の女性から塩飴をいただいたり。

もうゴールは数キロ。

ゴール100m前から聖者の行進を演奏。
で、ゴール。

タイムはスタートの待ち時間45分を加えたグロスで6時間10分ほど。
ネットは5時間23分だった。

今までのスーザフォンマラソンで一番厳しい大会となった。

Paris8

Paris4

Paris10

ゴール後は写真のリクエストに応じたり、ゴールドコーストで知り合った東南アジアのランナーたちと話し込んだりしていたら寒さでガタブルになった。

6月のクアラルンプールマラソンでの再会を誓い、ホテルに戻った。

今回の失敗は直前の走りすぎかな。

ま、コースは絶景だし楽しかったからヨシとしよう。

« スーザフォンマラソン4本目パリマラソン2日目 | トップページ | スーザフォンマラソン4本目パリマラソン3日目:大会後 »

大会」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした~! すごいです~! もうすっかり国際エンターテイナーですね! パリのランナーもびっくりしたことでしょう。ラストで聖者の行進なんて、かっこよすぎます。本当におつかれさまでした。あらためて脱帽です。すごいです。

レオさん!お疲れさまでした。アップで道に迷ったのもスタートであれだけ待たされたのも想定外でしたね。私も日の丸をつけた大阪から来たと言っていたお嬢さんから塩飴をもらいました。
それにしても11キロものスーザフォンと一緒にあれだけの距離を走って翌日も走れる回復力には驚きです!これからも世界中の人々を驚かせてやってください。

のらのすけさんへ

パリマラソンは沿道にたくさんのブラスバンドがいました。
スーザフォンも5~6人は見ました。
数回一緒に演奏もさせていただきました。
来年はきっと何人かがスーザフォンを持ってフルマラソンを走ると思いますhappy01

Kevinさんへ

あの塩飴は助かりました。
かなり復活しました。
あの方としばらく話しながら走りました。
女性と話すと力が出ますね。

翌日たくさん走れたのは、パリの魅力のせいですよshine

レオさん、お疲れ様でした~
完走おめでとうございます♪すごくかっこいい(o^-^o)
画像見てるだけだと綺麗でいいなぁ~って思うけど、実際は厳しいコースだったんですね!
日本のアスファルトが一番やらかくて走りやすいそうですね、外国は足を痛めやすいと。
っていうか、また再来月海外マラソン?!うらやますぃ~!

Mieさんへ

フラットだし景色がいいので、走りやすい方と思いますよ。
僕は自爆coldsweats01
大阪と神戸、申し込みました。
両方はずれたら、海外3本目に行くかもhappy02

レオさん お疲れ様でした。
スタート直後に、声をかけさせて頂いた者です。
無事完走 おめでとうございます。

スタート直後から、シャンゼリゼ通りの沿道の人々に、
演奏を披露されていましたねnote

私も、大阪の女性の方に、
スタート地点で塩飴を頂きましたよ。

スーザフォンを担いでのフルマラソン。
すごいです。本当にすごいです!!

みやみやさん

お疲れさまでした。

パリのエイドは期待しない方がいいですね。

またどこかで見かけられたら、声をかけてくださいね。
ありがとうございましたhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/44898663

この記事へのトラックバック一覧です: スーザフォンマラソン4本目パリマラソン3日目:大会当日:

« スーザフォンマラソン4本目パリマラソン2日目 | トップページ | スーザフォンマラソン4本目パリマラソン3日目:大会後 »