フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 今日の夕飯 | トップページ | GARMIN »

2008年12月 6日 (土)

裁判員制度

先ほどからNHKで放送中の裁判員制度に関するドキュメンタリーを見ている。

仮想裁判なんだけど、元勤務先の工務店に泥棒に入って見つかった挙げ句、二人を殺害してしまったという犯人を裁くというものだ。

元々私自身はこの制度に反対。
アメリカに倣ってやるんだろうけど日本じゃ無理。
アメリカは人種のルツボで、他人種にはわからないことが間々ある。
更には国土が広大で関わりがある人に出っくわす確率はかなり少ない。

日本なんぞ、どこで知り合いに出会うかわかんないぞ。
死刑に求刑した人のいとこの嫁さんが同級生だったなんてかなりあり得る話だ。
怨恨で殺人までは至らないにしても車に傷を付けられるなんていう嫌がらせは充分に予想できる。

さっきの仮想裁判だけど自分はハナっから死刑。
番組では無期懲役か死刑で揺れていたが結果は7-2で死刑。
この番組内で素人裁判官達は被告の人生を考えてとかお母さんが可哀想でとかで判決に至ろうとするが、自分の考えとしては被害者サイドの意見重視。
被害者サイドが死刑を望むなら、それをベースにして判決を導かなければならないと思う。犯罪者の人権よりも被害者の人権の方が重い。

今年、購入したシューズ
GT2120-これはちょっと失敗。けど、かなり履いた。たぶん1000kmくらい走った。

アディゼロCS3ワイド-今年のフルは全てこの靴で走った。けど、ワイドはダメ。これも失敗。自分の足にはノーマルの方がベター。それにしてもCSって耐久力なさすぎ。フルを一回走っただけでヒール外側が削れて無くなった。
005              シューグーで補修しながら使っている

GT2130スリム-今年ナンバーワンのヒット商品。クッション、耐久力とも抜群。新製品2140が出たので無くなる前にと先日2130をまた買った。
006               また買っちまったcoldsweats01

ターサーアリビオ
-これも当たり。ハーフはこれで走っている。路面に吸い付くカンジ、耐久力もある。
004               虎走の文字がシブい

アディダス ネオフォーティチュード-これはショーモナイ靴。安さにつられて購入。ランニングには全く使えない。200m走るまでにわかった。ジムで筋トレするときに使っている。

リーボックTAIKAN IB-履き心地は良い。おまけに安く売ってるので練習用にいいかも。耐久性に優れる、とか書いてあるけど耐久性は無いと思う。10km走っただけで外側のラバーが無くなった。
002               リーボックはデザインが好き。

ゲルフェザーAS2-フル用に購入。
001               新しいせいかもしれないが足首辺りがカチッとしている印象。このシューズで面白いのはアーチサポートが付属品として付いている。
003               グレーの部分が後から装着できる。三月の篠山フルはこれで挑みたい。

それにしても、今年はたくさんシューズ買ったなぁsad

本日のラン
ゲルフェザーの試走をした。中央緑地で急がず10km。シューズは及第点。練習でフルを走るとき、も一度履いておきたい。

« 今日の夕飯 | トップページ | GARMIN »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

裁判員制度って必要なんですかね~?
僕も反対派ですね。

従来通りの裁判制度でも、何ら問題はないですよ。

頭のいい人の考えることはよく分かりません(笑)

鷹さんへ

現在の裁判自体には問題がかなりあると思います。
とにかく時間がかかり過ぎなのと被害者、犯罪者の人権偏重は修正すべきです。

アメリカの陪審員制度は、アメリカ社会の成り立ちからきている文化みたいなものだと思います。日本では、裁判員制度を成立させる「文化」がそもそも欠けているような…
結局、裁判官とマスコミの影響のかなり大きなものになると思いますし、マスコミの影響を受けるとすれば、当面、いまの制度よりよくなる可能性は限りなくゼロに近いと僕は思います。
ただ、現行の制度が、果たしてそのままでよいのか、というのも非常に疑問ではありますがね。
(一応元法学部出身としての私的意見です)

法律の執行や許認可事務を扱う仕事をしていて感じるのですが、僕も正直言って裁判員制度には反対です。単なる一般市民が人の罪をそんなに簡単に裁くことができるものかどうか。最近読んだ「手紙」という小説でいろいろと考えさせられることがあったのですが、加害者にも被害者にも家族や友人があり、その人達も加害者や被害者とはまた別の意味で事件を背負うことになるのです。そんな中で法律の知識もなく、人生経験も様々な人々、そして価値観も違う人達が裁判員となり、本当に人を裁くことがて正しいのかどうか?
今もし自分が裁判員に選ばれたら、たぶんものすごく苦悶すると思います。

hoyohoyoさんへ

たぶんhoyohoyoさんも私同様アメリカ滞在経験がおありかと思いますが、同じ路線の電車に乗っていても進んでいくに従ってまわりの言葉が変わっていくというのに遭遇します。イタリア語だったりスペイン語だったり中国語だったり。
特にNY辺りは他人種が住んでいると実感させられます。
カリフォルニアにしてもサリナスあたりはスペイン語しか通じないスーパーがあったりで。
ジュリーはアメリカならではの制度と思います。

もちろん、日本の裁判制度は進展しなければなりません。

あかつきの普通電車さんへ

昨日の仮想裁判では簡単に死刑と思いましたが実際あの場面に居合わせたら死刑と言えるのかは自信がありません。

ただ、自分としてはイマイチどういう基準で最終的に裁判官に任命されるかわかっていません。
昨日の放送を見た限りでは全員がハイソサエティーの人だと感じました。

ターサー(虎走)カッコイイですよね。

sallyさんへ

初めまして
ブログ、拝見しました。写真、ステキですねshine

虎走シブイです。グリップが良いので気に入っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025283/25970538

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度:

« 今日の夕飯 | トップページ | GARMIN »