フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

めざせ月間700km

良いか悪いかはこの際無視して、今月は距離重視で走ってきた。
スピードは自分でも驚くくらい、まったく出ない。
もちろん心配している。

昨日までの今月総走行距離が628km。
あと72km走れば初めて月間走行距離が700kmを越える。

なので一気に突破してやろうと伊勢まで行くことにした。
が、スタート直前に考えが変わった。

夕方に3時間くらい寝ておこうと思っていたのだが、なんやかんやで1時間しか眠れなかった。
走り終えたらきっとすぐに寝たい。
そうだ、津まで行って折り返そう。

で、津市藤方交差点で折り返すことに。

0-5km 637-712-624-645-704 34’02
たしかに涼しくなった。けど汗はダラダラ流れ出す。
まずは10km先のコンビニを目指す。

5-10km 622-615-618-624-614 31’39
信号待ちも入れたタイムなので、このあたりはまだ足の動きは良い。

10-15km 940-708-708-636-718 38’29
水と大福を補給。22km地点のコンビニがつぎの休憩。

15-20km 645-640-745-646-728 35’23

20-25km 610-706-1006-645-622 37’00
25-30km 642-615-855-924-853 40’34
30km手前辺りから眠気が。どっかに座って寝たい。
ここらが一人深夜ランの辛いところ。

30-35km 625-821-650-816-824 38’23
35-40km 659-750-845-814-1207 44’46
急にだらけてきた。定期的に歩きが入る。おなかがすいたので、おにぎり購入。
中間点のタイムは4:22’37 もうすぐ夜中の3時だ。

40-45km 743-751-840-817-841 41’03
45-50km 703-847-841-757-1254 46’22
これはいけない。ほとんど歩きに近いぞ。
コンビニで速攻元気というゼリーを買う。
夜が明けた。電線に止まっていたカラスが一斉に飛び立っていく。
フンをかけられないよう、電線の真下を避ける。

50-55km 742-716-847-1138-1051 47’34
暑い。本格的に足が止まる。

55-60km 729-629-830-634-924 38’36
速攻元気が効いてきたのかな?

60-65km 740-924-853-824-634 41’20
身近な景色のゾーンに入ってきた。信号待ちが多いので時間がかかっている。足の状態は悪くはない。

65-70km 808-1100-724-733-749 42’21
通勤の渋滞がすごい。
たくさんのドライバーの視線を感じる。

70-72.7km 754-1059- 20’24
近所のコンビニに寄ってビールを買う。

タイムは9:37’04と、かなりのんびりだ。
家に着いて、着ていたものをすぐに洗濯。
ビールを飲みながらストレッチ、シャワー、そしてラップをまとめているうちに終わった洗濯物を干していたら急に眠気が来た。

月間総走行距離700km突破shine 

けっしてほめられるような内容じゃないけどね…

2010年8月29日 (日)

香港最終日

昼過ぎにホテルを出る予定なので、今日も走る時間があった。
002
朝6時過ぎのスタート。日の出を眺めながら走る。
今日は暑くなりそうだ。

都会の真ん中にある市民の憩いの場所、九龍公園へ行ってみた。
012
思っていたより小さい。
014
プールは早朝6時半オープン。
まだ朝7時なのに、もう泳いでいる人がたくさんいて驚いた。

015
中国の朝には付き物の、太極拳に興ずる人々が大勢いる。

5kmほど走ったところで熱中症気味になり、あわてて7-11に飛び込んで水分補給をした。

昨夜から奥様の胃腸の調子がおかしくなったので、朝ごはんは一人でコンビニのサンドウィッチで済ました。

9時過ぎになって、ようやく奥様が多少元気になったのでホテルの向かいにある宇宙博物館と美術館へ行った。

12時にホテルをチェックアウトしてタクシーで空港に向かう。
土曜日なので道路はすいている。
20分ほどで到着。料金は3千円もかからないほど。二人以上だったらタクシーの方が安上がりだ。

チェックインをして昼食。
香港の人気店、翡翠拉麺小籠包
034
辛~い牛肉ラーメンと餃子を食して、香港よさようなら~paper

2010年8月27日 (金)

香港3日目

今日も頑張って5:40起床。6時から走りに出た。
20100827
とりあえず海沿いのスター・オブ・アベニューに出て、今日の行動の下見をするためマカオ行きのフェリーターミナルやネイザンSt.を走った。

興味のあった金魚街を見に行ったが、早すぎてほとんどが開いていなかった。
063

今日は朝からマカオへ。
昔は悪のイメージしかなかったけれど、近頃はアジアのラスベガスを名乗って発展中。

今回の興味は世界遺産とエッグタルト。

078
表面に焦げ目があるエッグタルト、なかなかおいしい。
085
これも人気らしい。おいしかった。

090_2
マカオの世界遺産は30箇所。全部はまわれなかったけど堪能した。今日は暑い。

131
マカオから香港に戻り、インターコンチネンタルホテルへ行ってアフタヌーンティー。
これは二人分。

一気にはしょって夜。
25,26日は中止だったシンフォニー・オブ・ライツ、今日は開催された。
161
金曜の夜とあって人がイッパイ。

けっこう期待して見に行ったけど、ちょっと期待はずれかなあ。

164
海老ワンタンメンで今日のシメ。
明日も頑張って早起きしよう。
   

 

香港2日目

カードアダプターを購入したので、今日は画像付き。

069

今朝は5時45分起床でまだ薄暗い中をジョギングに出発。
けっこうたくさんのランナーとすれ違った。

073
途中にはブルース・リーがいたり
072
ジャッキー・チェンの手形があったりで、楽しい。

が、調子に乗ってどんどん走っていくと途中で歩道が無くなり、かなりグルグルとさせられてようやく元の場所に戻れた。

今日の予定はフェリーとバス、トラムを乗り継いでビクトリアピークへ。

090

101
昼間に来たのは初めて。後ろのピークとラムも初めて乗った。

106
お決まりのおのぼりさんパターン。

120
二階建てバスに乗ったりとか
129
女人街とか、まあ香港観光のお決まりコースを自力で回るといったパターン。

夜は

ジャンボレストランとか
040
またビクトリアピークへ行って夜景見物をして今夜も更けていった。

また明日も早起きして、頑張って走ろう。   

2010年8月26日 (木)

年に一度の…

ここ何年か恒例になっている年に一度の海外旅行、今日から香港。
この時期の香港は雨が多いので避けたいところだが、奥様はこの時期でないと休みが取れないので仕方ないなあ、ってカンジでやってきた。

香港は20年振りくらい。前回来たときは中国への返還前だった。
香港が如何に変わったか興味深々だった。

今、カードアダプターを忘れてきたことに気がついた。
残念ながら画像は無い。

今回の一番の楽しみだったシンフォニーオブライツ。
始まる時間20時より1時間以上前に来たのになかなか始まらない。
8時半まで待ったが始まらないのであきらめて食事へ。

二日前だったかマニラで香港人のツアーバスが襲撃されたため急遽中止になったらしい。
残念。

日中の気温は28℃。暑いというイメージがあった香港だが、日本よりずっ~と涼しい。
明日は6時に起きて走る予定。

2010年8月23日 (月)

OBK:琵琶湖一周リレー

8/20、夜8時半菰野町役場を出発し琵琶湖湖畔の草津道の駅に向かった。

002

現地までは予想外に時間がかかり、予定時間から45分ほど遅れて周回走スタート。
005_2
今回の参加者は、シュガーさんM野師匠あかつきの普通電車さんF田さん(年齢順)の5名。
各ランナーが約5kmずつ走り、全長およそ190kmほどを回る。

007

走る順番は若いもん順。まずはF田さんが暗闇の中を元気に飛び出した。

5km先に車を停める場所を探すのだが、これがなかなか適当な場所がない。
6kmあたりにようやく駐車場を見つけたが、どうやらアベックたちのデートの場所のようだ。
暗闇にTシャツ短パンのうるさくしゃべるオヤジたち。さぞかし迷惑なことだったろう。

F田さん、あかつきさんと軽快に走り、自分が走る番になった。
このところ、ゆっくり長く走るには問題がないのだが、まったく速く走れない僕。
それでもいつもよりは速く走ることを心がけた。
1_201008201

道に迷った。湖畔沿いを走ると思い込んでいたのだが、どうやら大きな道を選んで走っていくようだ。
二度ほどM野師匠に電話、シュガーさんに途中まで迎えに来ていただいてようやく到着。
いきなり3kmも余分に走らせていただいた。

このところの走りこみからくる疲労のためか、尾てい骨をはさんで、お尻から腰にかけて両サイドが走るたびに痛む。
今回は、ずっとこの痛みに悩まされた。

013

二本目は深夜2時過ぎのスタート。不気味なほど静まり返った細い道を抜けると高架になった線路沿いを走る。
駅が随分明るかったので走りやすかった。唯一元気で走れた。

201008211

5km限定のためかみんなが速い。
4名が走っている間が休憩なのだが、あっというまに自分の番が回ってくるような気がする。

三本目は4時半過ぎ。
201008212
ちょっと前ならもう明るい時間帯だが、いつの間にやら夜明けが遅い。
それでも終盤には明るくなってきた。

016

深夜も蒸し暑かったが、夜が明けると太陽の熱が加わり早朝より30度を越えている。
今日も35度を越えそうだ。

4本目は7時過ぎから。
山の中を抜ける峠道、その上トンネルを抜けるので涼しく走れた。
201008213

020 

日が高くなるにしたがい猛暑に。気温は36℃。

201008214
5本目は9時スタート。彦根の街中を走るので目には楽しい。が、暑い。
給水なしでは5km走るのが限界だ。

032
柵を見つけると、みんな必ず汗で濡れたTシャツやタオルを干す。

201008215
6本目は11時過ぎに出発。
暑さにやられたのか夜通し起きていたためか眠気に襲われる。
僕の次に走るM野師匠と、その次のシュガーさんが走り終わったのに、全く気づかず眠ってしまった。

057_2

7本目、これが自分の走る最終区間だ。午後1:16スタート。
201008216
もちろんスピードは出ないのだが、暑い割には比較的楽に走れた。
最後ということが影響しているのかもしれない。

074 
最終区間を走るシュガーさんを見送る。

078
ゴールから逆走してシュガーさんをお出迎え。
15時間45分、全長約190km。ようやく長い旅が終わった。

終了してみんなで感動のフィナーレ…ということは全く無く、「あっつ~、早く風呂行こうぜ」と銭湯を探す。

085
無茶苦茶わかりにくい道案内の看板で、たどり着くのをほぼあきらめていたが、F田さんの執念でやっと発見。あの看板、なんとかした方がええんちゃう?ほたるの湯

そして久しぶりのまともな食事をしに「みくりや」へ。

092  093
撮影会をして

089

お疲れ様でした~。

2010年8月19日 (木)

伊賀越マラソン試走3本目

ここ数年、松阪の高級焼肉店家○亭へ年に4回調律に伺っている。

この系統のお店では珍しいと思うが、ジャズライブをやっているのだ。

お盆明けは木曜日にライブがあるので、一応スケジュールを明けてあったのだが今年は依頼がなかった。

午前中がすっぽりと空いてしまったので、また伊賀越ハーフコースを試走に行った。

今日も早朝より蒸し暑いが、錫杖湖周辺は多少四日市よりかは涼しいような気がする。

かなりきついこのコース、過去2回はいずれも2時間を大幅に超えている。
今日も調子が良いわけではないが、そろそろ2時間が切れそうな気がする。

前半は予想以上に軽快に走れたものの、半分を過ぎた辺りからエネルギー切れなのか失速した。

結局、また2時間を大幅に上回ってしまった。

せめて1:45’くらいで走りたいなあ。

走っている間に○族亭から電話があり、調律の依頼を忘れていたとのこと。
午後からの仕事を終えてから急遽松阪へ行って仕事をこなしてきた。

夜9時過ぎから、先日ラーメンランで行ったときに閉まっていた白熊(ラーメン屋)まで走って行った。
ここも自宅からの往復がちょうど10km。
先月メニューが変わったとのことだったが、前の方が好きだったな。ここはもう行かないと思う。

今日から奥様が不在。23日までは独身生活がエンジョイできる。

おしらせ:どなたか中日ドラゴンズかヤクルトスワローズのファンで、22日の午後ナゴヤドームまで観戦に来られる方いらっしゃいませんか?

2010年8月15日 (日)

自由研究

タイトル:24時間走

動機:常々どこが体力の限界なのだろうと気になっているが、24時間走りとおすことによって一歩も歩くことができないという状態を経験したかった。

方法:4時間ごとに10分間の休憩(睡眠)をとる。
    300mの歩きと800mのランを組み合わせて、一周2200mのコースを周回する。
    2周毎に給水を取る。

run run run run run run run run run run run run run run run run run

というわけで8/14土曜日、朝8時に24時間走をスタートした。
もちろん朝から暑い。

スタートするとすぐに、こちらを見ながらニヤニヤしているランナーと目が合った。
あまりにも久しぶりすぎてすぐにわからなかったが、故障で走るのをやめてしまったと思っていた旧友だった。

スタートしていきなり約10分間の中断。

第1クール(時間毎の走行距離)
7km-8km-8km-6.4km(8:00-12:00)
走り始めて1時間ほど、あかつきの普通電車さんが様子を見に来てくれた。
帰られるときに「残り21時間」と言った自分の言葉に気持ちが萎えた。

第2クール
4.1km-7km-7.2km-6.3km(12:00-16:00)
雷雨に見舞われる。もちろんそのまま雨の中を走る。

第3クール
4.2km-7.3km-7km-6.3km(16:00-20:00)
暗くなり始めたので1500mのコース(多少明るい)に変えた。1800mの表示板から200mの表示板の間を歩き、残り1100mをラン。3週毎で給水。
ヒロさんからメールあり。後で様子を見に行くので要るものがあったらおしえて、とのありがたい申し出。水、アクエリ、ビールをお願いした。
M野師匠からも激励のメールをいただいた。

第4クール。
3.1km-6.3km-4.8km-4.9km(20:00-24:00)
午後10時過ぎ、ヒロさんが差し入れのガリガリ君とともに参上。
「一緒に25kmくらい走ります」とのこと。
遅い時間にもかかわらず、10人近いランナーがいる。

8/14走行距離98.1km。予定では120kmだったので、かなり下回った。

第5クール。
3.2km-5.7km-6km-5.4km(24:00-4:00)
一番懸念していた時間帯だ。
通常、こんな時間に人はいない。暗いしこわいし。何処を走ろうか悩んでいたが、ヒロさんが来てくれたので通常通りに走れた。

第6(最終)クール。
0.4-5.3km-4.7km-3.8km(4:00-8:00)
さすがに疲れがたまってきて、30分以上熟睡してしまった。
休みすぎたのか足が重くて全く走れない。ほとんど歩く。こうなると3時間が随分長く感じる。
「一時間くらい寝ます」といったヒロさんはバク睡で明るくなっても起きてこない。
自分の車のとなりに見覚えのある車。torakichiさんが様子を見に来てくれた。
6時過ぎに、昨日のスタート時に会った旧友が様子を見に来た。

8時には中央緑地を出る予定だったので、7:45に終了。
ストレッチをしているとM野師匠が登場。
ゆっくり話が出来なかった。来週の琵琶湖一周でゆっくり話をしたい。

総走行距離は132.5km。予定では160kmだったので、かなり下回った。

自由研究:感想
24時間も走るという壮大な課題であったが、終了しても達成感感動は全く無かったsad
ま、12時間も走りゃ十分だなthink
来年もしもOBKに採用されたなら、夕方5時から翌朝5時までの12時感想を強く勧めたいと思う。

とりあえず、この夏最大のおバカの称号(褒め言葉じゃない)は僕のものかなscissors

2010年8月13日 (金)

甲子園巡礼

今日13日、年に一度は行かなくては、とほぼ義務的な甲子園高校野球観戦に悪友S氏と行ってきた。

とっても鉄ちゃんなS氏の後ろを付いていくだけでいつのまにか甲子園heart04
今回は青春18切符使用。ず~っと18歳以下のみ使用可と思っていたこの切符だが、3倍くらい歳がいっている僕たちも使用可scissors

006

今日は4試合全部見た(と言っても3割くらいは寝ていたような気もcoldsweats01)。

今日のお目当ては、成○高校の中○投手。
001003005
002 004

柔軟性、小さいテイクバック、たぶん球の出所が見難いんじゃないかな。
おそらく、この大会の№1投手だと思うが、プロでやってくには球速があと5kmはないと苦しいかも。

点差が広いたこともあってか、中盤以降はフォームが乱れた。

今日の甲子園までのルートは、ほぼJR。
帰りの柘植を発車して間もなく 急ブレーキ。
すぐに車内放送があって、「ただいま、鹿と衝突しました」。coldsweats02

2010年8月11日 (水)

伊賀越試走2本目

今日は朝から休みだったので、また伊賀越ハーフマラソンコースを走ってきたrun
家から一時間ほどで行くことができるし、非常にハードなコースなので走り甲斐があるgood

スタートの湖水荘に向かう途中、前方に美女ランナーの雰囲気をかもし出しながら走る二人を発見lovely
かなり傾斜のきつい登りだが、颯爽と走っていくup
けど、見たことのあるランニングフォームcatface
なんと、ピッチさんとミキさんでしたheart04。「湖水荘のちょっと上まで」とおっしゃっていたが、おうちから走ってきたのかなあ?とにかくビックリhappy02

011
先日の水不足を反省して今日はペットボトル2本態勢scissors

20100811
4~5kmで給水しながら走る。今日はやや涼しいtyphoon

スタートからしばらくは、そう起伏の無いコースが続く。
5km過ぎから軽く登り始め、8kmを過ぎると「ウソやろ」と思うくらい登るwobbly
002
10km過ぎまでひたすら登るsnail

003
伊賀市に入った途端に約2kmdownwardright

005
くだりの途中で、風力発電の風車群が一瞬見える。

006
国道163号線と合流する手前で折り返し。てことは、さっき下ったコースを登るcoldsweats01
精神的にも体力的にも、この登りが一番きついかもしれない。

市境を越えて5km少々一気に下ればゴールは近い。

007 
湖水荘でかき氷を食べて一休みconfident

さ、も一回走ろうか。

て言っても、今度はユルユルと錫杖湖周辺を写真撮りながら走る。

201008112
2kmを越えた辺りから、えらく下っていく。こりゃ、帰りがヤバいやgawk

010_2
最終的にはピッチさんとミキさんが走っていた場所に出た。
死にそうになりながら10km近くをふらふらとcrying

秋は景色が良さそうmaple

2010年8月10日 (火)

おNEW

先日来、購買意欲が異常に高まり、衝動買いsad

014
アディスターRevolt GTとかいうナンチャッテトレイルシューズ。
本当はアディゼロXTが欲しかったけど見つけられなかった。
アディスターはジャズド○ームでたたき売りしていた。

016
来シーズンのフル用にアディゼロJapan
アディゼロはずーっと26.5cmを買っていたのだが、今回は26cm。
たまたま安かったので買ったが、これはワイド。初めて買ったアディゼロがワイドで後々失敗したと悔やんでいたが、これは何故だかFITshine
こちらはスポー○デポで、やはりたたき売り。

衝動買いでも、高いやつを買わないのが貧乏人の悲しさだねhappy02

2010年8月 9日 (月)

深夜の遠足Ⅱ

M野師匠OBK(おバカ企画)の呼びかけを見てはいたものの、月曜日は午後から仕事が入っているため参加が無理。
んじゃ一人でどっかへ行こうかと計画したのが、先週行った津新町の屋台でラーメンを食べて帰ってくる深夜ラーメンラン

日曜日の帰宅後仮眠、夕食を終えて30分後の7時半に出ようと思っていたところ、ラン友ヒロさんからメール。
どうやらOBKでどっかへ行くと思ってたみたいだ。

自分の予定を返信すると「途中までご一緒させて」とのこと。ヒロさんは、もちろん月曜日お仕事。

出発してから忘れ物を取りに帰ったりで結局15分遅れのスタート。
やや湿気はあるものの、そう暑さは感じない。

8kmあたりでヒロさんと合流。
ヒロさんはこのところ忙しいので久しぶりだ。

2kmほど一緒に走ったとこで雨がポツリと。
ちょっと降ってるね、といってる間にどんどん大粒に。
急いでニッサンのディーラーの軒先に駆け込んだ。

「10分もすればやむよなあ」とのんきに構えていたのだが、一向に雨脚は弱まらない。

久しぶりにヒロさんと会ったので、息子さんのインターハイのこと(テニスで団体準優勝、んでもってキャプテン)とか丹後ウルトラのこととか積もり積もった話をしているうちに1時間を越えた。

雨は止まない。
002  003
途方にくれる深夜徘徊のおじさん二人。

少々回復の兆しが見えてきたので雨の中を再スタート。
ヒロさんは12時、僕は3時が帰宅予定時間。

ラーメンにたどり着くのは無理のようだ。

雨はとりあえずやんでいる。
鈴鹿市のサーキット道路入り口で折り返す。

帰りはヒロさん宅方面へ走り、12時半を過ぎたくらいでヒロさん帰宅。

さあ僕は何処まで行こうかな。
なんとなく走る気力がなくなってきた。
けど、ラーメンを食べにきたんだからラーメン屋まで行かなくちゃ、と思ったのは既に1時半。
何処が開いているんだろうと思案することしばし。
そうだ、この時間なら川越の横綱だ。
で川越に向かってGO。

雨が次第に強くなってきた。
横綱まで行っていると帰りが4時を過ぎそうだ。
強い雨脚の前にあっさりと計画を取りやめて帰路に着く。
20100808

走行距離52.3km
帰宅3時半でした。計画倒れ。無念!

2010年8月 7日 (土)

ラジオ体操

Nhk_005
ラジオ体操の伴奏に使用するピアノを調律するため、金曜の夜は名張に宿泊した。

ラジオ体操の調律は本番の前日に一度(当日が雨の場合もあるので屋内屋外一台ずつ)調律をして、当日のリハーサル前にもう一度調律をする。

本番当日は朝5時頃から始まる音声のチェックまでに調律を終えなければならないので、遅くとも4時には作業を始める。名張は四日市から2時間はかかるので宿泊しないと寝る時間がない。

昨年は現場に照明が無く、こんなことならヘッドライトを持ってくりゃよかったと悔やんだので今回はしっかりと持参flair
けど、今年は陸上競技場の照明を煌々と照らしてくれたので不要だった。

昨日の調律開始は午後2時。せっかく名張まで行くんだからと、早めに家を出て10月に出場する伊賀越ハーフのコースを試走してきた。
Nhk_002
ネットで調べてみると、錫杖湖の駐車場あたりからスタートするらしい。コース図もなんとか探し当てた。

はっきり言ってこのコース、きついsad
前半はほとんど登りだが5km地点あたりから6kmほど、かもしかの10km地点あたりの斜度がず~っと続く。
7kmあたりまでは頑張って走って登ったが、急に根性が切れたbearing
あとは歩きとゆっくり走りを交互に。

コンビニや商店はもちろんのこと、自販機も全く無い。
ペットボトルを一本持っていただけなので、かなり不安だった。
人も車もほとんど通らないし…。

伊賀越ハーフ、本番でも2時間を切れないかもしれない。

今朝は3時起床。
名張泊まりなのでゆっくりできた。

このところ随分涼しくなった。今朝は少々寒いくらいだった。
昨日、体育館で調律していたときはムチャクチャ暑くって熱中症で倒れるかと思った。外の方が涼しい。

ラジオ体操はまたまた思い違いをしていた。
各地を回って生放送をしているのは夏の間だけということだ。
あとの期間は、あらかじめ収録したものを放送しているそうな。

そりゃそうだよな、冬に北海道で野外だったらだれも行かないよな。
調律するのも嫌だ。

Nhk_006
リハーサルの終了後、現場を離れてランニングスタイルに着替えて名張市内を10kmほど走った。
せっかく早起きしたんだから走らないのはもったいない。
激しいアップダウンが連続するきついコースを選択してしまった。

涼しくなったとは言え、6時半はもう暑い。

2010年8月 4日 (水)

結婚式

土曜夜のマラニックから帰った後、友人の結婚式に出席した。
松阪でUターンしたのは、こんな理由。

数年前に引き合わせた二人が、このたびめでたく結婚したのだfuji
この歳になると、友人の結婚式というのは珍しいconfident。前がだれだったか記憶に無いモンbleah
036
結婚式が行われたのは、元造り酒屋。親族は一階で、その他は二階から参列。
032   042
 044_2    048   

新郎41歳新婦38歳と、やや高齢のカップル。
紹介してから随分時が経った。
けど、のんびりした二人だけに、落ち着いたとても良い式だったcatface

僕が恋のキューピッドheart01なので、乾杯の音頭担当。
ついでに祝辞もしたが、厳かな雰囲気が続いただけに軽いギャグでもたくさん笑っていただいたので気分よく乾杯できたhappy01
050
食事は創作フレンチ。

マラニックから帰ってシャワーを浴びて、その後2時間ほど爆睡sleepy
式が終わるまでbeerは我慢think
恋のキューピッドに来るわ来るわお酌の人並みcoldsweats02
かなり飲みましたhappy02
もちろんwineも。

高齢カップルだけにご両親は随分ご心配だったとのことで、特に新郎の父、新婦の母からはありがられた。
一瞬酔いが醒めたのが新婦の父にお酌に行った時。
たった一人不機嫌でございましたdespair

となりの席に座っていたのが元デキシーバンドの○田。こいつとは飲み友達。
少々セーブはしていたのだが、途中で吹っ飛んだpunch

帰りの四日市駅までは記憶があったのだが、次に気づいたときにはマンションの前の街路樹に絡まっていたbearing

僕の後に帰宅した奥様が「エレベーターの中に忘れてあったよ」と引き出物がshock

皆さん、飲みすぎには気をつけましょうscissors

2010年8月 1日 (日)

夏の風物詩、深夜の遠足

7月31日土曜日夜7時半、祭りの喧騒の中、近鉄四日市駅前を伊勢市駅のゴール目指してたかさんと出発。
016
二人だけってのは、かなり珍しい。
017 
金曜日に伊吹登山をした後遺症でふとももが激しい筋肉痛。

出発は二人だけなんだけど、途中からメンバーが増えるこの日のラン。

筋肉痛でも辛くないゆっくりペースでスタートし、最初の5kmの所要時間は40分。
途中で合流するあかつきの普通電車さんからメールがあり、白子駅に8時半到着とのこと。

現在地を連絡すると、逆走しますと返信あり。

気温は高くないものの酷い湿気で汗が滝のように流れ出る。
この日のランは5km毎にコンビニへ寄ったが、毎回500mlのペットボトルを買った。

あかつきの普通電車さんと神戸のヤマダ電機あたりで合流して、さらにメンバーが増える津駅を目指す。

津駅からはM野師匠nakayoshiさん、桜の女王T井さんが加わる。

ゆっくりと津に向かったものの合流時間にはまだ早いので三重大前のコンビニで汗が引くほど時間を潰す。
この日は津で花火大会があったので、会場から帰る途中の若者が多い。
異常なものを見るような視線を無視してコンビニの飲食コーナーを独占。
それでもまだ時間があったので、江戸橋から津までの電車の一区間を歩いて移動。

深夜12時過ぎ、3人と合流して津新町の屋台ラーメンへ。
018
あまり期待していなかったのだが、予想を裏切っておいしかった。

食べ終わってから本格的にラン。
既に30km走ってきたたかさんと僕。足取りは軽くはない。

あかつきさんが軽快に飛ばし、nakayoshiさん、T井さんが並走。
故障明けのM野師匠は慎重。けど、こちらから見ているぶんではほぼ完全に復活ですね。
019
二人とも先週夜叉が池を走ってきたばかりというのに余裕の表情、さすがはベテランウルトラランナー。

伊勢へ向かうにはいつも南勢バイパスを行くのだが、この日は42号線へ。
途中までは歩道があるのだが、無くなってからはどうするのかな?

たかさんは自宅に朝8時半までには戻らなくてはならず、僕も結婚式に出席するため9時には家に着きたい。
このため50km地点で二人は津駅へ戻ることを選択。
020 
このコンビニでみんなと別れ、また二人で走り始める。

疲れもピークに達してきて、睡魔が襲ってくるがコンビニに寄るたびに元気を取り戻すscissors

残り距離が少なくなってきて最後のコンビニではbeerで完走の前祝。

津駅には予定より早く到着したが、70kmに若干足らないとたかさんがこだわる。
津駅周辺をもう一度ぐるりと回って70km達成shine

021
駅で着替えて、もう一度カンパイ。お疲れ様でした~。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »