フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 明日、帰ります | トップページ | ケーキバイキングラン »

2011年7月 6日 (水)

帰ってきました。:ゴールドコーストマラソン2011

003
今回乗った飛行機はジェットスター
近ごろ流行りの格安運賃航空会社だ。オーストラリアのフラッグシップ、カンタスが運営している。
飛行機代が安い代わりに、通常は無料の食事や飲み物、映画とか毛布とかが全部有料。

無料預かり荷物の重量制限のことでふと思ったが:通常は20kgまでOK。もちろんここもそうだけど、多少オーバーしていてもよほど混んでない場合以外は10kgくらいはおまけしてくれるっていうのが僕の認識。
今回は総重量28kg。ま、スーザだけでもケース込みで13kgはあるからそんなもの。
なんと、8kg分請求された。1kgあたり1500円coldsweats02
交渉した末、1kgだけまけてもらえたが、乗る前から10500円も払わされてしまったcrying
帰りはリュックにしっかりと詰め込んで、見事20.1kgで計量をパスしたのでありました。
我ながら、お見事

004

005
こんなかんじで、すべてに金額が記載されたメニュー。

ま、乗っている時間帯は寝ているような時間なので、乗り込む前にしっかりと食べました。
もちろん朝食べるものも買ってconfident
ただ、今って100ml以上の液体は機内持ち込み禁止なので、ビールとかペットボトルの飲み物とかはもちろん×

と思ってたら食事が出たwobbly
007

食べ疲れてしばらくsleepy
ふと目を開けたら朝食を配っている。
深夜2時半に配られてもなあ。さすがにパス。

今回のパッケージツアーって食事付きだったのね。行程表に書いておいてね、H〇Sさん。

飛行機代が安いと言っても、サービスはごくまっとう。
笑顔で接客するし、てきぱき動いてくれます。
過去の2回はカ〇タスだったけど、むしろこちらの方がCAは親切な気がする。

関空からの便は、日によってケアンズ経由。
この日、行きがケアンズ経由だった。

ケアンズまでが約7時間。乗り継ぎの待ち時間が約2時間。
そしてゴールドコーストまで約2時間。

011
お腹がすいてきたので空港で両替してサンドイッチ購入。
ゴールドコースト空港内の両替所、レート悪いです。それもかなり。
市内の良いところに比べると1割以上安いです。
わかりやすく言うと、1万円をオーストラリアドルに替えると8500円くらいになって戻ります。
できれば、市内で両替しましょう。

ホテルでのマラソン説明会後、走ってマラソンのエントリー受付へ。
017
4kmくらいあるかなと思ったら、意外に近くって2.6kmでした。
サーファーズパラダイス宿泊なら走っていきましょう。

エントリー受付と並行してマラソンコンベンション開催中。
021 
スーザフォン持ってフルマラソン走るのは不純な動機もありますので、各ブースを回りながら名刺を配ります。

旅行会社を通してエントリーした人は、ここへ来る必要がないけれど、なかなか面白いので是非来ましょう。
歩いてもサーファーズから約30分です。

028
エントリー場所から近いショッピングセンターパシフィックフェアへ行ってランチ。
027
チキンホットロールだったけな?全然ホッとじゃないですけどおangry
それにしても、オーストラリアって物価が高くなったなあbearing
オーストラリアドルって米ドルより安いって認識だったけど、今は1ドル95円くらいするんだね。
前に来たときは米ドルが100円くらいで豪ドルは70円くらいだったけど。

帰りはバス。
ゴールドコーストで初めてバスに乗った。
030 (料金払うと、こんなチケットをもらう)

僕は日本でさえバスって苦手。
大体からしてバスストップの名前がわかんない。
僕の前に乗り込んだオーべー人が言った場所がホテルに近いとこだったので、同じことを言って料金を払った(ここのバスは自分の降りる場所を言って、料金前払い)。

033 034 035
ホテルはマントラレジェンス。
コンドミニアムタイプのホテルで、電子レンジや食洗機、IHクッキングヒーターもついている。

ま、こんな初日でした。

大会が終わって

一緒のツアーに参加していた人から、新聞に写真がでっかく載ってるよと教えてもらった。

003_2
(右ページの優勝したランナーよりでかいぞ)

004_2

今回参加の主目的は、日本の元気を伝えること

オーストラリアの人たちに、日本ってそろそろ行っても大丈夫そうかなと思ってもらえただろうかhappy01。 

« 明日、帰ります | トップページ | ケーキバイキングラン »

大会」カテゴリの記事

コメント

間違いなく、いっぱい伝わったでしょう!!

写真でかいし~(笑)

スポーツ、音楽に国境はないですもんねwink

改めて、レオさんの芸人根性をリスペクト~happy02

おみごと~、おみごと~(v^ー゜)ヤッタネ!!

新聞の写真、おもいっきり元気なオーラがでていてGOODですね。日本の元気、オーストラリアの人達にもしっかりと伝わったと思います。オーストラリアの人がひとりでも多く伊勢にも遊びに来てくれるといいな。

やりましたね!レオさん、そして頑張るニッポンが見事トップランナーですね!

たかさんへ

この写真はビックリでした。
反応は大きいなあとは思っていましたがcoldsweats02

よく音楽に国境は無いと言われているのですが、オーストラリアでなんの曲かわからなくて悩みました。
オーストラリアにホームステイしていた娘によると、国歌よりWarzting Matildaと言う曲をみんなよく知っているというので覚えていきましたが、あまりウケませんでした。
途中でくっついて走ってきた小学生の集団に聞いたら、一人だけが知っていて、年寄りだったら知っていると言っていました。
いっきに疲労感が…

M野さんへ

スタートする前とゴール後では皆さんの反応が全く違いました。
ゴールしてからテントまで100mくらいあるのですが、次々と記念写真のリクエストがありました。

あかつきの普通電車さんへ

多くの人は、最初だけ演奏をしてすぐにスタッフに楽器を渡すと思っていたようです。
ゴールしたことに驚いてみえました。
20kmくらいから苦しくなっていましたが、皆さんの考えていることはわかっていましたので、しっかりと根性出しました。happy01

のらのすけさんへ

途中で地元のバンドと3回ほどセッションをしました。
オーストラリアであれほどデキシージャズのミュージシャンがいるとは思いませんでした。
けど、できれば5時間でゴールしたかったです。coldsweats01

写真のしたの英語みたいなのは何てかいてあるんでしょう?
それにしてもでっかい写真で
やりましたねぇぇぇ!!!

なんだかウチまでうれしくなっちゃいまーす

カナさんへ

Enterprising Hiroshi Kato ran the 42km distance with a sousaphone to add special sparkle
 
to kaite arimasu.hiragana no ichibu ga kakenakunarimashita.Keyboard ga koshou shita youdesu.coldsweats02

レオさん!早速マラソンのムービーを作ったよ。見てみて下さいね。
http://ecotourguidekei.go-jin.com/e22862.html

ゴールドコーストのkより

kさんへ

素晴らしい出来ですねhappy01特に僕がラストシーンってとこがいいですねhappy02

ふんどしのランナーは友達になりました。彼にもおしえたいと思います。
2018の女性は可愛かったですね。スタート前にしばらくお話ししました。また見られてうれしいです。

僕のブログに貼らせて下さいねshine

 お帰りなさ~い(^O^)/
レオさん、ますます有名人ですね♪

 私は、やっとリコーダーの練習に入りました(^^ゞ

 なんとか、レオさんのレパートリーを吹けるように頑張りま~す♪

こりんさんへ

はやく曲名とキーの一覧表を作ります。
ひえーー!もう来週だ~coldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/40697723

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきました。:ゴールドコーストマラソン2011:

« 明日、帰ります | トップページ | ケーキバイキングラン »