フォト

twitter

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

初体験

50年近く生きてきて、今日生まれて初めての経験をしたshine

それは、献血

今朝は少年野球の審判講習会に主催者として出席するため7時前に家を出て玉城へ。
ヨメに、帰宅したら伊賀のモクモクまでランチ&温泉へ行こうと言ってたのだが、あまりの寒さと運転疲れですっかり遠出する気力を無くして結局近所へランチに。

しっかり満腹になったためアピタ&近鉄をブラブラしようか、と歩いていくとアピタ入り口に献血のお誘いが。

寒さと疲れと満腹で思考能力が衰えていたせいか、あっさり誘いにのってしまったsad

まず最初に登録証に必要事項を記入。
次に問診票の質問事項に答える。

そうそう、体重が50kg以上でないと献血できないということを初めて知った。

ほとんどは予想していた設問だったが4週間以内に海外の渡航がない事というのもあった。

最後の質問に、不特定多数の異性と接触していないかってのがあった。
幸いにも「いいえ」の方で良かったがヨメが横で見ながら書いているのだから「ハイ」とは書くはずないよなぁcoldsweats01

問診票の後は登録。
ここでパスワードとかも入力する。

その後は血圧等を測ってから少量の血を採って血液型の確認を行う。
もし血液型が違っていたらどうしようかと少しドキドキした。
心拍数が少し多めに出たheart02

そして、いよいよ献血。
お馴染みのバスに乗り込みベッドのような椅子に乗っかって消毒。

自分は注射の痛みをあまり感じない方なのだが、献血用の針を見てびびった。
太い。1.5mmはある。
さすがに刺されたときは少し痛みを感じた。

今回は400mlの献血。
5分くらいはかかっただろうか。

話には聞いていたが、献血後は飲物の提供があった。
ヤクルトと思っていたらバラエティー豊かだった。
オレンジジュースをいただいた。しばらく休憩していてと言われていたので、そのまま座っていたら「もっとドンドン飲んで下さい」と言われ今度はカフェラテを。

自衛隊の勧誘くらい愛想が良かった。

「また献血したいでしょ」とヨメが同意を求めたが、とりあえず今は遠慮したい。

本日はランオフ

2008年9月27日 (土)

東屋

このところ、足の故障が全快したように思えるので久しぶりにインターバルをした。

とりあえず、ゆっくりと2kmのアップ。
で、1km5本、あいだは400mで繋いだ。
タイムは意識しなかったが、4分半を少々切るくらいでうまいこと揃った。

インターバル終了後、暫くゆっくり走り1kmのタイムトライアル。
さすがに疲れたみたいでインターバルのタイムを上回ることは出来なかった。

走り終えた後、ジムへ行って上半身の筋トレ、腹筋を60回×4,背筋を20×4。
風呂にユックリとつかって帰宅した。

今日はヨメの勤務先である小学校が運動会。
いつものように、その後は打ち上げで宴会、ってことでヨメが居ない。
「今日って遅いよね」と確認のメールをしたら速攻でヨメから電話有り。
ビミョーに怪しいと思ったのかな?
洗濯もしておいたしバスタブも洗っておいたとしっかり恩を売っておいた。
更にラッキーなことに息子も友人の家に泊まるとかで、こちらも帰ってこない。

一人で夕食となると、近所にある焼き肉の東屋。一人で焼き肉って、すごく不思議な顔をされるけど自分は単行本を一冊持って読みながらビールに焼き肉っていうのが大好きだ。

002

四日市在住の方にはお馴染みだと思うが、この数年四日市では一番大手の飲食店チェーンだ。
今日行った店は城西町にある焼き肉屋。

この東屋グループって不思議に思うのだが、どの店も開店当初はすごくいい。
ところが軌道に乗ったとみて社長が目を離すと明らかに味が落ちてしまう。

この城西店もやがてそうなるだろうと思っていたのだが予想に反して依然と高いレベルを保っている。
ただ、このところの飲酒に対する厳罰化や不景気のせいで店はたいへん暇そうだった。

001

この写真+キムチチヂミで2740円だった。とてもお値打ちだと思う。
この店が潰れるととてもつらい。
是非とも行ってあげてほしい。

    本日走行距離   12.2km
    月間走行距離  279.9km

2008年9月26日 (金)

浦島り○こ

「浦○りんこ」という歌手をご存知だろうか。

ドリ○ムのバックでコーラスをやってた太ったおばちゃん(失礼)coldsweats01と言ったらわかるかな?
たぶん15,6年前だと思うがド○カムでボーカルをしている吉○美和とドゥエットで「恋の罠しか○ましょう」とかいう曲がヒットしたと思う。
今でもカラオケで歌うという人もあるんじゃないかなkaraoke

この浦島○んこは四日市の出身だ。
更には、その昔は私が現在も所属する音楽事務所エヂソンビッ○リハウスに所属していた。
最初はシャイニーシスターズというデキシージャズのバンドで三人女性コーラスの一人。
当時ヤマハライトミュージックコンテストで二位flairに輝き、このコーラスだけでデビューという話もあったがメンバーの一人が拒否したためそのまま解散になってしまった。

残された二人のボーカルだが、一人は上京して音楽事務所Be○ngへ。
同時期にTub○がこの事務所からデビューしていて、結局彼女の方はそのアオリで売れることなく芸能界から引退したと聞いている。

一方りんちゃんの方は名古屋でハウディム○ンという女性ばっかりのソウルをやるバンドに所属。
発展的解散の後、上京。オーディションを受けて久保田とし○ぶのコーラスとして採用されて紅白にも出場。

その後は、これまたオーディションでド○カムのコーラスに合格。
ドリ○ムが国民的スターになるあたりまでは度々我が家へも遊びにも来てくれていた。

りんちゃんがまだ四日市で活動していた頃、自分は別のバンドでドラムをたたいていたのだが同じ店に出演していたので店がハネてから食事に行ったり月に一度はバンド関係者で一泊旅行とかしていた。
あの豪快なカンジそのままなので全く異性を感じさせることなく酔っぱらっては雑魚寝していたbeer
酔っぱらってもゼッタイ間違いは起きなかったhappy01

もっと言うと、前の妻とは彼女が恋の罠をしかけたせいで結婚したbleah
もちろん披露宴パーティーにも参加して何曲か歌ってくれた。

最終的には不幸な結果に終わった結婚生活だったが、15年もの間たくさんの刺激や話題を与えてくれたし宝物とも言える二人の子供が残ったので本当に感謝しているconfident

話がかなりそれてしまったが、今日の午前中は休みだったのでゆっくりと起きて何気なくテレビを見ていたらゲストの一人として浦島りん○が出ていた。

今まで何度となくブレークしそうだったのだが、どうも彼女のユニークさがうまく出ていなかった。
妙に気取ったカンジがするのだ。
今日はローカルな番組ということもあって、とってもフランクで彼女らしさが良く出ていた。

他事をしながらだったので集中して見ていなかったが番組終盤にアポロシアターの話題が出てきた。
彼女がゲストに呼ばれたことに納得がいった。
司会者から突然ゴスペルの一節を歌ってくれと振られていたがソツなくこなしていた。

書き出したらきりがないほどの想い出があるけど、この辺で切り上げる。

彼女も僕より二つくらい下だけなので50という年齢が近づいているのだが20代の頃とほとんど変わっていない。若いなぁ。happy02

マラソンにたとえて言うならば、このまま走り続けてどんどん記録更新をしていって欲しい。

今日の出来事
昼過ぎに仕事に行くため車で文化会館横を走っていると前方からカップルが歩いてくるのが目に留まった。
女の子がなかなかだったので暫く見とれていたら隣を歩いている男の方がこっちに向かって手を振り出した。
息子だった。coldsweats02
すまん、気がつかなかった。親として反省しなくては。

今日のラン
ずっと故障気味だったので今日も意識的なペースアップをしないように10km走。
昨日、希望荘まで走ったのが予想外に足に来ていた。
しかしながら故障の方は全快ともみられるほど痛みはなくなった。
次のハーフマラソンまで10日ほど。大事にはしたいと思う。

    本日走行距離   10.0km
    月間走行距離  267.7km

2008年9月25日 (木)

ETC

ETCカードを複数枚持っている人は多いと思う。
通勤割引を使おうとすると100kmまでの区間しか適用されないので一度降りて違うカードに換えもう一度高速道路にのる、というセコい手を使うために複数枚カードがいる。

自分も自信を持ってセコいので3枚持っている。
けど、この3枚目を今まで使う機会がなかった。
なぜならば、そんなに遠くまで行かなかったから、そして3枚目を使う頃には通勤割引の時間帯を過ぎているという理由から3枚目のカードは引き出しに入ったままになっていた。

先日、この3枚目がいよいよ活躍する機会がやってきた。
なんと松江に出かけるその日、9月20日から休日割引というモノが登場したからだ。
これは土日の9~17時?に高速道路上にいれば適用される。さらに一枚のカードで一日二回まで大丈夫と結構大盤振る舞いなサービスだ(やっぱり100kmまで)。

しかし往路は1枚のカードが一日二回使用できるため3枚目が登場することはなかった。
そして翌日の復路、岡山に寄らなければならない事情が発生したため、いよいよ3枚目の登場shine

例のごとく一旦インターで降り、路肩に車を寄せてカードを入れ替えた。
こんなところで停車したりUターンするのってケッコー危険なので慎重且つ速やかに発車dash

でETCのゲートを通過しようとしたらバーが上がらない。
もちろんぶつかったimpact。けど、あのバーって柔らかい素材なのでミラーが倒れただけで済んだ。

こんなときって、また路肩に寄せて有人のゲートの係員に指導を仰ぐべきなんだけど、後続車もあったためそんなことを思いつかずそのまま行ってしまった。

ヨメによると、機械がなんか言ってたということだが全く聞いていなかった。

カードを見た。普通はICチップの方から入れるのだが反対から入れてあったcoldsweats02
アホやなぁと思いながら入れ直したが、認識されないみたいなことを機械が言う。

このまま出口も突破したろかとangry思ったが良心が咎めたbleahので出口は有人のところで訳を説明。

料金所のおっちゃん曰く。これクレジットカードでっせ。coldsweats02

本日のラン
今日は中川原のジムから湯ノ山希望荘へのマラニック。
随分涼しくなった。
汗の出方が前回走った6月中旬とは全く違う。

Photo

(9月初めの大雨で被害があった進入路。かなり修復されたが被害の大きさがわかる)

日曜日にハーフを走ったばかりなので体調自体はたいして良いと思えないが、それでもそこそこのペースで走りきれた。
いよいよシーズンインだなぁ。confident

    本日走行距離  34.4km
    月間走行距離 257.7km

2008年9月21日 (日)

松江玉造ハーフマラソン

行ってきました、松江玉造ハーフマラソン。scissors

08921_002

四日市を土曜日早朝7時に出発、途中食事をしたりで約6時間半かかって現地に到着coldsweats02

なんで松江(島根県)くんだりまで行ったかというと、下の息子が今春からS根大学へ行っていて、彼に冬物を持っていくのがまず一つ、彼は一浪をしていたので好きな野球を一年間封印していたのだが現在は復帰してリーグ戦中、その試合を見るのがもう一つの理由。

つまりハーフマラソンはついでに、ということだbleah

ところが出発二日前になって試合は岡山であるということが判明、急遽ヨメは高速バスで今朝松江から岡山へ移動。
従って私はレース後3時間かけて岡山まで移動する羽目にcoldsweats02

レース後、松江を出発し一時間ほど経ってヨメから電話、なんと豪雨のため試合が中止に。走るよりも運転の方が疲れた。
08921_001      (岡山で面白いモノを見つけた )

さぁ、レースの方の話。
参加者はほとんど島根か鳥取というたいへんローカルな大会。
前日受付のため昨日行ったのだが、ここまでローカルなんだから当日受付でも良さそうなもの。
更には今朝にももう一度受付があったらしく、そんな事など知らない私はもう少しで欠席扱いに。
昨日困ったのはゼッケン引き替え葉書に受付場所が書いてない。
地図もない。ハナっから初めて来る者や遠来の者なんぞは相手にしていない感じだbearing

この大会はこんな暑い時期に開かれるだけあって毎回が酷暑のかなりハードな大会らしい。
ところが給水が6キロごとと少ないimpact
今日は雨降る中だったので気温22℃と涼しくて良かったが例年並だったらと思うとゾッとする。

昨日は電話の末ようやく場所がわかったが、周りには一切の案内は無し。不親切さではダントツの大会だ。
また、ショップとかも全く出ていなかった。

さてコースだが、まずスタートはゴールと反対方向に約1.5キロ走り、折り返してスタートゲートを再度くぐる。
コースは宍道湖畔を走るとても景色の良いコースだ。ただ大雨の上、強風も時々吹くため景色を見る余裕はなかったし湖も今日はあまり美しくなかったgawk

コースレイアウトはほとんどフラット。適度なところで少し上り下りもあるのでタイムは出やすいかもしれない。

松江は今年の3月、息子の引っ越しのため訪れた。
観光する余裕はなかったが早朝、松江市内を10キロほど走った。
そのとき走った場所が一部、今回のコースと重複していて懐かしく思った。

10日ほど前からやや故障気味で不安イッパイで臨んだ大会だったが、ひどく悪化することはなくレースを終えることが出来た。
08921_007

さすがに自己記録更新は出来なかったがシーズン初めとしてはまぁまぁの記録だと自分では思う。
5キロごとのラップ  23'41"57-24'25"44-24'17"77-24'26"70-5'32"08  (1:42'23"56)
08921_008               (コース沿道には足湯もイッパイ)

今回は多少時間に余裕があったのでヨメと一緒に松江市内観光を楽しんだ。
松江という街が自分はすごく好きだし、また何度でも来たいと思う。
けど、もうこの大会はタンノウした。六万円もかかっちまったぜぃcrying
 

2008年9月18日 (木)

ランオフ

予定外だったが、今日はランオフにした。
先週痛めた足が依然として思わしくない。
何日か続けてゆっくり走っていたので治りかけてはいたのだが調子に乗った途端またぶりかえした。

ほとんどのランナーがそうと思うが、故障しかけているときにスッパリ走るのをやめれないのはどういうわけだろう。

自分が走り始めた10年ほど前はインターネットのある環境ではなかったし、ラン友もいなかったので全くランニングに関する情報に疎かった。
初めて履いたマラソンシューズがスカイセンサー。
10kmをやっと1時間掛かって走るようなランナーがスカイセンサー。
おわかりの通り最初の一年で故障しまくった。

初マラソンは揖斐川。タイムはなんと4時間46分。
それから一年、4レース目でようやくサブ4。
そこからは記録が伸びることはなく、走ることはただの肥満解消になっていった。

二年前、著しく走る環境が変わった。
いつも通うジムで声をかけてきた人がいた。
菰野町かもしかマラソンで見かけたというのだ。
自分はハーフに出場したが、彼は10kmの部に出場したらしい。
そういえばジムでよく走っている姿を見たことがある。

なんと彼は僕の名前も記録も全部知っていた。ネットでわかったという。
そんなことがネットでわかるとは全く知らなかった。
そのときを境に自分も走るということに関してネットを利用するようになった。
このブログも彼の影響だし、一緒に大会出場するラン友の皆さんと知り合えたのも彼のお陰だ。

彼とはほとんど毎日のようにジムで顔を合わせ、ランに関する情報交換をしたり時にはお互いの嫁さんの愚痴を言い合ったりもした。

この知り合ったときは確か彼が初めてハーフを走った直後だったように思うのだが記憶が怪しい。
ただ、この揖斐川ハーフで故障をしたらしくかなり長いことリハビリ状態で階段を下りるのも辛そうだった。

こんなことがあったせいか自分より遙かに故障防止には気を使っていた。
その後は初フルマラソンにも出場して記録をどんどん更新し、いよいよ今年はサブ3かという期待も膨らんだこの夏、故障してしまった。

このときは自分も同じ場所に居合わせたのだが、そんなにひどくなるとは全く予想していなかった。

あんなにも一生懸命毎日走っていたのにやめてしまうとは信じられなかった。

彼と知り合うまでは、せいぜい月間200kmくらいの走行距離だったが最近では400kmを越えることもある。
自己記録も7年ぶりに更新した。13分もゴールタイムが縮んだ。
故障が怖くて鍛えることはあきらめていたが、月間300kmを走るようになってからは故障という言葉を忘れていた。

彼の故障をきっかけに、また「故障」という言葉を思い出した。

なんで、こんなに走るんだろうということを考えさせられた一ヶ月だった。
もちろん記録更新をすればうれしい。
けど、自分にとって走り続けるのは記録更新する為じゃないと思う。
暴飲暴食解消のため、と冗談交じりに言うこともあるが、それも割合とすれば数パーセントだな。

今より10歳も若い、もっと元気だったときに走れなかったフルマラソンを完走できる体力が今の自分にある。
なんとかして、この体力を維持したい。走り続けるのはこの理由があるからだと思う。

今日は左足の痛みが再発したため予定外のランオフ。
明日は仕事で走る時間はない。
土曜日は、日曜日のハーフマラソン出場のため移動で走る予定無し。
三日間も休む。もちろん不安でイッパイだがこの三日間で体力が落ちるとは考えられない。
日曜のレースで自己記録更新は考えられないが、精一杯レースを楽しんでこようと思う。

彼が故障して一ヶ月半。いつも走っていた場所に彼の姿はない。
しばらくは走ることから離れる、と彼は言う。

なんとか励ましたいとも思うが、ボキャボラリーが貧困で気の利いた言葉は浮かばない。
ただ、そのうちヒョッコリ現れるとは思っている。

な、N村さん。

2008年9月14日 (日)

ドタキャン?

午後一時に鈴鹿市西庄内町で調律の予定で伺ったところ、なんと留守。
たぶん、そのうち帰って来るんだろうなぁと思いながらも時間がもったいない。
この仕事の後は中央緑地でまたユルユルと走ろうと思っていた。

西庄内町というのは鈴鹿市でもかなり西の端っこで、さすがに四日市で走ってからここまでまた戻るのというのは時間もガソリンももったいない。
そこで、なんとか近くでコースを探そうと思った。

この辺りは山の麓といった場所なので、どこを見ても結構な起伏がある。
体調万全の時なら喜んで走るのだが、ちょっと故障気味の今はなるべくフラットなところで走りたい。

そこで思いついたのが庄内小学校。
校庭でも走らせてもらおうと行ってみた。

Photo

行ってみると、うまい具合に学校周辺がまるでランニングコース。
取り敢えず歩いてみると500m程と感じた。
オマケに半分以上が木陰。

で、ここを20周。またまたオバカなランでした。

  本日走行距離   10.0km
  月間走行距離  141.0km

2008年9月13日 (土)

故障?

不調だsad

一週間後に松江へハーフマラソンを走りに行く。
ところが昨日から右足脹ら脛、左足アキレス腱に軽い痛みがある。
激痛で走れないと言うほどではない。

かっとび伊吹で悔しい思いをしたので週はじめに三合目まで再挑戦をした。更にその翌日は以前から30km走を予定していたので走り始めたら数キロ走ったところで右足脹ら脛が痛み出した。
ちょっと痛いなんていうことは頻繁にあるので気にしないでいたのだが、一向に回復しないので16kmでやめた。この日から湿布を貼り続け、翌日のランも出来る限りゆっくり走った。

本当は走らなければよいのだが、自分の場合は結構な飲み食いの量なので肥満防止もあってなるべく走るようにしている。
自分みたいな理由で走っているランナーはそこそこいるんじゃないだろうか。

やめときゃいいのに昨日は再度30km走に挑戦。
このところ朝晩はかなり涼しくなったが昼間の日差しはまだまだ厳しい。
よく走る中央緑地公園だが、200m地点~1kmくらいが木陰になっている。
先日中学生達がこの地点を往復しているのを見て軟弱な奴らだなぁと思いながらも、これはええアイデアかもと真似してみた。
200m~1200mを15往復するというオバカな練習をした。

このところ気を付けていたお陰か右足が痛むことはなかった。が15km過ぎから左足のアキレス腱付近が痛み出した。ピリピリっとした痛みだ。

自分は痛みに対して鈍感なのかあまり気にもとめず結局最後まで走ってしまったgawk

とりあえず、今日はランオフにした。
スカっとは治るはずはないだろうし走らないと太るしで、たぶん明日はまた走るんだろうなcoldsweats01
現時点でキツい練習をしたところで速くなる可能性は極めて低い。
しばらくは足と相談しながらダラダラした練習を続け、21日の松江玉造ハーフマラソンを楽しんでこようと思うhappy01

2008年9月 8日 (月)

一週間ぶり

今日の仕事は午前中に北勢町で調律、午後はなんと5時半から東員町。
で、さあちょっと長いの走ろうかなと計画。
 最初に思い浮かべたのが武平峠往復。ところがご存知のように先日の雨で土砂崩れ。hapichiのpapaさんのアドバイスでは「しばらくやめといた方が」、ということであきらめた。
 そこで、ふと思い出したのが先日散々な目にあった伊吹山。ちょっとコースに不案内なこともあり3合目までたどり着けるか心配だったが携帯も持ってることだし遭難しても何とかなるだろう。
北勢町からは1時間もあれば行けるし登山往復2時間と入り損ねた温泉に行っても夕方の仕事に間に合いそう。
 ってことで行ってきました伊吹山、一週間ぶり。

先日のレースでは、何が失敗の原因だったかというとスタート直後からの飛ばしすぎ。
いろんな人の意見を総合した上の判断だったが自分の走力では無理だった。
そんなわけで今日はゆっくりと鳥居まで行こうという計画。

薬草の湯に着いてすぐに計画が頓挫した。

200898_001_1

月曜は定休日だそうで、皆さんも気を付けましょうね。

しかしながら、天気は良い。8/31に負けないくらい山もキレイに見えている。

200898_001_3

この一週間で随分涼しくなった気がする。道中の気温計では27℃だったが空気に湿気が無く爽やかだ。

計画通りゆっくりしたペースでスタート。先日はウォームアップを兼ねて鳥居まで往復し、レースと帰りもまた走ってきたので既にここを2往復しているが新たな発見があった。
スタートしてからすぐの左折後はずっと下りと思っていたら案外早い段階で登りになっている。傾斜としてはかもしかのスタート~三重カンの信号辺りまでってとこだろうか。
まったく気がついていなかった。
この傾斜を鳥居まで全速力で走ったのだから余力が無くなったのは当然だ。よくぞ歩かずに1合目まで行けたものだ。

スタート~鳥居が9'30ほど。な~さんのjognoteを参考にすると先日のアップが10'30、で自分の本番が8分くらいだったから結構押さえたペースで走れた。

鳥居を過ぎて、いよいよ本格的な登りになっていくわけだが今日は多少余裕があった。
一合目到着が26'57。レースではもう少し遅かったように思う。
三合目到着が52'52。先日が58分近くだから5分は早く到着した。

200898_001_5

今日はこれ以上登らないが足も疲れていない。一週間前はこの地点で両足が攣ってしまい5分以上動けなかった。やはり頭は使わなければいけない、というより己を知らなければならない。

200898

ここも大雨の影響があったのかな?

200898_001_7

琵琶湖はこの間の方がキレイだった。三合目はかなり涼しく来月あたりはもう寒いかもしれない。

帰りは少々間違えて引き返したりもしたが、やはり先日より二分近く速い42'54で帰ってこれた。

     本日走行距離  12.0km
     月間走行距離  65.0km

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »