フォト

twitter

無料ブログはココログ

2018年10月20日 (土)

かもしかハーフマラソン2018

いよいよ明日は「かもしかハーフマラソン」です。
今年も2時間半のペースランナーを務めさせていただきます。
お近くで走られる皆さま、どうぞよろしくお願いしますo(*^▽^*)o

22554505_1696270443779149_176525281

昨年はハロウィン仕様、さて今年はなんでしょね?(* ̄ー ̄*)

さて、毎年スタート前に「どんなペースで走るんですか?」と尋ねられますので、こちらで少々解説しておきます。

基本的にはキロ7分なんですが

以下昨年の記録

スタート-5km 745-652-647-621-631(34’16)

2時間半のペーサーは、ほぼ最後尾。そのためスタートロスが1分以上あります。
最初の1kmに8分近くかかっているのはそのためです。

コースですが、オリジナルはスタートから2.5kmほど緩い上りでした。
それが昨今の工事のため、途中少し下っているところもあります。
まあスタート直後のエキサイトした状態では、ほとんど感じないでしょう。

キロ7分よりも多少早くなっているのですが、9kmまでに3分程度は貯金を作るつもりで走っています。
あまりしつこく「速い!」と言わないでくださいね。このペースで走っていないと10.5km1時間15分の関門に引っかかる可能性が大きいですよ。

3kmを過ぎたあたりから約2kmの心地よい下りです。そろそろ脚も動き始めてきますが、あまり勢いに乗りすぎると後がつらいです。
先は長いo(*^▽^*)o

6-10km 637-645-639-642-700(33’43/1:07’59)

6kmから9kmまでは緩くて細かいアップダウン。まあ基本的に完全フラットは皆無です。
そして9kmを過ぎたところから約2kmの名物と言われている上りが始まります( ̄ー+ ̄)

11-15km 912-633-633-645-702(36’05/1:44’04)

10.5kmが1時間15分の関門です。
僕はここで時間調整をしています。
2時間半ぎりぎりの方たちはこの坂で歩いてしまう方が多いです。
坂の下まで僕と一緒に走ってきて、この坂で置いていかれて関門に引っかかる方が多いため、こんな対策をしているのです。

10.5km地点は坂の終点のように見えるのですが、そこからまだ500mほど上るので気を抜かないでくださいね。

11kmで頂点にたどり着くと、今度は約2kmの急な下りが始まります。
ここで脚が攣ってしまう方を多く見ます。
僕はそれほどペースを上げませんので、少し引き離すつもりで走ってくださいね。

13km地点で下りが終わると少しだけフラットな区間。14kmから緩く上り、そして僕個人的には一番苦手な15kmの上り坂。
ここ、この時期に風が吹くと真正面から来るんですよね。
そして緩く上ってるし、どこで曲がるのかわかりにくいし┐(´д`)┌

16-20km 649-850-713-700-711(37’03/2:21’07)

15km地点を過ぎ左折を2回するとつかの間の短い下り。
細かく曲がりを繰り返すと2度目の関門17km2時間への上り。
ここはそれほど長くは無いですが、けっこうきついですよ。

ここでも時間調整のためスーザフォンを鳴らしています。

このコースの解説をときどき見かけると、みなさん9kmからの2kmの上りを過ぎれば、あとは全部下り!とかとんでもないことを書いていますが、それを信じてはいけません。
心が折れますよ!

17kmを過ぎてからも「あれ?また上ってるじゃん!」て区間もあります。
けどこれは本当に短いですから、すぐに終わるんだと心に言い聞かせて上ってくださいね。

18km地点を過ぎるとすぐにスタート地点から上りきった地点に出ます。
ここからゴールまで約2.5km。
気持ちの良い下りが1.5km程度続きます。

あと一息。ガンバレ!

21-ゴール 758(2:29’05)

こんな風に走っていますよ。

ただ今年は不安材料が(;;;´Д`)ゝ

44178735_2268959756510212_360982071

先週のハーフマラソンで左の脹脛を痛めちゃって。

今週は全然走れず。てか痛めてからも2日間ゆるゆる走っていたらとんでもないことに。

先日長旅からお帰りになられたO田先生に泣きついて、毎日通いようやく痛みが治まってきました。
O田先生からは「20%の確立でアキレス腱が切れる!」と脅されての出走です。

そんなことで、大会実行委員会が

18275018_1148221788622745_165926785

セーラームーンでサブ3のY山さんをサポートに付けてくださいました。
僕が途中で走れなくなったら、彼が代わりに、「お仕置きよ!」とか叫びながら走ってくれると思います(≧∇≦)

それでは皆さま、明日の快走を期待しておりますヽ(´▽`)/

2018年10月15日 (月)

高島くりマラソン

高島くりハーフマラソンを走ってきました。
琵琶湖の北西で、市町村合併前はマキノ市という、カタカナで書く珍しい市名だったのです。
そして、マキノ市の頃に一度走っているのですが、これが前過ぎていつだったかわかりません。
11年前からジョグノートとかで記録が残っているのですが、それ以前のようです。
そうだ、仕事とかのスケジュール表を見ればわかるかも!と調べたら、なんと2005年でした。

スタートからメタセコイアの美しい並木道をゆるく下った記憶だけがあるのですが、それ以外コースの記憶は一切ありません(=´Д`=)ゞ

先週は同じ滋賀県であざいお市ハーフマラソンが開催されていましたが、あの日に比べるとずいぶん走りやすい気候でした。
まあ今やもう100分すら切れないので多くは望めないのですが、シーズン初戦ということでキロ5ペースを最後までキープできりゃ大成功!とそんな計画でしたが、結果は上出来でしたね(≧∇≦)

43951642_2261807350558786_510610397

前夜はシーズン開幕戦ってことで、うな重でしたヽ(´▽`)/

深夜3時半起床、4時40分出発。
ナビの予測は2時間45分かかるということでしたが、2時間少々で到着しました。

44144911_2261807387225449_174938522

駐車場は駅前。カタカナの駅名も珍しいですね。

43950889_2261807453892109_970889971

7時半まで車の中でくつろぎ、駅前からシャトルバスで会場へ。
以前来たときはマキノピックランドという公園が受け付け場所だったような記憶が。

受付のマキノ西小学校でゼッケンをもらい、またしばらくくつろぎます。
スタートは10時10分なので8時半に行動開始。

43951598_2261807510558770_580402150

荷物預けの近くに陣取っていたのですが、周辺がかなり混雑してきたため移動。

写真の場所へ行ったらたくさん銀杏が落ちていて、異臭が漂っていました┐(´-`)┌

荷物を預け、約500m離れたスタート地点へジョグで向かいます。

10時前になってスタートに整列。
まだ2キロのレースの最後数人が整列の人並みを書き分けてやってきます。
たくさんの拍手の中を走りますが、大人なら恥ずかしいな。
最後はカップルでしたが、途中で何かしていたのかな( ̄▽ ̄)

Start-5km 452-451-456-457-454(24'29)
スタートから2kmほど緩い下りで走りやすい。
参加者数も約1000人とあって、スムースに走れた。
感覚より10秒遅いけど、気にせずにペースをキープ

6-10km 451-458-454-504-455(24'42/49'11)
5kmあたりから進行方向が反対へ。
いきなり向かい風の洗礼を受けた。
並んで走っている2人の真ん中後方を走っていたら随分風除け効果がありまったりしていたら、いきなりペースが落ちてしまったので、あわてて抜いた。

このあたりは薄緑色のウレタンコートになっていて、反発力があって走りやすかった。

11-15km 448-444-454-450-442(23'59/1:13'10)
それにしても、かなりフラットなコースです。あれだけスタートから下ったのだから、そろそろ急な上りがあるんだろうなあと思いながら走った。

16-20km 448-448-459-445-504(24'24/1:37'34)
18kmあたりからクォーターの選手が合流して来た。
ここは大きな通りなのだが、交通規制していないのでかなり走りにくい。

残り2kmで目の前にメタセコイアの並木道が現れた。
沿道の人におもわず、「すごいきれいですね」と言葉がもれ出てしまいました。

510-019(1;43'02)
残り2kmから脹脛が攣り始めました。
だましだまし走り、なんとかゴール。

昨年の開幕戦は1時間46分。一昨年は11月で1時間42分。3年前も11月で1時間39分。
まあ昨年よりかは良さそうです。

44049462_2261807687225419_861390230

帰りは観光しながら帰りたかったのですが、ほとんど駐車場が見つからず、ようやく琵琶湖湖畔の風景だけ見てきました。

43950915_2261807560558765_492425557

参加賞のTシャツです

44104115_2261807587225429_519806047

こちらはバックプリント

44065165_2261807653892089_634126710

栗もいただきました。

ウチから2時間で行ける大会ですが、よくかもしかと同じ日程になるような気がします。

またかもしかとずれていたら走りたい大会ですねo(*^▽^*)o




















2018年10月 1日 (月)

9月のまとめ10月の予定

9月のまとめ

なんだかずいぶんブログから遠ざかってしまいました。
9月は人生にあまり起きてはいけないような、なんだかそんな嫌なことで幕を開けました。

以前ならしばらく立ち上がれないほどの出来事だったけど、今回はなぜか簡単に立ち直れました。

遊んでいただく方がたくさんいてありがたいです。
元気です。

月初めはまだかなり暑く、なんだか仕事に精出す気持ちが起きずだらだら。
そうそう、仕事でも大失敗をやらかしました。

先方さんが本当に親切な方で助かりました。
これから誠意を持ってお詫びします。

まあそんなことを少々引きずりながら24時間走に出ました。
結果は納得済みの散々なできでした。

月間走行距離  430km
速度   8'03/km
28時間マラソンのイベントや24時間走があったので距離は増えました。

10月の予定

いよいよマラソンシーズン開幕です。

僕は14日の高島ハーフが開幕戦。
そして9年目になりますが、かもしかハーフマラソンのペースランナーです。
今年はどんなドラマが待っているのでしょう。

9年の間に本当にたくさんの出来事がありました。
まだなにか起こるのかなあ。

明るく毎日を過ごしたいと思います。

2018年9月18日 (火)

24時間走:三木防災公園大会

Photo


昨年に続き、今年もF田さんと参加です。

早朝4時起床6時出発ですが、前日に仕事で大失敗をやらかし、その後処理が尾を引いてほとんど眠れずshock

その影響か、持ってこなきゃいけないジェルや食べ物をごっそりと忘れてきましたweep

スタートはお昼12時。
この大会、3度目の出場ですが、今までで一番涼しいです。
とは言え、湿度が高くて走り始めるとすぐに滝汗。
キロ7分を少し切る程度のゆっくりペースをキープ。
毎回4時間で一区切りしているのですが、予定通り30キロをクリアしました。

Photo_2


夕方5時からお弁当が支給されます。
例年揚げ物が多くて辟易としていたのですが、今回は食べやすかったです。
ここで得られる炭水化物はこれだけなので、しっかりと食べました。

持ってきた炭水化物は、ビスケット、おせんべい、コンビニで買ったおにぎり二つとカップ麺のご飯版。今回はお湯をいただけたのがありがたかったです。
食事面では問題無しでした。

あとはお茶2リットル、1.5リットルのコーラ2本、炭酸水2本、OS1。
コーラはかなり余りました。次回は500を2本でいいかな。

Photo_3


昨年もここで会ったくぼっちと原田さん。
くぼっちとは先週もご一緒しました。
話題にしていた白バラコーヒー牛乳をいただきました。ご馳走さまでした。

原田さんからもビールを勧められましたが、さすがに遠慮しました。ありがとうございましたhappy01

Photo_4


深夜3時を過ぎると何度か眠気に襲われます。
それまでも前日の寝不足が祟り、珍しく三回も寝てしまいました。

一緒に参加したF田さん、4時間もぶっ続けで寝ました。
この格好になったので起きるのかなと思ったら、そのまま寝ていたのでビックリ‼️

僕は5時頃とんでもなく眠くなり、車に入って20分ぐっすり寝ました。

Photo_5


夜が明けました。
暑くなりそうです。

親しい方からのメッセージを見たら元気が出ました。
今回はずーっと不調だったのですが、この時間帯になって、ようやく快調に走れました。

2


深夜の時間帯、気温は低くて控え室から出ると寒いくらいですが、走り始めると湿度が高いのですぐに汗だくです。
トップの方だけ異常なほど走り続けていますが、みなさん低調なようです。

アイスクリームは2回買いました。助かりますね。

16


朝食です。カレーヌードルのご飯バージョン。いいですね、これ。

Photo_6


太陽が高くなってきました。
マジ暑いです😵

もうここからは熱中症の心配をしなければいけません。
残り5時間くらいになってきました。

100キロ通過が18時間近くかかりました。とんでもない低調な記録になりそうです。

Photo_7


2日目朝からはキャップをやめて手拭いを巻きました。なかなか良いですね。
日焼け止めもしっかり塗りましたよ。

9


今までもあったのかもしれませんが、今回見つけたのが売店。
10時から16時までしかやっていませんが、食事が取れるのは嬉しいですね。
カレーライスを食べました。

Photo_8


カレーライスを食べたあと、かき氷も食べました。
シロップはマンゴーとピーチなんですが、すぐに溶けて味が混ざり、複雑なお味でしたcoldsweats01

Photo_9


最終結果です。
自分のGPSでは5キロほど多く表示されていました。
それにしても低調な数字しか残せず残念です。

Photo_10


今年は2番目に高齢の参加者でした。
来年は年代が変わります。
そういえばF田さんは年代別3位になってるけど表彰がありません。

1


昨年の記録を見たら、なんと僕が年代別1位じゃないですか!
表彰なんて無かった‼️

Photo_12


会場を出て、コンビニに少し寄り、そしてホテルへ。
まだチェックインできないので、昨年同様王将でお疲れさまの乾杯。

ホテルにチェックインして、しばしお休みsleepy

7時半になって近くのお好み焼き屋さん「つくし」へ。

まずは明石焼き。美味しい‼︎

Photo_13


F田さんの広島焼きと僕のモダン焼き。
この2つって同じものとずーっと思ってたけど、ちょっと違うんですね。

Photo_15 Photo_16


トンテキとハラミも注文しましたが、内臓が疲労しているのか、珍しくお残ししました。
生大も飲みきれなかった。

Photo_17

Photo_14


翌日は明石天文科学館へ。
ここって月曜休館なので一度も行ってなかったんですが、祝日や開館してました。
初めて行けました。

Photo_18


今年も帰りに天理で降りて彩華ラーメン。

Photo_19


焼豚丼も美味しかったhappy01

ウルトラあるある、帰って体重測ったら3キロ増でしたsmile

2018年9月12日 (水)

ザ・28時間マラソン

石川畳店主催、「ザ・28時間マラソン」というイベントに行ってきました。

41398367_545445025925589_2124020443

スタートは9月8日土曜日10:30、ゴールは9月9日14:30なんですが、この時間内であればいつ来ても、いつ帰っても良い!ってアバウトなイベントです。

競技性はまったくありませんo(*^▽^*)o

41525949_937968029707020_5294856706

僕は準備等のこともあり、現地へ8時半入り。
9時半頃から走り始めました。

1週間後は24時間走の大会があること、そしてまだ痛めた右足親指が完治していないこともあるので、目標距離は50kmにしました。

約25時間で50kmです。時速2km(=´Д`=)ゞ

41453391_330971224305666_4351196745

このイベント、会場の四日市ドーム周辺を走るのですが、ドーム内では徹夜の盆踊りとマルシェも開催。

41459290_292673617991126_1417635530

昼間は走って夜は盆踊り!ってことも可能です(o^-^o)

41432763_316052735835517_7906723076
(深夜の石川畳店店主、寝ていないので変なテンション降臨)

当初1周1.7kmだったのですが、工事の影響で1.3kmになりました。

1周を10分ほどかけてゆ~っくり走ったら休憩、ラン友さんと30分以上お話。

41471198_2238554249698333_921396399

そんな風に過ごしていたら、早くも半分経過。

41393555_1872250449476922_594156843

津市のコーヒー屋さんコーヒーローストのちぇみんさんが、おいしいコーヒーを淹れてくれましたheart01

41402424_255821401737605_4068454886

ターボラカルダオオノさんから、今年もサンドイッチの差し入れです。
仕事が終わってから200個も作ってくれたんですよヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

41396130_1159040087577663_111059470

深夜の時間帯、50名ほどが会場にいました。
なんだか怪しい雰囲気ですが、これはみなさんが持ち寄った物をじゃんけんでゲットしようと品定めしているところです(*^m^)

41495221_683722125318001_8830188087

こんなかわいいクッキーも、桑名市のkurimaroさんから頂戴しました。
食べるのがもったいないヾ(;´Д`A

41455730_654278054972145_5094160022

50kmは25時間もかからずに終了。
かき氷食べてしばしお昼寝。

41456675_2211878088863326_514146063

お友だち大集結で、とても愉快なイベントでした。

で、終わるや否や名古屋へ移動。
先日、本州縦断マラソンを完走した波多の明翠さんの報告会へ。

41466957_235082674017982_8377731463

ウルトラランナーばかり集まっていて、メンバーのキャラが濃い(ノ∀`)

その後は懇親会でしたが、40時間近く、ほとんど眠っていなかったので途中で寝落ち。
名古屋から電車で帰りましたが、案の定寝過ごしました。
帰宅するのに随分時間がかかっちゃった(=´Д`=)ゞ








2018年9月 5日 (水)

8月のまとめ9月の予定

8月のまとめ

例年8月はゆっくりながらも黙々と距離を重ねるのですが、今年は距離を抑えその代わりに30kmペース走とインターバルを毎週やる!を目標にしました。

で、けっきょく暑くって30kmペース走は1度もできず(;;;´Д`)ゝ
一応トライはしたんですけどね。最長が休み休みの20km。それもペースが5分40秒。

長年やってきてこの有様は予想できたのになあ。本当に成長しませんね。

8月は山へ3度登りました。
達成できない30km走よりかは効果があったかもしれません。

大会は初めての北海道マラソンでした。
もちろんダメダメで、ファンランと言いながらもついペースが速くなり、たった20kmで失速。
後半はほぼ歩きでした。

8月の走行距離はたった252.5km(山歩きは除く)。速度は6’15/km(山歩きは除く)。

9月の予定

除霊作戦と称して山での修験体験をしてきてたのですが、もう終了することにしました。
ある方とのご縁が完全に切れたこともあり、考えてみたらその方の存在が悪霊だったように思います。

人間てあれほど変わってしまうものなんだなあと恐ろしくなりました。
せっかく今まで真面目に生きてきたのに、その方が存在することで警察沙汰に巻き込まれそうでした。

9月は4回目の参加、「三木24時間走」です。
今年は走るつもりでなかったのですが、走友F田さんがネイチャー資格を取るために参加することで誘われ、運転手としてついでに走ります。

現在心身ともに疲れているのでたいして走れそうもありませんが、粘り強く昨年よりかは良い結果を出したいなあと思います。

気持ちを切り替えて頑張ります。

2018年8月30日 (木)

北海道マラソン

北海道マラソンを走って(歩いて)きました(=´Д`=)ゞ
初めての参加です。

8月25日、息子31回目の誕生日でした。
前夜から、明朝はLINEでメッセージを送らねば!と強く心に刻みつつ布団へ。

3時半起床。5時20分のバスに乗るのです。
スーザフォンは持っていかないので、今回はバスでセントレア。

270

離陸は7時45分の札幌行きジェットスター。と、思い込んでいたのですが、空港に着いてエアアジアと判明。

ようやくしっかりと目が覚めて、息子にお誕生日おめでとうのLINE。
うーん、お父さんになって31年かあ。

飛行機に乗り込んだら、通路を挟んだ席から楽しそうな、そして聞き覚えのある声が。

なんと、「三重県を代表する美人ランナー良美さん」(≧∇≦)

34369115_2009586782447512_399970737

しばし到着後の移動やら世間話をしていたのですが、間の席に「イケメン若者」が来たため、僕は放置されました(*´Д`*)

2526

空港到着否や、良美ちゃんと若者軍団に引き連れられてソフトクリーム。
今回はどう走ろうかと悩んでいたのですが、これでファンランにする気持ちが固まりました(o^-^o)

2530

宿泊のホテルへどう行こうか調べたらバス移動が便利と判明。
良美ちゃんたちも近くのホテルだったので、一緒にバスですすきのへ。

電車で移動するより少し時間はかかりますが、値段が安いし荷物持って歩かなくていいからバスの方がよさげ。(下の写真のバスは、市内観光のバスです)

251

ホテルに荷物を預け、10分ほど歩いて受付の大通公園へ。
ゼッケンを受け取り参加賞Tシャツいただき、わき目も振らずに札幌駅へ。

札幌って過去2回演奏の仕事できているのですが、こうして一人で歩くのは初めての経験。
それなのにすいすい間違えずにたどり着けるなんて、スマホって本当に便利だなあ。

で、午後1時集合で札幌市内バスの旅。

2500

名所を車窓から眺めつつ、最初の降車は中央市場。

夕食は海鮮なので、こちらでは豚丼。

2519

の前に餃子。

2527

ファンランですから( ̄▽ ̄)

ご飯食べていたら、良美ちゃんから「お友達が同じツアーに参加している」と。

2531

なんと、お隣の席でしたね(≧m≦)

2502

で、次は北海道神社(て、あるんですね)

2517

お賽銭より多めにお願いをして、さあ次は。

252

お土産「白い恋人」で有名な白い恋人パークへ。

2514

ホットチョコレートと、なんとかいうやつ。忘れた。けど美味しかった。まあファンランですから( ̄▽ ̄)

254

なんだか寒くなってきました。さすがは北海道ですね。

そういえば直前に台風が来ていたのです。
日本列島を突っ切ってから東へ進路を変え、北海道襲撃。
直前まで飛行機は飛べるのかと心配していたのです。

そんなことを考えると、よく無事に来られたものです。

さあこれで観光ツアー終了。

2508

修理中の時計台前でバスを降りました。

今回のガイドさんがなかなか面白く、「がっかり名所が更にがっかりな状態!」とグサリo(*^▽^*)o
この方、特には案内や説明などしないのですが、時折発するグサリ発言がおもろかった( ´艸`)

2506

ホテルの部屋に入り、夕食に向かいます。

今回楽しみにしていたのが、中学の同級生しげやんとの再会。
そして数年前の別大以来ときどきお会いするふきんちゃん、初めてお目にかかるたけさんとも楽しみです。

2513

250

よく食べた、よく飲んだ!

259

大丈夫なのか明日(◎´∀`)

255

一応明日の準備をしつつ、いつの間にかおやすみなさい

268

ホテルの朝食、この日は特別に6時スタート。
少し早めに行って並ぼうと向かったら、すでに始まっていました。

ホテルを7時過ぎに出発。ジョグで向かおうとゆっくり走ったら、すぐに心拍数が150くらいに!

ああ、まだ酔いが残ってる┐(´д`)┌

こんな遠いところに来ていても知り合いにはたくさんお会いするもの。
しばし談笑しながら9時のスタートを待ちます。

スタート時の気温24度。
自分の住む場所に比べりゃ圧倒的に涼しいのですが、20年走っている歴史の中で、8月って5分半にペースを落としても30km走を完走したことがありません( ̄▽ ̄)

とりあえず5分半ペースで行けるとこまで行きます( ̄ー ̄)

s-5km 536-528-526-522-520(27'12)

想定より楽にペースが上がりましたが、これで最後まで走れるわきゃないので一生懸命ペースを落とす努力はしました。

6-10  524-510-524-505-511(53'26)
11-15 524-516-514-518-520(1:19'58)
16-20 524-517-518-520-520(1:46'37)
21-25 531-542-542-538-542(2:14'52)

ハーフあたりから良い感じで勝手にペースが落ちました。
18kmあたり?から約8kmほど、やや上りの直線道路新川通りを走ります。
かなり苦しくなってきて、だけど折り返したら下りだから大丈夫、と我慢を重ねたのですが、折り返してみたらまた上りに見えました。

26-30 550-609-656-718-722(2:48'27)

ついに気持ちが折れてしまい、そうだファンランだった、と思い出し、、歩きを交えながら私設エイドに寄りたおし、白いバームクーヘンやスイカが美味しかったなあo(*^▽^*)o

31-35 823-916-745-703-806(3:29'00)

260

同じくファンランの良美ちゃんたちと記念撮影。
付いていく足も無く(;;;´Д`)ゝ

36-40 807-747-810-814-634(4:14'10)
41-g  618-555(4:22'44)

ゴール。

265

ホテルに戻り、入浴。
打上げは4時開始。

267

もう何時かわかんない時間まで大騒ぎさせていただき、frunのみなさんありがとうございました(;´Д`A ```

271

遅い朝食をいただきました。
深夜に洗濯したウェア等は見事に自然乾燥成功。

ホテルに荷物を預け、チェックアウトしてfrunのみなさんとの昼食会11時スタートまでしばし市内観光。

2523

市電に乗って市内一周の旅、所要時間約1時間。

277

けっこう涼しくて、僕以外に半袖Tシャツ短パンなんて姿の方はいません。

2704

わーいわーいジンギスカンヽ(´▽`)/

さらにサッポロ地ビール飲み放題(≧∇≦)

2709

解散後は有志でサッポロビール工場パーク。

2707

まだ飲むか!(*≧m≦*)

そして

2710

雪印パーラーで

275

なまらむパフェ。お値段は道産子に因んで1350円。
生クリームがすごく美味しかったです。

ここを出てみなさんとお別れし、ホテルへ荷物を取りに戻り、またバスで空港へ。

もうお腹いっぱい。

あ!ラーメン食べて無いじゃん!

2705

飛行機がやや遅れ、帰宅は深夜でした。

久しぶりに胃薬を飲みましたよ。







































































2018年8月 5日 (日)

除霊作戦その2

奈良県吉野大峯山の修験体験から先ほど帰ってきました。

まだ般若心経が頭の中でグルグル渦巻きながら鳴り響いています(;´▽`A``

5月にも1日体験で行ってきたのですが、今回はもう少しハードだよってうわさの1泊2日。
金峯山寺さん主催の修験体験イベントです。

イベントというと少しくらいは楽しいことが、みたいな期待感があったのですが、今回はまーったくナシ(*´Д`*)

38444507_207096333483394_4435448838

駐車場から炎天下を約20分、東南院へと歩きます。

Photo

黒門をくぐり、やや信仰の気配が漂ってきます。

Photo_2

かね(銅)の鳥居
このあたりも5月に説明を聞きながらくぐりました。

Photo_3

こちら蔵王堂が、いわゆる本部ですね

Photo_4

今回用意するものが3つ。
金剛杖、白の地下足袋、そして勤行本。

金剛杖と白い地下足袋は初めて買いました。
こちらヒノキの金剛杖2500円。

Photo_5

白い地下足袋はなかなか見つからなくて3軒目でゲット。
たった2足しか残っていなかったうちの1足が僕にジャストフィット!4000円ほど(エアクッション付き)。

Photo_6

これから始まるであろう厳しい修行の向けて、しばし豆乳ソフトで休息(*^.^*)

受付で全て自己責任であるとの署名をします。
これは自分には無理だ!てものは回避できるとの説明を受けます。

今回一番心配だったのが「西の覗き」。

Photo_7
(画像お借りしました。合掌。)

え?これ回避できるの?( ̄▽ ̄)

初日夕方5時、勤行からピリピリした雰囲気の中始まります。
私語厳禁が言い渡されます。
携帯の使用も制限されました。

ここからは基本的に写真を撮っていません。

夕食が始まります。
精進料理ですね。

ご飯のお替りをお願いするときは、その間合掌しながら待ちます。
当然お礼を言いますね。

食器を置く際に音を立ててはいけません。

最後に沢庵を一切れ残し、食器にお茶を入れ沢庵できれいにぬぐい、そのお茶を飲みます。
ピリピリした雰囲気で食べた気がしませんでした。
あくまで栄養補給であり、楽しむための食事ではありません。
禁止とは言われていませんが、ビールなんてとんでもない話ですΣ( ̄ロ ̄lll)

全員で後片付けをして入浴、寝具の準備。

消灯は9時。
翌朝3時半起床です。

寝る態勢に入ったのは8時過ぎだったのですが、翌日の厳しい修行のことが気になって眠れません。

ここまで来たからにはやっぱやらないとなあ(;´д`)

翌朝は4時出発です。

38482429_1871249556504395_342170793

唯一撮ったのがこの写真。
修行の前に自身に刃を立てることは禁じられているため、髭剃りができません。

ここからしばらく歩き、蔵王堂で勤行。
そしてマイクロバスに乗せられて約1時間。
五番関トンネルを出たあたりから入峰開始。

最初からけっこう登ります。
トンネルあたりの標高が1100m。頂上は1700m少々です。

38534431_1551437664960487_2307773_2
(画像お借りしました。合掌)

ここからは女人禁制です。
そうです。今回は募集要項に体力に自身のある男性のみと書かれていました。

あいかわらず厳しい言葉を掛けられながら登っていきます。
水とかを勝手に飲むことは禁じられています。

先々週の石鎚山同様、掛け念仏を唱えながら登ります。
「さ~んげさんげ、ろっこんしょうじょう」ってお念仏。

Photo_8
(画像お借りしました。合掌)

けっこう険しい岩場でロープや鎖が張ってあるのですが、使用を禁じられました。
すべて自分の判断の元、三点確保しながら登ります。

慣れない地下足袋、慣れない金剛杖を持っての登山に緊張感が漲ります。

何度か岩場を乗り越えていくうちに恐怖感が薄れてきました。

あれだけ悩んでいた「西の覗き」ですが、普通に臨むことができました。

てか、断れるとかってことは全く無く、ごく普通に命綱を付けられましたよ!( ̄Д ̄;;

命綱ですが、リュックを背負うような感じで肩に自分で装着します。
手が抜けてしまわないように両手をがっしりと組みます。

その命綱を次の参加者が持ちます。
2人の行者さんが両足の足首付近を持って、崖に腹ばいにさせ前へ出させるのです。
ずーっと目をつぶっているつもりだったのですが、「そこの岩を持て!」と声がかかるので恐る恐る目を開けると岩壁が目の前で逆さまに見えました。

もっと恐いかなと思ったけど、それまでもかなり恐くて緊張していたので、もうこのときはかなり恐怖感が麻痺していたのかもしれません。

そして行者さんが「家族を大事にするか!」とか「世のため人のためにつくすか!」などと問いかけ、その度に大きな声で「はい!」と返事をするのです。

最後の方は2回ほど足首を握っている手を緩めるような感じで、身体が前へせり出します(((゚Д゚)))

仮に、「10万円よこすか!」と言われても絶対に「はい!」って言いますよ┐(´д`)┌

まだまだ気の抜けない岩場がたくさんあるのですが、最大難関「西の覗き」が終わったことで安堵感が満タンになりました。

参加者の中には岩場の方が恐かったって方もいらっしゃいましたが、Youtubeで見た「西の覗き」の恐怖感に打ち勝ったことで自分にはなまるをあげたいと思いますヽ(´▽`)/

38468029_1781022311952423_681215864

山上蔵王堂で押してもらった焼印

38481196_1791216310934037_6444335_2

よく頑張りました( ̄ー+ ̄)


2018年7月31日 (火)

7月のまとめ8月の予定

7月のまとめ

7月、まず最初に思い浮かべるのは小布施見にマラソンです。
10年以上、ほぼ毎年通っているのです。

スーザフォンを担いで走った最初の大会です。

Photo

そして、なんと今年は僕の仮装をやってくれました。
もうビックリしたし感動したし。

ながいことやってると、いろんなことが起きるものですねo(*^▽^*)o

38043165_104129127191449_2749365663

7月は夜叉の練習会で幕開け。
今年は出ませんでしたが、夜叉壁を登っておきたくて参加させていただきました。

38029509_104129117191450_4514245760

ところが久しぶりに履いたトレシューのソールがはがれたため夜叉壁は断念。
先日大会が開催されましたが、台風の影響で夜叉壁が中止になりました。

38041865_104129190524776_7840050915

そんなことで、久しぶりにトレランシューズを購入しました。

38041905_104129327191429_8351765688

ちょっと思うところあって、愛媛県の石鎚山に登ってきました。

片道500kmの運転はハードでしたが、良い経験でした。
話で想像していたのとはずいぶん違いますね。

あんなに登りやすい山とは思いもしませんでした。

38072390_104129267191435_3449535496

美人主婦ランナーのみなさんに誘っていただき、12月に開催される養老縦走の半分を走ってきました。

きついきつい!もう階段だらけ!エントリーしなくて良かった(;´▽`A``

38053492_104129317191430_2120982256

小布施の打上げホムパもやりました。
ホムパすると部屋が片付いていいなあ。

で、とっても楽しい7月でした。

走るほうですが、

月間走行距離 312.6km
平均速度    8’05/km でした。

ここ何年か7月は500km以上走っているのですが、今月はロングをやらず30kmペース走をこなすつもりでした。

ところが暑さゆえまったくペース走にならず、常に10kmあたりから失速するという体たらく。

やはり頑張って距離を走るしかないのかなあ。

8月の予定

とにかくメインは北海道マラソン。
初めて北海道の大会に出ます。

まあ楽しみではありますが、現状ではとてもフルマラソンを走れるとは思えない(;;;´Д`)ゝ

せめてサブ4で走りたいのですが、せいぜい完走目標かなあ。

そして除霊作戦その2。

奈良県吉野の大峯山で修行してきます。

女人禁制の山、ハードさがとてもよく伝わります。

頑張って、ちょっと違う人間になってこようと思います。



















2018年7月27日 (金)

除霊作戦その1

それは、毎年参加している土佐乃國を走っているときのことです。

135km過ぎに添え蚯蚓という遍路道を通ります。
前にも後ろにもランナーが見当たらず、ずーっと一人ぼっちで走って(歩いて)いました。

この大会も3回目の参加なので慣れた道なのですが、今回は異変が起きました。

後ろから誰か来るのです。
後ろを振り向く勇気はありませんでしたが、確実にだれかがいる。そう感じたのです。

ちなみに、全然霊感は強くありません。

あれは180kmあたりでしょうか。時間は深夜になりかけたあたりのことです。

もちろん、ボーっとしてたので幻聴だとは思います。

聞こえたのです。「昔、そこの消防署に勤務していました。バス停があったらサバイバルシートにくるまって、一緒に寝ましょう。」

若い女性が話しかけてくるのです。

怖いとか不思議とか感じはしませんでした。

奥熊野でも途中で出会った高健さんが通りかかって声をかけてくれました。
「ボーっとしてるね。大丈夫?」

この女性のことは伝えませんでしたが、「もう眠くて眠くて」と答えました。

その後すぐにバス停があったので、女性が言うようにサバイバルシートにくるまって10分ほど寝ました。

女性はいなくなりましたが、左膝の裏側に変な痛みができました。

けっきょくこれが原因で200kmあたりでリタイアしたのです。

その後の診察の結果、水が溜まっていたことが判明。
いつも通っている岡田先生の適切なテーピングのおかげで水は抜けたのですが、ずーっと違和感があります。

たぶん、なにかいますbearing

なので、今回は愛媛県の八坂寺さん主宰「石鎚山登拝」に参加してきました。
石鎚山は日本七霊山の一つで、西日本最高峰1982mの山です。

集合は八坂寺さん朝6時もしくは土小屋朝8時半です。
交通機関を使うとその時間に到着するのは難しそうでしたので、片道約500kmを運転していくことになりました。

Photo

徳島県に入りました。
このあたりは結構来ているので遠いとは感じません。

Photo_2

ランチは徳島ラーメンセット。生卵を入れるのが徳島ラーメンの特徴です。

Photo_3

ようやくナビの画面に石鎚山が登場しました。

Photo_4

ここからが遠い。車のすれ違いやっとの道を1時間延々と登っていきます。

Photo_5

石鎚山が見えました。

Photo_6

宿泊は石鎚山国民宿舎。
1泊2食の一人部屋8500円。

1

お風呂に入り、早速1本。

128500

夕食です。石鎚山のDVDを見せていただきながら食べました。

Photo_7

石鎚夏吟、これ美味しいです。

Photo_8

明朝8時半、八坂寺ご住職の説明を聞きます。

Photo_9

登頂祈願をしてから登ります。

Photo_10

ルートマップです。

Photo_11

八坂寺さんの信者さんがほとんどで、年齢層はやや高めでした。
ご住職はトレランをやってるそうで、登りながらランニングの話で盛り上がりました。
が、少々ペースが速かったようで、途中で後ろを見るとだれもいませんでした。

Photo_12

37869754_2111544802251709_680565192

山伏さんたちが法螺貝を吹いて元気付けてくれます。

苦しい場面では「ざーんぎざんぎ(慙愧慙愧)、ろっこんしょうじょう(六根清浄)」と声を掛け合って登ります。

Photo_13

「慙」は恥じるという意味だそうです。「愧」は、その気持ちを外に出すという意味。懺悔みたいな意味のようです。

「六根」は目・鼻・耳・舌・心・体の六つの感覚器のことで、六根清浄とは心身ともに清浄になるという意味なんだそうですよ。

さて、この石鎚山、一番有名なのは鎖場です。

Photo_14

試しの鎖、一の鎖、二の鎖、三の鎖。
今回のルートは二の鎖からでした。

Photo_15

むちゃくちゃ恐い、とかの前評判でしたが、意外に楽勝でした。

37846625_2111544865585036_126561754

写真に見える丸いワッカの部分は電車の吊り皮ほどの大きさです。
登山靴で登るとつま先が入らないと思います。

37841011_2111545375584985_414897150

山伏さんたちに迎えていただきます。

37839791_2111544878918368_316623187

天狗岳頂上付近はガスっていて見えなかったのですが、登頂した瞬間ガスが晴れました。
しかし天候不良のため、天狗岳登頂はストップがかかりました。

けどここは少々ビビリそうでした。

37888060_2111543452251844_421915572

下山は各自自由なペースで降りたので、途中少し走って1時間少々で下山しました。

37896603_2111543348918521_126762982

ご住職とトレランの大会でお会いしましょうね、と再会を誓ってお別れしました。

除霊ですが、膝裏はなんだか違和感が無くなりました。

来週は除霊第二弾で大峯山です(o^-^o)




















































«「レオさんを探せ」チーム。ROAD TO 小布施見にマラソン