フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

気分がめいったときは、いっぱい食べよう

「震災後、どうも気分がすっきりしない。」というのは自分だけではなくて、かなりの数に及ぶ日本人がそんな状態だ、とネットで見た。

解消法としては、たくさん食べるというのが一番効果があるとも書いてあった。
被災地では皆さん食べられないだけに後ろめたさがあるのだが、「え~い、この際」と息子、息子の彼女を連れてウナギを食べに行ってきた。

ウナギと言えば津、そして大盛りと言えば新玉亭
そう、新玉亭のタワーのようなうな丼を食べに行ったのだ。

003
注文したとき、かなりしつこく「大丈夫ですか?」と聞かれた。
ご飯の重量は1.3kgあるらしい。

006
さすがに三人とも完食はならず、残りはお持ち帰り。

帰宅後テレビでサッカーを見て、そのあと走りに行ったが帰ってきてもまだ満腹。

被災された皆さんに、一日でも早くお腹いっぱい食べられる日が戻ってくることを心から祈ります。

2011年3月27日 (日)

ウィランさんマラニック

ウィランさん企画のマラニックに参加させていただいたshine

考えてみれば、初めて単身でウィランさんの企画に参加。
タイム的には自分が一番遅いわけで、伊賀越を含むハードなコース、皆さんに迷惑をかけてしまうのではないだろうかsad。というのは走り始めてから気がついたflair

今日のコース
20110327
津駅~旧上野市街地のコース。

1-5km 618-538-941-551-546(33'28)
201103271
連日の飲み疲れからか、体が重い。
津駅前でsaiさん、いくさんに待っていただき、荷物を車に積み込んでいただいて身軽になり、saiさんと二人でスタートrun

約2km離れたマックスバリューで皆さんと合流して、ランナー7名、美熟女お二人のサポートでマラニックの始まり。

6-10km 533-524-522-535-1226(1:08'21/34'53)
201103272
ご自身宣言通り、好調キープのRUN太郎さんが常に先頭で引っ張る。

11-15km 549-543-547-549-536(1:36'38/28'17)
201103273
コースはゆるい登り。
無理のないペースで話をしながら進むcatface

16-20km 1053-943-527-516-509(2:13'31/36'53)
201103274

013
伊賀越ハーフのコースに向かっていく。
途中トンネルが3つあり、ガーミンの計測がややおかしいgawk
亀の子さん、ここでお別れpaper

21-25km 1024-540-535-543-613(2:48'02/34'31)
201103275
このあたりは昨年の夏に何度か走ったコースだ。
だんだん勾配がきつくなりタイムが落ちる。
息が苦しいwobbly
RUN太郎さん、みきさん、みやびさんが楽々とはるか前方を走っていく。

26-30km 1331-716-945-512-820(3:33'51/45'49)
201103276
みやびさんと30km地点でお別れpaper
故障中ながらも一緒に走ってきたsaiさんは、ここからサポート車へ。

31-35km 513-512-504-1322-520(4:08'30/34'39)
山道を終え、コースは国道163号線に出た。
一路旧上野市街地に向かって、ゆるい下りが続く。
絶好調RUN太郎さんに引っ張られて、マラニックとは思えないペースで走るhappy02

36-40km 521-512-509-517-1216(4:42'04/33'34)
201103278
晴れていると思うと曇ったり、時折雪がちらつく安定しない天気。
風が強くなってきた。

41-45km 530-538-539-600-549(5:10'47/28'43)
201103279
僕は疲れが出てきた。
距離的にはまだ余裕があるはずなのだが、伊賀越の峠越えが影響しているのだろうか。
RUN太郎さんとミキさんは、はるか前方で見えない。

46-50km 1137-540-540-623-610(5:46'22/35'35)
2011032710
毎度毎度だが、今回も質、量ともに充実したエイドでお世話になった。
お腹はいっぱい。
エネルギー切れとは無縁だconfident
疲労してはいるが、ペースは大して落ちていない。
市街地に入り、信号待ちが増えてきてタイムが遅くなっている。
7人でスタートしたが、RUN太郎さん、ミキさん、マサさん、僕の4人に。

51-53.1km 644-628-834(6:05'34/19'12)
2011032711
名阪国道沿い、伊賀の湯でゴール。
皆さん、お疲れさま。

014
田楽とビール、おいしかったです。

017
これは伊賀鉄道って名前かな?
この車両は、新聞で見たことがある。
いたるところに忍者のオブジェがあったりで、町の特色作りに取り組む様子が伝わってきた。

015
車両室内灯には手裏剣が。

saiさんと中川まで共にtrainに揺られ、帰途につきました。

みなさん、お世話になりました。
ありがとうございました。
このお礼は、いつかまた体でご奉仕しま~すhappy01

2011年3月23日 (水)

プロ野球

セリーグの開幕日程について、かなり論議が交わされている。

当初の予定よりかはやや遅らせているものの、被災したチームがあるパリーグよりはかなり早い。

某人気チームの会長が「野球で被災地を元気づける。」とか言って強行に開幕をごり押ししているらしい。
この発言について、野球好きの自分ですら相当な違和感を覚える。

この会長が言っているのは、戦後の復興期のことだ。

まず、当時と今を比べると、娯楽の量、バリエーションがまるで違う。

戦後10年以上経って生まれた自分が小学生の頃、確かに夏休みなんかはずっ~と高校野球を見ていた。
なぜならば、他に見るものやする事の選択肢がプアだった。

今は野球に頼らなくても、他に楽しいことはたくさんある。

もう一つの理由として、当時の野球選手は戦争から帰ってきた人ということだ。
彼らも同じ苦しみを体験してきて、そのうえで野球をやっている。

彼らが頑張っているんだから、自分たちも頑張らなければという想いが日本国民全員にあったと思う。

ドーム球場が多くなった昨今、デーゲームでさえかなりの電力を消費する。

首都圏の計画停電が解消してからでも、プロ野球開幕は遅くないと思う。

話は変わるが、今日の朝刊を見たら番組ページが従来の場所に戻っていた。
全てのことが、一日も早く元通りになることを切望している。

2011年3月20日 (日)

名古屋チャリティランin名城公園

ランアップさんウインドアッププラスさんの呼びかけで、このたびの大震災被災地を励まそうとチャリティランが開催された。
001

当初行く予定だった大会が延期になったため、迷うことなく参加させていただいた。

さて、問題はスーザフォンを担いで走るか否かthink

開催にあたっての告知を読むと、おふざけじみたことを一切排除したい気持ちが行間からあふれ出ている。

自分としてはおふざけという意味ではやっていないが、人様が見た場合はいかがなものだろう。

ところが昨日、バカ自慢のライバルLeader1101さんからメールがあり、ウサギの着ぐるみで走るとの宣告があったcoldsweats02
Meijo4

バカ自慢で負けるわけにはいかない(もちろん東北を応援する気持ちが大事)rock

Meijo3
さっそくメッセージボードを作り、参戦してきた。

各地で大会が中止とあって、多くのランナーが集結。
主催者発表では、なんと約500名が走ったらしいhappy02

朝10時から始まったイベントは、キロ5,6,7,8分とウォーキングに分かれてスタート。
Leaderさんも僕も7分グループ。
途中で同じグループのお一人がタイガーマスクに変身。
僕らのグループだけ、色物軍団にcatface

13km近く走ってチャリティラン終了。
引き続き行われたジャンケン大会では、見事勝ち抜いて賞品ゲット~scissors
Meijo1
買おうか迷っているうちに残り少なくなっているらしくて、かなりもらって嬉しいlovely

また、多くのラン友さんが集結していて、たくさん話ができて嬉しかった。
朝、会場到着して勝手がわからず、スーザフォンを遠慮気味に吹いていたらRaxさん(ジョグノートでリンクしてないもののお名前だけは知っている)から声をかけていただいたり、あこぶーさんから
Meijo2 をいただいたり(好きな味でした)。
先日のサイパンマラソンでお会いした方に再会できたり、メールだけでのお知り合いだった名古屋RJFさんにもお会いできた。

震災の報道で落ち込んでいた気持ちが、かなり盛り上がったup

盛り上がったので、地元へ帰ってからカモシカハーフのコースも走った。
被災地の皆さんを応援する気持ちを持って、毎日頑張って走ろうと思う。

主催者様、後援の名古屋RJ様、どうもありがとうございました。

2011年3月17日 (木)

坂本 九

今日は早朝6時半から調律coldsweats02

4時にセットしたアラームを止めて、ケータイ画面を見る。
1月末から使い始めたケータイは、お天気が画面に出るのだgood

なんと、雪がちらついているではないかwobbly

外を見ると、確かに暗い中でも道が白くなっているのが認識できたsnow

テレビで震災の状況を見つつ、ウダウダしながら朝食を済ませ6時に家を出た。

駐車場に着くと、車の窓はバリバリに凍てついている。
しばらく暖機運転をして窓の凍った雪を溶かし、ようやく出発car

駐車場を出てすぐ、フロントガラスもリアガラスも雪がへばりついたままの対向車が接近してきたeye
クラクションを鳴らすと、弾けたように進路変更をしてくれた。
もう少しで突っ込まれるところだった。まったく見えてないのに、運転するなよangry

道中はアイスバーンの連続。
最近は暖かくなっていたので、スタッドレスをノーマルに替えた車も多いと思う。
途中から四輪駆動車が前をノロノロ走っていて、時間がかかった。

けど、スタッドレスの自分も時折横滑りしている。

調律の現場は学校の体育館。
係員さんが鍵を開けてくれた体育館は冷蔵庫のようだcrying

この時期は学校の調律オンパレード。
学校で調律をしていると、思い出したくない学校勤務の人を思い出すので気分が激しく滅入ってくるdown

7時半に調律を終えたが、次の調律が10時からなので伊坂ダムへ行って1時間ほど走った。

午後からも小学校で夕方まで調律。
明日が卒業式なので、職員があわただしく作業。
またまた、嫌な想い出でディープブルーに。

嫌な気分のまま帰宅。
夕食用に前夜下ごしらえして、ルーを溶かす作業だけを先週から同居中の息子に頼んでおいたカレーを食べる。
なんだか色が薄い。
味も薄い。
前の晩に、酔っ払って作ったためだと諦めて食べたthink

後かたづけをしながらふと見ると、カレーのルーが半分残ったまま。
そりゃ薄いよなあdespair
気持ちは更にディーパーブルー

しばらくして帰ってきた息子を、叱る気にもならず今後の同居生活について語り合う。

こちらは、程良く酔いがまわってきた。

DJをしている息子、オーディオやジャズ、坂本 九について語り始める。
自分も息子の年齢だった頃を思い出し、だんだん気持ちが回復してきたup

酔っ払いながらスーザフォンを吹いていたら、元気になったhappy01
ま、ご近所迷惑です。

話題は変わって

日曜日に視察ランする予定だった某マラソン大会は中止。
このため、日曜日は名城公園で行われるチャリティランに参加して13km走った後、四日市の満殿の湯までマラニックの予定。
天気次第だけど、お暇でしたらご一緒しませんかcatface

2011年3月14日 (月)

息子の近況

一年留年していた息子の卒業が決まった。

本来なら安堵しつつ大喜びするところだが、そうはいかない。

彼は、高校英語教師として昨年も今年も行き先が内定していた。
ところが、卒業できる単位は取れたものの英語教員資格の単位が取れなかった。

従って内定は取り消し。
今後は、履修生として同じ大学へ週1度、7月まで通う。

ただ、社会科の教員資格を持っているので、臨時免許をいただき、4月から市内の小学校へ非常勤講師として通うらしい。

公私ともども知り合いが多い市内の小学校。
不出来な息子で恥ずかしいなあと思う反面、大きく成長してくれればと期待している。

2011年3月11日 (金)

サイパンマラソン:大会編

風邪をひいたのか、はたまた花粉症復活なのかボーっとしている。
症状は鼻水鼻詰まり、喉の痛みに咳。
熱は測っていないので、わからない。

ボーっとしたまま、サイパンマラソンを大会面から振り返りたい。

この大会のエントリー費は8000円。
前日の受付の際、パスタとトーストのランチボックスをいただく。
当日レース終了後は、6時半からブッフェスタイルのフェアウェルパーティー。
097

この大会は、吉本主催かと思うほど芸人さんが一杯。
060

ちなみに、ギャル率は相当高い。
たぶん半分は30代までのギャルかもしれない(断定は出来ないが、たかさんチェックね)。
056

カンペーちゃん始め、ナベアツ、タムケン、このあたりは僕でも知っている芸人さん。
他にもたくさんいたから、吉本ファンならマスト参加。

スタートは4時半。日本時間は3時半。
大会前夜は、いただいたパスタを食べて、6時半には寝た。

ところが10時過ぎに目が覚めてしまい、とうとうもう眠れなかった。

時間からして当然だが、真っ暗な中でのスタート。
058
交通区分の関係か、コース上にコーンが突如として現れる。
倒れているのもあったから、ぶつかったランナーは何人かいると思う。

7kmを過ぎた辺りから10km過ぎで折り返してくるトップグループのランナーがすれ違う。
こちらも狭いコースの中、暗闇からニュッとランナーが現れるのでビックリした。

前半はまだ暗くて涼しいので、エイドは少ない。

後半はエイドがいっぱい。ときどき1km離れていないときもあった。
Saipan1

コース沿道は応援の人々がとぎれない。通り過ぎる車からも窓から上半身(下半身だったら危ないよなあ)を出しながら応援してくれていた。
もちろん常に応援に応えたり、立ち止まって写真撮影に応じたり。
073

エイドにはスポーツドリンク(ゲータレード)、水、スポンジ、オレンジやバナナなどが豊富だった。

ちなみに、この大会、時間制限は無し。
参加者は800名ほど、内フルは400名程度。
値段的にも高いホノルルに行くのなら、こっちでもいいよなと強く思った。

レース後は5時頃から吉本お笑いライブ。
その後は表彰式。
099

各部門ごと1位が表彰対象。
ただしフルとハーフの総合部門は6位までが表彰されていた。

そして、なななんと、フルの優勝者には1000ドルの賞金が出た。
104

自分はベストパフォーマンスとか仮装部門(昨年はありました)の優勝を狙っていたのだが、今年はそんな賞が無かったsad

暑いし、コースは狭いしで記録は出にくいが、旅行がてら出かけるには本当に良い大会だと思う。

皆さんも宴会がてらいかがでしょうshine

2011年3月 9日 (水)

サイパンマラソン:テレビインタビュー

こちらもまたまた、ヤシさんご提供です。

http://www.youtube.com/watch?v=b4jpk9yewJs

日本サイドは、この会社が撮影して各放送局に配信するそうです。

走っている最中も撮影してました。

どっかで放映してくれるといいなあ。

2011年3月 7日 (月)

サイパンマラソン:動画

動画を貼ります。ヤシさんのご提供です。
ありがとうございました。

http://www.youtube.com/watch?v=UQPeiSULbfU

サイパンマラソン:旅行編

今回のサイパン旅行は、3泊4日。

一年のうちで最も忙しい最中、平日に休みを取るのは自殺行為だと今あらためて感じている。

先方に無理を言って、早朝7:15より調律開始。
9:00に2軒目へ移動。
こちらは2台のうち1台がキャンセルになり、少々時間が空いたので中央緑地へ行って7kmだけ走った。

1時ごろ帰宅して雑用をこなしていると、友人より雪が降っているので早く出たほうがよいとの忠告が。
えーっ?山のほうなら降っているかもしれないが、と思いながらも心配だったので、予定より一時間ほど早い3時半ごろ自宅を出た。

出発の日、3月3日は夜8:50のフライト。

セントレアには少々早く着きすぎたが、今回はビジネスクラスでの飛行。
久しぶりのビジネスラウンジを楽しんだ。
005
今回よ~くわかったが、よほど何回か体験しないと海外レースでは期待するようなタイムは出ないと思う。
ここで、もう既に2週間に及んだ節制が消え去った。
ビールはもちろんのこと、お菓子やパンを食べまくった。

飛行機に乗ったら、すぐに夕食というのもわかってはいたのだが。
018
おいしいイチゴタルトだった。

飛行機内では缶ビールと赤ワインを飲んだ。
ビールをもう一本頼んだら拒否された。
食事だけ配っている人だからかな?と良いほうに解釈したが、ひょっとしたら一本限定なの?

深夜1時前(日本時間12時)にサイパン到着。
宿泊先にピックアップしてもらう。
同乗者は成田からの便で到着した方。やはりマラソン参加との事。
話をしていたら、なんと川越町のご出身。
翌日の試走と、ヤシさんにお世話になる観光にお誘いした(ちなみに男の人)。

15分程度でホテルに到着。
025
部屋はけっこう広い。
スタート地点まで徒歩3分ほど。大きなホテルなら、ホテルから出るだけで5分はかかるので、こじんまりとしたこのクラスのホテルのほうがやはり便利だ。

ただ、大きなホテルなら何処でも見られるNHKは映らなかった。
インターネットも可とのことだったが、部屋では電波が弱くロビーまで行かないとできなかった。
一泊約5000円ほどだった。

飛行機の中でたくさん寝すぎて3時頃まで眠れなかった。

翌日3月4日は朝8時起床。
近くのABCマートまで近所の散策がてら朝食の調達に行った。
もう少し足を伸ばせば、開いているレストランがたくさんあったのに気がつかなかった。

10時にロビーで川越町出身のH塚さんと 待ち合わせ、試走に出発した。
暑い。30℃はありそうだが、日本の夏を思えばたいしたことは無い。

地図を持たずに出たので、スタート地点もコースも確認できなかった。
結局半分以上はコース以外を走ったが、住宅地も通ったため地元民とのふれあいも出来た。
なんせスーザを担いでいるので皆さん興味津々。
通り過ぎる車も、ほとんどがクラクションを鳴らしながらgoodでニッコリ。

3kmほど走ってホテルに戻り、H塚さんとは一旦お別れ。
別の豪華なホテルに宿泊する友人に連絡して、一緒にランチ。
009
そのあと、早くもお土産の買い物。
014
マラソン後は動けないかも、という心配が現実になったのでこれは正解だった。

ヤシさんと約束の2時半、初めてお目にかかる。
同じ年とは思えないほど若々しい。
ヤシさんとはジョグノート経由で知り合った。

ヤシさんのご好意で、この日はコース案内と観光に連れて行ってもらった。
019
日本からのコース下見ツアーだ。最初の折り返し地点を見ている。

ヤシさんが観光案内のお礼を固辞されたので、ヤシさんからいただいた親切は機会があったら誰かにしてあげようと思う。

020

036
第二次世界大戦時の集団自決跡とかの、もっぱら戦争関係がサイパン観光のメインだ。
当時集団自決した方々が、死ぬより恐れたものはなんだったんだろう。
生き恥をさらす事だったのだろうか。
今の時代にはありえない感覚だったのだろう。
今の日本に、世間に恥という言葉は無くなってしまったように思う。

それにしても、海の青さが鮮やかだ。
フィリピンあたりの海は碧いという感じだが、サイパンはまさに青。真っ青。

ヤシさんのおかげで、単なるマラソン旅行が素晴らしい観光旅行に変わった。
ヤシさん、本当にありがとう。感謝しています。


マラソン会場へ行き、エントリー。スパゲティのランチボックスをいただき、会場で諸注意を聞きながら食べる。
既に時間は5時半。もう夕食は無理だなってことで解散。
ホテルに戻りビールを飲み、6時頃に寝た。

レースの様子は記載済み。大会全体の印象は後日また。

2011年3月 6日 (日)

サイパンマラソン:レース編

サイパンは年中暑い。
昼間に走るのは、どう考えても体に悪い。

なので、おバカ企画でも真夏は深夜に走ったりするのと同様に、この大会もまだ暗い早朝というか深夜4時半(だろ?日本時間は3時半)スタート。レース中の写真はヤシさんにご提供いただきました。

スタートの40分前くらいにスタート地点でヤシさんや、ヤシさんと共に前日観光に出かけた皆さんと合流。

早すぎたのか、まだ人がまばらだったが、ヤシさんのリクエスト曲を演奏する間に少しずつ観客が増えてきた。

いつものように、たくさんの方に驚いていただいたりテレビのインタビューを受けたり、記念写真を撮ったり。

048

スターターはカンペーちゃん。
彼の人気で今回の参加者は昨年の倍以上の約800人とか。
4時半になって一斉スタート。

063_2 

0-5km 644-634-636-631-702(33'27)
小布施に比べると約1kg重くなったスーザフォンだが、比較的スムースに足が動いた。

6-10km 637-630-642-718-634(1:07'07/33'40)
小刻みなアップダウンが続く。
まだまだ真っ暗で、ときどき出現するコース上のコーンにぶつかりそうになる。
066

11-15km 630-613-621-625-643(1:39'20/32'13)
6時を過ぎて、空がやや白くなってきた。

072

16-20km 621-621-644-611-613(2:11'10/31'50)
あとから振り返ると、やや飛ばしすぎたのかもしれない。
「いつもこれ持って走っているんですか?」と何度か質問された。
さすがにそれは恥ずかしいです。

21-25km 639-607-624-717-701(2:44'38/33'28)
コースは繁華街横を抜け海辺を走るコースへ。

20110305

26-30km 636-731-654-734-828(3:21'40/37'02)
エイドの間隔が短くなる。
通り過ぎる車、沿道の応援がすごい。
頑張って全てに応えた。
少し脹脛が攣りかけている。

31-35km 740-917-829-913-945(4:06'04/44'24)
30km過ぎで折り返し同じエードをまた通る。
エードの皆さん、今度はカメラを用意。
全てで記念撮影会。
エードのスタッフはほとんどフィリピン人。
タガログ語で話をしたら驚かれた。

ゆるい登りと向かい風。絶対歩くもんか、という思いがもろくも崩れる。

36-40km 907-1016-930-937-957(4:54'31/48'27)
歩いたり止まって記念撮影したり、たま~に走ったり。
声援がすごいので苦しい顔は見せたくない。
ずっと笑顔で行くぞ~。

演奏してごまかす。

41-goal 1018-957-030(5:15'38)
ゴールまで約1kmで初フルの友人に抜かされた。

残り約100mを演奏しながらゴール。
074

ゴール後は記念撮影、テレビのインタビュー。
078

終了後、しばらく足が攣って動けなかった。

2011年3月 4日 (金)

サイパン到着

カンペーちゃん人気なのか、セントレア発サイパン行きの飛行機は満員coldsweats02
一ヶ月ほど前に飛行機を予約したとき、既にエコノミーは満席だった。

でもって、今回はビジネスクラスshine。エコノミーと比べると6000円高いだけという、お得な価格設定。

006
セントレアのビジネスラウンジは初めて入るなあ。

004
貧乏性なもんで3杯も飲んじゃった。
2週間に及んだ食事制限は灰となって消えたcoldsweats01

009
シートが広くって楽。

012
久しぶりの夜フライト。
名古屋の夜景もきれいだね。

015
貧乏人の悲しいサガで、ついハシャイでしまうなあ。
ビールのグラスもプラスティックじゃなくてガラスだし。

022_2
今回は、この格好で飛行機に乗った。
気合を入れるぞ、おーsign03

024
深夜1時過ぎ、ホテルに到着。
ホテルに着いて、すぐに楽器のチェック。
しっかりと梱包はしたけれど。
トラブル無くって良かった。ちゃんと動いたぞhappy01

スーザフォンって普段はこんなふうになっている。

027
今回宿泊のビクトリアホテル。
スタート地点のすぐそば、繁華街の中とロケーションは満点。
中身はショボイdespair

現在、朝9時前。
まだ、そう暑くはない。

さあ、スーザフォン担いで3kmほど走ってこようrun

 

2011年3月 2日 (水)

2月のまとめ、3月の予定

2月のまとめ

月初めの口熊野では、たった1分程度ではあるが、なんとかPBを更新できた。
更新幅は年々小さくなっている。
年齢的には既に下降線なのだから、PB更新しただけでも喜ばないといけないなあconfident

業爆中ではあるが、走行距離はなんとか400kmを突破scissors
通常の月より3日少ない上、繁忙期。2月に400km以上走ったのは初めてだと思うhappy01

腰痛は大会当日、スタート直前。ひどくはならなかったので良かったcoldsweats01

インフルエンザが流行っているが、かからずに乗り切れた。
そこそこ充実した練習が出来たと思う。

3月の予定

あまりブログでは触れなかったが、明日サイパンへ行くairplane
3月5日にフルマラソンを走るのだ。

あんな暑いところで良い記録が出るはずはない。
それなのに何故行くのか。

理由は、スーザフォンを担いで走るからgood

そうです。スーザ担いでの初フルマラソンですshine

この大会、先日世界一周ランでゴールしたカンペーちゃんの冠大会だ。
精一杯、メディアにアピールしてきたいと思う。

今月も業爆継続中だが、ランの方は予定が詰まっている。

12日は津まで約30kmの合コンマラニック(ようわけわからん、でしょうがsmile)。

20日は秘密の遠征フルマラソン。

27日は、明言できないので名は伏せるが、某ランニングチームのフルマラソンに参加させていただこうかなと思っている。

ギックリ腰とインフルエンザに気を付けて業爆を乗り切りたいと思います。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »