フォト

twitter

無料ブログはココログ

2018年8月 5日 (日)

除霊作戦その2

奈良県吉野大峯山の修験体験から先ほど帰ってきました。

まだ般若心経が頭の中でグルグル渦巻きながら鳴り響いています(;´▽`A``

5月にも1日体験で行ってきたのですが、今回はもう少しハードだよってうわさの1泊2日。
金峯山寺さん主催の修験体験イベントです。

イベントというと少しくらいは楽しいことが、みたいな期待感があったのですが、今回はまーったくナシ(*´Д`*)

38444507_207096333483394_4435448838

駐車場から炎天下を約20分、東南院へと歩きます。

Photo

黒門をくぐり、やや信仰の気配が漂ってきます。

Photo_2

かね(銅)の鳥居
このあたりも5月に説明を聞きながらくぐりました。

Photo_3

こちら蔵王堂が、いわゆる本部ですね

Photo_4

今回用意するものが3つ。
金剛杖、白の地下足袋、そして勤行本。

金剛杖と白い地下足袋は初めて買いました。
こちらヒノキの金剛杖2500円。

Photo_5

白い地下足袋はなかなか見つからなくて3軒目でゲット。
たった2足しか残っていなかったうちの1足が僕にジャストフィット!4000円ほど(エアクッション付き)。

Photo_6

これから始まるであろう厳しい修行の向けて、しばし豆乳ソフトで休息(*^.^*)

受付で全て自己責任であるとの署名をします。
これは自分には無理だ!てものは回避できるとの説明を受けます。

今回一番心配だったのが「西の覗き」。

Photo_7
(画像お借りしました。合掌。)

え?これ回避できるの?( ̄▽ ̄)

初日夕方5時、勤行からピリピリした雰囲気の中始まります。
私語厳禁が言い渡されます。
携帯の使用も制限されました。

ここからは基本的に写真を撮っていません。

夕食が始まります。
精進料理ですね。

ご飯のお替りをお願いするときは、その間合掌しながら待ちます。
当然お礼を言いますね。

食器を置く際に音を立ててはいけません。

最後に沢庵を一切れ残し、食器にお茶を入れ沢庵できれいにぬぐい、そのお茶を飲みます。
ピリピリした雰囲気で食べた気がしませんでした。
あくまで栄養補給であり、楽しむための食事ではありません。
禁止とは言われていませんが、ビールなんてとんでもない話ですΣ( ̄ロ ̄lll)

全員で後片付けをして入浴、寝具の準備。

消灯は9時。
翌朝3時半起床です。

寝る態勢に入ったのは8時過ぎだったのですが、翌日の厳しい修行のことが気になって眠れません。

ここまで来たからにはやっぱやらないとなあ(;´д`)

翌朝は4時出発です。

38482429_1871249556504395_342170793

唯一撮ったのがこの写真。
修行の前に自身に刃を立てることは禁じられているため、髭剃りができません。

ここからしばらく歩き、蔵王堂で勤行。
そしてマイクロバスに乗せられて約1時間。
五番関トンネルを出たあたりから入峰開始。

最初からけっこう登ります。
トンネルあたりの標高が1100m。頂上は1700m少々です。

38534431_1551437664960487_2307773_2
(画像お借りしました。合掌)

ここからは女人禁制です。
そうです。今回は募集要項に体力に自身のある男性のみと書かれていました。

あいかわらず厳しい言葉を掛けられながら登っていきます。
水とかを勝手に飲むことは禁じられています。

先々週の石鎚山同様、掛け念仏を唱えながら登ります。
「さ~んげさんげ、ろっこんしょうじょう」ってお念仏。

Photo_8
(画像お借りしました。合掌)

けっこう険しい岩場でロープや鎖が張ってあるのですが、使用を禁じられました。
すべて自分の判断の元、三点確保しながら登ります。

慣れない地下足袋、慣れない金剛杖を持っての登山に緊張感が漲ります。

何度か岩場を乗り越えていくうちに恐怖感が薄れてきました。

あれだけ悩んでいた「西の覗き」ですが、普通に臨むことができました。

てか、断れるとかってことは全く無く、ごく普通に命綱を付けられましたよ!( ̄Д ̄;;

命綱ですが、リュックを背負うような感じで肩に自分で装着します。
手が抜けてしまわないように両手をがっしりと組みます。

その命綱を次の参加者が持ちます。
2人の行者さんが両足の足首付近を持って、崖に腹ばいにさせ前へ出させるのです。
ずーっと目をつぶっているつもりだったのですが、「そこの岩を持て!」と声がかかるので恐る恐る目を開けると岩壁が目の前で逆さまに見えました。

もっと恐いかなと思ったけど、それまでもかなり恐くて緊張していたので、もうこのときはかなり恐怖感が麻痺していたのかもしれません。

そして行者さんが「家族を大事にするか!」とか「世のため人のためにつくすか!」などと問いかけ、その度に大きな声で「はい!」と返事をするのです。

最後の方は2回ほど足首を握っている手を緩めるような感じで、身体が前へせり出します(((゚Д゚)))

仮に、「10万円よこすか!」と言われても絶対に「はい!」って言いますよ┐(´д`)┌

まだまだ気の抜けない岩場がたくさんあるのですが、最大難関「西の覗き」が終わったことで安堵感が満タンになりました。

参加者の中には岩場の方が恐かったって方もいらっしゃいましたが、Youtubeで見た「西の覗き」の恐怖感に打ち勝ったことで自分にはなまるをあげたいと思いますヽ(´▽`)/

38468029_1781022311952423_681215864

山上蔵王堂で押してもらった焼印

38481196_1791216310934037_6444335_2

よく頑張りました( ̄ー+ ̄)


2018年7月31日 (火)

7月のまとめ8月の予定

7月のまとめ

7月、まず最初に思い浮かべるのは小布施見にマラソンです。
10年以上、ほぼ毎年通っているのです。

スーザフォンを担いで走った最初の大会です。

Photo

そして、なんと今年は僕の仮装をやってくれました。
もうビックリしたし感動したし。

ながいことやってると、いろんなことが起きるものですねo(*^▽^*)o

38043165_104129127191449_2749365663

7月は夜叉の練習会で幕開け。
今年は出ませんでしたが、夜叉壁を登っておきたくて参加させていただきました。

38029509_104129117191450_4514245760

ところが久しぶりに履いたトレシューのソールがはがれたため夜叉壁は断念。
先日大会が開催されましたが、台風の影響で夜叉壁が中止になりました。

38041865_104129190524776_7840050915

そんなことで、久しぶりにトレランシューズを購入しました。

38041905_104129327191429_8351765688

ちょっと思うところあって、愛媛県の石鎚山に登ってきました。

片道500kmの運転はハードでしたが、良い経験でした。
話で想像していたのとはずいぶん違いますね。

あんなに登りやすい山とは思いもしませんでした。

38072390_104129267191435_3449535496

美人主婦ランナーのみなさんに誘っていただき、12月に開催される養老縦走の半分を走ってきました。

きついきつい!もう階段だらけ!エントリーしなくて良かった(;´▽`A``

38053492_104129317191430_2120982256

小布施の打上げホムパもやりました。
ホムパすると部屋が片付いていいなあ。

で、とっても楽しい7月でした。

走るほうですが、

月間走行距離 312.6km
平均速度    8’05/km でした。

ここ何年か7月は500km以上走っているのですが、今月はロングをやらず30kmペース走をこなすつもりでした。

ところが暑さゆえまったくペース走にならず、常に10kmあたりから失速するという体たらく。

やはり頑張って距離を走るしかないのかなあ。

8月の予定

とにかくメインは北海道マラソン。
初めて北海道の大会に出ます。

まあ楽しみではありますが、現状ではとてもフルマラソンを走れるとは思えない(;;;´Д`)ゝ

せめてサブ4で走りたいのですが、せいぜい完走目標かなあ。

そして除霊作戦その2。

奈良県吉野の大峯山で修行してきます。

女人禁制の山、ハードさがとてもよく伝わります。

頑張って、ちょっと違う人間になってこようと思います。



















2018年7月27日 (金)

除霊作戦その1

それは、毎年参加している土佐乃國を走っているときのことです。

135km過ぎに添え蚯蚓という遍路道を通ります。
前にも後ろにもランナーが見当たらず、ずーっと一人ぼっちで走って(歩いて)いました。

この大会も3回目の参加なので慣れた道なのですが、今回は異変が起きました。

後ろから誰か来るのです。
後ろを振り向く勇気はありませんでしたが、確実にだれかがいる。そう感じたのです。

ちなみに、全然霊感は強くありません。

あれは180kmあたりでしょうか。時間は深夜になりかけたあたりのことです。

もちろん、ボーっとしてたので幻聴だとは思います。

聞こえたのです。「昔、そこの消防署に勤務していました。バス停があったらサバイバルシートにくるまって、一緒に寝ましょう。」

若い女性が話しかけてくるのです。

怖いとか不思議とか感じはしませんでした。

奥熊野でも途中で出会った高健さんが通りかかって声をかけてくれました。
「ボーっとしてるね。大丈夫?」

この女性のことは伝えませんでしたが、「もう眠くて眠くて」と答えました。

その後すぐにバス停があったので、女性が言うようにサバイバルシートにくるまって10分ほど寝ました。

女性はいなくなりましたが、左膝の裏側に変な痛みができました。

けっきょくこれが原因で200kmあたりでリタイアしたのです。

その後の診察の結果、水が溜まっていたことが判明。
いつも通っている岡田先生の適切なテーピングのおかげで水は抜けたのですが、ずーっと違和感があります。

たぶん、なにかいますbearing

なので、今回は愛媛県の八坂寺さん主宰「石鎚山登拝」に参加してきました。
石鎚山は日本七霊山の一つで、西日本最高峰1982mの山です。

集合は八坂寺さん朝6時もしくは土小屋朝8時半です。
交通機関を使うとその時間に到着するのは難しそうでしたので、片道約500kmを運転していくことになりました。

Photo

徳島県に入りました。
このあたりは結構来ているので遠いとは感じません。

Photo_2

ランチは徳島ラーメンセット。生卵を入れるのが徳島ラーメンの特徴です。

Photo_3

ようやくナビの画面に石鎚山が登場しました。

Photo_4

ここからが遠い。車のすれ違いやっとの道を1時間延々と登っていきます。

Photo_5

石鎚山が見えました。

Photo_6

宿泊は石鎚山国民宿舎。
1泊2食の一人部屋8500円。

1

お風呂に入り、早速1本。

128500

夕食です。石鎚山のDVDを見せていただきながら食べました。

Photo_7

石鎚夏吟、これ美味しいです。

Photo_8

明朝8時半、八坂寺ご住職の説明を聞きます。

Photo_9

登頂祈願をしてから登ります。

Photo_10

ルートマップです。

Photo_11

八坂寺さんの信者さんがほとんどで、年齢層はやや高めでした。
ご住職はトレランをやってるそうで、登りながらランニングの話で盛り上がりました。
が、少々ペースが速かったようで、途中で後ろを見るとだれもいませんでした。

Photo_12

37869754_2111544802251709_680565192

山伏さんたちが法螺貝を吹いて元気付けてくれます。

苦しい場面では「ざーんぎざんぎ(慙愧慙愧)、ろっこんしょうじょう(六根清浄)」と声を掛け合って登ります。

Photo_13

「慙」は恥じるという意味だそうです。「愧」は、その気持ちを外に出すという意味。懺悔みたいな意味のようです。

「六根」は目・鼻・耳・舌・心・体の六つの感覚器のことで、六根清浄とは心身ともに清浄になるという意味なんだそうですよ。

さて、この石鎚山、一番有名なのは鎖場です。

Photo_14

試しの鎖、一の鎖、二の鎖、三の鎖。
今回のルートは二の鎖からでした。

Photo_15

むちゃくちゃ恐い、とかの前評判でしたが、意外に楽勝でした。

37846625_2111544865585036_126561754

写真に見える丸いワッカの部分は電車の吊り皮ほどの大きさです。
登山靴で登るとつま先が入らないと思います。

37841011_2111545375584985_414897150

山伏さんたちに迎えていただきます。

37839791_2111544878918368_316623187

天狗岳頂上付近はガスっていて見えなかったのですが、登頂した瞬間ガスが晴れました。
しかし天候不良のため、天狗岳登頂はストップがかかりました。

けどここは少々ビビリそうでした。

37888060_2111543452251844_421915572

下山は各自自由なペースで降りたので、途中少し走って1時間少々で下山しました。

37896603_2111543348918521_126762982

ご住職とトレランの大会でお会いしましょうね、と再会を誓ってお別れしました。

除霊ですが、膝裏はなんだか違和感が無くなりました。

来週は除霊第二弾で大峯山です(o^-^o)




















































2018年7月19日 (木)

「レオさんを探せ」チーム。ROAD TO 小布施見にマラソン

今回の企画、「レオさんを探せ」完成への道のりです。
メンバーのみなさん、間違いや不適切な表現がありましたら、どんどんご指摘くださいね( ´艸`)

まだ肌寒い春先4月5日、メンバーが「みんなでレオさんになろう」というスレッドを立ち上げてくれました。

この企画、昨年も候補に挙がっていたんですが、意外に僕の格好って何気にお金かけてるのでたいへんなんです。

29939904_773439956197755_1671094671

まずは、僕ってどんな格好だっけ?

必要なものをリストアップします。

29789883_1928060423933482_606998097

まずはカンカン帽。これ、意外にお高くって1万円以上します。

赤い蝶ネクタイと襟

30124820_1928119613927563_795074912

襟、赤い蝶ネクタイと紅白ストライプのシャツ。こんな風にセットされるのです。

襟は古いカッターシャツから切り取ったもの。蝶ネクタイはネットで購入。

このシャツですが、ストライプの幅を指定したオーダー物で、たしか7千円以上しました。
ちなみに4枚持っています。

30859713_782663751942042_1486637790

そして忘れちゃいけないスーザフォン!まあこれは本物持って走れば壮観でしょうけど┐(´д`)┌

さあ、まずはシャツ。

30776587_1007119306107140_725120561

メンバーがネットでオーダーできるシャツを探してくれました。
以前自分でも探したのですが、紅白のストライプってあまり無いんですよね。

よくぞ見つけてくださいました。

サイズやデザインのアドバイスを朝子さん、久美さんからいただき、比較的すんなり決まりました。
さすがは服飾のプロです。アドバイスが的確。

32359548_1743222015757824_988292818

帽子が一番意見が出たかな。
基本的には100均で購入。

34018379_871731729677649_8388569340

同じ系列の100均でも置いてあるものが違うんですね。
メンバーは三重、愛知、神奈川、埼玉、群馬。
こちらはそれぞれで用意することになりました。

けどアイロンで型を整えたりすることで本格的なカンカン帽を作った方もいらっしゃいました。
作り方の情報もアイデアを出し合いました。

これからは僕もあれにしようかなあと真剣に思いました。

34090321_1026823650803372_173114948

ネクタイは久美さんが作ってくれました。

34783007_1030964117055992_761362212

帽子のリボンも久美さん作shine

今後もしこのチームに参加したいという方がいらっしゃるなら、久美さんに袖の下渡して作ってもらってくださいo(*^▽^*)o

スーザフォンみたいな楽器を作れないかなあという意見があり、思い出したのが30年ほど前に行った演奏の仕事で吹かされた廃材を使った楽器。

31460927_1962028100536714_635969097

この写真を参考に、スーザフォンを作成することになりました。

31493098_1962028097203381_622146809


30126974_1928135390592652_197113079


29793098_1928135383925986_110251393

出るわ出るわ古い写真。この仕事は金沢だったかなあ。

29790066_1928141633925361_387137063

ついでにこんなプロモーション写真も。
25歳のときですが、僕は後列左端(=´Д`=)ゞ

32425911_584675718575358_8284570036

ボディはホースってことはすぐに決まったものの、なかなか良いものが見つからない。

走行してるうちにコバちゃんが「ちょうど良いのがあるよ!」ってことでホースをご提供いただきました(≧∇≦)

34258546_593067861069477_1774312644

一番困難だったのがベルの部分。

みなさんあちこちで候補を探してくださいました。

31582522_1605204449590640_687874457


32313267_789417791266638_3610666065


32336885_789869557888128_8638234668


33540404_1023102807842123_311491803

じょうごや電気の傘、洗面器、中には犬が手術したときなんかに使うカラーとかも候補になりました。

こういうときに重要なのはお金をかけないこと。

ズバッと「そんなにお金をかけたくありません!」、言いにくいことをはっきり言ってくれるメンバーの存在はありがたかったです。

32887306_793411554200595_7139970546

こんなラフ画もあったりして

33852513_1633348686776216_849602827

で、最終的に決定したのがくまのみちゃんご推薦の紙皿。

33462588_1633348333442918_787842343

こんな風に固定されました。
けど本番前はけっこう取れちゃって焦りましたね。

けどニコパさん、壊れることを想定してメンディングテープ持参で走るとは恐れ入りました(;;;´Д`)ゝ

楽器の形ができると音を出してみたいもの。

その昔、イベントで演奏したときはスーザフォンのマウスピースをくっ付けたのですが、さすがにそれはみなさんでは無理。

30430065_782525238622560_1437198055

そこで提案したのがカズー。
だれも知らなくて意外でしたが、ハミングすれば、それが音になる優れもの!

33923930_1636852419759176_874970721

吹き方の動画を貼っていただいたりして各自練習に励みました。

大会当日の終盤ではみなさんかなり上手になっていました(o^-^o)

33735998_796312017243882_1452022490

一応こんなことも気にしていましたね。

34793175_1898108370277764_659150607

ゆみさん宅にて東海グループの第1回製作会。
製作はくまのみちゃん主導で、たいへんはかどりました。

35414801_2028550617217795_896859370

拙宅にて第2回製作会。

35414691_2028403347232522_3297356_2

目玉とくちばしは実際にスーザフォンに使っているものの縮小版を作りました。

Photo

大会前夜も製作します。

Photo_2

とても心に残る良い出来でしたねヽ(´▽`)/












































2018年7月16日 (月)

第16回小布施見にマラソン

みんなに10回目の出場とか言ってましたが、昨年のブログを見たら今回は9回目でした( ̄▽ ̄)
来年が10回目です。実行委員会さん、なんかくださいo(*^▽^*)o

もう小布施は1年おきの出場にしようって言ってたのですが、昨年が本当に楽しくってつい今年も出ちゃいました。

みなさんからたくさんの写真をいただきました。ありがとうございました。遠慮なく使わせていただきますね(o^-^o)

Photo

何年か前からこの小布施がご縁で少しずつメンバーが増え、昨年は15名、今回はなんと26名のチームレオ、湯田中温泉ホテル豊正ワンフロア貸切でした(≧∇≦)

昨年は僕の普通車にぎっちり満員通勤電車状態で向かったのですが、今回は悪友S氏から8人乗りのワンボックスを借りてドライブです。

Photo_2

近鉄蟹江駅8時集合、一路小布施に向かって出発。

3

途中駒ケ岳SAでの休憩を挟み、小布施中学校パーキングに2時過ぎ到着。
悪友S氏の車載ナビ、長野県に入った途端地図が真っ白になってしまいました。

S氏に文句言ったら、「長野県が海だった頃のナビだから許せ!」とのことw(゚o゚)w

外に出ると日射しが痛いです。名古屋は38度だとか。たぶん小布施もそれに近い気温のはず。

Photo_3

小布施に来たなら栗ソフトだよね。お腹いっぱいでも食べます。

Photo_4

小布施市内から30分、雷滝に来ました。別名、裏見の滝とも言われています。
そしてこの頃、ナビが復活しました。
長野県が海じゃなくなってからのナビだったようですよ。

Photo_5

こういう写真撮ると、なんか写ってはいけないものが写るんですよね(´Д`;≡;´Д`)

Photo_6

ホテルへは6時の集合時間にやや遅刻して到着。
さっそく宴会です。

Photo_7

隙を突いてご挨拶させていただきました。
昨年よりなんと5kgも太りました。

Photo_8

夕食は見事なまでに昨年と同じでした。
て、覚えてはいないのですが昨年の写真を見たら本当に同じ。

Photo_9

今回の仮装は2チーム。
こちらの「レオさんを探せ」チームは宴会後制作活動です。

宴会後部屋のみを11時半頃まで。翌日は深夜3時起床。
3時55分ロビー集合出発。4時12分発の臨時電車始発に乗って会場に向かいます。

Photo_10

さすがにこの時間はまだ涼しいです。

Photo_11

「チームレオ」出勤風景( ´艸`)

Photo_12

車内でみなさんの様子を見ていたら、この企画を立ち上げた昨年12月からのことがいろいろ蘇り、なんだか目頭が熱くなってしまいました。

Photo_13

「レオさんを探せ」チーム、集合。
到着早々テレビインタビュー。気分が盛り上がりますね。

Photo_14

間もなく出発です。

帰りの車内での反省会で話題になったんですが、ちょっとこのあたりを来年は見直しましょう。

Photo_15

スタート早々ですが、むっちゃ暑いです。けどむっちゃ笑顔o(*^▽^*)o

12k

今回は全員まとまって走ろう(歩こう)ってことだったので、普段以上にゆ~っくりと移動。
そしたらなんと10km過ぎだったかで走行中止命令が出てしまいました。

まあ走らずに歩きなさいってことですね。

で、残り10km以上を歩くことに(=´Д`=)ゞ

Photo_18
(毎年小布施でお会いする元気いっぱいのともさん。写真ありがとうhappy02

16kmあたり、土手に上がったらなんと運動中止の命令がヾ(*゚A`)ノ

木陰を歩くようにと指示されました。

Photo_17

17kmのリバーサイドブラスさんと合奏。
今回は楽譜が用意されていました。初見で演奏するなんて久しぶりでした(ノ∀`)

Photo_19

もうすぐアイスクリームエイドです。

Photo_20

アイスクリームは近い。元気いっぱい笑顔満載で向かいます。

Photo_21

アイスクリーム、ゲットヽ(´▽`)/

Photo_22

坂を下ってもうひと頑張り。

Photo_23

その間、木陰でひと休みしてました。

Photo_24

上を向いて歩こうを全員で演奏しながらゴールしました。

4時間48分、長い時間楽しみましたねo(*^▽^*)o

Photo_25

残念ながら入賞は逃しましたが、楽しんだことでは優勝していたと思います。

アラビアンチームのみなさんも、ずいぶん注目を浴びてました。

Photo_26

お疲れさまでした。
また打上げホムパしましょうね(o^-^o)

小布施見にマラソン実行委員会スタッフ、ボランティア、参加者のみなさん、今年もありがとうございましたヽ(´▽`)/
















































2018年6月30日 (土)

6月のまとめ7月の予定

6月のまとめ

なんだかずっと不調です。

5月末に走った土佐乃國で右膝の裏に水が溜まりリタイアしたのですが、それが治りきらないのか、いつまでも足取りが重いです。

その土佐乃國から3週続いて大会に出ました。

34369115_2009586782447512_399970737

1年おき程度に出ているんですが、今年は美女たちに囲まれて、と~ってもにやにやしながら走ってきましたo(*^▽^*)o

34447615_2009586835780840_372604034

にやにやしていてもばれません( ̄▽ ̄)

Photo

今回も賞をいただけました(≧∇≦)

今年も残酷マラソンに出場しました。

携帯のデータを整理していて、間違ってこの大会関係の写真を削除しちゃったので写真がほとんどありません。
みなさんがアップしていただいたのをいただきますね(;´Д`A ```

34984349_1336372536494784_352000086

今年も前夜祭で高石ともや師匠たちとご一緒させていただきました。

34840885_913724938799832_1611850790

昨年同様、スタートから7kmほど担いで走り、そこから21kmまで搬送していただき、残り3kmまた担いで走りました。

なんだか調子が悪いなあとずっと思っていたのですが、なぜだか昨年より10分も早いタイムで驚きましたΣ( ゜Д゜)

この3日後に熊野古道を歩きました。
有名な難所の一つなんですが、通常2日間で行くルートを1日で歩いてきました。

35197040_2024898574249666_775334022

ラン友さんと4名で行ったのですが、さすがみなさんランナー、余裕でしたね( ^ω^ )

35279884_2024891250917065_474015510

このパターン、また近日中にもやりたいですヽ(´▽`)/

6月の練習ですが、30kmペース走を2回トライしたものの、いずれも20km前後であえなくギブアップ。

トラック練習は1度だけ参加できました。
5000mのTTでしたが、まったくペースが上がりませんでした。

それにしても暑い。
たぶん梅雨は明けています。
異常な早さで夏が来ました。

月間走行距離  264km
速度  8.1km/h
と、両方とも大きく目標を下回りました。

7月の予定

この10年間、ほぼ毎年出ている小布施見にマラソン、今年もまた出ます。

20138269_1589966854409509_23397854_

僕と知り合ったことがご縁で、数年前から同じ宿に泊まり行動を共にしているのですが、今年はなんと26名の方が全国から集いました。

今年は仮装賞が取れるかなあ(*^.^*)

かなり暑くなりそうな7月ですが、頑張ってペース走とトラック練習を続けます。

















2018年6月15日 (金)

大雲取越小雲取越

35383716_2027439887328868_762522120

熊野古道を歩いて(ときどき走って)きました。

35190875_2025218387551018_589191591

深夜1時半、M野師匠にピックアップしていただき、3時に嬉野PAで○サさん○ぇみんさんと合流。

まずは新宮市を目指します。

この夜宿泊予定のグランホテル新宮の駐車場にM野師匠の車を置き、○サさんの車で大門坂Pへ。

Photo

約600mの大門坂から登り口の青岸渡寺へ。

35206707_2024901344249389_448734775

奥熊野いだ天ウルトラ以外では、ここへ来るの初めて(=´Д`=)ゞ

35268172_2024900314249492_172328701

梅雨の真っ只中なのに奇跡的に快晴ヽ(´▽`)/

ほとんど展望のないコースですが、久しぶりに見える下界に歓声が上がります。

Photo_2

35225728_2024896407583216_434635819

百間ぐらからの景色に癒されます。

35358002_2027462430659947_718886755

5時間少々かけて雲取越を終え、しばしアワタイム( ̄▽ ̄)

35238172_2024898527583004_604634358

さあ小雲取越へ。て、M野師匠グッジョブ!みんな登り口を通り越えちゃった(*^.^*)

酒屋のおばちゃんから小雲取は楽!って言われたものの、そこそこきついです。

けど、今度は走れそうなところは走ります。

35242681_2024896160916574_901595345

無事下界へ~

そしてゴールの熊野本宮へと走ります。

35335002_2024895527583304_408034434

金峯山寺主催の、修験道最奥の修行とされる大峯奥駈修行。
世界遺産に登録された大峯奥駈道を吉野・金峯山寺から前鬼山までの道を行じます。

ちょうどそのゴール場面に遭遇できました。

この修行、選考会があるのですが、来年の参加を目指しています。

小雲取越は2時間半というかなり早いゴールタイム。

ビールを探すもことごとくお休みだったため、お土産物屋さんでビールとおつまみ(;´▽`A``

その後バスで新宮に戻り、チェックインしてシャワーして打ち上げ

35279884_2024891250917065_474015510

お疲れさまでした~ヽ(´▽`)/






















2018年6月 4日 (月)

5月のまとめ6月の予定

5月のまとめ

4月からウルトラモードに入っているのですが、5月はその結果を出す1ヶ月でした。

31760142_1966052250134299_690537685

まずはアワイチ。4月にも走ったアワイチですが、今回初めて仲間うちで走りに来ました。
ウルトラソウルさん主催で走らせていただいているときは、いかにエイドで助けられているかを実感しました。

24時間136kmで終了しましたが、あと2時間あれば一周できたなあと感じました。
ウルトラ対策は成功していると思っていたのですが、そんな思いをへし折ったのが土佐乃國横断遠足。

34101130_2003906969682160_823176245

200kmを越えるような超ウルトラは何が起こるかわかりませんね。

完走自体はなんの不安もありませんでしたが、よもや途中で故障するとは思いもしませんでした。

膝の裏に水が溜まっているそうで、水は自然に抜けたのですが、あれだけ足が動かなくなると続行するのは無理でした。

20年走っていますが、DNFで大泣きしたのは初めてです。本当に悔しかったです。

月間走行距離522.7km

速度7.0km/h 8’32/km

速度はウルトラを2本走ったため遅いのですが、やはり土佐乃國を走っている一昨年が5.8km/h、昨年が6.1km/hですから今年はなかなか頑張って走れていると思います。

6月の予定

Photo

本来ならこれひとつで単独のブログを書くとこなんですが(=´Д`=)ゞ

30代~40代(推定)の美人ランナーさんたちと「アラビア~ン美女軍団と王様チーム」を結成して絆マラソンに参加してきました。

34447615_2009586835780840_372604034

けっこう気合入れてパネルを製作しました。
ツタンカーメンはずいぶん前から企画していたのですが、ようやく製作することができました。

けど過去最大かつ前が見にくい。

34343668_2009601649112692_659136112

34305362_2009596179113239_117553479


34441781_2009594892446701_616117722

みなさん、大変だったことと思います。
今日は筋肉痛やなんでこんなとこに?って青あざ見つけて深いため息をついてらっしゃることと思います(;´▽`A``

まあそんな苦労が実って

Photo_3

団体パフォーマンス賞受賞ですヽ(´▽`)/

34369115_2009586782447512_399970737

最後は全員で練り歩いてきましたo(*^▽^*)o

参加のみなさん、また遊んでくださいね(o^-^o)

PSホノルル在住のKaoriさんが応援に来てくださいました。
帰省の途中Facebookで僕が参加しているのを見て急遽やってきてくれたんです。

お土産ありがとうございました。メンバーでいただきました。
こちらには売っていないフレーバーかな。
本当においしかったです。
ありがとうございました。

またホノルルマラソン、よろしくお願いします(≧∇≦)

さあ、来週は兵庫県みかた残酷マラソンです。
今年もスーザフォン担いで走ります。

19096115_1266960820092382_189229336

6月は熊野古道を歩きます。
また報告しますね。

まもなくこの地方も梅雨入りです。

不安定なお天気が続きますが、みなさんお体に気をつけてお過ごしくださいね(◎´∀`)ノ













2018年5月31日 (木)

土佐乃國横断遠足2018その3

252

ずいぶん長いこと歩いたり走ったりの繰り返しですが、後続も同じようにしているのか全くだれも追いついてきません。

ときどきスタッフの方が車を止めてエイドしてくださいます。ありがたいです。

この日はほぼ曇りで前日ほどは暑くありませんでした。

2523

そうこうするうちに152キロすぎの大エイド。
ところが昨年と場所が変わっていて通り過ぎてしまいました。

通り過ぎたのを見かけた方が追いかけてきてくださり、ようやく到着。

食事とシャワー、着替え、そしてきっかり30分寝ました。

258

なんとか明るいうちにクラインガルテン大エイドを出発。

後続グループが到着したのは僕の到着から1時間ほどしてからでしたので、ここからもまた単独でした。

クラインガルテンを出発して3kmほどで暗くなってきました。

257

大きなクーラーボックスが手書きの看板の後ろに置かれていました。
陸不動産さん、ありがとうございました。
ちょうだいしました。

この手前のコンビニでペットボトル2本と眠気覚まし用のガム、そしてゼリーを購入。
ここから約20kmコンビニとか商店がありません。

上りは全部歩き、下りはほぼ走り平地は歩いたり走ったりしながら3時間半かけてようやくコンビニが見えてきました。

とにかく暗くて一人ぼっち。明かりがとても恋しかったです。

2515

これが夜11時過ぎでした。

さあ2晩目の深夜走です。

254

今年はお会いしないなあと思っていたら会えました。

吉田先生のエイドです。

256

本当にありがとうございました。

255

ビーフカレー、ごちそうさまでした。

軽快に出発したのですが、右膝の裏がかなり痛くなってきました。
中村街道の長い下りで痛めたようです。

ときおりストレッチしながら進みます。

さびしい海沿いを抜けて市街地に入ろうとするあたりから幻覚が現れてきました。

地元の消防署に勤務しているという20代くらいの女性が、「サバイバルシートにくるまって一緒にバス停で寝よう」と囁き続けるのです。

2612

このあとお誘いに乗って15分ほどバス停で寝ました。

夜明けが近づき、だんだん明るくなってきたのですが、この頃から小雨が降り始めました。
寒くなってきたのでTシャツの下に長袖のファイントラックとシャツを着ました。

逢坂トンネルに向かって、いたむ右足を引きずりながら歩きます。

毎回この区間は真っ暗な中を誰かと一緒に進んでいるのですが、今回は一人。

明るいので景色が全く違っていて、ひょっとしたらコースロスしたかとずーっと不安でした。

ようやくトンネルにたどり着いたのですが、本格的に足が痛く、少し歩いては立ち止まります。

距離は200kmを超えました。なんとか四万十大橋のエイドへたどり着きたいのですが、地図をクラインガルテンに忘れてきました。

頼りのFacebookの地図ですが、やはり大会HPが無いと探せませんね。

けっきょくエイドへの行き方も分からなくなって、ここでギブアップ。
本部に電話したらタイミングよく留ちゃんが出てくれて、千夏ちゃんが迎えに来てくれることになりました。

中村駅へ送っていただきそこからバス。
駅ではだんなの応援に来たという昨年ホノルルマラソンでお会いしたO倉さんにばったり。

寝過ごさずにバスに乗ることができました。

261

来年は走ってここにたどり着きますねo(*^▽^*)o

足のほうですが、急にやってみたテーピングが原因のようで、膝の裏側に水が溜まりました。

34101130_2003906969682160_823176245

3日ほどで水が自然に抜けました。
今週末までは養生します。


























2018年5月30日 (水)

土佐乃國横断遠足2018その2

今回の結果をまず。

残念なことに、160kmあたりから右膝の裏側が痛くなり、ずーっとだましだまし歩いたり走ったりしていたのですが、200kmでついに動けなくなりリタイアしました。

3度目の土佐乃國はDNFに終わってしまいました。

さて今回を振り返りたいと思います。

2427

スタートから28kmあたりのエイドまでほぼノンストップでした。

今回は午後3時のスタート。
天気予報では高知市内は30度と、この時期としては異常な暑さでした。

けど室戸岬は24度程度、風も少しあって特に暑さは気になりませんでした。

気になったのは調子の悪さ。
あちこち痛いです。

最初に痛かったのは右くるぶし外側の下。
こんなとこが痛くなったのは初めてでした。

それでもいつもと同じ6分半ほどのペースで走ります。

28kmエイド到着は夕方6時15分頃かな。
今回から到着時間の記録がなくなったのではっきりと分かりません。

やはりあれはほしいなあ。

それとここまではコンビニが無いのでお腹もすくし、昨年までこのエイドにあったご飯メニューがなくなってしまいました。

249

エイドを出て1時間、ようやくコンビニがありました。
ここからしばらくはコンビニが豊富だったので、たくさん食べることができました。

62kmヤシイパークAD到着は夜11時頃。

2422

いつもは暗くなり始める頃に到着しているので、スタート時間が変わるってレースのイメージがずいぶん変わりますね。

247

こちらはメニュー豊富。
2kmほど手前でスタッフの方がメニューを聞いてくれました。

迷わずカレーにしました。

245

浦戸大橋は今回も暗い時間の通過です。実は今回はかなり速いペースです。というか速くはないのですが、私設エイドが少ないからか途中で止まることがないので早い時間の通過になりました。たぶんこの時点だと3時間ほど早い通過だと思います。

けど、この手前に私設エイドを出していただいてて刺身とビールをいただきました。

竜馬像へは深夜12時前に到着しました。
昨年まではエイドがありカツオのたたきも食べられたのですが、今回はスタッフ自体いません。

CPになっているので、竜馬像の写真を撮りましたが、何の写真か判明できませんでした。

88kmピンクの豚というラブホの交差点を曲がってしばらくしたところで脹脛が猛烈に疲労し始めました。

しばらく座って回復を待っていたら、一昨年はしばらく並走、昨年は私設エイドをしていただいたM田さんが声をかけてくださり、3kmほど一緒に歩いてくれました。

競馬場の坂を下りきった交差点にあるコンビニで小休止です。
ここを早朝4時半ごろ出発。

ここからはけっこうまた走れるようになりました。

2518

97km今回新設のあじさいエイドは顔なじみの皆さんがスタッフ。

2519

具沢山のラーメンをいただきました。

251

5時20分の到着でした。

このエイドを出て10分ほどしたら強烈に眠くなってきました。
ショッピングセンターみたいな場所の壁に囲まれた場所を見つけたので、サバイバルシートをかぶり15分ほど熟睡。

歩いたり走ったりを繰り返しながら進みます。

おかしくなってきたのは焼坂の長い下り。
序盤は右側だったのですが、こんどは左足首外側の下が猛烈に痛くなってきました。

こんなとこが痛くなるなんて今までに無いことです。

途中の休憩所で休みながら、そうだ!今回初めてやってみたテーピングの場所がまずいんだ!と気がついて両足とも剥がしました。

やはり正解。痛みが消えました。

2514

このレース最大の難所添え蚯蚓への曲がり角のあるローソンで腹ごしらえ。
この時点でヒル12時50分。
添え蚯蚓の途中のエイドでも食べ物はあるはずですが、今回はけっこう期待と裏腹に食べ物が無いので警戒して食べました。

2512

ルートはとても分かりやすいです。

2510

コンビニで食べておいて正解でした。

スタッフすらいないCPでした。

259

3度目ともなるとずいぶん慣れますね。
けど下りでもまったく走る気になれず、ずーっと歩きました。

もう何10kmも一人旅なのですが、添え蚯蚓を歩いている間、だれかがついてくる気配がずっとありました。

253

ようやく人に会えました。
この先は町並みがあります。

つづく













«土佐乃國横断遠足2018 その1