フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 仕事始め | トップページ | 暖冬? »

2009年1月 6日 (火)

年賀状

仕事の関係で毎年年賀状を700枚近く出している。
で、特にここ数年だが何枚か宛先不明とかで戻ってくる。

別に自分はクレーマーではないが,絶対に郵便局へ確認の電話を入れる。
2,30年も毎年届いていたものが届かないって不思議だモン。

もう随分前だが郵便番号は5桁だった。
それが郵政省の勝手で7桁になってしまった。
こちらも業務上年賀状を送っているので仕方なく20万円ほどでワープロを買い換えて7桁に対応した。

このときも確か郵便局へ電話をして抗議したが、「これからは番地と名前だけで届きますからワープロのインク代が節約できますよ」とペコペコされたっけ。

数年前に大阪へ出した年賀状が戻ってきたときは謝罪に訪れた郵便局員が「大阪市と書いてあれば着いたと思うんですが」とこきゃーがったのでおとなしく静かに抗議したっけ。
このときは確か郵便番号の書体がポップ調だったので6と0の読み分けが出来なかったようだ。
「なるべく読みとりやすい書体でお願いします」とのことだったので、それ以降は郵便番号だけは書体をゴシックのチョー読みやすい書体にしている。

またまた今年も数枚戻ってきた。やっぱり20年以上毎年届いている所なんだけれど三枚はこちらが番地を間違えていた。
今までは間違ってても届いてたってことなんだなぁ。
激怒させられたのが亀山に出した一枚。
ほんの数ヶ月前に伺ったばかりなので引っ越したとは考えられない。
仮に離婚しちゃったとしても年賀状くらい届くよなぁ。
で、四日市郵便局へ電話したら亀山郵便局で聞いてくれと言われた。
そりゃそうだと思って電話を切ろうとしながら葉書を見たら四日市のスタンプが。
これって亀山へ行ってないのでは?つまり郵便番号は亀山になってるのに勝手に亀山市北町を四日市市北町と思いこんでたってことだ。

「近くにいる局員が伺います」、と言うので「民間の会社っていうのはね謝罪には使いっ走りはよこしませんよ」とやんわり釘をぶっさしたった。
どの位のクラスの人が謝りにきてくれると良い対応かはわかんないけど、まだ若そうな課長とちょっと年上そうな課長代理というお二人が夜遅くだったけど謝罪に来ていただいた。配達の兄ちゃんが「わりーわりー」とか言うよりかは丁寧な謝罪だった。
気になっていた番地違いで返ってくる年賀状は「本来ならお届けさせていただかなければなりません」ってことだった。

けど来年もまた返ってくるのってあるよな、きっと。

記憶帳
昨年11月だったかに自殺未遂をやらかした元民主党代議士永田寿康氏が投身して亡くなった。
8年近く前、三ヶ月ほど一緒に民主党のキャンペーンで行動したが、エリート中のエリートってこういう人のことだったんだなぁと羨望のまなざしで見ていた。20人ほどの民主党代議士グループだったが彼は光り輝いていた。今はまだ信じられない思いでいっぱいだ。
ご冥福をお祈りする。

本日のラン
確実に疲れている。
無理矢理スピードを上げようとしたが危険な臭いがしてきたので今日はユルユルとジムのトレッドミルで10km走ってきた。所要時間1:03’50。

« 仕事始め | トップページ | 暖冬? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/26839317

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 仕事始め | トップページ | 暖冬? »