フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 9月のまとめ、10月の予定 | トップページ | 伊賀越ハーフマラソン »

2010年10月 2日 (土)

西一塁手

数年前にハンカチ王子で有名になった選手が入学したことで、異常なくらい人気が出た東京六大学野球(今ではひっそり)。
このリーグに注目している選手がいる

明治大学、西 翔一塁手

今年の秋季大会で初スタメン(試合の最初から出るメンバーの意味ね)ゲット
一番弱い東大(頭は一番強い)相手とは言え、2試合続けて3打数3安打。
次の週はエリート軍団早稲田を相手に、負けはしたものの1試合目がチーム総ヒット数5本中2本、2試合目は3安打中1安打。
2試合目では、ついに4番(基本的にはチームで一番よく打つ人の打順)に座った。

この西選手、四日市の出身だ。
そして中学時代はウチの息子達と同じチームに所属していた。

小学校の頃から好選手だった。
中学に入ってからは1学年上、ウチの上の息子達に混じって試合に出場していた。

中学3年の時は世界大会に日本代表として出場している。
たしか広島カープの前田投手も一緒に出場していたように記憶している。

高校は愛知の甲子園常連校、東邦高校。
もちろん彼も甲子園出場を果たしている。

中学生まではショートかピッチャーをしていたのだが、スローイング(投げ方)の難を指摘されて高校からは一塁手に。

大学は早稲田に匹敵するエリート球団明治に進んだのだが、全国的にも有名なエリート選手が同学年、同ポジションにいるため出場機会が少なかった。

それだけに今シーズンのめざましい活躍が嬉しい。

西選手が中学生のときは、彼の父親と話す機会が多かった。
毎日左右両打席で200回素振りをさせていると言っていた。

僕は毎日100球投げて息子に打たせていたのだが、素振りの方が体力的にも精神的にもきつい。

余談だが、二人の息子に100球ずつ、合計200球投げていた僕は肩を壊した

西一塁手、これからの活躍に期待したい。
西選手の紹介記事は、こちら

« 9月のまとめ、10月の予定 | トップページ | 伊賀越ハーフマラソン »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西一塁手:

« 9月のまとめ、10月の予定 | トップページ | 伊賀越ハーフマラソン »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30