フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 10年後は何人残っているのかな? | トップページ | 勝手に土山マラソン大会 »

2010年10月30日 (土)

天候による大会中止決定のタイミング

長年、少年野球の主催者側にいたので、天候による大会や試合の中止を決定するタイミングに関しては随分頭を悩ました。

その中で学ばせていただいたのは、基本的には開催及び続行するということだった。

それだけに、今回の土山マラソン中止決定はあまりにも早くて驚いた。

大会本部の中止理由としては、参加者の安全を考えてだった。
安全は自分で考える。
逆に言えば、本部から「台風の影響のため参加者は自己責任でご参加を」って言っとけば?

抗議のメールを送ったら、返信には「遠方からの参加者に迷惑がかかるため」ともあった。
あのタイミングでいきなり中止宣言せずに、中止の場合があるとのことを言っときゃ、遠方からの宿泊を伴う参加者だってキャンセルも考えるでしょうに。

さすがに今日土曜日に雨が降らないというのは想定外だったが、日曜日に雨が降らないのは28日夜の天気予報を見れば容易に予想されたことだ。

更に唖然とさせられたのは、返金しないということ。

昨年、インフルエンザのために大会の中止が相次いだことは記憶に新しい。
それでも、ほとんどの大会は記念品と返金があった。

土山の本部が言うとおり、大会規約にはいかなる場合でも返金はしないと明記してある。
しかしながら、これは参加者の都合と言うことではないのだろうか。
返金しないということで早めに中止決定したの?

なんとなく、詐欺にあったような気がするのは僕だけだろうか。

ただ土山マラソン運営に関係する皆さん全てを非難したくはない。

昨夜というか深夜に抗議のメールを送ったら、すぐにお詫びの返信があった(ひょっとして自動に返信する機能ってあるのかな?)。
ってことは、夜中でも待機してなにかしらの対策をしていただいていたということかも。

昨日からも、参加者に対してお詫びの電話があった(こんな面倒なコトするくらいなら、もう一日待って決定したら良かったのにね)。

長い歴史を持つ大会だが、是非とも今回のことを猛省いただき、中止決定はギリギリまで待っていただきたい。

あしたは悔しいから走りに行ってやる。

« 10年後は何人残っているのかな? | トップページ | 勝手に土山マラソン大会 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

抗議をするってことは、その大会に期待をしているからですよねo(*^▽^*)o
初めて申し込んだ土山でしたが、今回のことで私は二度と申し込まないと思います・・・期待もしていないから抗議する気にもなりません。そんなことにエネルギーを使うだけもったいない。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

M野さんへ
この日程が毎シーズンの初フルですので、過去と比較する物がなくなってしまうわけです。
昨年より走れるようになっているのか、シーズンオフの練習は実を結んでいるのか、いろんな思いでこの大会に臨んでいるのです。
簡単に潰してもらっては困ります。

私も参加を予定していた者です。
気持ちはわかりますが、ちょっと見方を変えて主催者側の視点で考えてみませんか。
参加者の安全を考えてというのは建前だと思います。
実際のところ主催者が一番心配したのはボランティアの皆さんの安全ではないでしょうか。
この大会では地元の高校の生徒さんたちも協力してくれているので、そういう都合もあって早い段階での中止決定だったのではないかと思います。
参加者はリスクを覚悟の上で申し込んでいるのだから何かあっても自己責任で済みますが、ボランティアの人はそうはいかないでしょう。
強風でテントが飛ばされてけが人が出たりしたら全国的に有名になってしまいますからね。


私もそう思いますよ。
やはり主催者側の視点で考えるのが、参加者として当然じゃないでしょうか?

ハンドルネームさえ書けない人が、言って欲しくない意見ですね。
何なら堂々と議論しましょうか?

8:18さんへ
おっしゃる通りです。
わかってはいるんですけどね…。
昨年のインフルエンザにおける中止も、ボランティアさんの関係だと思っていました。

11:52さんへ
その通りでございます。
けど、本音を言ってまずいことでもあるんでしょうかね?
いかにも参加者を心配して、って言われると僕のような偏屈者は「俺のことは、ほっといてくれ」と言いたくなります。smile

M野さんへ
ははは、世の中いろいろですからね。
とりあえず、文句言っとかないと、って手合いでしょう。
二度とこちらをのぞきはしないでしょうからね。
文句言って気が済むなら、どうぞどうぞhappy01

私も、もう少し様子をみてから中止の判断をして欲しかったと思います。
私は申し込みをしていませんが、特にフルマラソンを走られる方は、この大会に向けて3カ月以上も前からキツイ練習をして来て、調整をしてフルマラソンに望むランナーも結構いると思います。
土山が中止になれば、もう来年まで走れないランナーの事を考えると残念です。
大井川マラソン、大垣ハーフは、今日開催されました。
ボランティアの方々の事ももちろん大切ですが、現に天気は良かったわけですからね。
3日前の予想通り、まともに来れば中止ですよ。
この場合は自己責任でもダメです。
判断は何処でするのか難しい所ですが、ランナーの事を考えて前日に決定して欲しかったですね。

こんばんは!
我が家も嫁がフルにエントリーしておりました。

僕としては同じ大会を開催する者としてどうしても主催者の立場で物を考えてしまうんですが、28日に開催の是非を判断しなければならない理由があったのだと解釈しています。

台風の影響がなかったのは結果論ですしね。

僕としては他人事ではなく、主催者の判断はあの時点では賢明な判断と思います。

金曜日に、大会主催者の方から中止の電話を取ったのですが、その言葉からも天候が回復しそうなのに中止にして申し訳ないとのニュアンスがありました。

返金についてもパンフ等や参加賞、選手証等に既に経費を使ってしまっているのでしゃ~ないと思っています。

匿名で失礼しました。
名前を書かなかったのは走る調律師さんにお会いしたこともないし、適当なハンドルネームが思いつかなかっただけのことです。
お許しください。

私は走る調律師さんに文句を言っているわけではありません。
むしろ、ストレートに不満をぶちまけてくれてありがたいとさえ思っています。

私が今まで大会にエントリーした回数は僅か20回弱ですが、その内荒天で中止になったのが今回で4回目と、かなりの高確率の経験者です。
初めての中止の時には私もさすがにショックが隠せず、主催者に抗議のメールを送ったものですが、これだけ経験を重ねるとさすがに冷静に判断(諦め)できるようになったというだけのことです。

優さんへ
中止にも拘わらずスタッフの方たちがたくさんいらっしゃいましたので、長いこと話しました。
スタッフ達も残念だったとは思います。
ただ、他の所が(特に東側の地域)開催されているのに、どうしてかな?という気持ちは捨てられません。
ま、今日は楽しかったです(タイムはダメでしたが)coldsweats01

hapichiのパパさんへ
パパさんの意見がすごく聞きたかったです。
時期を考えると、かもしかも可能性がありますね。同じような山間部のレースですし。

事情に関しては、キャンセル料が発生する期限日かなあと勝手に判断しています。

そやけど、残念やなあsad

M田さんへ
ご意見、ありがとうございました。
全ての人が、同じ意見ということはありえませんからね。
中止判断は難しいです。
自分も長年、同じような立場にいただけに余計そう思います。

中止に関しては昨年にも一度ありました。
主催者の態度に感服し、逆に同情までしました。
どこに差があるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/37462028

この記事へのトラックバック一覧です: 天候による大会中止決定のタイミング:

« 10年後は何人残っているのかな? | トップページ | 勝手に土山マラソン大会 »