フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

奥伊勢マラニック

M野師匠企画の奥伊勢マラニックに行ってきた。
メンバーはM野師匠、シュガーさん、そして初対面のT山さん。タッチパパさんママさんは剣峠で待ち合わせ。僕を入れて総勢6名。

早朝4時過ぎに起床。近所の牛丼屋で朝食を済まして自宅に戻り、新聞を読みながらコーヒーを飲む。

6:03発の電車に乗るため5:45に家を出た。
四日市駅近くの横断歩道を渡っていると、通りかかった車がクラクションを鳴らしながら停まった。
窓を開けて、こちらになんか言っている。まだボーっとしていて誰かわからないので近づくと、な~さんとS木さんだった。

あれ?三河トレイルは?と尋ねると、四日市駅でたかさんhoyohoyoさんをピックアップして会場へ向かうということだ。
ちゃっかり駅まで便乗させてもらう。な~さん、ありがとうねhappy01

駅のエレベーターを上がると、たかさんが。
たかさんとあれこれ話をしていると見知らぬ人が話しかけてきた。
そう、今回初対面のT山さんだった。

電車の発車時間が近づいてきたのでたかさんにエールを送り別れる。
hoyohoyoさんには会えず。
そして、おじさん4人で伊勢に向かう。

この日のコース
200909274
伊勢市駅を出発し西に向かいサニーロードを南下、横輪町、矢持町を抜け350mくらいの峠を越え五ヶ所湾で灯台を見て剣峠を越えてから「おかげ横町」で赤福氷を食べて伊勢市駅へ戻るパターン。

006
7時過ぎに伊勢市駅に到着。着替え等は駅のロッカーへ。
準備運動をして記念撮影後ノロノロとスタート。

3km近く走って見つけたサークルKで食糧補給とトイレ休憩約10分。
適度に曇っているので暑くはない。

20090927
7.7kmほど行ったところでコースを間違えたことに気がつく。
地図で確認したところ800mほど長くなるものの本来のコースに合流することがわかりそのまま進む。
12km1:27’ほどで、ようやく本来のコースに合流。
けっこうアップダウンの激しいコースだった。

007
15km1:46’で横輪町の風輪の里に到着。
ソフトクリームを楽しみにしていたが、この日は臨時休業。
けどトイレはずっとオープンしていて良心的。キレイだし。

200909272
24.5km3:00,ようやく峠の頂上へ。一体いつになったら頂上に着くのかと思うくらい登りっぱなしだった。
008
M野師匠
001
シュガーさん
009
初参加のT山さんも余裕の走り。

峠からは6km近くを一気に駆け下りる。
林の中でガサガサ音がするので見上げると逃げ去る鹿の親子が。

002
ほぼ中間点の五ヶ所湾灯台に到着。32km3:50経過。

切原の集落を抜けて剣峠に向かう。
自販機で飲物を補給しながら峠で集合するってことで一足先にスタート。

200909273tsurugitouge
峠の登りに差し掛かった辺りでM野師匠の姿が見える。
こちらの姿が見えると一気に抜かれてしまうので、姿を隠しながらひたすら登る。
何度か確認するがM野師匠の姿は見えない。
ようやく頂上と思った瞬間、足音が聞こえた。
振り向くと、すぐ後ろにM野師匠。一気に抜かれたが追っかける気力がなかった。
40.5km4:50,頂上着。

003
ほとんど同時に、内宮から登ってきたタッチさんご夫妻が到着。

頂上から内宮に向かうコースは適度なアップダウンがある走りやすいコースだが、足もそこそこ疲れてきているのでペースは上がらない。

頂上から14kmで内宮。で、伊勢神宮へ来たのに参拝もせず向かったのは、今シーズンたぶん最後の
004
食べる前に缶ビールを一本飲んじゃったbleah

暑いとはいえ、もう秋。体温が一気に下がったような気がするsweat01
残り約4km。しばらく登りが続き、全員げんなりしながら走る。

005
全員無事に伊勢市駅到着。7:58’。
さあ、風呂へ行こう。で、いつものみたすのへ。

風呂を出てからタクシー2台に分乗して地ビール飲み放題の麦酒蔵へ。

レースに向けての禁酒日スタートを翌日に控えていたこともあって、かなり飲み過ぎた。
家に帰れたのは皆さんのおかげだ。一人だったら名古屋まで寝ていたなcoldsweats01

PS:麦酒蔵を出たとき(自分はへべれけで記憶が定かではないが)親切な方が駅まで乗せていってあげようと言ってくださり宇治山田駅まで送っていただいた。
日本のふるさと伊勢の方は心が暖かい。

今日から減量食に入った。甘いもの買い食いとアルコールの禁止。これが10月3日まで続く。
体重は減りはしないが増えることもないとは思う。
昨日は減量のために走ったのだが、かえって増量したように思うweep

この日の走行距離60.1km

2009年9月25日 (金)

伊勢湾台風50周年

003
明日が伊勢湾台風50周年記念日。
災害なので、記念日と言っても被災された方々を偲ぶ日だ。

桑名市長島町の輪中の郷で記念イベントがあるため、今日はピアノ調律に行ってきた。

004
被害を受けた小中学校へ、アメリカの女優からピアノが贈られた。
自分が30年前に調律師になった頃は何台かお目にかかったのだが最近では見かけることがなくなった。
今日は桑名市内の小学校に現存している3台のうちの2台が運び込まれ、1台は展示用、もう1台は合唱の伴奏に使われる。
この合奏用の調律だ。

005
伊勢湾台風は昭和34年に東海地方を襲った。
昭和34年、僕が生まれた年だ。
このイベントで、このピアノを調律するなんてなんだか因縁めいたものを感じるなあ。

昔、母親からこのときの苦労話を何度か聞かされた。
自分は2月生まれなので、まだ生後7ヶ月。
4歳だった姉と赤ん坊だった自分を護りながらの避難はたいへんだったことだろう。
ちなみに当時父親は建設省(現国交省)勤務で、住民を災害から護る側だったため家に帰ってきたのは水が引いてからだと聞く。

002
2台のピアノが各校へ戻されてから、もう一度調律に伺う。
両校に都合を聞いたら「いつでもいいですよ、ぜんぜん使ってませんから」ってことだった。
同い年のピアノ達、なんだか同情しちゃうなあdespair

001
四日市市内で、このピアノを見かけることはない。
最後に見たのは、もう20年くらい前かなあ。

2009年9月22日 (火)

モクモク4日目

001 シルバーウィークも今日が4日目。
昨日に比べると道もモクモクも少々空いている。けど、行楽地を始め各所で経済効果はかなりあったはずだ。

今日は、ヨメが突如としてモクモクに現れたのでビックリした。
仕事に行ってるふりをして悪事を働くなんて事はしないのでビックリしなくてもいいけどね…

今日のラン
一昨日はモクモクへ行く前に亀山ドライブインまで約27kmを走ったのだがM野師匠から「もう少し先へ行ってみたら?」というお言葉をいただいたので今日はもう少しだけ足を伸ばした。
亀山ドライブインの先には関ドライブインがあるのだが、自分の中で両地点間は10km近くあるように思っていた。
で、調べてみたら約3km程度。
なので今日は関ドライブインまで約30kmを走った。
ゆっくりだし時々休憩も取るので疲れないものだな。
演奏も、ゴク普通にこなしてきた。

明日は、いよいよモクモク最終日。
頑張って良い演奏を聴かせたい。

2009年9月20日 (日)

もくもく2日目

昨日19日は、たくさんの小学校で運動会だったからかかなり来園客が少なかったもくもだが今日はたくさんの人で溢れかえっていた。

有料高速道路に比べると名阪国道は空いている方かもしれないが、帰りは渋滞だった。

さて、走る方だが昨日は完全にランオフ。
で、今日は四日市駅近くの自宅からピックアップしてもらう亀山インター近くのファミリーマートまでラン。

夜中3:05に起床しストレッチしながらコーヒーを飲んで3:45スタート。
昨日ランオフにしたお陰か走るのが楽。
寒いかなと思ったが半袖ジョグパンで家を出た。

以下ラップ。信号待ち等のポーズは無し。
619-604-606-630-559-555-547-556-616ファミリーマート釆女店着 休憩733

606-544-610-542-546-550-542-542-540-307(550m)ミニストップ井田川店着 休憩834
夜明け前はかなり冷え込んで手袋を持ってくれば良かったと後悔したが、5時過ぎの夜明けと共に一気に暖かくなってきた。

538-540-533-533-559-532-542-541-042(120m)ファミリーマート亀山インター店着

到着したのは6時半過ぎ。
ところが待ち合わせは8時前。
亀山ドライブインって24時間オープンかと思っていたら8時前しか開かないんだな。
待っている間、けっこう凍えた。

明後日、またこのコースを走る予定。

2009年9月19日 (土)

シルバーウィーク

夕食を食べていると、突然ヨメが「今日は早く寝るの?」と聞いてきたcoldsweats02
昨日から生理痛で苦しんでいるので、一体なんのこっちゃdespair?と思っていると「映画を見に行かん?」と言う。
で、20世紀少年を見てきた。

夫婦でどちらかが50歳以上なら一人1000円ってことだが、ヨメの分まで払ったので得なんだか損なんだかthink

明日から世間では5連休。50年生きてきて、この時期に5連休なんて初めてだと思う。
けど、世間ではであって自分は全部仕事。
あすからモクモクで演奏5連荘。
モクモクに通い始めて10年以上だけど9月に演奏するのは初めてだと思う。

この仕事が怖いのは、この期間中ずっと外食になるので体重が増加する。
期間中は早朝から10kmは走るようにしているが、それでも太る。
夜中に起きて亀山まで走ろうかなあnight

2009年9月15日 (火)

計画倒れ

先週からの計画では、今日伊吹山に登る予定だった。
ところが夕べのrainで計画は×sad

仕事は伊吹になるべく近い大安町で組んであるので、とりあえず昼食を半蔵で、その後かもしかを走ることに。

仕事を終えて15分ほど車で走り半蔵まで来たら
Photo なんと、臨時休業crying

仕方なく大安ジャスコまで戻り、ちまちまと総菜やパンを買ってお昼ご飯think

今日は朝から脱力感イッパイ。
車から降りて歩くと足首や膝がギシギシしている。痛いほどではないけれど。

ジャスコで栄養ドリンクも買って飲んでおいた。

昼食後、眠気が襲ってきたので15分ほどチョコ寝sleepy

走り始めは既に2時前。
ビュンビュン走れる状態ではないので、今日はハナっからダラダラ走る予定。

今日の菰野町役場は何故だか車がイッパイで図書館の方まで停めに行った。
ついでなので、まだ見たことがない露天風呂を探索するためスタートとは逆方向へ。
20090915 葬儀場を裏から入りコースへ合流。
事故現場も見てきた。手を合わせる。この道は温泉方面からだと真っ直ぐな下りだから、仕事帰りでちょっとスピードが出ていたのかもしれない。ご冥福をお祈りした。

尾高の坂を上りきる手前に左へ行く道があって、以前から気にはなっていたので探索。
200909152 大体予想は当たっていた。コースの11kmを少し越えたところへ合流。
更に下りに入ったところを右へ。こちらは朝明ヒュッテへ行く道。
以前に車で確認してはいるが走るのは初めてだ。
たしか15km地点へ繋がっている。

200909153 昨年の豪雨の影響か、工事中の所があって少々迷いかけたが無事にコースに出られた。
こちらの方が1kmくらい短いかな?

三重カントリー横を過ぎて、信号を左折せずに直進。
200909154  7月にスーザホーンを担いで走る練習をしたコースだが、記憶が定かでないので迷った。
すいすい走っていったら行き止まりで延々と戻ったり。
お陰と予定以上に走らせていただいた(25km)。

四日市に戻ってからジムへ行って筋トレフルコース。
今日は全身いじめ抜いてヤッタゾーhappy02

2009年9月13日 (日)

秋の体感

今日は仕事の合間に南部丘陵公園へ走りに行った。

駐車場に着いて車を降りると、足下に大きな栗のイガ。
見上げると、車の上に栗の木が。
Photo
まだまだ日差しはキツイものの、日中走っていてもそんなに汗をかかなくなってきた。

あっと言う間に寒くなるんだろうな。

20090913     今日はロングコース(4.9km) を3周。
※ロングは西側の道を途中まで走り菖蒲園やバラ園の間を駆け上がります。

2009年9月 8日 (火)

四日市中央緑地

四日市在住のランナーにとっては、お馴染みのランニングコース。先日から改修工事をやっている。
走路の舗装が年月の経過と共に劣化して、かなりデコボコしていたのが再舗装していただきキレイになった。

これと同時に施されたのがウレタンコース。幅は1.2mほどかな。
以前は1400mを過ぎた辺りから1800m地点だけだったのが、ほぼ全域に渡って施されている。更に今日行ったら…
003 ウレタンの上をアンツーカー?で上塗り。今のところはごくわずかな区間だが、更に伸びる模様。
002炎天下を工事の人たちがアリンコみたいに地面にはいつくばって施工していただいてる。
仕事とは言え大変な作業で思わず頭が下がってしまう。
今日なんぞはバカなランナーが塗りたてで立入禁止になっている中を走ったらしく、作業終了と思われる時間にも関わらず塗り直しをしていた。

バカは緑地で走るんじゃない
sign03

スタート地点も、この通り。scissors
001

中央緑地は、かなりの頻度で走るコースだ。
今日みたいな大会直後のリハビリラン、レースペースでのスピード走、30kmのペース走。
こういった練習はフラットなこのコースで行っている。

一つだけ先日から気に入らないことがある。
ランナーに向けた警告板が立ててあるのだが、文面は「ランナーは広がって走らないこと」みたいな文面。
ランナーを追い抜いていくのなんてランナーなんだから足音が聞こえてくると自然に避けるか大声でスペースを空けてくれと言えば大丈夫だ。
困るのはウォーキングの方。特に年寄り
人の迷惑も顧みず大人数で広がって話しながらのんびり歩く。

公園管理事務所ちゃんと見てから書けよなimpact

2009年9月 7日 (月)

松阪トレイル

毎度のことだが、トレイルのように自分の中で完走だけを目標とする大会は前夜でも緊張を伴わない。

土曜の夜は遅くまで息子とサッカー(日本vsオランダ)をテレビ観戦。
日本のふがいなさに腹を立てながらwineをかなり飲んでしまった。

出発の2時間前には起きることにしているので、5時10分にアラームをセット。
このところ走りに行く日にしては遅い起床時間のため、これまた緊張感のなさに拍車をかける。

M野師匠な~さんたかさんといったこの夏お馴染みのメンバーで近鉄四日市駅で待ち合わせ。
この大会、伊勢中川駅では主催者ウィランのスタッフの方がお迎えに来ていただくというサービス満点の大会だ。
アットホームな雰囲気の上、大会参加者が20数名と聞かされ更に緊張感がなくなり気分は最早ピクニックhappy01

001_3 スタートまで後1時間ないにもかかわらずのんびり支度をする。やらなくちゃいけないことが頭の中で全く整理されていない。

9時過ぎになって開会式が始まる。
参加者とスタッフがほぼ同数かな。くつろいだ雰囲気の中、開会式終了。スタートまで後6分。アップをしていないことに気がつく。

002 スタート地点を確認してアップを始める。
気がつくと400m少々走っており、これって早く戻らないとスタートに間に合わないんじゃないcoldsweats02

で、ゼイゼイいったままスタート。みんなからはぐれると迷子になりそうなので頑張ってペースについて行く。
前を走る参加者中唯一の女性ランナーが同じようなペースで走ってらっしゃったので付いていくことにしたが結構速い。
カンカン照りの中このスピードは危険かもと思いながら後ろを見ると、な~さんもたかさんもピッタリと付いてくるのでスピードを落とせない。(当然M野師匠は見えないくらい前方へ)

スタート後、約30分で最初の給水地浄眼寺に到着。しばし談笑して再スタートするが絶句するほどの急勾配の上り坂なので、もちろん歩き。登山道入り口って書いてあるじゃないか。事前に地図をよく見ておくこと。(すばらしく詳細で頑丈な地図を受付の時いただいた)

登り基調ではあるが勾配がゆるくなった所や下りでは走る。
同じようなペースのランナーを見つけてはぐれないように後を追う。
003 桝形山312mに到着。約7.5km地点。50分程で到着。
ここで一緒になった岐阜からのHさんは前回も参加されたということでコースに詳しく、説明をしていただきながら走行を続ける。
初めて参加する大会では経験者のアドバイスが嬉しい。

9km第1エイドに1:12程で到着。
あんぱんや梨、ドリンクをいただく。自分のハイドラパックの飲物は既にぬるいのでエイドの水が美味い。
2番目で走っていたランナーが、この先でルートをミスしてまた戻ってきたと聞く。
自分たちのようにゆ~っくりと進むランナー(ハイカー?)でも間違えそうになるんだから走ってりゃ間違えもするよなあ。think

005 約10km地点、鉢が峰到着。1:28’。
5人ほどのランナーが固定してきて、どこで止まってもメンバーは同じ。な~さんもずっと一緒。お互いに写真を撮りあう。(この写真は鉢ヶ峰じゃないような気がするdespair

日川峠(11.5km付近)へ向かう辺りでルートに自信がなくなる。
前出のHさんに尋ねながら足を進める。

観音岳(605m)には2時間ちょっとで到着。距離は12.5kmくらいかな?
明確なデータを取っていなかったので確かではないが、一度止まると結構長い時間休んでいるような気がする。

第2エードには2:25’程で到着。14.5kmくらいかな。
7月にもお世話になってわかってはいるが、ウィランさんのエードの充実ぶりはすばらしい。
素麺やぜんざい、フルーツと盛りだくさん。走れそうもないくらい、かなりお腹がイッパイになる。前方を見ると、また急な登り坂。歩いてりゃお腹もこなれるかな。

006 2:56’堀坂山到着。15kmくらいかな(ガーミンとSportTracksの表示に差がある)。

堀坂山は中高年者のハイカーがイッパイ。途中でも登山者を追い抜いたり下山される方に道を譲っていただいたり。
こんなところを走ったり急ぎ足で来る連中はさぞかし迷惑だろうと思う。
ぺこぺこしながらすれ違う。

堀坂山からはルートがわかりづらい。
ルートがとぎれたような箇所がかなりある。何度かな~さんと相談しながら進んだ。

路面が急にコンクリートに変わった。
これがM野師匠から転倒に気を付けるようご注意いただいてた場所だ。
ご忠告いただいてたお陰で、驚くことなく無事に駆け下りる。
6'30/kmのユックリペースだが久しぶりに走った。

スタートから3:40’、一般道に合流。スタッフのRUN太郎さんのご指示で森林公園へと進む。
自販機で水を補給。売店にbeerが売っていたので、かなり悩んだ。缶だったら間違いなく買っていたな。
水道で手と顔を洗って再スタート。

たぶん残りは5kmほどなのだが登り勾配のきついところが多く再び歩きが入る。
前も後ろも人影がないのでコースミスをしていないか不安。
ガーミンを見ると、スタート地点方面に向かってはいるので安心した。

ゴール手前のミニストップ前から手を振るスタッフとM野師匠が見える。
手を振り返す。
ゴールは4:14’30。時間を意識してなかったが、ちょっとかかりすぎたかな。coldsweats01
007 ゴール後も充実のウィランさんご提供の食べ物、飲物。
さすがは松阪牛か、と思いきや松阪の右には買ったという文字がhappy02

一通り食べ物をいただいてからミニストップに戻ってbeer
飲みながら歩いているとスウィーパーのミヤビさんと遭遇。
スタート後、ずっと会っていなかったたかさん情報を聞かされる。
なんと第1エード通過後コースミスで再度第1エードへ戻ってきたそうな。

そういえば途中ずっと一緒に走っていてゴールしたら情報交換しましょうと言ってたHさんもゴールしていない。
堀坂山まで一緒だった旨をスタッフに伝える。
こちらもコースミスということで、人よりたくさん走られた皆さんは疲労感イッパイでゴール。

日頃、フルやハーフの大会はレース中に他のランナーと話すなんて事はほとんど無いが、先を急がない大会はいろんな人たちと交流できて楽しいな。

009 大会終了後はウィランさんの打ち上げに混ぜていただいた。
思い起こせば、この夏はウィランさんにお世話になりっぱなし。
機会があったら体の続く限りご奉仕したいと思う。shine

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »