フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 西一塁手 | トップページ | 土山マラトレ »

2010年10月 3日 (日)

伊賀越ハーフマラソン

開催場所が近いとは言えども余裕を持って行動したいので、今朝は4時起き。

起きてすぐ、近所のコンビニへ朝食の調達。
今日はカルボナーラ、フライドチキンそして肉まん。

新聞を読みながら食後のコーヒーを飲み終えて、顔を洗ったりテーピングしたりで6時に家を出た。
103
天気予報では小雨。風が強いらしい。
けど、朝日がきれいだ(結局レース中に雨は降らず風もたいしたことはなかった)。

現地には7時前に到着。受付は7時半からだが、駐車場には既に10台ほどの車が止まっていた。

受付が始まるまで車の中でしばし睡眠。
時間になったので受付へ。

参加人数は一般男子48名、壮年(50歳以上)男子29名、女子12名、合計89名のこぢんまりした大会だ。

スタート1時間前の8時になったのでアップに出かける。
朝起きてすぐはビックリするほど体が重かったが、ようやく目覚めたのか足取りは軽い。
3kmほどスピードをそこそこ上げながら走った。

アップから戻ると、松阪トレイルで去年今年と一緒に走らせていただいた岐阜の口さんに会った。
土山でもまたご一緒するので「よろしく~」ってことで世間話を。

そうこうするうちに三滝MC所属の快足ランナー、好漢イナポッチ(勝手に命名)がやって来て挨拶を交わした。お会いするのは京都100kmマラニック以来でまだ2度目なのだが、好青年(お父さんだけど)なので親近感がある。

この夏に伊賀越のコースを4回試走した。
ベストタイムは2時間13分。ハーフとしてはとんでもないタイムだ。
先日スーザフォンを担いで試走したカモシカハーフですら2時間20分、一番遅い区間がキロ7分半。
それが伊賀越ではキロ8分を越えてしまう区間があるのだ。

ハーフマラソンという名前がついてはいるが、これは最早伊賀越というカテゴリーなのだ。

それだけに快足イナポッチ(子供さんの写真をタウン誌で見たけど、メッチャかわいい)がどんなタイムで走るかにも興味津々だ。

自分のタイムは既に諦めているので、リラックスしたまま9時にスタート。

以下ラップ
0-5km   437-434-440-432-500給水(23'23)
お~っ、イナポッチが先頭を突っ走っていくゾー。

走るときはいつも頭の中で曲が流れている。今日は傾斜にあわせてテンポの違う3曲を用意。
走り始めは、登りはでストライドを狭く、急な登りの後の下りは速くなりすぎないようで走る予定。

5kmの給水は立ち止まって飲んでしまった。
スタッフは一人で、カップを持ったまま走って行って、そのあたりに捨てるのが申し訳なく思えた。
スタッフの方からは「そのまま飲みながら走っていっていいですよ」とやさしく言っていただいた。

5-10km  500-507-601-624-659給水(52'54/29'31)
さあ、いよいよ登りが始まった。
7kmあたりからが本格的にキツイ。
7~10kmの区間、試走では一度しか走りきったことはなく、それもキロ8分を越えた。
それだけに今日はよく頑張れたと思うgood

今年は一部コース変更があったため、試走したときに比べると峠の頂上が500mほど手前になった。
そのお陰で気分的にすごく楽だったhappy01

10kmの給水では、走りながらと思っていたのに立ち止まってしまった。きついsad

10-15km  514-430-535-550給水-450(1:18'53/25'59)
峠の頂上10km地点を越えた。さあ下りだ。
一気に下ると足に来るので、頭の中にの曲を流して走った。
なのに右足が攣った。遅くなった分ストライドが広くなり、ダメージが大きくなったようだ。

しばらくストレッチをしたり塩を食べたりして回復を待った。
3人くらいに抜かれた。

ほぼ回復したので、今度はの曲にしてややストライドを狭くして下った。

12kmで2度目の折り返し。今下ってきたコースを今度は登る。
さっき抜いていった若者の一人を捉える。
かなりヘロヘロな状態で走っていた彼だが、抜かれてからスピードが上がり追っかけてくる。

しかし500mも行かないうちに足音が消えた。
しばらくしてから後ろを見たら、姿も消えていた。

ここから5kmくらいは一人旅になった。
前にも後ろにもランナーがいない。

15-20km  447-418-427-429給水-410(1:41'04/22'11)
試走ではこの下りで歩くことが多かった。
足がもたないのだ。
残り3km近くはほぼフラットで、特にこのあたりが辛いのだ。

なのに…。なのにだhappy02
今日は足にまだまだ余裕があったscissors

残り2kmでスピードを上げることが出来た。

20-21km  412(1:45'16)ガーミン計測では21kmジャストだった。

試走する前からきついコースとは聞いていたので、目標タイムは1:45’だった。
試走してからはきつさがわかったので、下方修正して1:55’にしていた。

当然、今日のタイムには

満足fuji

参加賞
1032
前から買おうか悩んでいた着替え用のポンチョ。
昨日ランネットの通販見ながら高いな~と思っていたところ。

グッドタイミングscissors 

« 西一塁手 | トップページ | 土山マラトレ »

大会」カテゴリの記事

コメント

イナポッチ・・・いいですね(*^ω^*)ノ彡
本人がどう思うかが問題ですけど・・・

お疲れ様でした・・・この調子だと土山が楽しみですね(*≧m≦*)

M野さんへ
僕はさておき、イナポッチとあかつきさん、M野師匠3人サブ3達成が見られるかもしれないと思うと、ワクワク感いっぱいです。

伊賀越ハーフ、お疲れ様です!
イナポッチ、ナイスネーミングですねgood
僕も呼ぼっとsmile

普通のハーフと思って参加したらえらい目に合うレースですねsweat01
気温が高い日だと歩きが入りそうですcoldsweats02

シーズン一発目、早速目標達成でいいスタートですね~up

着替えポンチョ、自腹は悩む値段ですよね(笑)

たかさんへ
イナポッチはいい味、持ってますね~。
たかさんに並ぶ、愛されキャラですよ。

伊賀越はハーフマラソンの途中に、多度山登山が組み込まれているようなコースです。
是非とも一度試走されることをお勧めします。
最後の5kmでベストラップを出せたので、ホッとしていますよ。

ポンチョは買わなくってよかった~。
たしか3千円以上するよね。

イナポッチ、う~ん彼の人柄にぴったしな愛称ですね。
ところでイナポッチはあの厳しいコースをどれくらいで走ったのかな?
ところで昨日の夜寝違えて首が痛い・・でも7日の土山試走ではいい走りをしたいと思います。

あかつきの普通電車さんへ
イナポッチは、なんと1:25(だったけな?)か26分だったと思います。
たしか去年の優勝が25分ですから好記録です。
今年の優勝は23分だったそうです。

僕は筋肉痛です。ハーフの翌日では、初めてだと思います。

おつかれさまでした!伊賀越えのコースは4年前藤堂マラソンで走ったことがあります。上り下りがキツかったのをよく覚えています。上って下って、また上って下って、本当におつかれさまでした。

のらのすけさんへ
先日、藤堂マラソンについての記述を読んでいて伊賀越が50kmマラソンのコースに含まれていたことを知りました。
とんでもないコースだったんですねcoldsweats02
今年は無くなったようです。

イナポッチ!ナイスネーミングですねぇ~☆そんなカワイイ顔してませんが・・・。伊賀越ハーフお疲れ様でした。天気が微妙だったので嫁と子供はついてこず、一人だったので走る調律師さんを見つけて嬉しかったです。
レースのほうですがうわさ通りとてもハードなコースですね。いい経験になりました。次は土山ですね!よろしくお願いします~!!

INAHOさんへ
気に入っていただき、安心しました。
ニックネームが付くというのは、人柄が良いということの現れです。
土山もわいわいと楽しく行きましょう。

帰りがサブ3ランナーに囲まれながら帰れると思うと、今からワクワクしています(プレッシャーかけてたりして)。
帰りに祝杯があげられるよう、願っておりますbeer

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/37055298

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀越ハーフマラソン:

« 西一塁手 | トップページ | 土山マラトレ »