フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 70km雨中の旅 | トップページ | 晴れの日は伊勢へ行こう »

2010年5月10日 (月)

富山

両親は今年80歳。
fuji
お祝いを兼ねてこの土日、僕たち夫婦共々の4人で富山へ行ってきた。
car
土曜日早朝6時、家を出て車で15分ほどのところに住む両親をピックアップ。
東名阪四日市インターより湾岸~東海環状~東海北陸道~能越道経由で、まずは氷見フィッシャーマンズワーフへ。
Dsc00416_3 
食事をするつもりだったが、思っていたよりも規模が小さかったので断念。
周りを見ると、藤子富士○ギャラリーのポスターがいたるところに。
奥様のリクエストでギャラリーへ。
両親は興味ゼロ。
Dsc00421 

こんなオブジェが通りにはイッパイ。
ギャラリーは元銀行を改築したもので、シャッター商店街の中にひっそりとあった。
A藤子さんが氷見のご出身ということで設立されたということだ。
もう少し世間へアピールしてもいいんじゃないかな、と思うほど内容は充実していた。
Dsc00433
退屈顔の両親をなだめつつ食事をするために新湊へ移動。
今の旬は白海老とほたるいか。
白海老のかき揚丼を食べようということに。
coldsweats01
食べるのが忙しくて写真はなし。
car
またまた奥様のリクエストで滑川市にあるほたるいかミュージアムへ。
Dsc00437
ここでは、ほたるいかの発光ショーが見られる。
小さい施設にしては入場料が800円と高めなのだが、このショーは見る価値あり。
光る瞬間は思わず大きな感動の声が出た。
car
一応は予定を組んであるのだが、結構気ままな旅だ。
この時期は蜃気楼が発生しやすいというので、今度は魚津市の蜃気楼ロードへ移動。
wave
防波堤の上には三脚に望遠レンズ装着のカメラを固定させて蜃気楼の発生を待つ、やや年配のおっちゃんの群れが。
テーブルに撮影した蜃気楼の写真を並べて説明しているおっちゃんもいる。
こちらが声をかけたわけではないが、おっちゃんたちが次々と蜃気楼の説明をしてくれる。
この日は30分ほど前に出現したということ。「だから今日はもう出ないよ、たぶん」とおっちゃんの一人。
「たまあに、また出ることもある」と別のおっちゃん。
高級双眼鏡を貸してくれて、いろいろ説明してくれるのだが、出現してもわからんねたぶんcoldsweats01
ほたるいかミュージアムの土産物屋で試食品をつまんでいたため魚津に着くのが遅れた。
このために蜃気楼を見逃したのだが、ホテルに帰ってから蜃気楼関連のHPで画像見たけど、やっぱわからん。
car
宿泊は富山市内。
夕食までの間、富山駅前の土産物屋を物色。
Dsc00440
夕食はとらふぐフルコース
父親は胃腸が弱く20年近く断酒していたのだが、このところ飲んでも大丈夫になったらしく、僕はこの歳にして初めて父親と酒を飲んだ。
なんか涙が出そうになった。お互い長生きはするもんだ。
beer
食事を終えてホテルへ帰る途中、なんだかいい香りが。
ソースが焼けた匂いだ。居酒屋の店先に名物ソースカツパンとあった。
両親とホテルに帰ったのだが、奥様からリクエストがあり、さっきの居酒屋へbottle
Dsc00444
これはなかなかうまいgood。半兵衛というお店なのだが北陸でチェーン展開しているようだ。
Dsc00446
お店の男の子。宮○藍にクリソツ。やっぱりお客さん全てに言われるとのこと。
けど、出身は石川県です。
bottle
ベロンベロンにもかかわらず奇跡的にホテルにたどり着き、無意識のまま歯磨きしてお風呂に入って寝た。
とっても珍しい2日間のランオフだあー。
riceball
頑張って6時前に起き、7時からの朝食を済ませ一路立山へ。
これがいよいよ今回のメインだ。
立山からケーブルカーで美女平へ。美女平からはバスで室堂へ向かう。
Dsc00506 
ご存知かもしれないが、道路の両側に雪の壁が出来ている。
この日の壁の高さは14m。
両親は、前夜のとらふぐ以上に感動してくれた。
confident
今回改めて思ったが、両親はいい歳のとり方をしている。
健康で経済力もあり、おいしい物やきれいな物に感動できるって素晴らしいことだ。
自分も頑張って両親のように歳をとっていきたいなfuji

« 70km雨中の旅 | トップページ | 晴れの日は伊勢へ行こう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

良い旅でしたね~(* ̄ー ̄*)
わたくしがむか~し室堂に行ったのは秋で、雪が降る前。14mの壁見てみたいな~・・・

な~さんへ
今月末までは見られるようです。
スキーヤーも多かったです。

ご両親への親孝行すばらしいですね。僕も考えなければ・・・。
と言いつつ、雪の壁の中を走ってみたいです。
その前に京都~四日市・東海道マラニックを検討中です。

あかつきの普通電車さんへ
あかつきさんは存在自体がもう親孝行ですからねえhappy01

京都マラニック、面白そうです。ただ、梅雨時だけに、雨の中を深夜走るのは危険そうです。
お天気次第ですね。

ご両親ともご健在・ご健康で何よりです。

酔いどれランナーさんへ
健康でいてくれるということは、本当にありがたいことです。
まだまだ経済的にもしっかりしているので、お返しの方が大きすぎて困ることもありますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/34631843

この記事へのトラックバック一覧です: 富山:

« 70km雨中の旅 | トップページ | 晴れの日は伊勢へ行こう »