フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

晦日ラン

OBKも遂にここまできた。
真冬のマラニック。

早朝6:04近鉄四日市発鳥羽行き急行に12人も乗り込んだ。
五十鈴川まで行き、内宮~足神さんを参拝し四日市まで約75kmコース。

008
五十鈴川駅前でM野師匠の諸注意を聞き、ユルユルと内宮に向かってスタート。

025
ひとけの無いおかげ横丁を走り抜ける。

031
おや?○かさんが警備の人に連行されそうだ?
皆、不安な表情で見つめる(ウソです)bleah

038
皆さん祈ることがたくさんあって、参拝に随分時間を費やしてからようやく再スタート。

041
松阪駅から走ってきたあかつきの普通電車さんと合流。

046 
たかさんのリクエストにより、松阪市内のラーメン屋さんで昼食。

重くなったお腹を抱えながら、再スタート。

時折、薄日が差して暑い。
と思っていたら、風が強くなってきた。

午前中、別の走り納めに参加していたヒロさんから、四日市をスタートしたとの連絡あり。
白子辺りで合流の予定。

津市に入ると、先日お世話になったウイランさん所属の鱸さんが応援に駆けつけてくれていたhappy02

その後、鈴鹿市内走行中のヒロさんから雨が降り出したのでカッパを買ったとの事。
こちらは津市内に入ったところだが、まだ雨は降っていない。

が、すぐにポツポツときたと思ったら次第に強く降ってきて、遂に断念bearing

津新町から電車で移動することに。
ところが四日市市内で列車事故があり、ダイアが混乱。
とりあえず到着した電車に乗ったものの津駅で動かなくなったannoy

ここでM野師匠サスガの素早い判断により、JRで移動することにflair

052

JR四日市駅に到着すると雨が止んでいたので、ゴールの満殿の湯を目指して再度走ったrun

途中で会えなかったヒロさんは、突如現れたトシさんと共に鼓が浦~白子間で電車に缶詰になっているとの事(その後、奥様のご好意でゴールまで車で送ってもらった)。

満殿の湯で一次会を終え、8名が我が家へ集結shine

055

走るほうは47kmほどで消化不良だったが、本当に楽しい一日を皆さんのおかげですごすことができた。happy01

2010年12月29日 (水)

今年のお仕事、終了

今朝で今年の全仕事を終了したscissors

今年の最後の調律は、長年お付き合いしていただいている元中学校音楽教師宅。
先日喪中葉書をいただいて、2月にお母様が96歳で亡くなったことを知った。

30年近いお付き合いなので、亡くなられたお母さんとも以前はよくお話をした。
昔の四日市の様子などを教えていただいたこともあった。

ご仏前を持って伺い、御霊前に手を合わせしばし故人の思い出をお話しした。
一年に一度だけのお付き合いなのだが、しばしばこういったことがある。
同業者からは「あんたは変わっとる。そんなことしとったら儲けがないやんか」と言われるのだが、お金より大事なモノはたくさんあると思っている。

結局ずいぶん長居してしまい、帰りが1時近くになった。
今年の仕事終了を祝いbeerを飲みながら昼食。
その後、ようやく大掃除に取りかかった。

このマンションに住んで22年、初めて自分で掃除するところもあったが、とりあえず今日の予定していたところは終了。

明日は晦日マラニック。伊勢神宮に参拝した後、四日市の満殿の湯まで約75kmを仲間と走る。

穏やかな日になってほしいなあconfident

2010年12月27日 (月)

ウィランさん主催:走り納め

今年、本当によくお世話になったウィランさんの走り納めに参加させていただいた。

早朝5時、M野師匠にピックアップしていただき、たかさんちへ。

この日、一番大事なことは走ることではない。
たかさんと僕に与えられた重大な指令は、走った後の納会での余興でウケることcoldsweats02

事前に演奏の練習会を持つはずだったのが、たかさんの風邪という不測の出来事によりブッツケ本番になりそうなのだwobbly
そのため、この日40km走る予定だったたかさんを無理矢理ショートの28kmに変更させてリハーサルをすることにしたnotes

Wirun
スタートの8時が近付くにつれメンバーが集まりだし、sai監督の挨拶が終わってスタート。
四日市は風が強かったが、ここ多気町天啓の里付近は風もなく良い天気だ。

ロング40km(最終的には約45km)もショート28km(同じく29.5km)も20km地点コケコッコー共和国までは一緒にユルユルと走る。

ウィランさんのイベントに出席させていただくと、充実したエイドのおかげで必ず太るsad
食べなければよいのだが、貧乏性なので必ず食べてしまうのだ。

コケコッコー共和国でシュークリームを食べて、残り8kmほどをまたユルユル走った。
とは言ってもウィランさんのコースなので、そこそこアップダウンがある。
フルマラソンから3日目の体には結構こたえたcoldsweats01

ゴールの天啓の里に到着して入浴。
風呂から出て、たかさんと二人、sai監督邸に行くトミさんの車に便乗させていただいた。

監督邸に到着し、愛犬のそらに近付くと、いつも愛想がよいのにこの日は様子がおかしかったthink
なにかに怯えているようだ。歯をむき出して吠えまくっている。

玄関を入ると○○ミさんが出迎えてくれた。○クさんも出迎えてくれた。

そらが怯えていた原因が分かったhappy02(深くは語れない)。

さっそく、たかさんと練習。
とりあえず途中で止まらずに出来ることを確認し練習終了。
みんな酔っ払った状態で聞くだろうから、上手い下手はわかりはしない(と思う)。

忘年会は素晴らしく楽しかった。
いろいろ語りたいが、問題がありそうなので写真の掲載も含めやめておくsmile

宴会終了後も遅くまでお邪魔した。
深いお付き合いではないのだが、最近身辺に起きたことをたくさん聞いていただいた。
かなりすっきりして帰らせていただき、本当に感謝している。
そのうえ、きれいなお嬢さんも見せていただき素晴らしい忘年会だった。

sai監督、ご家族の皆さん、ウィランメンバ-の皆さん、来年もどうぞよろしくお願いしますhappy01

2010年12月23日 (木)

失速、加古川マラソン

Kakogawa_001

加古川マラソンを走ってきた。

けっこう今シーズンの本命に位置づけていたので、前泊する予定だった。
しかし仕事の段取りが付かず、早朝3時にM野師匠と共に四日市を出発。

3時に出発と言うことで、なんと1:50起床。
昨日寝たのなんか夕方6時coldsweats02
もちろん普通寝られるはずはないのでミンザイ摂取sleepy

けど、mobilephoneってかかって来るんだよな。
8時に仕事の電話で起こされ、10時にも出なかったけどかかってきたthink

ま、なんやかんやで8時間近く寝たお陰で朝はすっきりhappy01

現地には5時半頃到着。
駐車場が7時開場というので、朝食を食べて仮眠してたら6時に開いたwobbly

早く着いたお陰で受付会場はすぐ近くhappy02

7時には受付も始まっている。
なんだかパンフに書いてあることより1時間ずつ早いねcatface

それでは、あまり触れたくないレース内容shock

やや風はあるモノの、言い訳できない天気。
日曜日にやったギックリ腰の影響があったのかもしれないが、終盤おもいっきり失速してしまった。

以下ラップ
0-5km 459-453-449-446-446(24'13)
登録で出場したのでスタート時のタイムロスは11秒。
無理のない足取りで、腰痛の影響は感じられなかった。
4'47/kmのペースをキープするつもりで走った。

6-10km 446-450-445-438-440(47'52/23'39)
10km過ぎで折り返しがあるのだが、そこまでは追い風。

11-15km 440-449-447-447-445(1:11'39/23'47)
折り返して向かい風の中を行き、橋を渡って対岸へ。

16-20km 447-437-443-445-443(1:35'15/23'36)
25km過ぎの折り返しまで向かい風の中を走る。
時折左足のふともも裏側に違和感が出てきたが、気にしないようにする。

21-25km 445-452-447-439-441(1:58'58/23'43)
嫌いな向かい風だが、良いペースで無理なく走れた。
先行するRUN太郎さんとすれ違い、エールを送る。
登録ランナーから5分遅れで一般ランナーはスタート。
僕のすぐ後ろで女性ランナーもRUN太郎さんにエールを送ったぞ。
やばい、ピッチさんがもう追いついてきた。

26-30km 436-436-437-437-438(2:22'01/23'03)
ピッチさんには「がんばって~」と明るく声をかけていただき、24km過ぎで抜かれた。
すぐその後、M野師匠からも声をかけられ、こちらも声をかけようとすると、「しっ!」とM野師匠。
ストーカー作戦だね。
この二人を追っかけたため、ペースが上がった。
振り返ると、ここが命取りになったかも。

31-35km 447-451-502-506-503(2:46'50/24'49)
きたきた痙攣が。
芍薬甘草湯、クランクストップで対応するがダメ。

36-40km 520-541-554-549-600(3:15'34/28'44)
もう向かい風には対抗できず大失速。

41-goal 558-537-250[570m](3:29'57/14'23)
自己記録更新は全くなくなった後の目標はサブ3.5
並んで走っていたランナーと励まし合い、なんとか達成。

Kakogawa_003  Kakogawa_004
ニッケがスポンサーだけに、さすが充実の参加賞。
参加料も安いし、自分的にはまた出たいなheart04

2010年12月20日 (月)

A子ちゃん

今日は昼から四日市市内の小学校で調律。

1台終えて次のピアノの場所へ移動中、何人かの女性が通っていったので「こんにちは」と挨拶しながらすれ違った。

その中の一人が「あ、○○さん久しぶり」と僕の名前を呼ぶではないか。

はっきり言って、まるで彼女に会った記憶がないwobbly
けど、そんなことは言えないので、目を細めながら(見えにくいふりをして)「おーおーおーあらあらあら」とか言いながら「久しぶりですねえ」とこちらも言った(まるでわからん)sad

名前で呼ぶと言うことは、仕事関係?
40くらいの比較的美人な方の女性だ。

案外、顧客は覚えているんだよな。
野球関係?
音楽関係は僕のこと、レオさんって呼ぶしなあ。

一瞬間があって「うちの子、もう4年生になったん」と彼女。
首からぶら下げるネームにササッと目をやるが、名前が書いてある方が裏になっているぞbearing

「あれ、ここの小学校なんやなあ」と言いながら考える。
で、ふと一人が浮上してきたflair。それは、A子ちゃん。けど、まだ確信はない。

彼女なら何年か前にショッピングセンターで会ったことがある。

そのことを言うと、「そうやったっけ?」。あれ~っcoldsweats02sign01

そのうちに、ここ数年の出来事を勝手に話し始めた。
三年前に再婚して、この校区に引っ越してきたこと。
そして裏返っていたネームをひっくり返して今の名前を見せた。

やっぱ、A子ちゃんだったshine

彼女とは25年ほど前、一緒にバンドをやっていた。
僕は当時、ナイトクラブでドラムを叩いていたのだが、バンドのキーボード弾きが本業で忙しく困っていた。
A子ちゃんは当時僕が仕事で付き合いをしていた楽器店の事務員。
もともと仕事での知り合いだったので、彼女は僕のことを○○さんと名前で読んでいるのだ。

あるとき僕がその楽器店へ行くと、たまたま彼女がピアノを弾いており、そこそこ弾けたのでその場でスカウトした。

ただ、高校を中退したとかで当時17歳だった。
17歳は夜間労働が出来ない。ナイトクラブには出演できないのだthink

たしかその3日後だったかがナイトクラブに出演する日だったのだが、運命とは恐ろしいモノで、なんとその日に18歳になると言うではないかhappy01

急いで楽譜を書いて彼女に渡し、ぶっつけ本番で出演させた覚えがある。

A子というのは僕が付けたステージネーム。
未成年だったので、少女Aから名前を取った。

25年経った今でも古いバンド仲間は「A子」と読んでいるのだから、ネーミングって大事confident

しばらく彼女のことがわからなかったのを恥じて、「A子ちゃん、きれいになったよね。しばらくわからんかったわ」と、もちろん言ったcoldsweats01

2010年12月16日 (木)

ピンポンダッシュ

昨夜10時前、ドアフォンのチャイムが鳴った。
宅配便にしては遅い。
悪友でも来たかなと応答すると返事がない。
モニターも付いているのでズームにして辺りを窺ってみたが、人の気配がない。

外へ出てみようかなと一瞬思ったが、ひょっとしてモニターの死角に潜んでいて攻撃されたら困るなと思いそのままにしておいた。

昨夜は11時過ぎに寝たのだが、夢の中でまたチャイムが鳴った。
けど構わずに寝た。

また鳴った。
今度は起きてしまった。
時計を見ると、深夜1時。

やはりまた、だれもいない。
また鳴るといやなので、朝まで受話器を外したままにしておいた。
けど、もう熟睡は出来なかった。

このマンションを購入して、住み始めてから22年。こんなことは初めてだ。

思い当たることと言えば、以前マンションの役員をやっていたときに逆恨みをされて車を傷つけられたことがあった。

現在は役員をやっていないのだが、管理人が何かあるとすぐ僕に相談に来る。
これくらいしか思い当たることはない。

さて、今夜はどうだろう。

2010年12月12日 (日)

クリスマス前哨戦

このところ、やたらと早く目が覚める。というか夜中に起きてしまう。
楽しい夢を見て起きてしまうのだが、現実は正反対なのでググッとブルーになってしまうのだcrying

トイレに行ってもう一度寝ようとするのだが、全然ダメsad

なもんで、最近は朝ランをすることにしている。

と言っても暗い中を走りたくはないので、6時半頃の夜明けをネットや新聞を読んで待つ。

ゆったりとしたペースで、歩幅を確認しながら5km走る。
幸いなことに、このところ寒くないconfident

今日の午後からは体が空いているので、霞でフルマラソンペースの5km走を予定していた。

アップのときはイマイチだったが、走り始めたら意外に調子が良かったので10kmに変更scissors

以下ラップ
453-454-448-448-447-447-447-446-452-441
今日はあったかだった。

shine以前から、自分が更にステップアップするためには朝ランだと思っていた。
さてさてステップアップとなるか、それとも疲れが増すだけか、答えは23日の加古川でcatface

明日は娘の付き合いで大阪へ。
なんでも、名古屋にはないからって理由で大阪のH&Mへdespair
H&M?なんじゃそれは?って方はリンクをご参照下さい。

そういやぁ夏に香港で行ったなあ。
たとえて言えば北欧のユニクロってとこかな。

そのあとは滋賀県に最近出来た竜王アウトレットにも寄りたいらしい。

クリスマスが近いから、なんか買わされそうで怖いthink
大金とカードは持っていかないことにするsmile

2010年12月10日 (金)

Muchas Gracias AMIGO

昨日の朝、ラン友な~さんからmailto

ランチのお誘いだった。
昨日は30km走を予定していたので「2時頃やないと終わらんよ」と返信した。

な~さんに連れてってもらったのは、ラン友torakichiさんが今月から勤め始めたお店。
元気に仕事する姿が見られて良かったhappy01

な~さん、ひょっとして僕が最近元気ないから連れてってくれたのかな?
ゴチとは知らずに一番高いの頼んじゃったよ~coldsweats01

な~さん、ありがとう。ごちそうさまでしたshine

なことで昨日は30km走をやった。
前日は休足日にして臨んだのにあっさり失速。
なにやってんだかsad

以下ラップ
0-5km   501-500-500-455-456(24'51)
風が強い。かなり寒い。
アップでは調子良さそうだったのに、いきなり口を開けて走っている。
5-10km  456-451-457-451-500(49'26/24'35)
少しずつ楽になってきた。
10-15km 504-455-507-459-504(1:14'34/25'08)
失速してきた。苦しくもないのに遅くなっている。
15-20km 516(給水)-501-502-506-504(1:40'02/25'28)
だんだん苦しくなってきた。20kmでやめようか、弱気になってきた。
20-25km 508-514-511-516-511(2:06'03/26'01)
20km手前では5分を切れそうなペースだったので続けたが、本格的に失速してきた。
25-30km 516-514-532-525-532(2'33'02/26'59)
もう笑っちゃうようなペースになった。最後まで続けたことは誉めてあげるか。
このところの飲み過ぎのせいかなあ。走り始めから胃がムカムカしてたぞ。

夜は鈴鹿で忘年会wine
電車に乗って平田町へ。
30km走の疲れが出たのか途中でうとうとsleepy

4時間くらい飲んで、帰路についた。

平田町駅の待合室にはいると一人の男と目があったeye
外人?南米系だな、たぶん。
スペイン語は挨拶とか数字とかは知っている。
「Buenos Noches(こんばんは)」と言うと、なんか言葉が返ってきたがわからんかった。

「Hapon(日本人)」と答えると「Si si」わかったみたいだ。

適当に知っている単語を並べながら、仕事のこととか家族のことや年齢とかを聞いた。
ペルー人だった。

電車の待ち時間が20分近くあったけど、お陰で寝過ごさずにすんだsmile

電車に乗ったらやっぱり寝た。ペルー人に起こしてもらったhappy02

「Muchas Gracias. Asta la vista,Amigo」
以上スペルは適当bleah

2010年12月 4日 (土)

11月のまとめ、12月の予定

昨日は夕方5時半に渋滞の中をホーチミンの国内線空港に向かった。
帰りはハノイ経由でセントレアへ飛ぶ。
酷い渋滞なので走った方が速いよなあと通常なら思うのだが、走ってみたからもう良~くわかった。たぶん車の方が早く到着する。

6時半に空港に着いて(すいてると20分で着くらしい)チェックイン。
日本人の姿を見ない。海外に来て、近頃ではかなり珍しい。

小さな売店があるだけで飾りっ気の無い空港だ。
人が座っている足下に、掃除のおばさんが構わずにモップを突っ込んでくる。
さすがは社会主義の国だ。EXCUSE MEの一言もない。

出航時間は8時20分。
7時半に搭乗口へ入った。
なんと、こちらにはたくさんの土産物屋とかテレビがあった。
早めに入れば良かった。

ベトナム通貨がまだ3千円分くらい残っているので銀行を探したが無い。
まあハノイへ行けばあるだろう。

ベトナム人が話しかけてくるが、まったく理解できない。
良心的に聞いても英語ではない。
タイ人とかベトナム人は、悪人以外は話しかけてこないように思う。
I don't understand your language.無視。

ハノイでイミグレーションを通るので時間があまり無い。
多少焦っていたのだが、ホーチミン、ハノイ間の飛行機には外人がほとんど乗っていなかったようで、えらく早く通過。

かえって早く搭乗口に着いてしまった。
あれ?銀行が無いじゃん。
仕方ないのでレストランへ入って夕食にする。
2本目のビールを注文したところで支払を促された。
閉店時間らしい。
注文する前に言えよな。社会主義国はこれだから。

けど、ドンはほとんど使い切れた。

ハノイからの便は満員。
日本人の年寄り(僕より20歳くらい年上)が一杯。
ハノイは人気なんだなあ。

深夜12時30分(日本時間2:30)離陸。
少し寝ては起きるを繰り返しながら4時間経ってセントレア到着。

四日市行きのバス(今回はバスでセントレアへ)は8時半発なのでコンビニ横のベンチで読書しながら待つ。あ~眠い。

渋滞のため10時過ぎにようやく帰宅。
今日は30km走の日。
今日を逃すと走る日がしばらく無い。遊んだ分は仕事をしないとね。

洗濯や仕事の処理で走りに行くのが遅れた。
1時半頃から30km走開始。

足がまだむくんでいる。
3kmあたりでもうゼイゼイしだした。
とりあえず行けるとこまで行くつもりで走った。

以下ラップ
0-5km 454-458-453-454-455(24'32)
5-10km 458-451-449-457-445(48'52/24'20)
10-15km 454-452-454-453-451(1:13'17/24'25)
15-20km 503(給水)-453-454-456-452(1:37'55/24'38)
20-25km 450-458-455-509(給水)-459(2:02'46/24'51)
25-30km 455-449-456-500-453(2:27'19/24'33)

久しぶりに死にそうなくらい走った。

12月は23日に加古川フル。
これを今シーズンの本命にしている。
随分前から一度は出たい大会だったが、ミュージシャンがこんなときに暇なわけはないので、ず~っと諦めていた大会だ。

暇なわきゃないのに、今年はヒマだ。
事務所の社長から、あっさりとOKが出た。

今年の大晦日はどうしようかな。
どなたか一緒に熱田神宮から伊勢神宮まで走りませんか。

11月はロングを走らなかった割には走行距離が伸びた。
近頃早く目が覚めるため、朝走ることで多く走れたのかな。

大会はお伊勢さんハーフのみだった。
自己ベストが出たモノの、期待はずれだった。
スピードを付けたいなあ。

2010年12月 3日 (金)

ホーチミン3日目

今日はホーチミン中心部から約5kmのところにあるという、チャイナタウンチョロンを目指した。

20101203

朝7時前だが、通勤や通学の子供を送るモーターバイクで道路は満杯。
002
信号はあるし交通整理のおまわりさんもいるが、交通が途切れることは無く途方にくれてしまった。

ホテルを出発して、わずか1km進むのに10分もかかった。

5kmほど行くと、商店の看板が漢字で書かれているものを見かけるようになってきた。
003
建物も中華。

005
ようやく折り返し地点のチャータム教会が見えてきた。
ここまで7㎞近くあった。

かなり時間がかかってしまい、あれこれ見ていると朝食(朝のホテルバイキング)  の時間に間に合わないため天后宮だけ見て帰ることにした。

013
天井から釣り下がっている渦巻きはお線香。
ここは目的の天后宮ではなくて天后廟。天后宮は見つからなかった。
ガーミンの記録を見ると、帰る途中で天后宮の前は通っていたので、こちらのほうが目立つ建物だったようだ。

お腹がすいてきたのでフォーの屋台に寄った。
いくらか聞いたのだが英語は全くわからない。
近くから何人か集まってきて2万ドン(約90円)だとお札を見せて伝えてきた。
ウソをつけ、そんなに高くはない(じゅうぶんに安いけど)。
1万5千ドンわたすとあっさり受け取った。たぶん1万ドンじゃないかな。
015
見た目は良くないが、そこそこおいしかった。

たくさん走っているモーターバイク、よくぶつからないなあと思っていたら後ろで大きな衝突音。
017
3台が道に転がっていた。

今から帰りの荷造りをしてお昼にホテルをチェックアウト。
夕方6時まで時間をどこかで潰し、ハノイ経由で帰ります。

2010年12月 2日 (木)

ホーチミン2日目

このところ朝は4時過ぎに目が覚める。
今朝も目が覚めたら深夜2時、日本時間の4時だった。
しばらく読書をして、無理やりまた寝た。

次に目が覚めたのは6時前。
ベッドでゴロゴロしながら明るくなるのを待った。

20101202
ホーチミン市内の観光名所をめぐりながらのカメランをした。

ホーチミンは走りにくい。
今までのワーストはバンコクだったが、ホーチミンははるかに酷い。

交差点は必ず歩いて渡らないとバイクに撥ねられる。
013
気を付けていないと歩道を走るバイクもいる。

歩道と車道の段差は大きいし、木が植えてあって直射日光が当たらないのはよいが、根が張り出していて歩道がデコボコ。

走っている途中でトラックがある公園を見つけた。
門番はいないので誰でも入って良さそうだ。
2kmほど走った。

016
建物があるところにトラックを作ったのか、トラックがある場所に小屋を建てたのか不明。

012_2
ベトナム戦争が終わって35年。
撤去するのに費用がかかるためか、ときどき大砲を見かける。

020_2
ホーチミン像。近代的な建物が増えてきている。
ホーチミン市は、これから益々発展すると思う。

13km近く走ってようやくホテルにたどり着いた。

遅めの朝食を取って、観光名所へもう一度行き、今度はもっと近くへ行ったり中へ入ったりした。
031_2
サイゴン大聖堂。

029_3
郵便局の中。
027
郵便局の建物。

戦争跡記念館へ行ったら昼休み中。まだお腹はすいていなかったが、必ず行こうと決めていたフォー24へ行き昼食。
035
牛肉入りのフォー。薬味にパクチーとか、もやしとか揚げパンとか。

036
揚げ春巻き。
全部で500円くらいだった。
日本のほぼ半額くらいなカンジだ。

戦争跡記念館へまた行った。
037 
外庭には、タンクや戦闘機が並んでいる。

建物の中に入ると
039
戦争で惨殺された人だとか枯葉剤で奇形になった子供の写真を、これでもかというほど展示している。

食べたすぐ後に来るべきではなかった。

あらためて人が争う無益さを強く感じた。

一人だと時間の潰しようがなくて、かなりヒマだ。
デパートの中をぶらぶらしながら時間を潰す。
この旅行は失敗だった。
日本で3日間ブラブラするほうが有意義だと思う。

お腹はすいていないが、夕食が一食分付いていたのでレストランに向かった。

047
メニュー。

048 049 050

051 052 053

あまり期待していなかったのだが、充実したコースディナーだったのでビックリした。

食事後、腹ごなしを兼ねて観光名所にもなっているベンタイン市場へ。
055
後ろはホーチミン像。

買いたいものも無く、手ぶらで帰った。

夜の遊びにはあまり興味がないので、ホテルへ戻りビールを飲みながら読書。
部屋の無線ランは信号が弱くて拾わないのでロビーでインターネット。

一缶40円くらいのビール、今日は6缶は飲んだかな。
部屋に戻ってビール飲みながら読書して、眠くなるのを待つとしよう。    

リフレッシュ

気分転換するため、ベトナム、ホーチミンに来ている。
ホーチミンは、僕たちの年代だとサイゴンと言ったほうがわかりやすい。

今年8月、ベトナム航空がセントレアに就航した。
エアバスA321という小さな機体、乗客は半分もいない。
006

セントレアはクリスマスモード。
004
不況のせいなのか、ずいぶん寂しい雰囲気だ。

東南アジアの国々は結構行っているのだが、ベトナムは初めて。

午前11:15に出発、5時間半ほどかかってホーチミンに到着。
赤道に近いだけあって、かなり暑い。
気温は31℃。湿度が高い。

12月は乾季に入っているということだが、こちらも異常気象ということで時折スコールに見舞われるということだ。

時差は2時間。ベトナムが2時間遅れなので、到着時刻は15時過ぎだった。

今日の予定は、水上人形劇。
地図上では10分ほど歩けば着きそうだ。

011
何カ国か行っているが、これほどモーターバイクの多い国は見たことがない。
大きな通りを渡るのに一苦労する。

ガイドブックの地図に誤りがあって、なかなか見つからなかった。
010
思いのほか、小さな劇場だ。
入場券は約500円。この国の物価を考えるとかなり高額だと思う。

小腹がすいたので、食堂を探す。

012
ベトナム人で込み合っている食堂を見つけた。
おかずを指差しオーダー。
英語は全く通じない。

写真の内容で、約300円。
ご飯とスープはもれなく付いてくる。
スープは薬っぽい味がして口に合わなかった。
ライムやニョクマムを入れてみたが、おいしくはならなかった。
ご飯は少々臭いがあるものの、食べているうちに慣れてきた。

ビールは333(バーバーバー)というブランド。
南国のビールは薄いというイメージがあるけれど、そこそこおいしく飲める。

水上人形劇の開演時間が近づいてきたので会場へ向かった。

020
観客は、たぶん全員外人。
ナレーションがベトナム語ではいる。
もちろん全くわからない。

人形の動きがユーモラスで、時折笑い声が起こる。

029
水につかりながら、人形を操っていたようだ。

上演時間は1時間ほどだった。

外に出ると、案外涼しい。
人口8500万の大都市なのだが、通りは暗い。
そういえば空港も暗かった。
電力が非力なのかもしれない。

ガイドブックには脅し文句が並んでいたが、マニラ辺りに比べるとややこしい客引きが少ない。
油断は出来ないが、比較的安全なように思う。

真夜中まで遊ぶ街ではなさそうなので、早めに寝て明日の朝は走ろうと思う。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »