フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 篠山マラソンを振り返ってみる | トップページ | ガーミン »

2009年3月 8日 (日)

お詫び

日頃、ブログを書いたり人様のブログにコメントするとき決めていることがある。
それはホロ酔い状態の時に絶対やらない、ということだ。

ところが、これを先日やってしまった。

ある方のブログがたいへん好きで愛読している。
この方のブログ、軽快なテンポとユーモア溢れる文体でほぼ毎日チェックしては読ませていただいており時折コメントも出させていただいている。

この方、ランナーとしてもたいへんな実力の持ち主で、その練習内容や10k、ハーフでの実績は私なんぞとても足元にも及ばない。それはもう格段に格上の方なのだ。

ところが、フルになるとご本人の思われる結果が出ないようで昨年末の大会後も「もうやめてしまいたい」といったニュアンスでブログに書かれていた。

この方の実力からして目標タイムどころか更に10分くらい速いタイムはたやすいと思うのだが、このときは言葉が見つからずにコメントをさせていただくことはなかった。

ところが先日のブログで、この方も篠山に出場されたことを知った。
そして思ったような結果が出なかったことも知った。
残念な気持ちやマークが一杯の状況がブログからうかがえた。
そのお気持ちに同意したくてコメントさせていただいたのだが文章がひどかった。
完全なる上から目線だ。失礼極まりない。

なんとか、もう少し良い書き方がないか言葉を捜したが見つからず、そこはかなしい酔っぱらいの性で「まぁええか」と送信してしまった。

ところが酔いが醒めるにしたがって後悔する気持ちが押し寄せてきた。
絶対にご気分を害される。
翌日、怖々と見させていただくと予想していたとおりの結末になっていた。

すぐにお詫びのコメントを送らせていただいたが、そんなもので済むとは思っていない。

今は仕事をしていても走っていてもこのことが頭から離れない。
夜中もふと目が覚めて、このことを思い出しては朝まで眠れない日が続いている。

どこかの大会でお会いすることがあれば直接お詫び申し上げたい。

本当に申し訳ございませんでした。
コメントを送るのは自重させていただきますが、これからもあなた様のブログファンでいさせてください。

本当に、本当にごめんなさい。

« 篠山マラソンを振り返ってみる | トップページ | ガーミン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

言葉は怖いですね!特に文字になって残るものは、自分が意図したものと違って捉えられる場合が多々あり、後から理由が判って唖然とすることもよくあります。酔っている時には書かないと決めていながらも書き込んでしまうのはそれだけ強くそのことに気持ちを動かされたからに相違ないのですが、自分の思いと違った形で相手に伝わってしまったという事に対するやるせなさ・・・私も何度も経験があります。手紙やメールだと一晩置いてから見直して送るという方法も取れますがブログへのコメントはそうも行かず辛いですね。調律師さんも書いて見えるようにご本人に会えたら「いの一番にお詫び」ですね・・・それで受け入れてもらえなければ・・・私は怪我と同じで「日にち薬」、時の経過に任せて成り行きに任せます。
回復した関係も有れば、そのままになってしまったものもありますが、原因は自分なのだと心に言い聞かせるしかないのではと思っています。嬉しいことはそれで終わりで、次の成長があまり期待できないですが、辛いこと悲しいことは乗り越えることで大きく成長できると思っています。
偉そうな事を書きましたが、上から目線と捉えずに、走る仲間としてこういった考え方もあると捉えていただけると嬉しいです。ブログを見て回っていると15日のメンバーが一度はお会いしたいと思っていた方々、とっても楽しみです。

M野さんへ
ベテランランナーならではの暖かいお言葉、ありがとうございました。
四日市にもお知り合いが多い方なので、お会いする機会が有れば是非とも直接謝罪するつもりです。

さて3/15ですが、hoyohoyoさんとは先日大会でお会いされたと聞きました。
後のお二方ですが、個々にメールをいただいており、もちろんお名前は存じあげていてお会いするのを楽しみにしています、とのことでした。

一部、お伝えしたとは思いますが終了後はカモシカ温泉に寄り、その後、関ハーフ参加のtorakichiさんと合流し四日市駅近辺で打ち上げをやる予定です。
お暇があるようでしたらお付き合い下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/28530589

この記事へのトラックバック一覧です: お詫び:

« 篠山マラソンを振り返ってみる | トップページ | ガーミン »